日本関連

F-15J改修事業、電子戦システムに関する契約変更をボーイングに授与

国防総省は今月16日、F-15 Japan Super Interceptor Programの契約に「電子戦システムのエンジニアリング」を追加する契約変更を2,450万ドルでボーイングに授与した。

参考:Contracts For March 16, 2022

DEWS→EPAWSSに変更するため契約を変更したという意味かもしれない

航空自衛隊が運用しているF-15J(J-MSIP機)のアップグレードは昨年末、改修費用を3,970億円まで圧縮することで来年度予算案への計上が確定、これを受けて国防総省もF-15 Japan Super Interceptor Programを開発するためボーイングに4.71億ドル/約540億円の契約を授与していた。

出典:Photo by Staff Sgt. Miguel Lara

しかし今月16日、国防総省はF-15 Japan Super Interceptor Programに電子戦システムの非反復(1回限り)エンジニアリングを追加するため契約変更(2,450万ドル)をボーイングに授与したと発表、ただ具体的な変更内容は記述されていない。

2021年4月の参議院決算委員会に出席した防衛省整備計画局長は「F-15J改修に必要なAN/APG-82(V)1に使用する部品が枯渇しているため対策経費が必要で、採用を予定していた電子妨害システムAN/ALQ-239(DEWS)についても部品が枯渇しているためF-15EXに搭載予定の電子妨害システム「EPAWSS」に切り替えて調達することを検討している」と述べている。

つまり今回の電子戦システムに関する契約変更は「DEWS→EPAWSSに変更するためのもの」という意味かもしれない。

もちろん素人の予想なのでDEWSのままかもしれないが、F-15EX向けにEPAWSSが生産に入っているのでDEWS→EPAWSSへの変更はほぼ間違いないと思っている。

関連記事:動きだした日本のF-15J改修事業、国防総省がボーイングにF-15JSI開発契約を授与
関連記事:防衛省、F-15J改修に電子戦装置とレーダーの部品枯渇対策経費が必要と認める

 

※アイキャッチ画像の出典:Boeing

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ウクライナ軍、自作自演のテロ攻撃でロシアが総動員を強行する可能性前のページ

ロッキード・マーティン、英陸軍にK9A2提案するTeam Thunder参加を決定次のページ

関連記事

  1. 日本関連

    日本政府、海自潜水艦への巡航ミサイル搭載や垂直発射装置採用を検討中

    読売新聞は30日、日本政府が海上自衛隊の潜水艦に12式地対艦誘導弾ベー…

  2. 日本関連

    日本、イージス・アショアの代替策としてイージス艦追加調達案が浮上

    日本政府や与党自民党は陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショ…

  3. 日本関連

    防衛省、海上自衛隊が装備する救難飛行艇「US-2」の後継機検討に着手

    防衛装備庁は、海上自衛隊が装備する水陸両用機の救難飛行艇「US-2」後…

  4. 日本関連

    米メディア、日本の進める第6世代戦闘機開発計画は欧州の計画より実現性が高い

    米国のミリタリーウォッチは28日、日本独自の第6世代戦闘機(次世代戦闘…

  5. 日本関連

    日豪が「相互アクセス協定」大枠合意に6年もかかった理由

    日本の菅首相は17日、オーストラリアのモリソン首相と首脳会談を行い自衛…

  6. 日本関連

    F-35同様の困難に直面? 米国、日本の次世代戦闘機「F-3」は第6世代機相当と評価

    米国のナショナル・インタレスト誌は日本の次世代戦闘機「F-3」プログラ…

コメント

    • トクメイキボウ=サン
    • 2022年 3月 19日

    個人的には改修予定機全てをEXに置き換えて欲しいんだけどいくらEXが優秀とはいえどっちにしろ4.5世代機だし第5世代機との差は大きいからね

    AAM-4ガン積みしたF-15EX見たかったなぁ

    14
      • くらうん
      • 2022年 3月 19日

      どのみちEXの生産はアメリカ優先でいつになるかわからないので

      29
      • 匿名希望
      • 2022年 3月 20日

      一機444億を支払うとか正気か?

      5
    • 栗まんじゅう
    • 2022年 3月 19日

    流石に旧式感が否めないのはそうだけど、F-15の基本設計の優秀さが伺えますな
    拡張性がスゴい

    35
      • 四凶
      • 2022年 3月 20日

      基本設計が優秀かは何とも言えないのでは。拡張出来るのはデジタルフライバイワイヤ化とアビオニクス小型化の恩恵が1番大きいと思う。そのおかげで拡張スペースが確保出来ているとかあったし、正直どこかで全く新しい双発機造れば良かったと思うけどボーイングのゴタゴタを見ていると基本設計云々と言うより、予算とか無理してそのプラットフォームを使うしか無かった感じがしてならない。

      5
    • 通りすがり
    • 2022年 3月 19日

    JASSMも無し、ASM3対応って情報見掛けたけど
    真偽はどうなんだろうか、気になる

    1
      • てつ
      • 2022年 3月 19日

      JASSMはEXの搭載兵器だったのでテスト不要ですが、LRASM搭載は日本独自仕様だったので追加試験が必要なので価格高騰の原因になった訳ですので、日本製のASM-3搭載はLRASM搭載よりさらに高くつきそうです。
      AAM-4/5搭載は要望していたはずですが、認められたんでしょうか。

      15
      • ユーリ
      • 2022年 3月 20日

      LRASM断念の話がJASSMに間違われてる可能性もあるかと思う

      5
      • 7C
      • 2022年 3月 20日

      費用が掛かるからという事で削除されたのはJASSMじゃなくてLRASMの方だと思う

      ASM3対応っていうのは単純に俺がその情報を見れてないからちょっと何とも言えないけど
      ただロングレンジ化したSSMの空中発射版の話は何かチラホラ見かけた覚えがあるのでASMのっけるのならそっちの方かもしれないね

      4
    • や、やmろー
    • 2022年 3月 19日

    さっさと改修してほしいねぇ

    26
      • 名無しさん
      • 2022年 3月 20日

      欧州勢はロシアの脅威とやらがウクライナで化けの皮が剥がれて
      しかもこの戦争で溶け無くなってくれて、しばらくは一息付ける
      かもしれないけどアジア側は、これから本番を迎えそうなんだからね
      グズグズしないで欲しいと思う

      10
      • バーナーキング
      • 2022年 3月 20日

      LRASM搭載中止の理由が統合試験のコストなんだから、国産対艦ミサイルのF-15JSIへの統合はないんじゃないのかな。
      F-15EXがJSM積むならその恩恵には預かれるかもしれんけど。

    • 774rr
    • 2022年 3月 19日

    戦車と違って戦闘機は改修入るから良いね
    単価の違いかなー?

    2
      • 匿名希望
      • 2022年 3月 20日

      戦車もちまちのと改修はしてるんで無かったかな?

      5
        • 名無しさん
        • 2022年 3月 20日

        目立たない小改良はしているけど、欧米MBTの様な攻防速の能力を
        引き上げる本格的な近代化改修はやった事が無いね
        74式改が唯一の事例だったけど、あれも本採用されず試験車レベル
        で終わってしまったし

        2
    • くらうん
    • 2022年 3月 20日

    EPAWSSとDEWSなら、性能的には米軍EX専用に開発されたEPAWSSの方が上と見ていいのかな?
    機能だけを見ると同じ内容みたいだけど。

    6
      • 戦略眼
      • 2022年 3月 20日

      電子戦専用機並みの能力があるとか。

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  5. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
PAGE TOP