ウクライナ戦況

スペインがウクライナ支援を発表、M113、防空システム、野戦砲を提供

スペイン国防省は25日「M113、防空システム、野戦砲などの装備をウクライナに提供する」と発表、但し何ヶ月も検討を続けてきたレオパルド2A4はリストに含まれていない。

9月中に全ての支援物資をウクライナに引き渡す予定だが、アスピーデの訓練が完了するのは先の話

スペイン国防省は25日、ウクライナにM113×20輌、防空システム、野戦砲、75パレット分の野戦砲弾、1,000トンのディーゼル燃料、ウクライナからの緊急要請に応えて寒冷地用の軍服30,000着、防寒ジャケット15,600着、ウェザースーツ15,000着などを提供すると発表した。

出典:MBDA 写真のミサイルはアスピーデ2000

既にM113と弾薬はウクライナに到着済みで、数万着の衣類からスペイン国旗を取り外す作業もほぼ終わり、スペイン国防省は「9月中に全ての支援物資をウクライナに引き渡せる」と明かしている。

ウクライナに提供する防空システムの詳細は公表されていないが、スペイン政府はアスピーデ提供をウクライナ支援を調整する機関(ドイツのシュトゥットガルトに設置された組織)に打診していたため「アスピーデの提供準備の手続きが整った」という意味だろう。

出典:Outisnn/CC BY-SA 3.0 SBS 155/52

提供される野戦砲についても詳細はないが、ウクライナの駐スペイン大使は「キーウは155mm榴弾砲と122mm迫撃砲の供給に関心があるとスペイン政府に伝えている」と述べているので、Santa Bárbara製の155mm榴弾砲かECIA製の120mm重迫撃砲が提供される可能性があるものの、相互運用性を優先するなら米国や英国と同じL119を提供しても不思議ではない。

因みに何ヶ月も検討を続けてきたレオパルド2A4提供については今月2日「保管状態が良くないため提供を正式に断念する」とロブレス国防相が述べていたので、25日発表のプレスリリースには含まれていない。

関連記事:スペイン国防相、レオパルド2A4のウクライナ提供を断念すると発表

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Army Europe photo by Spc. Joshua Leonard

中国軍のドローンを石を投げて追い払う台湾軍、アンチ・ドローンシステムの配備を前倒し前のページ

中国、米イージス艦に相当する052DL型駆逐艦を5隻同時に建造中次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナ大統領府長官、クリシェイフカ集落内で国旗を掲げる写真を公開

    ウクライナのイェルマク大統領府長官は17日、国家警察のリュート旅団とツ…

  2. ウクライナ戦況

    アウディーイウカは酷い状況、ウクライナ軍兵士が撤退している可能性も

    アウディーイウカ方面のロシア軍はモニュメント、浄水施設、旧防空基地、チ…

  3. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍総司令官、ロシア軍の動員計画は非常に上手くいっている

    ウクライナ軍のザルジュニー総司令官はEconomist紙に対して「問題…

  4. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍のTB2、スームィ州でロシア軍車輌を180輌を破壊???

    ロシア軍に包囲されているウクライナ東部のスームィ州で1日、バイラクタル…

  5. ウクライナ戦況

    ロシア軍がドンバスからヘルソンに戦力を移動、戦いは新たな段階に突入

    英国防省は6日、ロシア軍はウクライナ軍の反撃に備えるため「ドンバスから…

  6. ウクライナ戦況

    ウクライナがロシア軍パイロットの取り込み成功、Mi-8を操縦してハルキウに到着

    ウクライナでは「ロシア軍所属のMi-8がポルタヴァ州上空を飛行していた…

コメント

    • 匿名
    • 2022年 8月 26日

    やっぱり西側製の戦車は供与できないんだろうな

    5
      • 月虹
      • 2022年 8月 26日

      やはりレオパルト2の提供についてはドイツが反対しているのでしょうね。「保管状態が悪い」とのことですが実際、ベルギーが退役後に民間企業に払い下げたM109自走砲をイギリスは購入してオーバーホール後にウクライナ軍へ引き渡しているわけですし。

      1
        • hiroさん
        • 2022年 8月 26日

        どうなんでしょうね?
        西側戦車·戦闘機は供与しないというのはNATOの合意らしいので、ドイツだけ悪者にするのは気の毒かな。
        ドイツも初期の消極姿勢からは変化して、多少は無理しても兵器供給を拡大しつつあるし、プーチンとの会談の内幕を暴露したりしていますしね。
        米国·英国·フランスも自国製戦車は供給しないわけだし。

        3
      • 戦略眼
      • 2022年 8月 26日

      だったら、ポーランドへ送れ。
      NATO内なら問題無いだろう。

      4
    • すえすえ
    • 2022年 8月 26日

    寒冷地用の服ですか
    やはり当たり前ですが冬を越して戦うことを想定していますね

    16
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  4. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP