欧州関連

ポーランド首相、米国の介入があれば韓国はウクライナへの武器供給に応じる

ポーランドのモラヴィエツキ首相は「バイデン大統領の介入があれば韓国はウクライナへの武器・弾薬供給に応じるだろう」と述べ、ニューヨーク・タイムズ紙は「韓国が保有する155mm砲弾をウクライナは必要としている」と報じている。

参考:Ukraine Needs South Korean Artillery Shells, Poland’s Prime Minister Says

ポーランドは「ウクライナへの移転」を前提にした武器・弾薬の購入を韓国に要請している可能性が高い

ニューヨーク・タイムズ紙の取材に応じたモラヴィエツキ首相は「韓国側とウクライナへの武器供給について話し合ったが、彼は中国やロシアの反発を恐れており、バイデン大統領の直接介入がなければウクライナに提供する武器や弾薬を韓国から調達するのは難しいと感じた。砲弾備蓄が豊富なロシア軍はウクライナ軍を上回る量の砲弾を発射しているので、大量の砲弾備蓄をもつ韓国からの供給は非常に有用だ」と述べ、この問題にバイデン大統領が介入してくれれば「韓国はウクライナへの供給に応じるだろう」と付け加えている。

同時にモラヴィエツキ首相は「韓国側の承認なしに購入した武器や弾薬をウクライナに移転することは絶対にない」とも述べており、ポーランドは「ウクライナへの移転」を前提にした武器・弾薬の購入を韓国に要請している可能性が非常に高いが、これにバイデン大統領が応じるとは思えない。

韓国は米国が要請した155mm砲弾の輸出に応えて計60万発、ポーランドと締結したK9の契約(155mm砲弾10万発が含まれる)とは別に33万発の供給に応じている可能性が高く、ポーランドがウクライナに提供した自走砲KRABについても「韓国が供給する『K9の車体』は兵器システムに関わらない部分なので(交戦国に武器を提供しない)基本的な立場に変更はない」という強引な解釈で乗り切っており、このラインを尹政権が変更するとは考えにくい。

出典:Sejm RP / CC BY 2.0

さらにバイデン政権も「(ウクライナへの武器支援は)主権に関わるので各国が独自に判断すべき問題だ=どの国も政治的な都合があるので強制するつもりはないという意味」と述べており、モラヴィエツキ首相の発言は「米国の圧力で韓国の政治的立場を変更させて欲しい」とも聞こえるため韓国人からすれば面白くないだろう。

韓国軍にはウクライナが最も欲している砲兵装備や弾薬を大量に保有(西側陣営最大)しているため「これをウクライナに供給できれば、、」と考える気持ちは理解できるものの、スタンドプレーをやり過ぎるとレオパルト2提供時の二の舞いになるので気をつけなければならない。

出典:Денис Шмигаль Прем‘єр-міністр України

ポーランドの政府高官は過去、ウクライナへのレオパルト2提供の過程で「未承認移転=ドイツの承認になしにレオパルト2をウクライナに提供するかもしれない」と言及、この高官の言及は世論的に高い評価を受けたが、米国では「国際的な武器取引のルール=最終使用者の変更手続きをポーランドは無視する」と受け取られてしまい、今後の武器購入に影響がでることを懸念したポーランド政府は「承認なしの移転は絶対に行わない」と繰り返し強調するのが定番化している。

つまりモラヴィエツキ首相が「韓国側の承認なしに移転を絶対にしない」と言及したのは「ポーランドは国際的な武器取引のルールを遵守する」とアピールしているのだ。

関連記事:韓国政府がKRABのウクライナ輸出承認、初めて対ロシア戦への武器供給を認める
関連記事:韓国メディア、ポーランドへ155mm砲弾33万発を輸出するのは事実
関連記事:NATOが韓国の砲弾増産を歓迎、我々はウクライナ支援を継続できる
関連記事:韓国は戦争を傍観する存在ではない、155mm砲弾50万発の米国輸出に応じる
関連記事:韓国、ウクライナ支援として155mm砲弾33万発をポーランドに輸出か
関連記事:ポーランド首相、欧州は不足する155mm砲弾を韓国から購入すべきだ

 

※アイキャッチ画像の出典:Kancelaria Prezesa Rady Ministrów

米当局が機密文書漏洩の容疑で空軍州兵を逮捕、セキュリティクリアランスの保持者前のページ

厳しくなってきたバフムート市内の戦い、ウクライナ軍は後退を強いられる次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    侮れないトルコの技術力、攻撃ヘリ「T129」のエンジン国産化に成功

    米国はトルコに対してターボシャフトエンジンの輸出を停止したが、トルコは…

  2. 欧州関連

    ドイツのショルツ新政権、早くも武器輸出に関する政策でフランスと摩擦

    ショルツ首相が率いるドイツ新政権の安全保障政策が早くもフランスとの摩擦…

  3. 欧州関連

    故障した英空母プリンス・オブ・ウェールズはドック入り濃厚、F-35B試験も延期の可能性大

    英国のウォレス国防相はプリンス・オブ・ウェールズの故障について「乾ドッ…

  4. 欧州関連

    戦闘機導入の相場、タイフーンが中東以外に人気がない理由

    現在入手可能な西側製戦闘機の中で最も高価だと言われるタイフーンの調達単…

  5. 欧州関連

    地獄のような連射で消耗するウクライナ軍の砲兵装備、フランスがCaesarを追加提供

    フランスのルコルニュ国防相は新たに12輌のCaesarをウクライナに提…

  6. 欧州関連

    F-35への出資で利益を得たイタリア、デファイアントXにも投資か

    伊空軍のゴレッティ参謀長はF-35プログラムへの出資で利益を得たように…

コメント

    • 折口
    • 2023年 4月 14日

    さすがにこれは吹かしてる気がしますが、尹政権の外交方針や実績を考えると米韓首脳会談の成果としてこの辺の話を既に詰めてる可能性も否定できないんですよね(だったらなおさらポーランドからこういう話が出るのは好ましくないですが…)。

    韓国がウクライナへの武器供与に消極的な理由にしても、中露との関係という説明は間接的な理由に過ぎなくて、直接の問題は北朝鮮ですからね。中露が北に何を供与するしないに米国が影響力を及ぼせる訳では無いですから、「アメリカ経由で上手いこと言ってくれや」は実際無茶振りでしょう。とはいえ米国の対北朝鮮政策が変動する大事態である「固体燃料ICBMの装備化」が昨日の発射で明らかになってしまった訳で、この辺も結構ダイナミックに動く可能性を否定できないのも事実なんですよね。

    そもそもの話をすると北朝鮮は六カ国協議決議および国連安保理決議で宇宙ロケットを含むミサイル類の発射を禁止されているので、この規則の履行を再度求めるという体裁なら何ら新しい事をしなくても北朝鮮の挑発活動を阻止する行動に動く道理は立ちますからね。

    6
      • hiroさん
      • 2023年 4月 14日

      なんだろう?
      全て的外れにしか思えません。
      ご免なさい。

      5
        • 折口
        • 2023年 4月 15日

        何を謝ることがありましょうか。自分は全く的外れとは思っていないですし、見解が相違するのは何らおかしいことではないでしょう。

        4
    • 金 国鎮
    • 2023年 4月 14日

    韓国は正念場を迎えた。
    これだけを言おう、ポーランドの抱える民族問題を韓国は理解していない。
    ポーランドが戦前・戦後とどのような変遷を遂げたかを勉強した方がいい。
    ナチスドイツのポーランド侵攻でポーランドを見るのは早計。
    ポーランドにとってウクライナ西部をポーランド領に組み込むための試練を迎えていることに
    韓国は気がつくだろうか。
    ヨーロッパの民族問題に深入りしたことがあるアジアの国があった。
    日本だ、日独伊三国防共協定とはこれ如何に。

    3
      • ido
      • 2023年 4月 14日

      つまり何が言いたい?武器提供反対ってことかい?

      15
      • ため息
      • 2023年 4月 14日

      今現在、韓国は戦争特需で潤っていますね。

      韓国の正念場とはどういうところでしょう?
      純日本人の私からすると、韓国の方が上手く
      やってる、立ち回ってると思ってしまうのですが。
      日本の立ち位置は韓国以上に危ういのでは?

      ポーランドの最近の発言を考えると、ウクライナの
      西部の併合を考えているように思えるんですよね。

      7
      • 名無し
      • 2023年 4月 14日

      ウクライナの西部の併合???

      10
    • general
    • 2023年 4月 14日

    ポーランドの現政権は勇み足が好きだねぇ

    9
      • 横田
      • 2023年 4月 14日

      この戦争の前はハンガリーのオルバンと並ぶEUの問題児扱いされてましたからねモラヴィエツキ首相

      8
      • 匿名さん
      • 2023年 4月 14日

      勇み足といっても、戦車提供の件では、実際にポーランドが動かなかったら、
      ドイツとアメリカはいまだに提供を許可してなかったかもしれませんからね。

      ポーランドが勇み足なのか、ドイツ・アメリカが消極的なのか。

      2
    • ぬるぽ
    • 2023年 4月 14日

    まあ、同盟国に盗聴してたって落ち度がバレたことだし、砲弾の提供と引き換えに、尹政権が言ってた「核共有」ないし、「戦術核の再配備」を引き出してくるんじゃないかな?提供した砲弾数の威力に準じた核兵器を韓国に配備するとかしないと米国としても落とし前つかないだろうし。

    4
      • ガッ
      • 2023年 4月 14日

      確かに砲弾の分の穴埋めとしての戦術核はアリかもしれない、固体燃料ICBMのこともあるし悪くない取引では

      3
    • トーリスガーリン
    • 2023年 4月 14日

    韓国としては欧州方面において重要なカスタマーになる相手であり、場合によっては韓国の欧州への武器輸出の拠点となりうる相手だけに対応が面倒そうですね

    3
    • ななし
    • 2023年 4月 14日

    韓国の稼ぎ頭の一つだったメモリ半導体が全然売れない、国内の借金は増え続けているのにキャピタルフライトを防ぐために利上げを続けるしかない、そんな中で作れば飛ぶように売れる商品が武器弾薬。そりゃ背に腹は代えられませんて

    5
    • TA
    • 2023年 4月 14日

    ここのブログ(のコメント欄)ではポーランドの評価が高いけど国防予算にGDP比5%つっこもうとする国がまともとは思わんね
    危機感、恐怖感の表れとは思うが

    14
      • J
      • 2023年 4月 14日

      ロシアに対するポーランド、エストニア、ラトビア、リトアニア
      中国に対する日本、台湾

      その他大勢は、これらの国を見捨てることで人類滅亡(地域紛争→世界大戦→核戦争のエスカレーション)を防げるのなら見捨てるほうがましだと考えてるから、周囲に頼らず単独でロシアや中国に対抗する力をつけるしかなくなってる
      マクロンの台湾絡みの発言もそういう意味でしょうし、ウクライナ開戦直後のドイツのやる気のなさもそうでしょう
      そうなると5%でも足りないくらいなんですよ
      国家としての規模が違うから敵の2%に対抗するにはそれくらい必要

      米英もやる気はありますが、あくまで覇権争いであって国家滅亡がかかってるポーランド、エストニア、ラトビア、リトアニア、日本、台湾のような最前線の国とは危機感が違う
      米英も本当に核戦争で人類滅亡する状況になればこれらの国を見捨てる可能性がないと言い切れない

      15
      • paxai
      • 2023年 4月 14日

      ポーランドは財政かなり悪いのとインフレ率が高すぎるのよ。
      しかも中銀は低金利のままかつ通貨安に対応する為にズロチ買い介入を実施してる。
      韓国から武器大量購入も為替に影響が出る程の通貨流出だと思うのだが。

      4
    • zeema4
    • 2023年 4月 14日

    ポーランドは歴史的経緯や地理的にウクライナ戦争には一番危機感があるわね。
    日本もこれくらい台湾有事に対しての危機感を持ってもいいと思うのだけど色々難しいか…。

    5
      • 2023年 4月 14日

      日本の場合、危機感は有っても対処法を取り違えている層が一定居るのが問題ですね。

      危機感を過剰に煽る極右:「今すぐ核武装!核核核!」
      ⇒最近少し大人しくなりましたね。ボスが居なくなったからでしょうか。

      危機感を過剰に煽る極左:「武装なんかしたら我が身が危ない、九条の盾で無条件降伏すれば命は助かる」
      ⇒最近少しうるさくなりましたね。ブチャやウイグルの惨状を知らないのでしょうか。

      15
        • 匿匿
        • 2023年 4月 15日

        核武装については、ウクライナ戦争のせいでその抑止力が証明されたのでは?
        その価値は以前より遥かに高まってますよね。
        欧州で今、核兵器削減の世論が高まった国はどこですか?
        スウェーデンとフィンランドは何故、核共有を行うNATOへ

        4
      • 匿名
      • 2023年 4月 16日

      元海自三佐:「防衛費2倍なら中国に屈したほうがよい」

    • 58式素人
    • 2023年 4月 14日

    余計なお世話と思いますが、北の脅威の定量的な分析の結果によるのでしょうね。
    韓国もそうですが、北の砲弾の備蓄量は機密でしょうから。
    それと、またミサイルで火遊び(?)をしているみたいですが、
    上の方で書いておられる方もいますが、既にレッドラインを超えているような気もします。
    あとは、ロシアと中共とイランと纏めて扱われるような気もするのですが。
    そうなると、日本は、すぐにでも砲弾の増産に走らなければ、と思うのですが。
    まだ時間があると思っているのかな。それとも、海を越えさせない自信があるのかな。

    4
      • nachteule
      • 2023年 4月 14日

       全て北朝鮮の事を言っているのかな?纏めて扱われるとか書いているのは良く分からない、北朝鮮は独裁国家の反米同盟のチームにいるのは間違いないのだが。

       それに日本周辺国が潜在的に敵性国家だらけなのはここ数十年変わらない事実だし、今更北朝鮮が脅威だ砲弾の増産が必要だってのはおかしい話。それとも中露朝の3国侵攻に備えるべきだって話なら砲弾の増産以前の問題で徴兵制の導入、組織の改編、装備に関してはより幅広く実戦に耐える装備を導入すべき。ウクライナやポーランドの変革が温いぐらいのレベルの変化しなければ対応出来ない。

      1
        • 58式素人
        • 2023年 4月 15日

        どうでしょう。
        日本にとっての敵性国家は、明らかに大陸と半島にあります。
        同時に、味方をしてくれそうな国も、他所にあります。
        近い将来に、東アジアにどんな騒乱が起こるかもですが、
        その騒乱の規模と内容を見据えて、
        その中で日本が生き延びる努力をしないとですね。
        ”海を越えさせない”のは、日本にとって必要な条件でしょうか。

        1
    • 2023年 4月 14日

    ポーランド首相、「近視眼的な」中国迎合を非難 マクロン氏念頭か
    リンク

     ロシアに何度も煮え湯を飲まされてきた国は、危機感と覚悟が違う。

     日本の風見鶏な極右や極左にも、彼の爪の垢でもせんじて飲ませたい気分ですね・・・。

    3
    • 無能
    • 2023年 4月 14日

    熊本のアサリを見習ってポーランドに砲弾工場を建設して”材料”を韓国から輸入しよう!
    メイドインポーランドの刻印をする工程の設備を準備すればOK

    1
      • 七面鳥
      • 2023年 4月 15日

      イギリスやスペインに砲弾を売れば、トコロテンのように西から東へ弾薬の融通が起こらないかな

      1
      • ウルフリック
      • 2023年 4月 16日

      >ポーランドに砲弾工場を建設して”材料”を韓国から輸入しよう!

      実際のところ韓国の弾薬製造メイカーである豊山金属はポーランドに弾薬工場を建設するらしいですよ
      社長がポーランドの高官と一緒に候補地を視察したそうです

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  5. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
PAGE TOP