欧州関連

バフムートを巡る戦い、ウクライナ軍は追加戦力の投入や砲撃強化を指示

ゼレンスキー大統領は8日夜の演説で「バフムートやソレダルではロシア軍の攻撃で街の大半が破壊されが、敵の攻撃を撃退して持ちこたえている。陸軍のシルスキー司令官が同拠点を視察し追加戦力の投入や砲撃の強化を指示した」と明かした。

参考:Зеленский рассказал о ситуации в Бахмуте и Соледаре и о визите Сырского

シヴェルシクとバフムートを繋ぐ唯一の幹線道路方向に突破するロシア軍の目論見は失敗か

ウクライナ軍東部司令部は7日に「血なまぐさい戦闘にも関わらずソレダルを保持しており、現地の詳細な状況を後日明かす」と述べていたが、ゼレンスキー大統領は8日夜の演説で「バフムートやソレダルではロシア軍の攻撃で街の大半が破壊されが、敵の攻撃を撃退して持ちこたえている。陸軍のシルスキー司令官が同拠点を視察し追加戦力の投入や砲撃の強化を指示した」と明かした。

出典:Генеральний штаб ЗСУ

ソレダルの状況も中心部Ⓐ=48.6968, 38.068をウクライナ軍が保持しているのを視覚的に確認、ワグナーが街の大半を支配しているピドロドネも「ウクライナ軍が東区画を保持して交戦中」という報告があるので「シヴェルシクとバフムートを繋ぐ唯一の幹線道路(T0513)方向に突破する」というロシア軍の目論見は達成に至っていない。

ここに追加戦力の投入と砲撃の強化が加われば「ロシア軍の前線は今以上に困難になる」と思われるので、個人的に「ひとまずバフムート方面は落ち着きを取り戻す(戦闘自体は激しい)」と思っている。

出典:GoogleMap ソレダル方面の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

因みに8日時点のバフムート周辺は「衛星写真によって雪化粧に覆われている」と確認されており、視覚的な証拠の日時を判断するのにとても役立つ。

関連記事:ロシア軍が攻勢をかけるバフムート周辺の戦い、状況的には非常に際どい
関連記事:ロシア軍がバフムート周辺で大きな前進を遂げる、ソレダルの防衛ラインを突破か
関連記事:ウクライナ侵攻314日目の戦況、ロシア軍がバフムート攻勢に全力を傾ける

600人以上のウクライナ軍兵士を殺害したというロシア国防省の発表、直ぐに嘘だったことがバレる

ロシア国防省はHIMARSの攻撃で大晦日に何百人もの兵士が死亡した報復として「ウクライナ軍が兵舎として利用していたクラマトルスクの大学寮(第28寮と第47寮)を攻撃して600人以上の兵士が死亡した」と発表、ウクライナ軍は直ぐに「これはロシア軍のフェイクニュースだ」と反論していたが、複数の海外ジャーナリストは「ロシア軍の攻撃があったのは事実」とした上で「ミサイルは目標を外している」と報告している。

La Repubblica紙のダニエル・ライネリ氏は「第28寮と第47寮をチェックしたがミサイルは目標を外して何もないところに大きな穴を開けただけ」と述べており、クラマトルスクに滞在していたフィンランド国営メディアのアンティ・クロネン氏も「攻撃の爆発音は聞こえたが1台の救急車も見かけたことがなく、ロシア軍の攻撃(S-300の迎撃弾が使用されたらしい)は建物から約50m離れた地点にクレーターを作っただけで、建物内には軍関係者が滞在していた痕跡も死体も血痕も見当たらなかった」と指摘した。

さらにクロネン氏は「現段階において私自身の見たものとウクライナ側の見解の方が(ロシア国防省より)正しい」と述べており、少なくとも大学寮への攻撃で「ウクライナ軍兵士は1人も死ななかった」という意味だ。

ロシア人してみれば嘘だと指摘されたところで「ウクライナ人が真実を隠蔽した」と言っておけば済む話なので、国民向けのアピールに真実は必要ないのだろう。

関連記事:マケエフカの次はチュラキフカ、ウクライナ軍の攻撃でロシア軍兵士が500人が死傷

 

※アイキャッチ画像の出典:Генеральний штаб ЗСУ

英国防省、ザポリージャ州での反撃を警戒してロシア軍が防衛ラインを強化前のページ

米上院軍事委員会、バージニア級の豪州提供を止めるよう大統領に要請次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ウクライナ、インフラを攻撃するロシア軍の狙いは大量の難民を欧州に押し付けること

    ウクライナ大統領府長官顧問のポドリャク氏は22日「ロシアの狙いはインフ…

  2. 欧州関連

    帝政ロシア製の重機関銃が現役のウクライナ軍、旧ソ連製の対戦車砲が演習に登場

    ウクライナ国防省は地上軍による演習風景を映した動画を8日に公開、ジャベ…

  3. 欧州関連

    ウクライナ軍がオスキル川の対岸に拠点を確保か、米国はエクスカリバー砲弾を追加供給

    戦争研究所は「オスキル川の対岸でウクライナ軍が利益を上げている」と言及…

  4. 欧州関連

    ドンバスを巡る戦い、ウクライナ軍の増援として第128山岳強襲旅団が到着

    ウクライナ北部からのロシア軍撤退が完了、ルハーンシク州のセベロドネツク…

  5. 欧州関連

    トルコ、TB2に搭載可能な新型レーザー誘導爆弾Bozokの量産を開始

    トルコ政府の防衛産業研究機関は4日、BAYKARのバイラクタルTB2に…

  6. 欧州関連

    ドンバスで戦うウクライナ軍兵士、我々は大砲の餌で政府に見捨てられた

    ドンバスで戦うウクライナ軍兵士達はCBCの取材に「普通の歩兵は大砲の餌…

コメント

    • 名無しさん
    • 2023年 1月 09日

    弾薬庫の隣を宿舎にして数百人もの兵士を詰め込んだロシアと違って、
    そもそもウクライナ軍は1つの建物に1300人も寝泊まりさせないでしょう。

    >国民向けのアピールに真実は必要ない
    それはそうでしょうけど、「報復で600人殺害した」と明言した以上、
    ロシア軍の被害はそれに匹敵するほどであったことを自白したことになりますね。

    67
    • 無題
    • 2023年 1月 09日

    メンツで何もない所を攻撃するとは無駄の極みだな
    どこまでも政治的な戦争だ

    20
    • makumaku
    • 2023年 1月 09日

    バフムートの気温は、1/7に-16℃、昨日は―15℃だった。
    屋外で休息(睡眠)できる環境ではなく、今日はさらに気温が下がるらしい。
    守備する方厳しいが、攻撃する方は一層厳しいだろう。

    26
    • あああ
    • 2023年 1月 09日

    新年一発目の重戦力の大規模供与が確定したので今ここで重戦力を消耗する事が可能になったはずです。機甲増強反撃が展開される前にロシア側は決着つけようとかなり無茶してくると思います。しかもお得意のマンパワーで。
    方やウクライナ側は暖冬から一変して路外凍結で機甲戦力の投入時期になって来ました。バフムトは文字通りワグネルの墓場になりそうです。

    14
    • TKT
    • 2023年 1月 09日

    ウクライナ軍の立場に立てば、ここで引いたら一気に劣勢になることは明らかであり、とにかく動ける戦車や歩兵、撃てる榴弾砲をかき集めて救援のための旅団や大隊を再編成、急編成し、T0530道路、そしてその先に続くM03道路の遮断、制圧を何としても阻止せねばなりません。

    ソレダルや、バフムトも重要ですが、ロシア軍はさらにその間のピドロホネ、クラスナ・ホラへも向かっており、その先にはT0530道路とM03道路を結ぶ重要な交差路があるパラスコヴィーフカがあります。

    もちろんロシア軍の方も、この地区に増援の部隊をどんどん送り込んでくると思われ、後はウクライナ軍とロシア軍のどっちが局地的、相対的な優勢を確保できるかにかかってくるでしょう。

    4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP