欧州関連

禁輸と不正で苦境のエアバス防衛部門、戦闘機タイフーンも空中給油機も輸送機も不振

世界的な航空宇宙産業企業であるエアバスの防衛部門は、総利益の1/5を稼ぎ出している。しかし予定されていた受注や納品が遅れていることを理由に2,000人以上の従業員を2021年末までに解雇すると発表した。

参考:Failure to launch defence contracts left Airbus workforce to take hit

エアバスの防衛部門はドイツの禁輸措置と不正のダブルパンチで危機的状況か

要するに戦闘機などの軍用機や衛星を製造しているエアバスの防衛部門「エアバス・ディフェンス・アンド・スペース」は製品の出荷数に対しバックオーダーを積上げるための新規受注が減ったため、現在の雇用水準がこの先維持できないと判断したのだ。

エアバスの発表では受注や納品の遅れが原因と言っているが、これは主に戦闘機ユーロファーター・タイフーンや空中給油機のA330 MRTT、新規開発の輸送機A-400Mを指しているものと思われる。

ドイツは2018年に発生したジャマル・カショギ氏殺害事件に関するサウジアラビアの説明に納得できないとして武器輸出を禁止する措置をとったため、サウジアラビアが空軍向けに追加発注したユーロファーター・タイフーン48機の輸出がストップしてしまった。

出典:public domain空中給油機A330 MRTT

さらにサウジアラビア空軍が導入した空中給油機A330 MRTTには、空中給油を構成する重要な部分にドイツ製の部品が使用されており保守部品に問題を引き起こしている。そのためエアバスはA330 MRTTからドイツ製部品を取り除くため代替品を探しているが、これを実行すればA330 MRTTは空中給油機として機能することを再実証しなければならず、そのコストを負担しなければならない。

この状況を最もシンプルに改善するには禁輸措置を行うドイツを説得することだが、ドイツは周囲の説得に耳を貸さず2019年9月に禁輸措置を6ヶ月延長することを発表した。そのため2020年3月31日までは禁輸措置が継続され、サウジアラビアがドイツを納得させるだけの説明を行わない限り禁輸措置は延長が繰り返されることになる。

サウジアラビアが発注したタイフーン48機は英国の生産ラインで組み立てられる予定だが、現在生産中のクウェート空軍向け28機の組み立てが終了するまでにドイツの禁輸措置が解除されなければ英国のタイフーン生産ラインは宙に浮くことになる。

因みにクウェートから受注した22機のタイフーンはイタリアの生産ラインで組み立てられているが、現在、クウェートではタイフーン採用に関する過程でエアバス側から不正な資金が政府高官に渡ったとして告発されており、契約通りタイフーン引渡しが実行されるのか怪しくなってきた。

さらにタイフーンを導入したオーストリアも導入過程でエアバス側から不正な資金が政府高官に渡ったと告発され訴訟問題になっており、もはやエアバスにとってタイフーン輸出はトラブルの元になっていると言ってもいい。

出典:Peng Chen / CC BY-SA 4.0輸送機A-400M

さらに新規に開発した輸送機A-400Mは技術的な問題解決のため生産が遅延、これを解決するためエアバスは追加投資を余儀なくされており、このプログラムは資金を浪費する泥沼化状態になってる。

エアバス本体の民間機部門も複数の不正が露見し米英仏捜査当局との話し合いの末、約40億ドルの罰金を支払うことで合意、ボーイングが737MAX機問題で身動きが取れないすきを突く体制を整えつつあるが、エアバスの防衛部門は今後も厳しい状況が続くと見られている。

特に戦闘機タイフーンは不正な資金のイメージが強まれば今後の採用にも影響を及ぼす可能性が高く、生産ラインの閉鎖を決断しても不思議ではないと管理人は見ている。

 

アイキャッチ画像の出典:Alexander / stock.adobe.com

NATO未入手のロシア製戦車? 反政府組織が捕獲した「T-90A」を巡って争奪戦勃発前のページ

F-35同様の困難に直面? 米国、日本の次世代戦闘機「F-3」は第6世代機相当と評価次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    和平協定の行方、アルメニアがアゼルバイジャンとの首脳会談を発表

    アルメニアとアゼルバイジャンは10月5日に首脳会談を行う予定で、アルメ…

  2. 欧州関連

    トルコ、フィンランドやスウェーデンにテロ容疑者33人の引き渡しを要請

    トルコのボスダグ法務相は3ヶ国の合意文書に基づき「以前からフィンランド…

  3. 欧州関連

    修理に最低6ヶ月? 英空母プリンス・オブ・ウェールズは水漏れで出港不能

    英海軍のクイーン・エリザベス級空母2番艦「プリンス・オブ・ウェールズ(…

  4. 欧州関連

    独ラインメタル、155mm砲弾を年間45万発~50万発まで生産が可能

    独ラインメタルは榴弾砲向け155mm砲弾の生産量を年間45万発~50万…

  5. 欧州関連

    トルコにウクライナ製エンジンが到着、重攻撃ヘリ「ATAK2」が今月中に試験を開始

    第5世代戦闘機のプロトタイプやステルスUCAVに続き「トルコ航空宇宙産…

  6. 欧州関連

    ポーランドが装備調達に15兆円を投資、ロシアの野蛮な侵略に対する正しい反応

    ブラスザック国防相はポーランドの安全を保証するため「2035年までに5…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 2月 23日

    ドイツってほんとクソだなあ
    自分だけ困るなら勝手にしろと思うが、周辺国を平気で巻き込む姿勢はヨーロッパの難民大量受け入れにも同じ事が言える

    3
    • 匿名
    • 2020年 2月 23日

    タイフーンはオワコン
    じきに価格でもF35に負けるだろう

    1
    • 匿名
    • 2020年 2月 23日

    ボーイング「ナカーマ♪」

    と言うか、旅客機二大メーカーが揃って同じ分野で炎上(炎上の仕方が異なるが)して、どうするんでしょうねぇ……

      • 匿名
      • 2020年 2月 24日

      ロッキードもダグラスも大型旅客機で炎上してたし、大型旅客機メーカーは炎上するのが伝統なのでは?

      1
    • 匿名
    • 2020年 2月 23日

    経済はまぁまぁだし自国はEUの盟主、宿敵ロシアは東に遠く後退、国内政治は首相レームダック状態。軍隊は縮小し票にならんし、クーデターの心配も無し。
    正に政治の季節の到来ですな。しかも危機は遠く、政治で遊べる時代の。(まわりは迷惑だろうが)

    1
      • 匿名
      • 2020年 2月 23日

      そのEUが英国離脱の穴埋めを巡って、大きく揺れていることを考えると、春と夏を謳歌できる時間が、どれほど残されているでしょうか?

      • 匿名
      • 2020年 2月 23日

      もうEUはオワコンだな、ブレグジットのイギリスは大正解。
      なんとなく赤壁の連環計を思い出した。

        • 匿名
        • 2020年 2月 23日

        やはり島国で物理的に離れているという根本的な立場の違いは、絡みもつれ合った大陸とは相容れないのでしょう。火を放つかどうかは別にして。

          • 2020年 2月 26日

          でもイギリスだから数年後にはまたEUと仲良くやってるかもしれませんね

    • 匿名
    • 2020年 2月 23日

    ドイツ議会の暴走は相変わらずですな。

    イギリスの離脱はこれが一因かも。

    1
    • 匿名
    • 2020年 2月 23日

    大物を国際分業にすると必ず失敗する@「遥かなる星」第二巻

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  4. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  5. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
PAGE TOP