欧州関連

トルコ、ドローンや小型UAVを無力化する自爆型UAV「Fedai」を2022年に供給開始

トルコはドローンや小型で低空を飛行する無人航空機(UAV)を無力化するための自爆型UAV「Fedai/フェダイン」がテストに合格、量産タイプの2022年初頭引き渡しを目標に開発が進んでいると関係者が明かした。

参考:Turkey’s ‘drone killer’ system makes maiden flight

開発中にも関わらず潜在的な顧客からの関心が高いトルコのカウンター・ドローンシステム

トルコ防衛産業企業のHavelsan(ハヴェルサン)とTransvaro(トランスバロ)が共同で開発を進めている自爆型UAV「Fedai/フェダイン」は敵のドローンや小型で低空を飛行する無人航空機(UAV)を無力化するためのカウンター・ドローンシステム(対ドローン用防空システム)で、単純に言えば小型UAVを目標に直撃もしくは炸薬を爆発させたエネルギーで損傷を与えることを狙っており、同じようなコンセプトのカウンター・ドローンシステムはトルコ以外の国でも開発されているため特に珍しいという訳ではない。

しかしトルコのFedaiは他国のシステムとは異なる複数の特徴を備えており、Fedaiを収めた単発式のランチャーは非常に小型で兵士が肩に担いで使用できるサイズにも関わらず本体にはレーダー、赤外線カメラ、デイカメラ、LIDARが搭載されているため外部からの支援がない状況でも運用可能(自己完結性)で地対空ミサイル「スティンガー」のような運用も可能だ。

さらにFedaiはカウンター・ドローンシステムとしての運用以外にも地上目標に対する攻撃=自爆型UAV本来の使い方も可能だが、最も注目すべきは開発中にも関わらず東南アジアの顧客からの要望で高度5,000mまで到達可能なモデル「Fedai102」が開発されているという点だろう。

つまり高度5,000m付近まで運用能力を要望した東南アジアの顧客(恐らくインドネシア?)はFedaiを使用して低速な航空機やヘリコプターまでも撃墜したいという意味で、Fedai102は搭載バッテリーの容量とモーターの出力が強化されているため基本型のFedai101よりも速度と滞空時間が向上しているが、びっくりするほどサイズは変わっていないらしい。

補足:Fedaiの基本スペック(101)は最大速度100km/h、最大高度500m、航続距離40km、滞空時間1時間、弾頭1.5kg、自爆しなかった場合に備えてパラシュートによる回収と再使用が可能らしい。

開発関係者の話だと「潜在的な顧客が最も関心を示しているのは車輌搭載タイプのFedaiで、このシステムはFedaiを収納したランチャーを搭載する車輌×3輌、射撃管制システムを搭載した車輌、レーダーや電子光学センサーに加え電子妨害システムを搭載した車輌の5輌で構成されており、これを基本にしてFedaiを海外市場へ供給していく」と語っている。

恐らく兵士が肩に担いで使用するよりも車輌搭載タイプの方が「外部からの支援」を受けられるため迎撃効率が高く、この辺りが関心を集めている理由なのだろう。

余談だがFedaiは2022年2月までに量産モデルが納品できるようになる(水面下でFedai101の受注が確定している可能性が非常に高い)と開発関係者が話しているので、もう間もなくトルコの輸出ラインナップに加わり海外市場から大きな注目を集めるはずだ。

関連記事:ウクライナのスタートアップ企業、敵ドローンを迎撃ドローンで破壊する技術を開発

 

※アイキャッチ画像の出典:地元メディアのキャプチャー

韓国、KF-21の開発分担金をインドネシア側が全額支払うことで最終合意前のページ

トルコ、強襲揚陸艦で運用するバイラクタルTB3が間もなく飛行テストを開始次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    トルコ、スキージャンプと射出装置の組合せで強襲揚陸艦から「バイラクタルTB3」を運用か

    Baykar社でゼネラルマネージャーを務めるハルク・バイラクタル氏は今…

  2. 欧州関連

    既存の海上戦力は今後優位性が失われると主張する英海軍、センサーとシューターに分離された艦隊を要求

    英海軍は伝統的な技術で構築された海上戦力の優位性が今後十数年で失われる…

  3. 欧州関連

    たった5分で破られたナゴルノ・カラバフ紛争の停戦、アルメニアもアゼルも攻撃を再開

    現地時間10日正午に発効したナゴルノ・カラバフ地域の人道的停戦は、たっ…

  4. 欧州関連

    不正輸出?ロシア軍関与?アゼルバイジャンでイスカンデルMの残骸が発見される

    アゼルバイジャンは地雷除去作業にナゴルノ・カラバフ紛争で使用された短距…

  5. 欧州関連

    ロッキード・マーティン、スイスで勝利したF-35Aをスペインとチェコにも売り込む

    英国のジェーンズは3日、新たに欧州のスペインとチェコでF-35のプロモ…

  6. 欧州関連

    韓国にライバルが登場、ポーランドの次期主力戦車に食い込んできたM1エイブラムス

    ポーランドが陸軍近代化の一貫として進めている次期主力戦車調達計画「Wo…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    対UAV用自爆型UAVかぁ。
    遠からずUAV搭載式の対「対UAV用自爆型UAV」撹乱用デコイUAV、とか出てくるんだろうね。

    ヤッターキング>ヤッターメカ>ビックリドッキリメカ とかまどろっこしいと思ってたけど時代の先を行ってたんだなぁ…

    11
      • 匿名
      • 2021年 11月 12日

      もともとトルコはいろんな性能(価格帯)の自爆ドローンを早期に開発して市場形成していたから、多分それを開発していた頃からセットでそれに対するアンチドローンも開発していた気がする

      それなら安い自爆ドローン売った国の相手国にはこれが売れる目途が立つという死の商人っぷり

      6
    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    開発スピードが早すぎる

    16
      • 匿名
      • 2021年 11月 12日

      人が乗らないから安全性を無視できるのが大きいのかな。

      6
    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    要するにプロペラで飛ぶスティンガーミサイルか

    3
    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    トルコの無人機はイケイケですな

    10
    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    発想が柔軟で開発スピードの速さに驚かされる。
    先の先を行っている。

    13
    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    さらにその対抗UVAに対抗するUVAが開発されてと、トリフィドトリトリの世界になるのか

    2
    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    トルコ「真の達人とは、技を体得すると同時にその破り方も考えておくものだ」

    10
    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    攻撃用ドローン売って、アンチドローン用ドローンも売るというマッチポンプ
    儲かりますなあ

    17
    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    TB2は撃墜対象から外されているのだろうか?

      • 匿名
      • 2021年 11月 12日

      TB2が撃墜されれば補充機が売れるじゃないか。

      11
      • 匿名
      • 2021年 11月 12日

      高度5000mならば、TB2も撃墜し得る。わざわざ撃墜対象から除外すると、かえって売れなくなるのでは?
      トルコは手広く無人機を売っているから、ロシア兵器の様に自国兵器同士が戦う事も想定済みでしょう

      6
    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    ひょっとして今のトルコ、オスマン帝国以来最高の輝きっぷりじゃない?

    6
    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    トップ画像がボトムズのダイビングビートルっぽい

    4
    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    がっちがちの軍用規格の対戦車ミサイルが売れないで民生規格で足るラジコン爆弾が売れる現場もある
    というか歩兵隊重火器が軽砲→無反動砲→対戦ミサイル→偵察自爆UAVという流れなのだろねそれで対UAVも歩兵中隊自身で賄う必然が出てきた
    歩兵中隊で高射砲?レーザー砲?ECM砲?民生ラジコンは民生ラジコンぶち当てて落とせば良くね←今ココ

    6
      • 匿名
      • 2021年 11月 12日

      民生のラジコンがレーダー、赤外線カメラ、デイカメラ、LIDARまで搭載してるわけがないだろ。

      どれだけ軍事規格のUAVを舐めてるの?

      11
        • 匿名
        • 2021年 11月 13日

        最近のアイホンさんついとるでライダー

    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    イケイケなトルコ🇹🇷

    ロシアとアメリカとの綱渡りを器用にこなして、自国開発も進める。

    すげえよな

    10
    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    人力運搬できるサイズで使い捨てできる価格で おぉスゲエと思ったけど考えてみれば今どきの車はレーダーにカメラにGPSに通信にと全部盛りで一般人も買えるお値段なのだった
    結局は発想と意志の問題なんだな

    4
    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    全く関係ないけど、記事冒頭の写真はパトレイバーのハヌマーンに似てると思った。

    2
    • 匿名
    • 2021年 11月 12日

    矛と盾を売る商人だな
    子供「なぁなぁおっちゃん、その矛と盾をぶつけたらどっちが勝つんだ?」

      • 匿名
      • 2021年 11月 13日

      「値段の高いほうが勝つぞ、だから高いのを買え」

      3
    • 匿名
    • 2021年 11月 13日

    以前MBDAが「電気推進のミサイル」、つまり自爆迎撃型ドローンのコンセプトモデルを製造してほしいという要望を出していたな。

    MBDAの方は結局実用化するのか知らないけど、トルコでも同じ様なコンセプトはあるんだね、やはり。

    1
    • L
    • 2021年 11月 13日

    ラピュタのロボット兵みたいだぁ・・・

    • 匿名
    • 2021年 11月 17日

    矛 盾 ……
    マッチ ポンプ ……

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP