欧州関連

ウクライナ軍、ロシア軍の弾道ミサイルをスティンガーで撃墜???

ウクライナ国防省の公式メディアは19日、ロシア軍の発射した戦術弾道ミサイル「トーチカU」をスティンガーで撃墜したと報じている。

参考:Інформагентство АрміяInform
参考:Украинские воины сбили из “Стингера” ракету “Точки У”

スティンガーで弾道ミサイルを迎撃するという快挙を成し遂げるウクライナ軍兵士?

ウクライナ国防省の公式メディア「Армія Inform」は19日、ルハンシク州ポパスナ近郊のウクライナ軍兵士がロシア軍の発射した戦術弾道ミサイル「トーチカU」をスティンガーで撃墜したと報じており、MANPADSを使用すれば(弾道ミサイル)を簡単に撃ち落とすことが出来るとわかったと付け加え撃墜したトーチカUの残骸写真まで掲載している。

出典:Інформагентство АрміяInform

そんな馬鹿な、、、スティンガーで弾道ミサイルを?技術的にそんな事が可能なのか管理人には分かりませんが、流石にこれはどうなんでしょ?

追記:冷静に考えても弾道コースを飛翔するから発射直後の上昇段階を狙うしか無理なような気が、、、それすら無理な気がする。

追記:ウクライナのヴィーンヌィツャ州政府のトップが「13日に撃墜されたロシア軍の長距離戦略巡航ミサイルX-101は一般的な機関銃で撃墜されたものだった。だから勇猛果敢な皆さんは是非撃墜していただきたい」と発表してるので、ウクライナ軍兵士ならスティンガーで弾道ミサイルぐらい余裕(皮肉)なんですね。

 

アイキャッチ画像の主張:U.S. Marine Corps photo by Lance Cpl. Rachel K. Young スティンガー

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

米太平洋空軍、E-3は味方を有利にするほどJ-20を遠距離で検出できない前のページ

ウクライナ諜報機関、反プーチン勢力が暗殺を画策中で後継者はFSB長官次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ドイツ首相、ウクライナへ防空システムと対砲兵レーダーの提供を発表

    ドイツのショルツ首相は1日、ウクライナに短距離防空システム「IRIS-…

  2. 欧州関連

    電子攻撃能力はF-35級? Captor-E MK.2に換装予定の英空軍タイフーン

    ドイツとスペインは先月、運用中の戦闘機ユーロファイター・タイフーンに搭…

  3. 欧州関連

    英陸軍、攻撃ヘリ「AH-64」の30mm機関砲が基地に向かって暴発

    英陸軍の攻撃ヘリ「Apache AH Mk.1(英国仕様のAH-64D…

  4. 欧州関連

    ロールスロイス、第6世代戦闘機「テンペスト」開発を印象づける動画を公開

    英国が開発を主導している第6世代戦闘機「テンペスト」のエンジン開発を担…

  5. 欧州関連

    フィンランドとスウェーデンのNATO加盟問題は長期化、トルコは交渉を急がない

    フィンランドとスウェーデンのNATO加盟問題が今月末の首脳会議で進展す…

  6. 欧州関連

    ウクライナ危機、ドネツクとルガンスクの国境をどこに設定してくるのか?

    ウクライナ危機が今後収束に向かうのか、更に危機的なものになるかは独立し…

コメント

    • AAA
    • 2022年 3月 20日

    熱いウクライナ魂があれば弾道ミサイルをスティンガーで落とすことも可能、当たり前だよなあ!

    32
      • BBB
      • 2022年 3月 20日

      我が国は竹槍でB29を落としたしな!
      上から無理難題押し付けられる下は大変だ。

      33
        • 匿名?
        • 2022年 3月 20日

        この国では高射砲等で墜落した爆撃機から脱出した搭乗員相手に、民間人でも抵抗または殲滅する為に竹槍を用いましたが…貴方まさか…異世界から…?

        1
      • perorin
      • 2022年 3月 20日

      なんか掲載写真の尻尾に変な部品付いてるので画像検索したらネットに弾頭の写真が色々あった。
      短距離弾道弾で元の速度が遅い上に、精密誘導のため抵抗フィンが4枚出るみたいで結構減速するのではないかな?

      リンク
      リンク

      7
        • tofu
        • 2022年 3月 20日

        弾頭の形からしてHGVみたく本格的な機動をする感じでもないしそこまでじゃないんじゃない
        知らんけど

      • zerotester
      • 2022年 3月 20日

      上空の航空機は条件によっては数十キロ先のものが見えると言われています
      マッハ2のミサイルが10キロ進むには約14秒かかります
      目が追うのが不可能なほど速いというわけではないかもしれません。追えたからと言って迎撃できるかはミサイルの性能次第ですか

        • 匿名
        • 2022年 3月 21日

        >目が追うのが不可能なほど速いというわけではないかもしれません。

        より高速な人工衛星も、条件によっては目で追えます。
        天空に輝く星たちも、何気にミサイルとは桁違いの相対速度だった筈です。
        目で追える/追えないのパラメーターは、速度ではなく、角速度的なものだと思います。

        1
    • 名無しコルベット
    • 2022年 3月 20日

    いや流石にこれは

    23
      • クローム
      • 2022年 3月 20日

      このミサイル(9M79M)はクラスター弾頭を使用した場合今回のようにブースターが原型をある程度留めたまま落下するようです。
      (海外のネット情報なので話半分で)

      2
    • 伝説のハムスター☆☆☆
    • 2022年 3月 20日

    ウクライナよ‥大本営発表はやり過ぎると自分を苦しめるぞ

    40
      • 無無
      • 2022年 3月 20日

      いまだに、ウクライナとは戦争はしていないと言い張るロシアとどっこいどっこいだろ
      お友達にするならば、つきあい方に要注意の印象はあるけど

      4
        • 匿名
        • 2022年 3月 20日

        アメリカを煽る目的で、アメリカ議会向けの演説で﹙今回のロシアによる侵攻を﹚真珠湾攻撃を引き合いにしていたのだっけ >ウクライナ

        2
          • tofu
          • 2022年 3月 20日

          アメリカ人はリメンバーパールハーバー大好きだからね
          日本でそれを例えに出したら喧嘩売ってるけど、アメリカでの演説ならそら出すよ

          5
            • 餡掛け幽々子はん
            • 2022年 3月 20日

            今回の演説は当のアメリカ人にはいまいち響いてないみたいだね。「パールハーバーで盛り上がるのは俺の爺さんの世代だよ」「ほーん。で?当時ウクライナはアメリカに何をしてくれたんだ?」あんまり盛り上がってないね。

    • kankan
    • 2022年 3月 20日

    写真を発表した以上、撃墜したのはほぼ確実なんだろうけど
    よりにもよってスティンガーで…?
    プロパガンダにしても理解が追い付かん
    真相は如何に?

    12
      • 幽霊
      • 2022年 3月 20日

      写真に関しては撃墜したとは限らないのでは?
      ミサイルの故障で墜落した可能性もあると思いますよ。

      10
    • アクアス
    • 2022年 3月 20日

    真正面から突っ込んできたミサイルを見つけたので、間一髪撃ってみたら当たっちゃいました、とか?

    14
      • そら
      • 2022年 3月 20日

      狙ってやれるもんじゃないですね。
      狙ってやれたとしたら、GMがひっくり返りますよ。

    • 匿名
    • 2022年 3月 20日

    自分めがけて真っすぐ飛んでくるミサイルを正面から迎撃する形なら何とかなるのかな?後ろや横からでは無理です
    弾道ミサイルを目視で発見して照準を合わせることさえできれば…

    11
      • クローム
      • 2022年 3月 20日

      ウクライナのPSAMの扱いや経験値は世界トップレベルだろうけど、
      上に向けて打ったら奇跡的に命中したという限りなく0に近い確率の現象が発生したとしか…

      2
    • 御影渦音
    • 2022年 3月 20日

    先の極超音速ミサイルの発射に対抗した大本営発表…ですかね…?

    後方にある筈の発射機の傍にたまたまウクライナ兵が浸透してた…というのは流石にないでしょうし…
    たまたま着弾地点の傍でスティンガーの検査か何かをしてたらセンサが高温で落下してくるミサイルを捕捉して、思わず発射したら当たっちゃた…いやいや、そんなアホな。

    22
    • 2022年 3月 20日

    落下してくる弾道ミサイルをたとえスティンガーで撃墜できたとしても衝撃波とか破片で射手が死んじまうんじゃねぇかなぁ!!??

    16
      •  
      • 2022年 3月 20日

      仮に迎撃した射手が生存していたら戦意高揚のため大々的に映像に流されていたでしょうし、もし本当に弾道弾落下軌道上に射手がいて運よく真正面から迎撃できていたとしても名前や本人映像が一切出てこない理由にはなりますね
      (文字通り「見せられないよ」状態)

      2
    • ミリオタの猫
    • 2022年 3月 20日

    調べたらトーチカU、ウクライナも持っていることが分かったので「実は公開された画像の残骸はウクライナ軍が撃ったけど発射に失敗して落下した物」の可能性すら有るのが何とも……(苦笑)

    15
    • ok
    • 2022年 3月 20日

    ・・・スティンガー?
    スティンガーって歩兵がロケットランチャーみたいに携帯可能なあの携帯式防空ミサイルシステムのFIM-92スティンガーミサイルですよね?
    確か飛翔速度はM2.2でタイプによって違いますが有効射程は4000〜4800M.射高は3500〜3800M、最大補足可能距離は15kmだったはず・・・
    ・・・そのスティンガーで弾道ミサイルを撃ち落とした?
    ・・・一体どんなマジックなんでしょうか?

    6
    • えっくす
    • 2022年 3月 20日

    ロシアの嘘を糾弾する立場なら、数字をちょっと盛るくらいならまだしもこういったのは止めたほうが…。相手と同じ土俵に上がってどうする…。
    いやまあ本当に撃墜したのかもしれないけど…。

    18
    • ブルーピーコック
    • 2022年 3月 20日

    戦場は常に混乱しているって話なのかな

    3
    • あばばばば
    • 2022年 3月 20日

    弾道弾であるならば浅い射角かつ燃料が尽きて落下中なら、ワンチャン減速しているだろうし当たるのではないだろうか
    巡航ミサイルの方も、毎日同じルートを飛行しているとかであれば、12.7mm弾であればダメージを与えられるのではないだろうか

    どちらにせよWW2で稀に聞く、輸送機を戦車で撃墜するような眉唾ごとだが

    6
      • perorin
      • 2022年 3月 20日

      7.6mmでも当たれば落ちると思う

      なんか相当低く飛んでるみたいなので、
      ここは是非、みんなで通過予想点にマガジン1個分撃つ習慣をつけたい。そのあと流れ弾で何人死ぬかわからんけど・・

      1
        • tofu
        • 2022年 3月 20日

        イラクの短距離弾道ミサイル迎撃にPAC-2の近接信管だと全然破壊できなかったんで、KE弾頭を持つPAC-3が開発されたわけでして
        7.6mmが仮に何かの奇跡で当たってもなんともならないかと

        3
          • バーナーキング
          • 2022年 3月 20日

          このツリー、話が混ざってて訳分からん事になってる感あるけど弾道ミサイルと、以前報道されてた様なベタベタの低空を低速で飛ぶ巡航ミサイルでは話が全然別だと思うよ。
          【ハリコフ地域では、巡航戦略ミサイルX-101が地上100メートルを飛行していることに気づきました】

          特に道中の巡航ミサイルは(終末段階の弾道ミサイルと違って)完全破壊できなくても翼の機能を奪うだけでも目的は阻害できるだろうし。

          7
    • 黒丸
    • 2022年 3月 20日

    既に壊れている状態で自然落下中のトーチカUを
    目のいいウクライナ兵が気付いて、狙って発射したのかな?

    撃墜が報道通りなら、弾道ミサイル側がおかしいとしか思えないな。

    14
    • 名無し
    • 2022年 3月 20日

    無理があろうかと思われます

    5
    • 無無
    • 2022年 3月 20日

    次はキンジャールか、イスカンデルか、
    ウクライナの防空は世界いちぃいいー!

    1
    • tarota
    • 2022年 3月 20日

    出来らあっ!

    5
      • 香介
      • 2022年 3月 21日

      スティンガーで弾道ミサイルを落とせるっていってんだよ!!

    • 14
    • 2022年 3月 20日

    赤外線画像として対象形状をロックする必要があると思うので
    目視できる速度でないと無理なのでは? 

    落としたのは巡航ミサイルだと思う。
    スティンガーではなくレーダー誘導されたSAM

    1
    • tofu
    • 2022年 3月 20日

    M5.3で飛ぶ弾道ミサイルはそもそもMANPADSじゃロックオンすらできないんじゃないですかね
    終端速度がどんなもんかは知らないけど、どう低く見積もっても1km/sを下回らないんじゃ?
    だとするなら、ほんの数秒の間に弾道ミサイルに気づいてスティンガー構えてロックオンして発射したという、あらゆる物の性能を超えた話になっちゃう

    ウクライナの宣伝戦、たまにトンデモを混ぜ込んじゃったり
    西側ではありえない強い罵倒(ロシアの豚犬、とか)しちゃうの、いうても東側流で趣きが凄い。

    8
    • おわふ
    • 2022年 3月 20日

    もし本当なら、相当近距離から低い弾道で飛ばして巡航ミサイルと同じ様な速度で飛来した事になりますね。
    ない事はないと思いますが、そもそも巡航ミサイルを落とすのも難しいでしょうね。

    1
    • Mr.Takao
    • 2022年 3月 20日

    そうはならんやろ。

    5
    • coke
    • 2022年 3月 20日

    目標のリストが漏れていて、ウクライナ側がその情報を元に事前に射手を待機させていたとか?
    弾道弾の予想落下地点近くに歩兵を配備するとか、ウクライナ軍もロシアに負けず劣らずブラックだな。

    • 猫鉈
    • 2022年 3月 20日

    たまたまミサイルの着弾地点近辺にいた兵士がたまたまスティンガーを空に向け、たまたま何かをロックしたので引き金を引いたら撃墜できたといことでしょうか?
    うーん、天文学的低確率…

    5
    • na
    • 2022年 3月 20日

    ウ軍になろう小説の主人公がいたのかな

    2
    • トブルク
    • 2022年 3月 20日

    燃焼を終えて自由落下状態の弾道弾に、熱線追尾のスティンガーをロックオンできるのか?
    そもそも弾道弾の落下速度が超音速なので、シューターが目視補足できないわな。

    • うし
    • 2022年 3月 20日

    弾道ミサイルで速度が速ければ弾頭も千度以上になるほど熱いのだろう、
    ひょっとしてヘッドオン?

    1
    • すえすえ
    • 2022年 3月 20日

    まぁまゆつば物だけど
    まぁ本当に落としたとしたらまぐれ

    なんか別の目的でスティンガーぶっ放したらたまたまミサイルにぶつかったぐらいのレベル

    バスケでコートの反対側からゴールにボール投げたらまぐれで入っちゃったのレベル

    11
    • うた
    • 2022年 3月 20日

    話がそれるけど、
    昨日、極超音速ミサイルが5発放たれて、攻撃に成功したらしいけど、その記事はまだないね。
    核を搭載可能とのことだけど、これがもし核弾頭が搭載されていたら、今頃どうなっていたでしょう?
    初手は絶対防げないよね。感知も出来なかったんじゃないかな。
    ロシアが核を運べる兵器を使用したというのは、瞬時に核による反撃を受けても文句が言えない、ぐらいのレッドラインを超えた行為なんじゃなかろうか。

    2
      • 匿名
      • 2022年 3月 20日

      変速機動のイスカンデルも投入するならその上位装備のアバンガルドもありえそうだがこれの運搬手段が現状はICBMなのでICBMで敵弾薬庫を攻撃したの人類史上初かも知れないしそもそも紛争でICBMを使うのさえ初

    • 匿名
    • 2022年 3月 20日

    根本的に終末落下途上のBMにスティンガーの威力がどの程度の効果あるかって話だが例えば高速SSM対応のファランクスは威力向上APDSで堅物をKEで粉砕する方向進んでるが
    BMはSSMよりデカく硬いのに個人SAMの炸薬量の近接信管で1t超え重量物のマッハ5以上にどの程度の威力あるか疑問でそれで足るならファランクスの威力向上も不要だろと

    2
    • 774
    • 2022年 3月 20日

    セルビアでF-117を旧式のシルカで撃墜したことがあったから運さえ良ければ強ちあり得なくは無いのでは

    • 名無しさん
    • 2022年 3月 20日

    かつて東洋の島国では竹槍でB-29を撃墜しました
    気合いと精神力と神国の加護があればスティンガーで
    弾道ミサイルを撃墜する事は可能です、私は信じます

    1
    • 山中あそぶ
    • 2022年 3月 20日

    X-101がウクライナの100m位の低空を亜音速で飛行している動画がアップされてますね。音も結構大きいので、近くを飛べば誰でも視認できる。

    リンク
    弾着まで数十分飛行するなら、地上に連絡網を組織して目撃した兵や民間人から「何時、どの地点を、どの方向に向った」という報告を集めれば飛行ルートや目標の予測ができ、ルート上にいる軍に連絡すれば射撃が可能なケースもあるのでは?
    太平洋戦争でも民間を含めた米軍機の見張・連絡網は有効だったと聞いたことがあります。
    F-117の被撃墜では同じ飛行ルートを通ったことが一因ですが、今回のロシア軍なら同じ間違いをする可能性もある。

    更に太平洋戦争で日本は小銃を一定の角度に向けた兵士を大勢地上に置き、指揮官の指示で一斉射撃した弾幕で敵機を攻撃してある程度成果があったとも聞きます。

    素朴な創意工夫の積重ねも、馬鹿に出来ない効果を発揮するかも。

    • 一読者
    • 2022年 3月 20日

    ウクライナから何を言われても信じそうになる自分が怖い

    • 四凶
    • 2022年 3月 20日

    スティンガー機動性は高く直撃メインで前方探知可能、最新型のJなら小型UAVへの対応を謳っているからより探知性能は向上しているので最新型供与された可能性を考慮。

    トーチカUは高性能破片弾頭ならば被害向上の最終段階軌道変更とかあったりして、単純な弾道軌道を描く感じでもなさげだしウクライナ自身保有している以上は素性が分かっていると思う。

    あくまでも可能性としてミサイル探知して着弾点をに警報が出ていて、射手の視力がとても良くミサイルが週末段階で速度が落ちたかして運悪く直撃して自己崩壊なり誘爆なりしたら撃墜の可能性はあるのではないだろうか。

    個人的には銃弾同士がぶつかるような戦場にあるとんでもない偶然の可能性はあり得るのかなとは思う。

    5
    • まつ
    • 2022年 3月 20日

    レーダーで落下予想位置確認 たまたまステンガーの射手近くにいれば迎撃方向と発射時間指示すればいいだけ なんの不思議もなくこれからはさらに迎撃数増えるだろう。

    1
    • まつ
    • 2022年 3月 20日

    レーダーで落下予想位置確認 たまたまステンガーの射手近くにいれば迎撃方向と発射時間指示すればいいだけ なんの不思議もなくこれからはさらに迎撃数増えるだろう。

    1
    • zerotester
    • 2022年 3月 20日

    いずれ専門家が検証してくれるのではないでしょうか。
    巡航ミサイルを機関砲で落としたという点については、湾岸戦争のときにトマホークがけっこつ高射機関砲で落とされたと聞きました。低空で速度があまり速くないからだと。

    1
    • 黒丸
    • 2022年 3月 20日

    トーチカUには弾頭にクラスター爆弾を搭載したモデルがある。
    推測だが、クラスター爆弾の散布方法を同心円ではなく直線状などモード選択して発射できる。
    散布モードによっては、通常の弾道ミサイルよりも低角度低速で飛行する巡航ミサイル的な動きをすることがある。
    この場合、スティンガーミサイルでも条件によってはトーチカUを迎撃できる。

    ということかな?

    2
    • 山中あそぶ
    • 2022年 3月 20日

    X-101がウクライナの100m位の低空を亜音速で飛行している動画がアップされてますね。音も結構大きいので、近くを飛べば誰でも視認できる。

    リンク
    弾着まで数十分飛行するなら、地上に連絡網を組織して目撃した兵や民間人から「何時、どの地点を、どの方向に向った」という報告を集めれば飛行ルートや目標の予測ができ、ルート上にいる軍に連絡すれば射撃が可能なケースもあるのでは?
    太平洋戦争でも民間を含めた米軍機の見張・連絡網は有効だったと聞いたことがあります。
    F-117の被撃墜では同じ飛行ルートを通ったことが一因ですが、今回のロシア軍なら同じ間違いをする可能性もある。

    更に太平洋戦争で日本は小銃を一定の角度に向けた兵士を大勢地上に置き、指揮官の指示で一斉射撃した弾幕で敵機を攻撃してある程度成果があったとも聞きます。

    素朴な創意工夫の積重ねも、馬鹿に出来ない効果を発揮するかも。

    2
    • 山中あそぶ
    • 2022年 3月 20日

    X-101がウクライナの100m位の低空を亜音速で飛行している動画がアップされてますね。音も結構大きいので、近くを飛べば誰でも視認できる。

    弾着まで数十分飛行するなら、地上に連絡網を組織して目撃した兵や民間人から「何時、どの地点を、どの方向に向った」という報告を集めれば飛行ルートや目標の予測ができ、ルート上にいる軍に連絡すれば射撃が可能なケースもあるのでは?
    太平洋戦争でも民間を含めた米軍機の見張・連絡網は有効だったと聞いたことがあります。
    F-117の被撃墜では同じ飛行ルートを通ったことが一因ですが、今回のロシア軍なら同じ間違いをする可能性もある。

    更に太平洋戦争で日本は小銃を一定の角度に向けた兵士を大勢地上に置き、指揮官の指示で一斉射撃した弾幕で敵機を攻撃してある程度成果があったとも聞きます。

    素朴な創意工夫の積重ねも、馬鹿に出来ない効果を発揮するかも。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP