欧州関連

増え続けるバリケード、コソボ側が手を出せばセルビア軍介入の可能性も

コソボとの国境沿いにセルビア軍が展開したタイミングに合わせズヴェカンと北ミトロヴィツァにも新たなバリケードが登場、コソボ側が撤去に乗り出し住民と衝突すれば「自国民保護」を理由にセルビア軍が介入するかもしれない。

参考:Serbian army on highest alert as Kosovo says it will remove barricades
参考:Serbs in Kosovo set up new barricades after authorities ban Christmas entry of patriarch

セルビア側はバリケードを増やして衝突を誘う、コソボ側が直接手を出せば自国民保護を理由にセルビア軍が介入する恐れも

セルビア共和国から分離・独立したコソボ共和国で暮らす約5万人のセルビア人はコソボ側の統治を拒否、コソボ当局がユーゴスラビア時代のナンバープレートを廃止する計画を発表するとセルビア人達は「統治を認めていないコソボ側の強制=これに応じるとコソボ主権を間接的に認めたことなる」と反発、セルビア人が多数派を占める地域では道路をトラックやバリケードで封鎖して抵抗する事態に発展する。

出典:Public Domain 今月12日に登場したバリケード

このような道路の封鎖を何とかするのは治安維持を担当するNATOのコソボ治安維持部隊(KFOR)なのだが、ナンバープレート廃止をゴリ押しすればセルビア共和国に「コソボで暮らすセルビア人の自由が脅かされている」と言い出して軍事介入を招く恐れがあり、コソボ共和国は「セルビア当局発行のナンバープレート使用を認め続ければ自国領内に主権が及ばないミニセルビアが出来る」と懸念して「KFORが道路封鎖の解除に動かないなら自分たちの手で行う」と言い出し、EUが仲介に乗り出して何とか事態は沈静化していた。

しかしセルビア人が多数派を占める地域=ズヴェカン、レオプサビッチ、ズビン・ポトク、北ミトロヴィツァではナンバープレート廃止計画に抗議して辞任したセルビア系議員、裁判官、治安部門のトップを再選出する必要があり、今月18日に選挙が予定されていたのだが選挙管理委員会の建物が何者かに爆破され、セルビア人側は「アルバニア人による選挙妨害だ」とコソボ当局は「セルビア共和国が犯行を指揮している」と非難しあい、再びセルビア人は道路をトラックやバリケードで封鎖してしまう。

出典:GoogleMap/管理人が加工(クリック拡大可能)

KFORはトラックやバリケードを撤去する義務があるのだが、安易に手を出すとセルビア共和国に軍事介入の口実を与えるため動けず、コソボ共和国は再び「KFORが動かないなら自分たちの手で行う」と言い出し、25日にコソボ当局の治安部隊がズビン・ポトク村のトラックやバリケードの撤去を試みようとして発砲事件(どちら側が発砲したのか不明)に発展、この事態を重く見たセルビア共和国のブチッチ大統領は「コソボに住むセルビア人を守るためあらゆる手段を講じよ」と指示してため治安部門や軍は最高レベルの警戒体制に移行。

コソボとの国境沿いはセルビア軍が展開(国境から約10km離れたラスカ駐屯地)、このタイミングに合わせてズヴェカンと北ミトロヴィツァにも新たなバリケードが登場しており、このまま事態を放置すればコソボ側が何れバリケードの撤去に踏み切るのは確実で、住民との衝突に発展すれば「自国民保護(セルビア共和国はコソボ共和国の独立を承認していない)」を理由にセルビア共和国が軍事介入するかもしれない。

出典:MO и ВС ラスカ駐屯地に配備されたノーラ B-52

これをKFORが撤去してセルビア住民と衝突するとどうなるのかは不明だが、この件はセルビア共和国の背後でロシアが糸を引いているという見方もあり、問題を軽視していると一気に火がついて手に負えなくなるかもしれないため注意が必要だ。

因みに中国はコソボ共和国の独立を承認しておらずセルビアも香港、台湾、新疆ウイグル自治区に対する中国の立場を支持、セルビアは中国からFK-3(HQ-22の輸出バージョン)や無人機を購入しており、今年4月には中国軍のY-20が一度に6機もベオグラードの空港に飛来し「追加分のFK-3を引き渡した」と噂されているが、正確に中国がセルビアに何を渡したのかは分かっていない。

関連記事:緊張が高まるバルカン半島、発砲事件を受けてセルビア側が戦闘準備
関連記事:中国製防空システムの欧州進出が成功、セルビアがFK-3を調達

 

※アイキャッチ画像の出典:Vojska Srbije/CC BY 3.0 rs コソボ国境沿いのセルビア軍

ウクライナ軍兵士がロシア領ブリャンスク州で戦死、破壊工作の任務中か前のページ

ウクライナ軍が鹵獲した2,000輌以上の戦車や装甲車、大半が役立たず次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    英海軍も米海軍に追従、攻撃型原潜と連携可能なXLUUVを2年以内に建造

    米海軍のOrcaに続き英海軍も「攻撃型原潜と連携可能な超大型水中無人機…

  2. 欧州関連

    英海軍、2030年まで無人航空機「Vixen」をクイーン・エリザベス級空母に統合か

    英海軍は無人航空機開発「Project Vixen」を進めており、無人…

  3. 欧州関連

    アゼルバイジャンとアルメニアの停戦は40分でゴミ箱行き、現在も交戦中

    突然始まったアゼルバイジャン軍とアルメニア軍の衝突は13日午前9時に停…

  4. 欧州関連

    不正が相次ぐウクライナの軍事委員会、今度はドニプロの軍事委員長を拘束

    ウクライナ軍を人的面で支えるのが動員対象者を軍に送り込む軍事委員会で、…

  5. 欧州関連

    サーブ、フィンランドの次期戦闘機HXプログラムにグリペンEとグローバルアイの組合せを提案

    サーブは先月30日、フィンランド国防軍のHXプログラムにグリペンEと早…

  6. 欧州関連

    G7がウクライナの安全保障に関する共同宣言を発表、支援の公式化が狙いか

    G7はウクライナの安全保障に関する共同宣言を発表、バイデン大統領は「G…

コメント

    • 戦略眼
    • 2022年 12月 28日

    セルビアは、EUに加盟する気がなくなったのかな?
    ロシアとEUは、どうまとめるのかな?

    13
      •  
      • 2022年 12月 28日

      まあ領土を切り取られてまでEUやNATOに入りたいとは思わないでしょうね。
      ウクライナがロシアと距離を置こうとしたのと同じように。

      12
        • 戦略眼
        • 2022年 12月 28日

        EUに加盟して、通行が自由になれば、国境の意味も薄れるから、問題め解決に向かいそうだが。
        トルコが拗ねるかな。

        • w
        • 2022年 12月 28日

        前からEUには入りたいが、NATOには加盟する気はないと言ってました、セルビアは。
        既にEU加盟を果たしているスロベニアが一人当たりGDPで3倍、クロアチアが2倍にまでセルビアに差を付けてますからEU入りを捨てる所まで思い切るかどうか

        6
    • AAA
    • 2022年 12月 28日

    セルビア「NATOさん!軍事力を使って外国の一部地域を勝手に独立させるのは悪だって今年ずっと言ってましたよね!(迫真」

    17
      • さめ
      • 2022年 12月 28日

      今起きてること自体は真逆で、セルビアがコソボ内の地域分離を支援してるってことちゃうの?
      まあそこに至る路がぐちゃぐちゃすぎて善悪の判断はしようがないけどさ
      多民族国家が分裂するとこうなるわな

      35
      • マモっちゃん
      • 2022年 12月 28日

      ユーゴスラビアが解体される時に大セルビア主義掲げて、アルバニア人が多いコソボ自治州(当時)にセルビア側がちょっかいかけたのが原因だろうに

      当時のセルビアのやっていたこと、まんま今のロシアなんだよなぁ

      22
    • 折口
    • 2022年 12月 28日

    えっ理由ショボ…と思ったけど車両登録って税務管理や運輸登録とか関わってくるし実質的には戸数把握なんかにも直結するから重要ですよね。逆に言うと紛争から20数年経ってもそんなレベルの統合すら出来ていなかったのかコソボ。

    南下政策をやってた頃ならいざしらず、セルビア人を焚き付けてバルカン半島を騒がしくさせてロシアにどの程度メリットがあるんですかね。複数の国際紛争が発生している状況にNATOやEUが焦って「多少譲歩してもいいから停戦させなければ」と考えるように仕向けたい、という事かな?

    24
      • 2022年 12月 28日

      まあロシアからすれば、今はEUにできる嫌がらせはどんな小さなことでもやれるだけやるって感じなんですかね・・・。

      23
    • 鼻毛
    • 2022年 12月 28日

    ロシアは害悪だなあ

    29
    • 霞ヶ浦
    • 2022年 12月 28日

    仮にセルビアの侵攻起こったとしたら何かしら連鎖するよなこれ

    8
    • 2022年 12月 28日

    こういう時、国境で自由に行き来できるEUが役に立つって思うけど・・・。
    民族問題が未だにここまでまだ尾を引いてたんですね・・・・・・。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  5. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
PAGE TOP