軍事的雑学

10/13更新|各国がウクライナに提供している装備や物資のリスト

世界各国がウクライナに支援している(重装備を除く)武器や物資の一覧表で、重装備は別記事でまとめています。

10月13日時点

各国がウクライナに提供している(重装備を除く)武器や物資
米国
FGM-148ジャベリン 8,500
TOW
1,500
カールグスタフM4 数量不明
AT-4 12,000
M141 SMAW-D BDM 1,000
FIM-92スティンガー1,400
拳銃1,000
小銃(M4A1を含む)7,000
機関銃600
散弾銃200
グレネードランチャー300
ショットガン 400
小口径弾薬60,000,000
155mm砲弾880,000
155mm砲弾 精密誘導タイプ2,500
105mm砲弾180,000
120mm迫撃砲20
120mm迫撃砲弾115,000
HMARS向け弾薬
数量不明
M18A1クレイモア数量不明
建造物爆破用C4数量不明
軍事用無線機
数千個
ヘルメットと防弾ベスト 75,000
光学センサー 2,000
レーザー計測機2,000
三菱L20025
ルノー ダスター35
4×4人員輸送車16
貨物トラック13
  
カナダ
155mm砲弾20,000
M777交換用バレル10セット
カールグスタフM4 2,000
M72 LAW4,500
小銃数量不明
機関銃数量不明
手榴弾7,500
暗視ゴーグル数量不明
ヘルメット82,000
防弾ベスト数量不明
英国
NLAW10,000
FGM-148ジャベリン数量不明
FIM-92スティンガー 数量不明
スターストリーク 数量不明
各種砲弾100,000
155mm・105mm砲弾50,000
小口径弾薬3,000,000
建造物爆破用C44.5トン
ヘルメット84,000
防弾ベスト8,450
フランス
ミラン2数量不明
1億ユーロ相当の装備品
ドイツ
パンツァーファウスト33,000
MATADOR7,550
FIM-92スティンガー500
ストレラ-22,700
155mm砲弾10,500
155mm砲弾 フレア弾・発煙弾3,000
155mm砲弾 精密誘導タイプ(予定)255
ゲパルト用弾薬
53,000
小口径弾薬21,800,000
手榴弾100,000
対戦車地雷14,900
ヘルメット28,000
軍服15パレット
寝袋10,000
トラック・ミニバス・バギー280
暖房システム(予定)130
大型トラック(予定)90
トラック(予定)200
小口径弾薬167,000
イタリア
ミラン2数量不明
FIM-92スティンガー数量不明
ブローニングM2重機関銃数量不明
軽機関銃数量不明
迫撃砲数量不明
スペイン
ロケットランチャーC-901,370
軽機関銃数量不明
弾薬700,000
ポルトガル
H&K G3数量不明
手榴弾数量不明
暗視ゴーグル数量不明
ヘルメット数量不明
防弾ベスト数量不明
ノルウェー
M72 LAW4,000
ジャベリン5,000
ミストラル100
AG90数量不明
12.7mm弾薬数量不明
ヘルメット5,000
防弾ベスト1,500
ガスマスク1,000
寝袋2,000
寝袋マット1,000
レーション15,000
スウェーデン
AT-410,000
ヘルメット5,000
防弾ベスト5,000
レーション135,000
フィンランド
対戦車兵器1,500
小銃2,500
ヘルメット2,000
防弾ベスト2,000
レーション70,000
デンマーク
M72 LAW2,700
AT-4数量不明
FIM-92スティンガー300
ベルギー
M72 LAW200
FN FNC5,000
暗視ゴーグル数量不明
ヘルメット数量不明
防弾ベスト数量不明
ルクセンブルク
NLAW100
軍用テント15
ギリシャ
AK-4720,000
RPG-18815
RM-70用の弾薬122
ポーランド
対戦車兵器数量不明
RPG-40 数量不明
LMP-2017 100
グロム 数量不明
チェコ
ストレラ-2160
ストレラ-2発射機10
Cz.8230,150
Vz.585,000
Vz.612,085
Vz.593,200
狙撃銃数量不明
7.62mm弾3,500,000
スロバキア
対戦車兵器数量不明
携帯式防空ミサイル486
BM-21用のロケット弾 数量不明
スロベニア
小銃数量不明
ヘルメット数量不明
防弾ベスト数量不明
オーストリア
ヘルメット10,000
ブルガリア
ヘルメット2,000
防弾ベスト2,000
クロアチア
ツァスタバ M7020,000
何らかの携帯式兵器数量不明
ルーマニア
ヘルメット2,000
防弾ベスト2,000
T-72のスペアパーツ数量不明
エストニア
FGM-148ジャベリン数量不明
122m砲弾数量不明
地雷数量不明
手榴弾数量不明
ラトビア
FIM-92スティンガー数量不明
ヘルメット数量不明
レーション数量不明
UAV90
リトアニア
FIM-92スティンガー数量不明
対戦車兵器数量不明
重迫撃砲数量不明
小銃数量不明
機関銃数量不明
手榴弾数量不明
弾薬数量不明
暗視装置数量不明
カウンタードローンシステム数量不明
ヘルメット数量不明
防弾ベスト数量不明
オーストラリア
小銃数量不明
ロケット弾数量不明
各種弾薬数量不明
非致死性の装備品一式数量不明
ニュージーランド
ヘルメット453
防弾ベスト1,066
武器と弾薬数量不明
日本
ヘルメット数量不明
防弾ベスト数量不明
市販のドローン数量不明
防寒服数量不明
天幕数量不明
カメラ数量不明
衛生機材数量不明
レーション数量不明
双眼鏡数量不明
医療用資器材数量不明
民生車輌(バン)数量不明
  
韓国
ヘルメット数量不明
防弾ベスト数量不明
ガスマスク数量不明
レーション
数量不明
医療品数量不明
  

リストの内容は公開されているものと視覚的に確認できたものに限られるので全てカバーしている訳でなく、参考程度の信憑性しかないと思って欲しい。

関連記事:各国がウクライナに提供している重装備リスト

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Marine Corps photo by Cpl. Jennessa Davey

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

10/13更新|各国がウクライナに提供している重装備のリスト前のページ

ウクライナで防空アプリが登場、ロシア軍の攻撃を防ぐ戦いに市民も参加次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    ウクライナ侵攻に関する情報の真偽、視覚的証拠を提示できる陣営の方が真実に近い

    ウクライナ軍参謀本部は「ロシア軍のヤヒドネに対する攻撃は失敗に終わった…

  2. 軍事的雑学

    本ブログ読者向け、読みたい人だけが読めばいい記事

    豪州は日本の潜水艦を採用すべきだったという記事があり、アタック級潜水艦…

  3. 軍事的雑学

    なぜボーイングのX-32はロッキード・マーティンのX-35に負けたのか?

    統合打撃戦闘機計画(JSF)にX-32のテストパイロットとして参加した…

  4. 軍事的雑学

    ロシアの偽情報や干渉に蝕まれる民主主義、スウェーデンは対心理機関を設置

    ロシアによる選挙介入や世論誘導の試みに多くの国が警戒心を高めており、目…

  5. 軍事的雑学

    6/26更新|ウクライナ外国人義勇兵に参加した兵士の国籍と人数

    ウクライナのゼレンスキー大統領が創設した「外国人義勇兵」に参加する兵士…

  6. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト

    西側がウクライナ軍に提供を約束した重装備は1年で相当量に膨れ上がってお…

コメント

    • や、やめろー
    • 2022年 6月 03日

    アメリカイギリスは別にしてチェコ、フィンランド、バルト3国、カナダが多いな。それに重装備が前に比べてだいぶ増えた。いい風に乗ってるねぇ。

    18
    • バーバパパ
    • 2022年 6月 03日

    武器の種類が多すぎるから、ウクライナも全て整備しようとは思っていないでしょう。
    だから日本も(ry

    8
    • 鳥刺
    • 2022年 6月 04日

    管理人様、リスト作成と更新お疲れ様です。皆のための活動にただただ感謝を。

    23
    • 名無し
    • 2022年 6月 04日

    日本も、衛生キットや食糧の追加支援や
    車両やレーダーといった非殺傷兵器など
    送ってほしいものですね

    14
      • Yanti
      • 2022年 6月 19日

      > 衛生キット

      と、と、突撃一番か? (゚A゚;)

      3
      • ナイトアウル
      • 2022年 10月 14日

       まともな衛星キットを沢山装備していない自衛隊から出せってのは酷な話。

      1
    • kitty
    • 2022年 6月 05日

    三菱L200の場違い感w。
    テクニカルにするのかな。

    6
      • 匿名
      • 2022年 10月 14日

      さあ…いやぁ俺らは困ってる国に自動車をあげてるだけだからなあ
      贈ったあと現地でどう運用されるのかは全く全然想像つかないわ

      (ちなみにハイラックスは現地でウクライナ側ベラルーシ義勇兵が利用しているらしい)
      ウクライナ軍が戦車や装甲車を要望しているのは周知のことだが、
      車両も足りない上にマジで消耗品に近い扱いなので持て余すことはないだろうな

      2
    • 浅見真規
    • 2022年 6月 05日

    兵士を50万人以上増員するのに小銃の供与が1万丁程度みたい。
    まあ、西側の小銃、特にアメリカ製の小銃は屋内で毎日手入れしないと故障する危険があり前線では使い物にならないので大量に供与されても困ってしまうだろうけど。
    手入れをしなくても故障しにくいカラシニコフ系の小銃が50万丁必要だ。ウクライナも自国でカラシニコフ系小銃生産できるのかもしれないが、数量が追い付かないだろうし、NATO弾が使えないと弾丸不足になる危険がある。早急に、NATO弾の使えるカラシニコフ系小銃を50万丁調達する必要があると思う。

    4
      • 匿名
      • 2022年 10月 14日

      とりあえず僕のかんがえた最強鉄砲を誰も求めてないのは確実

      1
    • 鼻毛
    • 2022年 6月 19日

    ショットガン400と散弾銃200が別項目ですが、別物なのでしょうか?

    3
    • K(大文字)
    • 2022年 10月 13日

    先の重装備品提供リストと併せて見ると、なんとまぁ圧巻の物量。特にアメリカ。何だこの化物国家…ケンカなんか売るもんじゃあないとつくづく思う。
    ロシア人が「俺たちゃNATOそのものと戦ってんだ!」と喚きたくなるのも無理はない。
    まぁ、ただただ自業自得ですけどね?

    7
      • heba
      • 2022年 10月 13日

      その化け物国家アメリカに勝った北ベトナムはどんな魔法を使ったんでしょう?

      1
        • ワオン
        • 2022年 10月 13日

        南ベトナム軍はアフガン政府軍並みの産廃に加え東側の援助とあからさまな補給路を破壊できず
        国土焦土化と引き換えに勝利したから魔法というほどではなかろう

        5
    • 774rr
    • 2022年 10月 13日

    日本のレーションの評判が気になる
    カレーとかは誰が食べても美味しいって言ってくれると思うんだけど
    戦後に何処の国のレーションが1番美味しかったか知る機会があればいいな

    5
      • 2022年 10月 13日

      ロシア人の感想だけど日本のカレーでも辛いらしい。
      向こうは基本的に辛い料理がないそうな。
      辛いのが好きな国って赤道に近い暑い国のイメージがある。

      2
      • 2022年 10月 14日

      ちょっと前まで麻布台にベラルーシ料理の店「ミンスクの台所」ってのがあって、そこでベラルーシ人が作ったベラルーシ・ロシア・ウクライナ料理を食べられたんだけど、まあ異国料理だった。塩が貴重な内陸国の人の料理だからかな、塩味が薄いんだよ。サワークリームと素材の味で食う感じ。あとたまに酢。

      だから、この感想はよくわかる。日本のレーションだとしょっぺえんじゃないかな…
      >ロシア人の感想だけど日本のカレーでも辛いらしい。
      >向こうは基本的に辛い料理がないそうな。

      4
    • ナイトアウル
    • 2022年 10月 14日

     戦後の事を考えるとこれだけの小型ロケットと対戦車ミサイルの供与は恐ろしい物があるな。数だけ見ると横流しが怖いわ。

    1
      • 匿名
      • 2022年 10月 14日

      佐藤優もそんなこと言ってたけど
      刑務所から殺人犯をリクルートして重火器を持たせている国については無視していたのが面白かったな

      3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP