欧州関連

ギリシャ軍、クレタ島配備のS-300でトルコ空軍機にレーダー照射か

トルコ国防省の関係者は「エーゲ海を飛行中のトルコ空軍機がギリシャ軍のS-300にレーダー照射された」と明かし、NATOの交戦規則に従えば敵対行為だと主張している。

参考:Greece’s S-300 air defense system harassed Turkish F-16 jets: Sources

一部のNATO加盟国がS-400を購入したトルコをいまだに批判しているが、S-300の運用を続けるギリシャには何も言わない

匿名を条件に現地メディアの取材に応じたトルコ国防省の関係者は「今月23日、エーゲ海と東地中海上空で任務を遂行中のトルコ空軍機がギリシャ軍のS-300にレーダー照射された」と明かし、この行為はNATOの交戦規則に従うと「敵対行為だ」と主張している。

ギリシャ軍が運用するS-300とは1996年に発生したカルダック事件後、トルコにも武器を供給していた米国の方針に不満を抱いたギリシャがS-300導入を決断、形式上はキプロス共和国がロシアからS-300を導入して配備した形だが、トルコを含む西側諸国の批判に直面したギリシヤはS-300を買い取る形でキプロス島からの撤去に応じた。

しかしギリシャは引き取ったS-300をクレタ島に配備して運用を続けており、今回S-300を構成するレーダーシステムにトルコ空軍機が嫌がらせを受けたという意味で、トルコメディアは「一部のNATO加盟国がS-400を購入したトルコをいまだに批判しているが、S-300の運用を続けるギリシャには何も言わない」と不満を漏らしている。

因みに2020年5月にはエーゲ海上空で、ギリシャのパナギオトプロス国防相が搭乗したNH90がトルコ空軍のF-16Cに追いかけ回されるという前代未聞の事件が発生、この行為にギリシャは抗議したがトルコは事件を否定して「通常のパトロール飛行を誇張して両国間の緊張を高めようとしてもギリシャが得るものは何もない」と主張、そのためギリシャ空軍は問題のF-16Cを追い払うため出撃したミラージュ2000の映像を公開して注目を集めたことがある。

公開された映像を見ると両国の戦闘機は実戦さながらのドックファイトを演じており、ギリシャ空軍のミラージュ2000はトルコ空軍のF-16Cを空対空ミサイルと固定機銃でロックオンしているため、両軍の戦闘機は交戦したといっても過言ではない。

関連記事:キプロス、トルコに対抗するためイスラエルからアイアンドームを導入

 

※アイキャッチ画像の出典:Greek Air Force

ロシア軍のミサイル兵器の備蓄量は侵攻前の45%以下、イスカンデルは20%以下前のページ

米国防総省、HIMARSやGMLRS弾の生産加速に必要な投資を発表次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    SAAB、スウェーデンから次世代戦闘機システムの概念研究を受注

    SAABは22日「スウェーデン軍国防資材局から次世代戦闘機システムの概…

  2. 欧州関連

    ポーランドが装備調達に15兆円を投資、ロシアの野蛮な侵略に対する正しい反応

    ブラスザック国防相はポーランドの安全を保証するため「2035年までに5…

  3. 欧州関連

    ノルウェー国防相、英国と協力してM270MLRSを追加提供すると発表

    英国のウォレス国防相と会談したノルウェーのグラム国防相は18日「英国と…

  4. 欧州関連

    ポーランドの運送業者と政府が合意、ウクライナ国境の封鎖は17日に解除

    ロイターは16日「ウクライナ国境を封鎖し続けてきたポーランドの運送業者…

  5. 欧州関連

    英国、海軍にはクイーン・エリザベス級空母を2隻運用するだけの能力がない

    英国の会計検査院(NAO)が公表した報告書の中で、60億ポンド以上の費…

  6. 欧州関連

    イタリア、第6世代戦闘機「テンペスト」開発に関する3ヶ国間協定に署名

    イタリア国防省は3日、第6世代戦闘機「テンペスト」開発プログラムに関す…

コメント

    • TO
    • 2022年 8月 28日

    同じ条件でトルコを叩き、ギリシャはスルーは通らないだろう
    この様なダブルスタンダード的対応が、アメリカNATOへの信頼を落としているんじゃないかね

    20
      • emp
      • 2022年 8月 28日

      s400とs300じゃ性能が違いすぎるし、ギリシャが導入したのは、冷戦後のザコい新生ロシアからだよ
      そもそも昔のことだし、今も運用してるってだけ
      条件が違いすぎる

      42
      • AH-X
      • 2022年 8月 28日

      まさにそれですね。アメリカもいい加減、ダブルスタンダード外交と二枚舌外交改めるべきだと思います。
      自国の都合のいいように他国を引っ掻き回すのはいい加減止めればいいのに。また同時多発テロでしっぺ返しくるぜ。

      8
      • G
      • 2022年 8月 28日

      一番の問題はトルコがS-400を導入したのは2019年であり、これは2014年ロシアのクリミア半島・ウクライナ東部(名目上は親ロ派)の占拠に対する西側の経済制裁中でのこと、つまり真っ向から実行中であった西側の方針に反発したからですよ
      もし日本が西側制裁中のロシアから大型兵器を購入していた場合、国内外からどのように見られていたかを想像するとイメージしやすいかと

      60
      • 戦略眼
      • 2022年 8月 28日

      というか、ギリシャのS300とトルコのS400をボッシュートして、ウクライナに供与したら良いのではないか。

      20
        • くらうん
        • 2022年 8月 29日

        誰にそのような権限と実行力が?
        アメリカが気に入らないとはいえ他国の資産ですよ。

        21
    • BM
    • 2022年 8月 28日

    2500年くらいずっと仲悪いな

    38
      • 名無し
      • 2022年 8月 29日

      ムハンマドもキリストも生まれる前から争ってるという表現、薄っぺらい宗教先入観が剥ぎ取れて、すごい好きw

      3
      • k.ziro
      • 2022年 8月 29日

      まあ民族は入れ替わっているんですけどねえ

      3
    • 無無
    • 2022年 8月 28日

    単にアメリカのコントロールが効かないのか、あるいは緊張関係を演出することで仲介者アメリカの影響力を創り出すのか
    最近乗りに乗ってるトルコへの牽制を企むのは誰か

      • 戦略眼
      • 2022年 8月 28日

      クルド人、サウジアラビア、イラン。
      暗躍するイスラエル。
      ロシアが抜けかけたシリアは、どう出るか?

      2
    • バクー油田
    • 2022年 8月 28日

    日本の自衛隊が中国や韓国からレーダー照射を受けた時は
    「国際法上反撃しても許される状態ですよこれ!」
    って解説者が息巻いていますよね。それを見て私も鼻息荒くして息巻いてましたが
    こう見るとちょいちょいある話なのかもしれませんね。
    だから明らかに戦争始めますみたいな両国関係ではなければ基本的には
    レーダー照射受けても「国際法上反撃しても許される状態ですよこれ!」と息巻きつつも
    正味は厳重抗議以上の事をしたら「やりすぎで実質本当に反撃した方が悪い」なのかもしれませんね。

    13
      • 匿名11号
      • 2022年 8月 29日

      じゃあ我が方も、多少の行き過ぎには目をつぶることを前提に現場指揮官判断でレーダー照射できる権限を与えますか。

      任務達成が優先。なあに、ちょいちょいあることなんだから相手も気にしませんよ。

      3
    • 名無しさん
    • 2022年 8月 29日

    前提条件が違うから、ギリシャのS300に対してスルーされるのはまだ分かりますが、交戦規程違反を冒しておきながらスルーされるのはトルコには耐えがたいでしょうね。
    欧州文明の源流であるギリシャと、オスマントルコの継承国であるトルコという差が、EUからの扱いの差につながっていると、少なくもトルコがそう感じているのは何となく理解できます。

    12
    • 名無しのプ口グラマー
    • 2022年 8月 29日

    自分はこういうニュースを見てなかっただけで、意外と世界で小競り合いが起きているんですね

    3
    • 匿名
    • 2022年 8月 29日

    レーダー照射は許されない蛮行だ。K国とかK国とかK国とか。

    5
    • wasser
    • 2022年 8月 29日

    これさぁ火器管制レーダーじゃなくて索敵レーダーが照射されたのを「S-300にレーダー照射された」とトルコ側が難癖をつけてる可能性もあるんじゃないかな。元の記事にも「radar locked」としか書かれていないし、トルコ機がレーダー照射された状況も不明瞭だし何とも言えないけど。

    4
      • けい2020
      • 2022年 8月 30日

      火器管制レーダーに照射されたなら証拠も残ってるし、主張してもおかしくないんだよな
      (証拠を公開しなくても、有ると断言できるだけで有利だし)

      2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  4. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP