欧州関連

米仏に続きUAEまで東地中海問題に介入、F-16Eをギリシャに派遣

フランスに続きアラブ首長国連邦(UAE)が東地中海でトルコと対立するギリシャに戦闘機を派遣したと報じられている。

参考:F-16s from UAE Arrive at Their New Base at Souda Bay

トルコ牽制のため米国やフランスに続きアラブ首長国連邦がギリシャに軍を派遣

現在、東地中海はトルコとギリシャの排他的経済水域(EEZ)を巡って対立(※)しており、トルコはEEZで海洋調査を行うため海軍艦艇に守らせた調査船を当該海域に派遣、これにギリシャは武力衝突も辞さない覚悟で対応すると宣言(ギリシャが自国のEEZだと主張する海域でトルコが国益を侵害すれば武力を行使しても排除すると宣言)しているため両国間で軍事的緊張が高まっている。

出典:Millî Savunma Bakanlığı

※補足:トルコとリビアが結んだEEZ協定ではエーゲ海の島々に大陸棚を設定する権利はないというトルコの主張に基づいて境界線が引かれたのだが、エジプトとギリシャが結んだEEZ協定では一般的な中間等距離線を採用して境界線が引かれためエジプトはエーゲ海の島々に大陸棚を設定する権利を認めたという意味で非常に重要な意味を持っているのだが、トルコ側にとって絶対に認められない内容となっている。

トルコはEEZでの海洋調査と平行してエーゲ海での軍事演習やシリア難民問題でギリシャ側に圧力を加えており、トルコは意図的に緊張感を煽ってギリシャ側の暴発を誘っていると言っても過言ではない。

そんなギリシャの暴発を防ぐため米国は空母「ドワイト・D・アイゼンハワー(CVN-69)」を中心とする空母打撃群を、フランスは強襲揚陸艦「トネール」とフリゲート艦「ラファイエット」を派遣してギリシャ支持を明確に打ち出しており、特にフランスはギリシャのクレタ島に戦闘機ラファールを軍事演習目的で8月上旬から派遣して現在も駐留中だ。

出典:Airwolfhound from Hertfordshire, UK / CC BY-SA 2.0

これにアラブ首長国連邦(UAE)の戦闘機F-16が加わったと報じられている。

現地メディアは21日、UAEはギリシャとの軍事演習を行う目的でトルコが海洋調査を行っている海域に近いクレタ島にF-16E(Block60)を4機を派遣したと報じており、米メディアなどはUAEの動きは先週実現したイスラエルとの国交正常化の影響だと見ており、フランスやUAEがクレタ島に戦闘機を送り込むのは「トルコの圧力に晒されているギリシャは一人ではない」というメッセージを発信するためなのだが、問題はメッセージの受け手であるトルコに効果があるかだ。

出典:Public Domain F-16E(Block60)

トルコは東地中海の問題を解決するため軍事衝突も辞さない覚悟なのだが、流石にトルコ側から手を出すとギリシャ側に多くの支援者が現れることになるので飽くまでギリシャ側に手を出させる=暴発させることが重要で、このようなやり方は海軍の一部将校が極秘に作成した「SUGA作戦(計画が露見して捜査が行われ首謀者は逮捕されている)」に類似していると指摘されている部分だ。

SUGA作戦の目的はトルコとギリシャの緊張感を意図的+効率的に高めるところにあり、逮捕されたSUGA作戦の首謀者はエルドアン大統領の恩赦で釈放されて連日メディアに登場、東地中海の海底資源を手に入れるためにはギリシャとの戦争も仕方ないと説いて回っており、トルコ政府の行動もSUGA作戦で示されたものと一致するため両国の緊張状態は意図的に高められたものなのだろう。

要するにフランスやUAEなどがギリシャ支援のため軍事力を東地中海に集中させればされるほど地域の緊張状態は高まるため、トルコ側にとっては思うツボなのかもしれない。

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain F-16E(Block60)

米最大の造船所が不正、偽装されたバージニア級原潜の性能は?前のページ

新たな戦場の神、新型155mm自走砲「M109A7」を米第1騎兵師団が受領次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    導入して後悔するベラルーシ、Su-30SM調達費用は年間国防予算に匹敵

    ベラルーシは空軍近代化の一貫としてロシアから戦闘機「Su-30SM」を…

  2. 欧州関連

    スリリングな展開を見せていたドイツのP-3C後継機問題が決着、議会がP-8A導入を承認

    スリリングなタイムスケジュールで進んでいたドイツ海軍の対潜哨戒機「P-…

  3. 欧州関連

    英国、ウクライナ人パイロットに対する西側製戦闘機の訓練を夏に開始

    英国のスナク首相は2月「ウクライナにNATO標準戦闘機を操縦するための…

  4. 欧州関連

    欧州の砲弾生産能力、2024年春までに年100万発、年末まで年130万発に到達

    欧州域内市場委員のブルトン氏は21日、ウクライナへの砲弾100万発供給…

  5. 欧州関連

    SU-57でF-35Aの代行は無理?トルコ、ロシア製ステルス機購入は非現実的

    ロシア製防空システム「S-400」導入で「脱米入露」が噂されるトルコだ…

  6. 欧州関連

    ロシア軍のEW能力が効果を発揮、GPS誘導兵器は目標を外しドローンも制圧

    The Economist紙は23日「静的な接触線が出現したことでロシ…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    スマブラみたいになってきたな
    【UAE参戦!!】

      • 匿名
      • 2020年 8月 24日

      次は何処かな~?

      • 匿名
      • 2020年 8月 24日

      【トルコ以外全国家参戦!!】
      にならないかね?
      流石にそれだけ集めれば、どちらが先に攻撃しようが関係無かろう

        • 匿名
        • 2020年 8月 24日

        大丈夫、アゼルバイジャン共和国はトルコ側。

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    やっぱりエルドアン氏はムンムンやプー近平並みの無能にしか見えないけど、記事中のSUGA作戦やこの前のリビアみたいに実は深謀遠慮が…?

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    トルコ、ギリシャに加えUAEもF-16カスタマー。

    F-16が広く世界に普及しているのが判るなあ。

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    UAEはイスラエルとの和解によりイスラム連合から睨まれる存在となったが、トルコとも対峙して西側=キリスト教連合に接近するが大丈夫なのかな?
    IS等イスラム過激派の標的にされないかな?

      • 匿名
      • 2020年 8月 24日

      100日後に大統領が吹っ飛ぶに1ジンバブエドル

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    そんで暴発させて他の国が軒並みギリシャについたらどうする気だ?

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    トルコの強気は、アメリカとアラブ系諸国の目がイランに向いているので
    トルコにあまり圧力かけてこないだろう。という考えなのかな?

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    最近のトルコは瀬戸際&綱渡り状態を作り出してるね。
    渡れるうちは良いが、バランスを崩すと一気に奈落に落ちるんだが

    1
    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    どの国も地域一番店になりたいんだな、中国もそうだが。

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    トルコは最近黒海でガス田見つけたからいいだろ…というわけにはいかないんだろうな

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    トルコさんや
    スガ作戦だかなんだか知らんけど勝たなきゃ意味ないよ
    勝てるの?

    1
    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    UAEってギリシャの友好国ってわけでもなかったよな
    これからはどんどん西側に取り込まれていくということだろうか

      • 匿名
      • 2020年 8月 24日

      UAEはどんどん接近していますよ。
      イスラエルとの関係を持とうとする動きまで垣間見えます。

      • 匿名
      • 2020年 8月 24日

      リビアや同胞団問題で敵対してるので、敵の敵は味方ということでしょう
      オマーンのUAEとの係争地に、トルコが基地を建設するという怪情報も流れています
      ドバイを砲撃出来る位置であり、おそらくトルコ側が脅しのために流している偽情報でしょうが…

      1
    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    緊張感を高めつつあるのはトルコの目論見通りなのかもしれないけど、果たしてその結果がトルコの望み通りになるとは…?

    1
      • 匿名
      • 2020年 8月 24日

      トルコが先に手を出したことにされたらどうするんでしょうな
      またトンキン湾事件がおきるのかな

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    EEZを巡るトルコ・ギリシャの対立は、我が国にとっても他人事ではないと捉えています。
    (管理人さん、記事をありがとうございます)

    対立の起点として、EEZ境界画定を巡る双方の主張に相異があります。記事が触れたように中間等距離線による画定と、大陸棚自然延長論を基にした画定があり、様々な主張があるために他の対立地・係争地でも争いの元になっています。
    日本に関わるものとしては、沖縄の島嶼に関し中国が主張する「東シナ海大陸棚沖縄トラフ限界説」は「大陸棚自然延長論」を主張の基にしており、日本は沖縄トラフのような海底地形に法的な意味はないとの観点です。
    トルコの主張は大陸中心部に近い場所に位置する側が有利となる大陸棚自然延長論の考え方であり、中国の持論と本質的には同じと見ています。

    トルコ・ギリシャの対立では、トルコが軍事力を背景にEEZ境界変更が可能との誤った認識ができないように、ギリシャ側には頑張って欲しいです。

    それにしても「SUGA作戦」という作戦名が何というか凄い響きですね。

    1
    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    EU加盟の夢破れて、軸足を中東に移したところで
    オスマン帝国の復活とか鼻息荒くしてれば
    当然アラブ人だってイイ顔はしないだろうに

    1
      • 匿名
      • 2020年 8月 24日

      アラブ諸国の政府は絶対王政か軍事政権が大半なので、潜在的に国民の不満が溜まっており、トルコはムスリム同胞団を支援することで各国政府を転覆させて味方にしようとしている

      ただ、仮に各国で革命が成っても新オスマン帝国だか連邦だかに参加するかというと、疑問

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    やっぱり日本が一番
    それに比べて韓国は…w

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
PAGE TOP