欧州関連

ポーランド国防相、多連装ロケットシステム「天武」導入を韓国と協議中

ブラスザック国防相はポーランド軍を強化するため「さらに装備を購入する」と明言、噂されていた多連装ロケットシステム「天武(K239 Chunmoo)」の導入や共同開発の可能性を韓国と協議中だと明かした。

参考:Będą kolejne zamówienia sprzętu dla Wojska Polskiego. Wicepremier, szef MON Mariusz Błaszczak ujawnia szczegóły

ブラスザック国防相がDefence24の報道を追認した格好で、天武の導入交渉を正式に認める

ポーランドは新国防法に基づき軍の規模を14万人→30万人へと拡張中で、米国からF-35A、M1A2、パトリオット、英国からCAMM、Brimstone、Arrowhead140、イタリアからAW149、韓国からK2やK9を調達するため相次いで契約を締結したが、Polska Times紙の取材に応じたブラスザック国防相は「ポーランド軍を強化するため装備をさらに購入する」と明かした。

出典:Ministerstwo Obrony Narodowej

ウクライナでの戦いから「地上戦で砲兵戦力が決定的な役割を果たす」と確信したポーランド国防省は自走砲と多連装ロケットシステムの強化に乗り出したが、残念ながらスタロヴァ・ヴォラ製鉄所が製造する自走砲「KRAB(100輌+120輌追加発注)」や多連装ロケットシステム「WR-40(75輌+追加発注予定)」の供給量だけでは軍のニーズを満たすのに時間が掛かるため、韓国からK9を648輌、米国からHIMARSを500輌調達することを予定している。

ポーランド国防省がK9を選択したのは韓国がタイトな納期(現地製造を含む)に対応でき、自走砲の生存性に直結するシュート・アンド・スクートに有利な自動装填装置にK9A2ベースのK9PLで対応できるからでHIMARSを選択したのはWR-40で使用する122.4mmロケット弾の射程が20km(Feniks-Zでも42km)しかなく射程距離と精密攻撃能力で劣っているからだ。

出典:Pibwl/CC BY-SA 3.0

問題は殺到するHIMARSの新規受注に加え、米軍在庫から供給されウクライナで消費されるGMLRS弾の埋戻し需要にロッキード・マーティンが到底対応できない点で、仮にウクライナ軍が16輌のHIMARSで1日2回攻撃を実施すれば1ヶ月で5,760発(1輌6発×2回=12発×16輌=192発×30日=5,760発)のGMLRS弾が消費されるが、ロッキード・マーティンの年間生産能力は最大1万発しかなく米軍在庫を埋め戻すだけで相当時間を擁すると推定されている。

そのためブラスザック国防相はPolska Times紙に「ポーランド軍のニーズを早急に満たすため天武(K239 Chunmoo)の導入や共同開発の可能性を韓国と協議中だ」と初めて言及、Defence24の報道(発注が殺到するHIMARSの入手性が怪しいので天武導入に関する韓国側との交渉は最近勢いを増している)を追認した格好だ。

出典:Hanwha

以前の記事で触れたが、ハンファが開発した天武にはHIMARSやMLRSで使用するGMLRS弾に相当するGPS誘導の239mmロケット弾(射程80km)、ATACMSに相当するKTSSM-I(400mm弾道ミサイル/射程180km)とKTSSM-II(600mm弾道ミサイル/射程290km)が用意されており、GMLRS弾の射程拡張弾=ER GMLRS弾に相当する新型ロケット弾(射程160km~200km)の開発も進行中で、攻撃手段の多彩さはHIMARSに匹敵すると表現しても過言ではない。

降って湧いたようなポーランド軍の需要をただのラッキーパンチだと見ることも出来るが、韓国に対するポーランドの信頼はKRABを通じて構築され、時間をかけて次期主力戦車調達計画「ウルフ・プログラム」に現地生産や産業協力を前提にしたK2PLの提案が功を奏している可能性が高く、積み上げてきた関係性が降って湧いたような需要を取り込むキッカケになっているのは間違いないだろう。

出典:ROK Ministry of National Defense

まだ天武の導入は決まっていないが、アラブ首長国連邦が導入を決めた天弓2(M-SAM2)にも関心を示していると言われており、技術移転に積極的な韓国と現地製造を好むポーランドとの関係は当分目が離せない。

関連記事:韓国製戦車の欧州上陸が確定、ポーランドがK2とK9A1の本契約に署名
関連記事:ポーランドメディア、天武導入に関する韓国側との交渉は勢いを増している

 

※アイキャッチ画像の出典:Polish Ministry of National Defense

ロシア軍、ウクライナにT-90MやT-80BVを装備する第3軍団を投入か前のページ

ロシア軍のミサイル兵器の備蓄量は侵攻前の45%以下、イスカンデルは20%以下次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    米海軍、ギリシャとトルコの衝突防止のため帰国途中の空母打撃群を派遣

    米海軍は中東での任務を終了して帰国途中だった空母「ドワイト・D・アイゼ…

  2. 欧州関連

    ウクライナ国防省、ベラルーシ軍の戦車300輌が国境近くに集結済み

    ウクライナ国防省の諜報機関は1日、ロシアはベラルーシの参戦を正当化する…

  3. 欧州関連

    フランス、相当数のVAB装甲兵員輸送車をウクライナに提供すると発表

    フランスのルコルニュ国防相は27日、ウクライナにVAB装甲兵員輸送車を…

  4. 欧州関連

    ウクライナ軍が南部で反撃開始、ロシア軍の防衛ラインを一部地域で突破か

    ウクライナ軍南部司令部のフメニウク報道官は「複数方向から反撃を開始した…

  5. 欧州関連

    ウクライナへの戦闘機提供、ポーランドがMiG-29を手放さない理由

    どうやらポーランドのMiG-29をウクライナに提供するというアイデアは…

  6. 欧州関連

    ドイツ、T-72を250輌提供したポーランドへ提供する戦車の数は20輌か

    ドイツの連邦議員は「300輌近い戦車の補填としてドイツはポーランドに2…

コメント

    • 名無し
    • 2022年 8月 28日

    いいんじゃない?長距離ミサイルどころか大砲の砲撃で首都壊滅する韓国なら反撃能力も日本なんかより真剣味あるし。

    11
    • Polska
    • 2022年 8月 28日

    最近韓国の話題なのにアイツを見ないけど、もしかしてBANされたのかな??

    8
      •  
      • 2022年 8月 28日

      イヤ、韓国製兵器が、すでに日本ごときを歯牙にもかけない地位がネトウヨやミリオタ界隈で周知になり、いちいち、反応する必要を感じていないんでしょう。

      国際兵器市場では、日韓の勝負がついたと思っているんでしょうね。

      32
        • δ
        • 2022年 8月 28日

        国際兵器市場にデビューすらしてない日本が韓国と勝負とはこれいかに

        6
          • Δ
          • 2022年 8月 28日

          日本は、すでにデビューしていますよ。

          売れないだけで(諸外国から相手にされていないだけかもしれない)。

          29
          • 売れない日本
          • 2022年 8月 28日

          公表されているだけでも、何件かありますね。

          ・インド:US-2(失注)
          ・オーストラリア:そうりゅう型潜水艦(失注)
          ・フィリピン:三菱電機製レーダー(受注)
          ・インドネシア:もがみ型護衛艦(不明)
          ・アラブ首長国連邦:C-2(不明)

          28
            • ポン
            • 2022年 8月 28日

            そういやFFMの続報どこ行ったんやろなぁ

            6
          • δ
          • 2022年 8月 28日

          売り込みをかけてることぐらい知ってますよ
          実績が無い=デビューしてないというつもりで書きました

          1
            •  
            • 2022年 8月 28日

            フィリピンから、三菱電機製のレーダーシステムを受注していて、2022年中に納品が始まるようですよ。

            なので、貴殿の理屈では、デビューしていることになりますね。

            31
              • δ
              • 2022年 8月 28日

              そう言えばそんな話もありましたね

        • Polska
        • 2022年 8月 29日

        名前空白にしてまた当てこすりか?本人?

        2
    • TA
    • 2022年 8月 28日

    もうやめて!韓国を馬鹿にしてた嫌韓ミリオタ界隈のライフはとっくにゼロよ!

    43
      • δ
      • 2022年 8月 28日

      こんなに多種多様な兵器が混在してると後方が地獄になってそう

      6
        • δ
        • 2022年 8月 28日

        何故か返信にしちゃった
        返信先のコメントとは関係ないです

        1
    • 名無しパン
    • 2022年 8月 28日

    MLRSは20億したのに2億だもんなぁ。安いは正義だよね。それにしてもPrSMはコンテナに二発入るから400㎜のタイプと同じなのに500㎞と180㎞。推進薬でも違うのかね。

    4
    • TO
    • 2022年 8月 28日

    韓国とポーランドは準同盟国化したな
    ヨーロッパからも欲しがられる韓国製兵器が本当に羨ましい…

    32
    • 折口
    • 2022年 8月 28日

    この感じだと玄武シリーズも200ユニットくらいポンと売れちゃいそうですね。玄武2はイスカンデルのリバースエンジニアリングで作られた戦術弾道ミサイルだし、ロシア軍のイスカンデルに対抗する上で都合いいのは間違いないですよね。スペック的にはATACMSと競合してますが、M270系列は戦後の補充需要や購入希望者増で買っても納品遅れそうだから実際韓国から買うのは悪くなさそう。

    9
      • バクー油田
      • 2022年 8月 28日

      戦争が目の前に迫ってるポーランドからしたら妥当な判断と思います。
      品質・性能は先進国の兵器より1段2段落ちるでしょうが、戦争相手は同じく品質・性能が低いロシアですから
      ちょうどいいレベルと思いますし、ポーランドは経済しょぼいですからそもそも欧米から買うのは予算的にも
      大量に購入できず、安い韓国製じゃないと国力的に合わないでしょう。
      それに韓国とポーランドは国益が対立しませんから政治的理由で買った兵器のサポート打ち切りというのはまあ無さそうなのもポイントでしょうね。
      この一連の韓国の大規模な成約で興味深いのは、韓国の製造ラインですね。
      記事にもありますがポーランド側の決め手の理由にすぐに調達できるからというのがあります。
      韓国は兵器に関して太い製造ラインを維持してるんですね。
      日本はもちろんの事、欧米でも長らく続いた平和で生産ラインが細いからこういう緊急事態に数が揃えられないんですもんね。

      11
        • hiroさん
        • 2022年 8月 28日

        カタログスペックを見る限り、対象となっている韓国製兵器の性能が一段も二弾も落る根拠が解らないのですが?

        31
        • 黒丸
        • 2022年 8月 29日

        >欧米でも長らく続いた平和で生産ラインが細い
        欧州内で陸戦武器調達を考えたノルウェーが最初にドイツと接触したんだが
        最新の情勢に合わせて改造希望箇所等を通知しても開発担当者が定年退職や死去で連絡が取れず
        技術伝承も上手くいっておらず、回答が遅い、的外れ、回答不能、といった事が多く
        ドイツ側のノウハウ断絶が、不安足されたという話があります。
        生産ライン以外にもこのような問題があります。

        また兵器以外の韓国製品も、財閥系大手企業は日本企業並みの性能や品質です。
        韓国財閥系が性能や品質維持のため世界の一流企業と取引したがるので
        韓国内で財閥系列外の産業が育たないという問題はありますが

        韓国製兵器は先進国以下の品質・性能という考えは、現状軽視かと考えます。

        5
      • 月虹
      • 2022年 8月 29日

      >玄武2はイスカンデルのリバースエンジニアリングで作られた戦術弾道ミサイル

      イスカンデルというよりスカッドB・C(R-17)やОTR-23オカ―(9K714)などの短距離弾道ミサイルが基になっている模様。真偽は不明だが1991年のウクライナ独立により欧州から極東へと再配備されていた弾道ミサイルが米ソ間で結ばれた第一次戦略兵器削減条約(START Ⅰ)により全数廃棄が決まった時に当時、極東ロシアでスクラップ事業をしていた韓国人が国家情報院と共謀して解体予定のミサイルをスクラップに混ぜて韓国に搬出(勿論、ロシアの基地司令官には高額の賄賂を渡している)。

      ミサイル部品は最終的にエンジンやノズル、接続部品など大半が韓国に渡り、その技術を基に玄武2シリーズが開発されたと言われている。なお韓国初の弾道ミサイルである白熊と玄武1はアメリカの地対空ミサイル「ナイキ・ハーキュリーズ」をリバースエンジニアリングして開発したので射程が200㎞以下と短い。韓国はロシアとの経済協力(通称ヒグマ事業)でT-80UやBMP-3などロシア製兵器を導入したがそれ以前から非公式に弾道ミサイルの部品や火災事故で退役した旧ソ連のキエフ級空母(ノヴォロシースク)をスクラップで購入したり(中国の様に購入した会社は海軍関係者が保有するダミー会社で解体時には海軍関係者も立ち合い詳細なデータが取られた模様)と兵器の研究・開発を続けている。

      3
    • 黒丸
    • 2022年 8月 28日

    天武は米軍のM270やHIMARSとの操作や弾薬互換性は確保できるのだろうか。
    それができるのであればもっと導入国は増えそう。

    8
      • shkk
      • 2022年 8月 28日

      前の記事で高度なモジュール設計を採用しているためHIMARS弾薬やポーランドが製造するWR-40向け弾薬に対応させることも技術的に可能と書かれてるし、あとは米側の認可次第なのかね?

      ウクライナ戦争でたくさん打ち込むタイプの弾薬は共通化しないとダメというのが良く分かったし

      4
    • だいぶ溜まってんじゃん
    • 2022年 8月 28日

    朝鮮特需だね

    3
      • 特需
      • 2022年 8月 28日

      「朝鮮特需」とは、朝鮮戦争の時のこと。

      ウクライナ戦争は、「ウクライナ特需」と言うんじゃないかな。

      23
    • もり
    • 2022年 8月 28日

    コツコツと積み上げてきた信頼関係がここに来て役立って来たね

    正直日本はいい物を作れば勝手に売れる!という昭和的価値観を捨てて令和の商売始めないと駄目だと思うよ

    47
      • らーめん才遊記
      • 2022年 8月 29日

      いいも物なら売れるなどというナイーヴな考え方は捨てろ。って奴ですね

      24
    • 通りすがりのななし犬
    • 2022年 8月 29日

    私は、ポーランドがなんでこんなに韓国を信頼するのかよく分からない。韓国に関しては、ここ数年政治状況をずっと注意深く見てきたけれど、この国は信用するに値しない。

    ポーランドは数年以上先を見据えてこの決定を下したのだろうけれど、韓国の数年先は読めないよ。経済危機を迎えているようだが、どう乗り越えるつもりだろうか? 政治的に不安定で、保守右派政権は弱体だ。いつ左派政権になってもおかしくない。

    7
      • 成層圏
      • 2022年 8月 29日

      韓国は日本に対しては非常に無礼な態度で接するが、他の国には普通だと思う。
      もちろん、韓国の普通は日本基準ではある種「いい加減」に感じるのだが、中流国では普通なんだと思う。
      ポーランド自体が中流国で同じ具合だし、ロシアの脅威がある地政学的なポジションも似ているので、ちょうどいいんじゃないの?(韓国は自称先進国だけどね。)

      29
      • ナイトアウル
      • 2022年 8月 30日

       兵器に関しては信頼出来ると思うし、何より韓国本国の影響を可能な限り排除しようとしているじゃないか。車両だってK9とか世界的なサプライチェーン構築されるし、FA50だってF-16と7割互換性ありならF-16に部品を渡す事も逆にF-16から部品渡す事も出来るって話やぞ。

      2
    • 2022年 8月 29日

    ポーランドは順調に独離れしちゃってるな。
    NATO最大の陸軍国に防衛産業はぶられるのは不味くないか?

    2
    • 2022年 8月 29日

    なにかにつけ官僚主義的で決定決断の遅い日本が勝負出来る時代じゃないんだよ。
    国内に閉じ籠って自分の世界に満足する以外、道無し。

    22
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
PAGE TOP