欧州関連

ロッキード・マーティン、英陸軍にK9A2提案するTeam Thunder参加を決定

ロッキード・マーティンは英陸軍の次期自走砲にK9A2を提案するコンソーシアム「Team Thunder」に参加すること決定、18日にチーム参加のための契約に署名した。

参考:Lockheed Martin joins ‘Team Thunder’ to build advanced K9 Self-Propelled Howitzer for UK Mobile Fires Platform

ガッチリと英国人雇用を囲い込んできた韓国のハンファディフェンス、Team Thunderにロッキード・マーティンUKも参加

英国は抜本的な防衛計画の見直しを行い陸軍が予定していた自走砲「AS90」のアップグレードを中止、新たに116輌の自走砲調達を目的にした「MFPプログラム/Mobile Fires Platform program」を立ち上げて2022年に提案依頼書(RFP)を発行する予定だ。

このMFPプログラムにいち早く名乗りを上げたのが韓国のハンファディフェンスで、砲塔の無人化と耐地雷対策を取り入れたK9A1のアップグレードバージョン「K9A2」を英国で製造するためイタリア企業の英国法人レオナルドUK、英国資本のピアソン・エンジニアリング、ホーストマン・ディフェンス、スーシー・ディフェンスと共同で昨年6月に「Team Thunder」を結成し注目を集めている。

つまり英陸軍の自走砲を受注するには地元の企業との協力が必須=K9A2を選択すれば英国産業界にも大きな利益がもたらされる仕組み(現地製造)を提案する必要があり、ハンファディフェンスは正式な提案に先駆けて英国に拠点を置く企業とコンソーシアムを結成して足元を固めているという意味だが、K9には計9ヶ国に増えた運用国と約2,400輌(K-10弾薬補給装甲車を含む)という巨大なマーケットへの参加という点も英国産業界にとっては魅力の一つだ。

出典:Hanwha Defense

仮に英陸軍がK9A2を選択すれば英国産業界は英陸軍向けのK9A2製造・保守だけでなく、K9グローバル・サプライチェーンの一員として新たなビジネスチャンス(アップグレード作業や消耗品の供給など)に関与できる可能性があるため雇用の維持に期待できる。

英メディアもK9のサプライチェーンに参加できるのは魅力だと指摘して「今後もTeam Thunderに合流する英国企業は増えるかもしれない」と予想、特に受注していた歩兵戦闘車のアップグレードを失ったロッキード・マーティンUKとって英国拠点=英国人雇用を維持は最重要課題でK9A2製造への参入が噂されていたが、やはりTeam Thunderへの参加を決めてきた。

ロッキード・マーチンUKのリー・フェローズ氏は「英国で80年以上事業を継続しているロッキード・マーチンは英国経済を支えてきたという誇り実績があり、現在英国に23拠点をもち数千人を雇用している。Team Thunderに参加してK9A2に当社の高度なシステム、専門技術、デジタル対応の製造施設を提供したい」と述べている。

因みにBAEシステムズやラインメタルもMFPプログラムに挑戦するのではないかと噂されているが、今のところ正式な動きは確認されていない。

追記:ハンファディフェンスがK9やレッドバックの次に期待しているがUGV(無人地上車両)で既に海外の展示会でアピールを始めている。

関連記事:韓国、英陸軍の新型自走砲調達プログラムにK-9A2を提案すると発表
関連記事:英陸軍に提案するK-9A2をDSEI 2021に出展する韓国、英企業とのパートナーシップも発表予定
関連記事:韓国、英陸軍にK-9A2を提案するため現地企業と「Team Thunder」結成を発表
関連記事:英リカルド、自走砲K9向けの新型エンジン開発支援に関する契約を韓国と締結

 

※アイキャッチ画像の出典:Hanwha Defense

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

F-15J改修事業、電子戦システムに関する契約変更をボーイングに授与前のページ

米太平洋空軍、E-3は味方を有利にするほどJ-20を遠距離で検出できない次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ドイツ軍の再生に投じられる1,000億ユーロ、問題は行き過ぎた官僚主義

    ショルツ首相は1,000億ユーロを投じてドイツ軍の再生を試みようとして…

  2. 欧州関連

    フランス提案のアトランティックIIリースを蹴ったドイツ海軍、米国からP-8A導入がほぼ確定

    P-3Cの早期退役に伴うドイツ海軍の対潜哨戒機調達はフランス提案のアト…

  3. 欧州関連

    ロシアのセベロドネツク包囲が停滞、ウクライナは防衛ライン構築に成功か

    ドンバスを巡る戦いはセベロドネツクを除く地域でロシア軍の前進が停滞して…

  4. 欧州関連

    トルコが開発中の第5世代戦闘機「TF-X」、調達コストは1億ドルで試作機は2023年完成

    トルコ国防省調達部門のイスマイル・デミール氏は28日、開発を進めている…

  5. 欧州関連

    自動空中給油システムの開発が完了したA330MRTT、欠陥の修正に忙しいKC-46A

    エアバスは今月20日、空中給油機A330MRTTに搭載される自動化され…

  6. 欧州関連

    UAV技術の拡散、あるアジアの国にイスラエル人が徘徊型ドローンを不正輸出

    あるアジアの国に徘徊型ドローン(自爆型ドローンやカミカゼドローンとも呼…

コメント

    • tarota
    • 2022年 3月 19日

    防衛産業も三方良しの精神で周りに利益を与えないと厳しいんだな
    三菱電機には期待はしているが…

    24
      • トクメイキボウ=サン
      • 2022年 3月 19日

      イギリスとミサイルを共同開発してますから、もし採用されれば輸出に1枚かめるかもしれませんね

      17
    • 無印
    • 2022年 3月 19日

    >因みにBAEシステムズやラインメタルもMFPプログラムに挑戦するのではないか
    ラインメタルはPzH2000や、その砲身を流用した珍妙な自走砲を開発してたけど、BAEの自走砲って何かあったっけ?

    6
      • 権兵衛
      • 2022年 3月 19日

      パラディンとアーチャーってBAEでしょ

      3
      • 匿名
      • 2022年 3月 20日

      今イギリス陸軍が運用してるAS90の開発元であるヴィッカースを買収したのがBAE

      5
        • 戦略眼
        • 2022年 3月 20日

        AS-90は、そんなに状態が悪いのか?
        自走砲くらい自国で開発できないのか?

        3
          • 四凶
          • 2022年 3月 21日

          日本みたいに数も出ないのにアレコレ理由こねくり回して性能が微妙な国産にするより遥かに健全だと思うわ。

          榴弾砲ならまだ自国仕様の細かい要望なんて無いだろうし、国内の仕事奪っているわけでもないし。

          3
    • ウーン
    • 2022年 3月 19日

    ハンファディフェンスは日本の防衛企業とは比べ物にならない企業になったよなぁ。
    一部の現実逃避するミリオタには、彼らの凄さがわからないだろうが。
    国内防衛産業にとって、リスク背負って海外進出とか無駄でしかないからね。
    回らなくなったら、撤退すれば良い話。
    99式の後継はK9かな?
    悪くないでしょ。

    16
      • ダヴー
      • 2022年 3月 19日

      同世代のものを後継にする必要は無いかと

      24
        • ウーン
        • 2022年 3月 19日

        K9の後継の間違いでした。

        7
        • 権兵衛
        • 2022年 3月 19日

        ハンファが「K9のアップグレードバージョン」の売り込みに力を入れているって記事な?
        その記事についたコメントを読んで何故「99式の後継を初代K9にしよう」って意味のコメントだと思うかね?
        K9A2あるいはその先のバージョンのことを言ってるんだなって分かるもんだろうに
        揚げ足取るんじゃないよチミィ

        9
          • ダヴー
          • 2022年 3月 19日

          それは大変失礼しました。

          9
          • ちょ
          • 2022年 3月 19日

          そう…

          13
      • 匿名希望
      • 2022年 3月 20日

      ものすごく悪いな>K9
      素直に99式再生産した方がまだ改良しやすい分安く上がるわ
      あと韓国自体が普通に仮想でない敵国

      16
        • ウーン
        • 2022年 3月 20日

        K9と99式では、
        最高速度に約20キロの差があり、
        最大射程で60キロの差があり、
        射撃速度も、K9のほうが一分間で2発多い。

        そして、調達価格がK9は3億9千万円で、99式はなんと9億6,000万円。
        各国が採用しているため、今後もアップグレードが期待されるK9と、何の改修もされていない99式。

        安く仕上がるってどういう意味ですか?
        ここを詳しく答えてもらいたいですね。

        まぁ、仮想敵国だってのは重々承知ですから、無理なのはわかってますがね。

        12
      • ブルーピーコック
      • 2022年 3月 20日

      南スーダンでの銃弾の貸し借りで大騒ぎする韓国人が、日本に武器輸出を認めるとは思いませんがね。

      それはそれとして、ここ数年で陸自に採用された兵器の傾向からして、北海道以外で運用されなさそうな99式自走榴弾砲の後継は無いんじゃないかな。
      素人意見だけども、装軌式の榴弾砲より、対艦ミサイルや偵察・攻撃用途のドローン部隊を拡充・配備した方が敵上陸部隊に嫌がらせが出来ると思う

      17
      • 匿名希望
      • 2022年 3月 22日

      >ハンファディフェンスは日本の防衛企業とは比べ物にならない企業になったよなぁ。

      ハンファディフェンスの売り上げや利益額をインターネットで調べたいんだけど、どこにも見つからないんだ。だから、そのような情報が掲載されているサイトとか具体的な金額を教えてくれないかな。

      日本の防衛企業とは比べ物にならないと言うからには、知っているんだろ?

      1
        • ハンファ
        • 2022年 3月 22日

        ハンファディフェンスは売上額を公開していないみたいだね(というか、企業サイトが無い?)。

        だから、投稿主が何を日本企業と比べたのか不明。

        1
    • 名無し
    • 2022年 3月 19日

    昨今流行りの、こう言った座組みでの受注って
    利益率どうなんだろう

    なんか利益出る気がしないんだけど

    11
      • あばばばば
      • 2022年 3月 20日

      採用国と生産数が増えれば、韓国本国で調達するK-9価格が安くなり、最悪の事態で本国で生産できなくなっても、他国から調達できるメリットがあるから、単純に金銭的な利益に直結しなくても、周り巡って利益が出るから

      7
      • 匿名希望
      • 2022年 3月 20日

      長期的に考えて今回は労働者に仕事を与えられればいいのかも
      利益率は低くても

      2
    • トクメイキボウ=サン
    • 2022年 3月 19日

    韓国は何がなんでも売るんだと言う気概を感じる

    日本は中小企業の防衛関連進出を促すのに既存の国内大手の統合再編を進めて少しでもまともに輸出出来るようにはしない、防衛産業を発展させたいのか衰退させたいのかどっちだ

    18
    • よこた
    • 2022年 3月 19日

    これから兵器の開発費用は上がることはあっても下がることはないわけで
    それをペイするために多少の利ざやが減ってもこうやって膨大な顧客をゲットするという選択は正しいと思う

    12
    • POP
    • 2022年 3月 20日

    国内の兵器を含めた製造業が衰退しているだけに、乗るしかなさそうですね・・・

    2
    • 匿名希望
    • 2022年 3月 20日

    イギリス国防省の発表では、国内の雇用にどれだけ繋げられたかをよく発表しているし、そこを考えて動いてますねえ。
    同じようにしたいものだ。

    7
    • えぞ
    • 2022年 3月 20日

    陸は韓国、ドローンはトルコの躍進がすごいですよね。

    自走砲については日本はエンジン、トランスミッション、サスなどの重量パーツを国産化できているので、
    ちゃんと海外の顧客ニーズに会わせた物を作れば売れるとは思うのですが……

    12
    • ちいかわ
    • 2022年 3月 20日

    この分野で韓国躍進してんなぁ
    99式の後継や近代化ってなんか話ないんだっけ
    足回りを10式ベースに変えるとかさぁ

      • 匿名
      • 2022年 3月 20日

      新装軌装甲車のファミリーでやるの確定してるし砲塔は用廃のメーカーでリビルトして再利用して後継扱いにする99式改で行くの間違いなくね
      砲とALSはそのままで無人機連接やRWS搭載とか拡張性持たせた上下にするだけで下が4VAに切り替えかして格段の性能向上は現状だと無いね
      K9は無人化言ってるけどそんなんしたら特科の人員プールできんだろ

      2
        • 匿名
        • 2022年 3月 20日

        無人化って砲塔の話ですよ、乗員0人ってことじゃありません
        完全自動装填にして装填手は廃止、車長と砲手は車体側に乗せようってことです

        3
          • 99式
          • 2022年 3月 20日

          そんなに乗員を減らして、砲身の掃除はどうするんですかねぇ。

          わずか2人でやるのかな?それとも、他車両のメンバーと合わせてやるのかな?

          1
            • 774
            • 2022年 3月 21日

            >わずか2人

            3人やろ
            操縦手どこ行ったん?

            1
    • 匿名
    • 2022年 3月 20日

    LMはACVに参入した際に独自感ある代物を出してきたが事AFVに関しては火力系とソフト面でこそ世界基準でも走行装置としては世代差を感じたね
    今回のは多分分業で得意な範囲だけでランド系参入してく方針に切り替えたって事なんだろう思うし無人化と連接機能とか誘導砲弾とかベロト系だろね

    • あらら
    • 2022年 3月 20日

    上のほうのコメントに「調達価格がK9は3億9千万円で、99式はなんと9億6,000万円」て書いてあるの見て教えてほしいのですが。
    「99式の後継かな?」て書いてあるから日本が購入って理解したんだけど、仮にk9又はその後継を日本が買うなら、購入後に日本において、日本を含めた同一ロットで統計的に許容される不良部品が運悪く日本向けに集中して混入されてたり、プログラムが通信を伴う場合にソースに日本向けバージョン特有のバグが無いことを日本側が別途チェックして日韓双方に誤解の無い形で輸入するには、高額の費用がかかると思うのですが、円で表示されてるのは、それも含めた比較でしょうか?
    単純に双方比較でなく導入の薦めだと読めましたのでご教示ください

    4
    • かしあげ
    • 2022年 3月 20日

    m107弾を使用したとき99式30km/K-9 12km
    自走砲で一番重要な持続射撃は99式が6発なのに対しK-9は2~3発
    射程も射撃速度も99式の方が上だと思うけど?

    2
      • 名無しパン
      • 2022年 3月 21日

      たぶん資料の方が間違ってる。今は射程も韓国が上だ。

      3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP