欧州関連

クラスター砲弾がウクライナに到着、現地司令官が受け取ったと認める

ウクライナ陸軍のタルナフスキー准将はCNNの取材に「クラスター砲弾を受け取ったばかりで使用していないが、これは戦況を根本的に変えることができる武器だ。敵も効果を理解しているため、この武器が使用可能な地形の一部を放棄するだろう」と述べた。

参考:Ukrainian general confirms to CNN that Kyiv has received cluster munitions from the US

果たしてクラスター砲弾は攻めあぐねているロシア軍陣地に対してどのような結果をもたらすのだろうか?

バイデン大統領は先週「この戦いは兵站の戦争なのにウクライナ人は弾薬を使い果たし、我々も弾薬不足に陥っている」と説明して「ウクライナへのクラスター砲弾提供」に踏み切ったと発表したが、ウクライナ陸軍のタルナフスキー准将(タブリア作戦軍司令官)はCNNの取材に対して「まだ受け取ったばかりで使用していないが、戦況を根本的に変えることができるだろう」と述べ、反攻作戦を実施している最前線にクラスター砲弾が到着したことを認めた。

出典:Генеральний штаб ЗСУ

タルナフスキー准将は「この武器は非常に強力で、敵もクラスター砲弾を入手した我々が戦いで有利になると理解しているため、この武器が使用可能な地形の一部を放棄するだろう」と述べたが、クラスター砲弾を使用できる地域については「軍上層部が決定を下す」と付け加えており、レズニコフ国防相はクラスター砲弾の使用について「国際的に承認されたウクライナ領でのみクラスター砲弾を使用し、国際的に承認されたロシア領に向けて使用しない」「民間人への危険を避けるため都市部で使用しない」「使用と使用地域の厳格な記録を保管する」「クラスター砲弾の使用と結果をパートナーに報告する」と約束している。

タブリア作戦軍は南ドネツク方面の戦いに参加している可能性が高いため、この作戦地域にクラスター砲弾が到着したと推定されるが、まだ軍上層部がクラスター砲弾を使用できる地域を決めていないので「使用されていない」という意味だ。

出典:Department of Defense

因みにクラスター砲弾については「通常砲弾よりもロシア軍陣地に対する攻撃効果が高い(制圧範囲は通常砲弾の5発分以上)」と意見があるが、果たしてクラスター砲弾は攻めあぐねているロシア軍陣地に対してどのような結果をもたらすのだろうか?

関連記事:欧州はクラスター砲弾使用に反対、ただし米国の決定にも一定の理解
関連記事:ウクライナ国防相、国際的に承認された自国領でクラスター砲弾を使用する
関連記事:バイデン大統領、クラスター砲弾提供は弾薬不足解消までの一時的な措置
関連記事:バイデン政権、クラスター砲弾を含むウクライナ支援パッケージを発表
関連記事:バイデン政権、まもなくクラスター爆弾が含まれるウクライナ支援を発表
関連記事:ダメなものはダメ、ウクライナが要請したクラスター爆弾提供をNATOが拒否
関連記事:エストニア、ドイツにクラスター爆弾のウクライナ移転を承認するよう要請

 

※アイキャッチ画像の出典:Генеральний штаб ЗСУ

米空軍、予算状況が厳しいためF-15Eを218機から99機に削減すると言及前のページ

ポーランドと韓国、韓国製兵器の追加導入とウクライナの復興協力で合意次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    トルコのBaykar、まもなくTB2でShahed-136を迎撃出来るようになる

    トルコのBaykar社はウクライナの主権を守る戦いを全面的に支持してお…

  2. 欧州関連

    ドイツはF-35A導入に傾きつつあり、フランスとボーイングが打撃を受ける

    ドイツは米国との核兵器共有協定を維持するためF-35A導入に傾きつつあ…

  3. 欧州関連

    ポーランドの安全保障に貢献した報酬? 米国と韓国が原発建設を分け合う

    ポーランドはエネルギー供給を天然ガスや石炭から原子力に転換する予定で、…

  4. 欧州関連

    ポーランド政府、ウクライナへの武器供給は契約分と事前合意分のみ実行

    ポーランドのモラヴィエツキ首相が「自国の軍事力を強化するためウクライナ…

  5. 欧州関連

    米海兵隊のF-35Bが英国に到着、いよいよ英空母の共同使用が始まる

    米海兵隊は英空母「クイーン・エリザベス(R08)」の共同使用(Cros…

コメント

    • 無明
    • 2023年 7月 13日

    これを口実にしてロシア軍が大々的にクラスター弾を使うようになってしまわないか

    3
      • パセリ
      • 2023年 7月 13日

      すでに都市部でクラスターどころか白鱗弾が使用されてたんじゃ無かったか?
      野戦ではウクライナも既にクラスター使ってるだろうし、ぶっちゃけ戦局は変わらんよ

      42
        • panda
        • 2023年 7月 13日

        白リン弾が使用された証拠はありませんね
        テルミット系の焼夷弾と混同されていることが多いようです

        22
          • ななし
          • 2023年 7月 14日

          そしてテルミット焼夷弾の方が遙かに残虐非道な武器なのになぜか白リン弾のほうを重視するという

          44
            • 理想はこの翼では届かない
            • 2023年 7月 14日

            白リン弾は燃焼範囲にいなくても近くにいるだけで人体に有害なのと、土壌汚染を引き起こすので問題視されるのです
            テルミット焼夷弾は白リン弾より高温になりますが、燃えてそれでおしまいなので周囲への悪影響という意味では白リン弾よりはるかにマシです

            1
              • 匿名ちゃん
              • 2023年 7月 16日

              毒ガスではないと強弁できる程度の毒ガス

      • ミリオタの猫
      • 2023年 7月 13日

      この戦争ではロシア軍もウクライナ軍も開戦当初からクラスター弾を盛大に撃っているので(註:ロシア軍は勿論、ウクライナ軍もこれまで撃っていたクラスター弾はロシア製)、今更米国製のクラスター弾をウクライナ軍が撃っても戦闘その物に関しては無問題でしょう

      43
        •  
        • 2023年 7月 14日

        大事なのは不足していた弾薬が補充できたということだけですね。

        5
      • paxai
      • 2023年 7月 13日

      ショイグが「俺達には多種多様なクラスター弾があるんだぜ?使っちゃうぜ?」ってな感じに言ってたけどロシアの弾薬庫にどんなクラスター弾が入ってるかなんて分からないからなあ。

      7
    • Easy
    • 2023年 7月 14日

    ソフトターゲットには特効なので、歩兵がますます塹壕から出れなくなるのは確定かなと。歩兵を動かすことが出来なくなるので、戦線を膠着させる強い効果があるはすです。
    ただ、細かくなる分、破壊力が激減するので、野戦砲に対する効果がどうなのかと。砲兵狩りは誘導弾,歩兵制圧はクラスター弾で使い分けるから無問題ってことでしょうか。

    4
      • おさげ
      • 2023年 7月 14日

      アメリカ自身が供与したのは対人・対装甲クラスター弾だと発表しています。
      こいつはHEAT-MPの用に破片効果を高めた整形炸薬弾なので戦車の上面装甲も貫通可能です。
      牽引砲はもちろん装甲化された自走砲にも効果的でしょう。

      18
    • 2023年 7月 14日

    クレミンナ方面で攻勢に出ているロシア軍への突破破砕射撃に使ったほうが効果的じゃないかな。まあいずれ全戦線に供給されるんだろう

    3
    • msd
    • 2023年 7月 14日

    非常に興味深い記事です。
    クラスター弾頭は湾岸戦争で砂漠の陣地等に対して多く使われ、そういったデータはあるでしょうが、今回のように土・コンクリートで固められた周到防御陣地に対しての使用は聞いたことがありません。
    米国にしても、陣地タイプ・角度・集弾密度で検証したことはないでしょうし、今回の「使用結果をパートナーに伝える」というデータは、我が国は万金を払ってでも手にいれる価値があると思います。
    なぜなら、私たちの周りの国はほぼ全てクラスター弾を持っていて、陸自はそれに耐えうる防御陣地を野戦築城あるいは平素の永久築城で行わなければならないからです。
    陸自の陣地マニュアルは、おそらく昭和期の砲弾データから作成されているかもしれませんが、それをアップデートしなくてはいけません。この戦訓は非常に大事でしょう。

    16
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP