中国関連

バイデン大統領、中国がロシアに武器を提供するとは思っていない

CNNも3人の米情報筋の証言に基づき「中国が無人機や弾薬のロシア提供を検討中だ」と報じており、バイデン大統領もABCとの取材に「(もし中国が殺傷装備の提供に踏み切れば)対応する」と答えた。

参考:Intelligence suggests China is considering sending drones and ammunition to Russia, sources familiar say
参考:Biden tells ABC’s Muir ‘we would respond’ if China sends weapons to Russia

中国が発表した12項目の和平案はロシア以外の誰にも利益をもたらさない

これまで中国はウクライナ侵攻に踏み切ったロシアに非殺傷装備(ヘルメット、防弾装備、衛星写真など)の提供を行ってきたが、情報筋の話を要約するとロシアは中国に再三「無人機と弾薬の提供」を要請し、中国指導部も殺傷装備をロシアに提供するか活発に議論してきたらしい。

出典:dalکاخ/CC BY-SA 4.0

米情報機関は最近「中国が殺傷装備のロシア提供に傾いていることを示唆する兆候」を確認したため公に中国のリスクを警告し始めたが、まだ中国指導部は最終決定を下しておらず「両国間で装備の種類や価格について交渉を行っている段階だ」と指摘している。

この問題についてバイデン大統領もABCとの取材に「(もし中国が殺傷装備の提供に踏み切れば)対応する」と答えたが、情報機関の警告をあまり信用していない様子で「私は中国がロシアに武器を提供するとは思っていない」と付け加えており、西側諸国からの制裁を招く行為に中国が踏み切る訳がないと信じているようだ。

出典:中华人民共和国外交部

ロシア軍元大佐のイゴール・ガーキン氏は「中国が12項目の和平案を利用してロシア支援の口実を得るかもしれない=中国は一方的な制裁は問題解決に繋がらないと主張して制裁の停止を訴えており、これを無視すれば『自分達の正当な要請を一方的に無視した』と欧米やウクライナを非難する口実を手に入れ、ロシア支援のレトリックに繋げるという意味」と指摘していたが、ウクライナは「一方的な制裁を理由に制裁を停止しろという要求には同意できない」と発表した。

バイデン大統領も中国が発表した12項目の和平案について「ロシア以外の誰にも利益をもたらさない。ウクライナにとって一方的に不公平な戦争の結果を中国が仲介するという考えは不合理だ」と切り捨てており、本当に中国は「拒否されることを見越した提案」を口実にしてロシア支援を開始する気なのだろうか?

それとも思い過ごしで何も起こらないのだろうか?

関連記事:中国とロシアが自爆型無人機の購入について交渉中、4月までに100機を調達か

 

※アイキャッチ画像の出典:CC BY 4.0 / Kremlin.ru

米海軍、新技術が成熟するまでDDG-Xの設計と購入をテンポを遅らせる前のページ

ウクライナ侵攻366日目の戦況、バフムート以外に大きな変化は見られない次のページ

関連記事

  1. 中国関連

    中国国営メディア、電磁式カタパルトを搭載した空母「003型」の進水を予告

    中国メディアは17日、2021年は電磁式カタパルトを搭載した空母「00…

  2. 中国関連

    早ければ2021年初め? 中国海軍の電磁式カタパルト採用空母が進水間近

    中国メディアは最近、建造中の国産空母「003型」について2021年初め…

  3. 中国関連

    中国が驚異的な建造能力を更に強化、年内に3隻目となる国産空母建造も開始

    香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙は5日、中国は2隻目となる電…

  4. 中国関連

    流出した中国の台湾侵攻計画、広東省で兵士14万人と船舶953隻を動員

    中国共産党幹部が台湾侵攻について議論した音声データーが流出、会議では「…

  5. 中国関連

    香港メディア、中国はJ-20を約200機配備する計画で推力変更ノズルを追加

    香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト紙(SCMP)は20日、中国空…

  6. 中国関連

    中国製防空システムの欧州進出が成功、セルビアがFK-3を調達

    昨年はNATO加盟国のトルコがロシア製防空システム「S-400トリウー…

コメント

    • ブルーピーコック
    • 2023年 2月 25日

    産経ニュースで中国の譲歩案をロシアが拒否したニュースが出ましたね。このあいだの2国間会議は何だったのか

    リンク

    11
      • u5239
      • 2023年 2月 25日

      然もありなんですな。
      中国が発表した12項目の和平案は中身が全然ありませんし、中国はウクライナ侵攻の停戦交渉に本気で関わる気が無かったかもしれません。

      18
      • 名無しさん
      • 2023年 2月 25日

      根本的な話ですが、中国は「迫害されている少数民族が独立し、隣国に併合される」と言うロシアのシナリオを認めるわけにはいかないのですよ。
      中国がそれを認めると、台湾もチベットもウイグルも独立する事を認める話になりますから。

      北京五輪の時はパラリンピックまでには終わり、既成事実を作って有耶無耶にできると考えていたかもしれませんが、ここまで泥沼化してしまっては、中国がドンバス地方の分離独立とロシアへの併合を認めるのは不可能でしょう。

      33
      • hiroさん
      • 2023年 2月 25日

      マクロン大統領と同じく、王毅国務委員もプーチンの妄想演説を聞いただけとの観測もありますね。
      習近平が直接会うならともかく、格下相手には譲歩なんかしないでしょうね。

      2
        • 名無し
        • 2023年 2月 26日

        王毅はプーチンと会談してるときにかなりドン引きしてる写真があったな。「ネオナチガー!!」「西側ガー!!」って連呼されてたときだったら面白い。

        4
    • 悪魔のささやき
    • 2023年 2月 25日

    中国軍の保有するミサイル・弾薬をすべてロシアに提供すれば、台湾侵略は不可能になる

    1
      • 戦略眼
      • 2023年 2月 25日

      北京条約を破棄して攻め込め。
      台湾省は、後回しだ!

      3
    • u5239
    • 2023年 2月 25日

    先日中国が発表した12項目の和平案?は、中国が昨年からずっと主張し続けていることを纏めただけの内容だったので、目新しさは全然感じませんでした(第12項の復興計画は新規でしたが)。
    ガーキン氏の推測は今更感がありますし、逆に中国の和平案?はウクライナ侵攻から一歩引いた内容になっています。

    4
    •  
    • 2023年 2月 25日

    対応するって何が出来ると思ってるんだか。

    7
      • 名無し
      • 2023年 2月 25日

      半導体で中国はアメリカにタコ殴りされ始めているので
      それが加速すると考えると恐ろしいと思いますけどね

      13
      • J
      • 2023年 2月 25日

      西側諸国の常套手段は経済制裁です
      何の理由もなく輸出規制すればWTOやら何やら問題がありますが
      ロシアに対する協力を防ぐためという大義名分があれば輸出規制のハードルが下がる

      ロシアは資源と農業を輸出するだけの国だから経済制裁の効果が低いですが
      中国は西側から製造機器や材料の輸出を制限されたら一気に崩壊しますよ
      今のところは軍事転用できる半導体に制限していますがロシアへの協力を防ぐってことにすれば範囲を広げられる

      6
    • 折口
    • 2023年 2月 25日

    情報機関由来の情報はソースが明かせないですから、外交安全保障問題の意思決定にそのまま使えないのは仕方ないでしょう。ブッシュみたいに匿名の情報を理由に戦争を始める訳にもいかないですし。仮に中国がロシアに武器支援を行っているなら現在ロシアに対して行われている経済制裁の一部が中国にも適用されて然るべきですが、いち産油国に過ぎないロシアと違って中国への経済制裁のインパクトは想像を絶するものになるでしょう。政治的なものを含めた余波がどこまで及ぶかは文字通り予測不可能で、バイデン政権としてもそのような大きな決断を物証も出さずに下せないという所なのでは。

    もっとも経済支援や民生支援ならいざしらず、武器支援をしているならいずれかの段階でウクライナで物証(漢字が書かれた不発弾など)が出てくるはずで、道理だ何だという話をするのはその時になってからでも遅くないと思います。

    17
    • 2023年 2月 25日

    今んところ、中国がリスクを追ってまで武器支援するほどの見返りがロシアから示されてないのかな・・?

    中国としては、ロシアを経済的に掌握できるほどの贈り物があれば、多少の経済制裁なんて無視して喜んで武器支援をするでしょうし・・。

    13
      • 名無しさん
      • 2023年 2月 25日

      現状で中国から割引価格で原油を購入できていますからね。
      パイプラインは十分に通っておらず、これ以上の資源の輸入は物理的にハードルが高いはず。
      ロシアとしても、多少の武器の見返りに、恒久的な権益を売り渡すとは考えづらく、両国が会っても中身のある話はしづらいでしょうね。

      4
    • 将軍ゲネポス
    • 2023年 2月 25日

    今の状況で中国のロシアへの軍事支援の目はないと思います。
    実際に軍事支援していることがバレたら今以上にどんな締め上げに遭うか流石に中国も懸念しているでしょうし。
    特に自爆型ドローンなんて爆破後の残骸でほぼ確実に機体がバレますからね。
    つい昨日、アメリカ側(ペンタゴン報道官パトリック・ライダー)もEU側(EU外交・安全保障政策担当報道官ナビラ・マスレイル)も「中国がロシアを軍事支援している証拠はない」と認めました。
    中国の和平案に対する西側の発狂っぷりを見るにやはりウクライナ問題から中国を遠ざけるための言い掛かりだと思いますね。
    なんならイランのロシアへの軍事支援に関してもイラン外務省報道官が「ウクライナを含め一国たりとも証拠を提示していない」と批判しています。

    3
    • XYZ
    • 2023年 2月 25日

    単純に損得だけを考えれば勝ち筋が見えないロシアに西側諸国にケンカを売ってまで肩入れするメリットは皆無です。

    よって、馬鹿じゃないのだからそんな事するはずないだろうとなるのですが、過去に2正面作戦になるのに不可侵条約を破って広大な北の大地に攻め込んだり、資源・工業・経済の全てにおいて数十倍の格差がある豊かな国に他国とケンカ中なのに追加でケンカを売った国がありますから、違う論理で動く国がある可能性は排除してはいけません。

    18
    • hiroさん
    • 2023年 2月 25日

    武器そのものの支援はしない可能性が高いでしょうが、ロシアが武器製造に必要とする半導体その他の部品·資材を民生品輸出の隠れ蓑で行っている疑いは指摘されていますよね。
    米国も把握していても中国との関係悪化を恐れて問題化していないとか?
    気球問題も段々とトーンダウンしていますし。

    4
    • tx
    • 2023年 2月 26日

    武器支援しますよ
    中国の目的はロシアの隷属、アジアから米国を排除することですから
    この戦争を長引かせることを最も臨んでいるのは中国です
    欧州にとってはロシアが最大の脅威ですが米国はロシアではなく最大の敵国となりうる中国を念頭にこの戦争を進めている
    中国は西側の影響を受けたロシアや分裂するロシアは臨んでないでしょうし
    中国の石炭や天然ガスの生産量は飛躍的に伸びてますしインフレ対策よりも戦時体制を見越してると思いますよ

    2
    • 匿名
    • 2023年 2月 26日

    中国がロシアを軍事支援しようとしているとアメリカが言い出したのに大統領がそれを否定するとかマッチポンプくさい動きだな
    こういうのトランプの時代によく見た気がする
    気球の件もそうだけど適温まで緊張を高めるためにやってる気がする

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP