インド太平洋関連

韓国製戦車の欧州上陸が確定、ポーランドがK2とK9A1の本契約に署名

ポーランドのブラスザック国防相は「合意していたK2とK9A1導入を実行に移すため57.7億ドル=約8,000億円の契約に署名した」と26日に発表、これで韓国は宿願だったK2の欧州上陸を確定させた格好だ。

参考:Szef MON podpisał umowę na dostawy czołgów K2 i haubic K9 z Korei Południowej

韓国側は一先ず57.7億ドル=約8,000億円分の受注と宿願だったK2の欧州上陸を確定させた格好だ

ポーランドのブラスザック国防相は先月27日、K2、K9、FA-50の取引に関する基本合意書(LOA)に署名して世界中から注目を集めたが、26日にK2を2025年までに180輌取得するため33.7億ドルの契約と、K9A1を2026年までに212輌取得するため24億ドルの契約に署名。

出典:Ministerstwo Obrony Narodowej

ブラスザック国防相は契約署名式で「韓国と共に達成した成果は印象的で短期間で大きな成果を上げることができた。安全保障の観点から最も重要なのは年内にK2とK9が引き渡されることだ」と述べて「年内に引き渡される10輌のK2はモロンクに駐屯する第20機械化旅団に、24輌のK9はベンゴジェボの砲兵連隊に送られる」と付け加えた。

今回の契約はK2とK9A1で使用する数万発単位の主砲弾や機関銃の弾薬、保守や訓練パッケージをカバーしているため、1輌あたりの取得コストはK2=1,872万ドル(約25億円)、K9A1=1,132万ドル(約15億)になるが、この数字は調達単価ではないので10式の調達単価(15億円前後)や99式の調達単価(9.6億円前後)と比較する際は注意してほしい。

K2+K2PLの調達スケジュール
2022年 K2引き渡し開始 10輌
2023年 18輌
2024年 56輌
2025年 K2引き渡し完了 96輌
2026年 韓国とポーランドでK2PLの製造開始

韓国とポーランドで計820輌製造、アップグレード作業はポーランドで実施

K2からK2PLへのアップグレード開始
2030年 K2PL引き渡し完了
計1,000輌を調達予定
K9A1+K9PLの調達スケジュール
2022年 K9A1引き渡し開始 24輌
2023年 23年~26年までに188輌

2024年
2025年
2026年 K9A1引き渡し完了
韓国とポーランドでK2PLの製造開始

韓国とポーランドで計388輌以上を製造、アップグレード作業はポーランドで実施

K2からK2PLへのアップグレード開始
648輌以上を調達予定

因みにFA-50に関する本契約も9月頃に署名する予定で、K2PLやK2PLに関する本契約への署名予定はまだ決まっていないが、今回の契約は「韓国から装備を調達するためのファーストステップに過ぎない」とブラスザック国防相は述べており、実現するかは不明だが「豪陸軍の次期歩兵戦闘車や米陸軍のブラッドレー後継プログラムに提案されているRedbackや、アラブ首長国連邦が導入した天武の輸出交渉も両国間で進められている」とも報じられている。

K2、K9、FA-50に関する全ての契約にポーランドが署名すれば取引額は190億ドル=2.6兆円を超えると予想されており、韓国側は一先ず57.7億ドル=約8,000億円分の受注と宿願だったK2の欧州上陸を確定させた格好で、ここは素直に韓国防衛産業界の発展と躍進に称賛を送るべきだろう。

関連記事:ポーランドが装備調達に15兆円を投資、ロシアの野蛮な侵略に対する正しい反応
関連記事:韓国とポーランドがK2、K9、FA-50導入契約を今月中に締結、Redbackや天武の追加導入も?

 

※アイキャッチ画像の出典:Ministerstwo Obrony Narodowej

台湾が次期戦闘機開発を中断、限られた予算内で非対称戦の強化を優先前のページ

ウクライナ軍が露空挺部隊の拠点をHIMARSで破壊、約200人の兵士が死亡か次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    開発中の技術を信用しない豪州、ティーガーを見切り「AH-64E」導入を決定

    オーストラリアのリンダ・レイノルズ国防相は15日、幾つもの問題に悩まさ…

  2. インド太平洋関連

    ワクチン外交の末路? クアッドに参加すれば2ヶ国関係を損なうと中国がバングラデシュを恫喝

    中国はバングラデシュに対して米日豪印で構成される緩やかな安全保障の枠組…

  3. インド太平洋関連

    国産潜水艦の建造準備が整った台湾、今月中にも1番艦建造を開始

    台湾メディア「Taiwan News」は3日、今月中に台湾初の国産潜水…

  4. インド太平洋関連

    韓国、豪海軍のギャップを埋めるため弾道ミサイル搭載の潜水艦を提案

    韓国はオーストラリア海軍のギャップを埋めるため「署名から7年でAIP機…

  5. インド太平洋関連

    インドネシアの戦闘機調達はカオス、突然浮上したタイフーン購入に国内騒然

    インドネシアの戦闘機調達計画は、もはやカオスで誰が本当のことを言ってい…

  6. インド太平洋関連

    台湾「M1A2戦車」導入へ前進!米国務省、戦車108輌売却(約2000億円相当)承認

    米国務省は台湾に対し、20億ドル(約2,163億円)相当のM1A2 エ…

コメント

    • 濡れ鼠
    • 2022年 8月 27日

    ドイツ、フランス製は全く信用を失いましたね。ハンファも自国、トルコ、今回の戦争が終わればウクライナからも部材を調達する様になるかも知れません。
    戦訓を基に改修されれば明日は我が身、決して油断は禁物です。

    2
    • K2PL
    • 2022年 8月 27日

    総額2.6兆円といえば、三菱重工の2020年の防衛省向け売り上げ(4,800億円)の5年分をはるかに超える売り上げになるわけで、韓国は、ウクライナ戦争特需の果実を大いに得たことでしょう。

    一方、日本はその果実に背を向けて何の利益があったのでしょう。くだらないプライドは、豚の餌にでもしてしまえ!

    44
      • δ
      • 2022年 8月 27日

      そもそも日本が武器輸出に前向きになったとして現時点で輸出可能な兵器が日本のどこにあるんですか?
      勇ましいことばかり言うのも結構ですが現実も見ましょう。

      27
        • TA
        • 2022年 8月 27日

        12式地対艦誘導弾とかほしい国ありそうだけど

        1
          • anon
          • 2022年 8月 27日

          より先進的なNSMがあるの。

          4
        • K2PL
        • 2022年 8月 27日

        そうですね。

        兵器の国際市場で、日本の居場所がないことを改めて認識させられる「事件」でした。

        防衛省やメーカーの人たちは「韓国ショック」をバネに奮起し、ネトウヨや韓国人からバカにされても耐え、いつかはリベンジしてほしいものです。

        41
          • 小松製作所
          • 2022年 8月 27日

          日本が商品価値の高い兵器を作った頃には、韓国はさらに先に行って差は広まるばかりなので、未来永劫、韓国を抜くことはできないと思うよ。

          かといって商売を諦めると、国内の防衛産業が壊滅しそうだし。どうすればいいのやら。

          35
            • 清谷真実
            • 2022年 8月 27日

            全部海外から輸入すれば良い話。
            遅かれ早かれ、現実そうなる。
            国内防衛産業なんて、性能は異常に低い、価格は無駄に高い、不正蔓延で産業としては終わってる。
            取捨選択を行い、メーカー統合等しなければ防衛費をいくら上げたところで産業の維持なんて不可能。
            心配しなくても防衛省や政府にそんな決断できないから、20年後には跡形もなくなってるよw

            6
              • δ
              • 2022年 8月 27日

              名前からしてもうね……

              9
                • 清谷の集団催眠術
                • 2022年 8月 27日

                防衛産業の再編統合だけは、み

                3
    • もり
    • 2022年 8月 27日

    いやー、楽しくなってまいりましたな
    このままKF-21も欧州入りしてくれな!

    36
      • アヴェロエス
      • 2022年 8月 27日

      別に煽ってるわけじゃないけど、韓国の人?
      純粋に韓国兵器を応援してる人?

      12
    • 似非市民
    • 2022年 8月 27日

     このまま契約が実行されると、ポーランド陸軍がK2シリーズの最大の運用軍になるわけで、韓国陸軍の調達予定の2倍強を保有することになるわけやね。 そこまでは詳しくはないしググる気もないんやけど、開発国よりも大量に戦車を運用する国は珍しいのではないかと思うんやね。

     K9に関しては、韓国陸軍が1,200両以上とちょっとアタマオカシイ数を保有しているので、人気機種と言えどこれを超える保有国は出てこおへんやろ。
     ウクライナ陸軍からしたらK9は兎も角1,040両のK55は余っているやろうから譲ってくれって言いたいんやろうけど、韓国陸軍が相手にしているのは完全にアタマオカシイ数の自走砲を有する北韓軍なんで、1両たりとも譲るわけにはいかへんわけやね。
     つうか、韓国陸軍向けを割いてポーランド陸軍にK2を提供するのは国防上問題ありまくりやとワイは思うんやけど。

    2
      • 幽霊
      • 2022年 8月 27日

      多少のデメリットは有るでしょうけど、全体としてはメリットの方が大きいと思いますよ?
      経済的にはK2の製造ラインが拡充されるので関連産業も含めれば多少の雇用創出になりますし量産効果で調達価格が下がれば韓国で入手できるK2も増えるでしょうから。

      12
    • いか
    • 2022年 8月 27日

    韓国の武器輸出、実はほとんど利益が出てないんじゃなかろうか。
    交渉条件ですぐに現地生産OKとかそちらの要求に合わせて仕様を変更しますとかそうゆうのばっかりな気がする。
    自国で生産したほうが利益が出るだろうし、仕様の変更もお金がかかるし。
    実よりも名をとるという方向でやってるんじゃないだろうか。

    3
      • 手品師
      • 2022年 8月 27日

      いつもの韓国の商売の手段だよ(自動車と同じ)。

      とにかくシェアを確保し名前を売ることが先で、利益はその次の段階だね。

      今は、ヨーロッパで名前を売っている段階だね。

      31
    • はぁ
    • 2022年 8月 27日

    素晴らしい。
    これから韓国製陸上兵器が欧州を席巻するのも遠い未来ではないでしょう。
    やはり一度にこれだけ多数の兵器実績を作れたのは、想像以上に大きいですね。

    40
      • 名無しコルベット
      • 2022年 8月 27日

      やかましいわ

      6
        •  
        • 2022年 8月 27日

        韓国製兵器がヨーロッパの国に大量に売れた記事に対して、将来の夢を語ることが「やかましい」のかい?

        なにが「やかましい」のか、さっぱりわからん。

        21
          • 通りすがり
          • 2022年 8月 27日

          はぁさんは感情論抜きでコメントされていると思いますが、名無しコルベットさんは日本人なら韓国のことを持ち上げるなと言いたいんでしょう。

          こういった感情論で突っかかってくる人はスルーすればよろし。

          17
        • はぁ
        • 2022年 8月 27日

        別に他人を煽ってるわけでも、大袈裟に言ってるつもりもないけど。
        悔しくても、私に当たるのは筋違いですよ。
        名無しコルベットさん

        17
    • ギャルは無理
    • 2022年 8月 27日

    うん、素直におめでとう。
    確かガワだけ完成しているのがまだ残っているんだっけか?
    というか、ポーランドも思い切った量で契約したなぁ。
    まぁ軽空母計画が潰れた代わりに良いニュースが入って良かったじゃない。

    3
    • ヤゾフ
    • 2022年 8月 27日

    単純に海外に輸出出来る3.5世代の戦車として最適解だったと思う。
    ドイツの動きが信用ないなか採用するなら韓国製しかなかったのが現状。
    それにしてもポーランドの死に物狂いの軍拡は本気で独立守るなのが分かるのでナイスとしか言いようがない。

    9
    • パセリ
    • 2022年 8月 27日

    凄いよね
    十年前じゃ考えられん(十年前に韓国兵器が欧州で採用されるなんて書いたら袋叩きにされてそう)

    31
    • AAA
    • 2022年 8月 27日

    独仏でやってる次世代戦車セールス大丈夫か?
    欧州の陸軍大国ポーランドにはもう売れるアテねーだろ

    2
    • 名無しさん
    • 2022年 8月 27日

    そもそもポーランドが旧西側第3世代MBTで1000両という数を求めた時点で、
    対応できる国って韓国とイスラエルくらいじゃね?

    3
    • NATTO
    • 2022年 8月 27日

    こんだけガンガンいけるのには、統一教会が咬んでないか少し気になる。
    あそこは武器の商売も熱心だったというし。
    共産主義が崩壊した後の価値観が混乱した社会はああいう宗教の狩場だと思う。で、政党や軍幹部に浸透してる信者が現代とのパイプを努めたとか妄想。

    • 慕華館
    • 2022年 8月 28日

    30年間貿易黒字だった対中貿易がいよいよ赤字転落の危機ですからね(-_-;)
    2013年:628.1億ドルの黒字
    2022年:17.8億ドルの黒字(7月までの実績)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP