インド太平洋関連

いよいよ始まる!韓国、正式に韓国型戦闘機「KFX」試作機製造にGOサイン

来月15日に開催される「ソウルADEX 2019」に実物大モックアップを展示するなど、韓国型戦闘機「KFX」に関するニュースが多いが、今日も新しい動きが伝わってきた。

参考:방사청 “한국형전투기 설계검토 완료..시제기 제작 개시”

韓国空軍が抱える戦力の空白と、海外輸出が絶望的なKFX機体価格の問題

韓国国防部傘下の防衛装備庁は26日、韓国型戦闘機「KFX」の詳細設計検討会議で、KFXの設計が軍の要求事項をきちんと反映しているかを確認し、試作機の製造段階に進むことが可能と判断したと発表した。

これ事実上、KFXの試作機製造に正式な「GOサイン」を出したという意味だ。

ただし、KFXの試作機に使用される胴体前部構造体(バルクヘッド)の部品加工が、今年2月に韓国航空宇宙産業(KAI)の泗川工場で始まっているため、今回の発表は形式的なものに過ぎないという見方もあるが、それでも試作機製造段階へ進むと正式に発表したのは韓国にとって「マイルストーン」なるのは間違いない。

韓国国防部は今月19日、ソウルで開催される「ソウルADEX 2019」に、開発中の韓国型戦闘機「KFX」実物大モックアップを展示すると明らかにしたばかりだ。

※出典:KAIが公開したYouTube動画のスクリーンショット

これまで公開されてきたのは、コンピュターグラフィックス上のモデルと、ソウルADEX 2017で展示された模型のみで、今回発表された実物大モックアップの展示は、KFX開発への国民の理解と支持を高める目的と見られている。

韓国は現在、KFXに搭載される韓国型フェーズド・アレイ・レーダーの開発を行っており、今年5月にレーダーの詳細設計が決定、レーダーの試作品製造へ進むと開発を主管する防衛装備庁が発表したが、韓国防衛産業界は試作レーダー製造が事実上、フェーズド・アレイ・レーダーの国産化成功宣言を意味するとして、9月26日に軍と韓国防衛産業界は、国産化に成功した韓国型フェーズド・アレイ・レーダーを韓国型戦闘機「KFX」だけでなく、もっと多くの国産兵器に活用することを共同で検討することに着手した。

この理屈なら、試作機製造が決定したKFXは「開発成功」と宣言しても良さそうだが、どうやらレーダー開発で発動した法則は、機体に適用されないらしい。

というのは皮肉だが、実際問題、韓国のKFX開発はスケジュール通りに進んでいるように見えて、実際にはそれ以上のスピードで進行しており、もっと正確に言えば「急ぎすぎ」という印象を受ける。

なぜ韓国は「KFXの開発」や「技術の水平展開」を、これほどまでに急ぐのか?

恐らくこれは、韓国空軍が直面するであろう戦力の空白と、KFXの海外輸出を見据えた開発費の圧縮=機体価格の引き下げが関係していると思われる。

韓国空軍は運用中のF-4(20機)や、F-5(100機)の退役が目前で、KF-16も2020年代には毎年一定の数が、アップグレードのため一時的に部隊から姿を消すため、韓国空軍は大きな戦力の空白に直面することになる。この空白期間を少しでも短くするには、2030年に実戦配備されるKFXの開発期間を圧縮する必要があり、だからこそ正式な試作機製造が決定される以前から、試作機の部品製造に手をつけたのだろう。

韓国型フェーズド・アレイ・レーダーを他の国産兵器へ転用を急ぐには、現時点で約6,000万ドル(約65億円)というKFXの機体価格をどうにかしなければ、海外輸出が絶望的だからだ。

機体価格が7,000万ドル(約75億円)を超えることはないと開発関係者が言っているが、開発費8兆7,000億ウォンに含まれたKFX 120機の1機あたりの価格は約6,000万ドル(約65億円)で、これは第4世代機市場の中で安いとは言えず、当然、導入に必要な様々な費用を加えれば、1機あたりの導入費用は8,000万ドル下回ることは恐らく無い。

この価格を引き下げるには、量産数を増やすか、KFXで開発された技術を他の兵器に転用して、開発費回収を分散する必要がある。

KFXの量産数を増やすため、韓国はインドネシアとの共同開発という形式をとってはいるが、インドネシアは当初約束していた50機の購入を16機まで縮小すると発表しており、これ以上インドネシアにKFXの購入を期待するのは、あまりにも現実味がない。

軍と韓国防衛産業界は今後、韓国型パトリオットと呼ばれる国産の中距離迎撃ミサイル「M-SAM」や韓国型サードと呼ばれる弾道弾迎撃ミサイル「L-SAM」(開発予定)などに、韓国型フェーズド・アレイ・レーダーを積極的に活用していくと言っており、現在、ノースロップ・グラマンが開発したAESA式レーダー「AN/APG-83」への換装を含む性能改良が行われている韓国空軍のKF-16(F-16C/D相当)についても、国産の韓国型フェーズド・アレイ・レーダーに変更できないか検討すると言い出した。

果たして、韓国の目論見通りKFXを予定よりも早く実戦配備し、価格を下げることが出来るのか、そもそも試作レーダーによるテストも行われていない韓国型フェーズド・アレイ・レーダーがきちんと作動するのか、非常に怪しい。

 

※アイキャッチ画像の出典: Alvis Cyrille Jiyong Jang (Alvis Jean) / CC BY-SA 4.0 ソウルADEX 2017で展示されたKFXの模型

海上自衛隊、日米印3ヶ国の海軍による「国際共同演習 マラバール」初主催前のページ

米国の航空優位を突き崩すか? ロシアが狙う「早期警戒管制機」の無力化次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    海中にも無人化の波、台湾が無人潜水艦に発展する可能性を秘めたプロジェクトを推進

    中国の軍事的な圧力に晒されている台湾では潜水艦技術の国産化に関する取り…

  2. インド太平洋関連

    台湾が進める戦車「M1エイブラムス」の受け入れ準備、維持に必要な技術移転も要請

    台湾は米国から待望の主力戦車「M1A2T エイブラムス」を1108輌調…

  3. インド太平洋関連

    インドネシア、韓国がKF-X開発費分担額を減額するまで徹底抗戦か

    インドネシアの「ジャカルタポスト」紙は8日、韓国と開発を進めている第4…

  4. インド太平洋関連

    鉄棒で武装したインド軍と中国軍が衝突、両軍合わせて63人が死亡または重症

    インド軍と中国軍が15日に軍事的衝突した結果、少なくとも両軍合わせて6…

  5. インド太平洋関連

    意味不明なインドネシア、韓国から導入した潜水艦は「期待ハズレ」と批判

    インドネシアメディアは、韓国から導入したナーガパーサ級潜水艦(209/…

コメント

    • 名無し
    • 2019年 9月 27日

    予想に反して順調なようで。
    兵装のライセンスの問題は解決したのでしょうか?
    いずれにせよ、裏に何があるんだろうね。

    • 匿名
    • 2019年 9月 27日

    まぁ、技術移転してくれた関係国の了承さえ得られるなら反米国家やうっすら赤い国あたりが買ってくれるかもしれないね。
    多分、その時は技術移転要求とか、かなり足元を見られるとは思うけど。
    あれ、なんだろう。輸出なんて無理なような気がしてきたぞ。なんでかな。

    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    これは滅多にないエンターテイメントに育つ予感…!

    1
    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    どうせまたポッケナイナイで開発費だけ無駄に浪費した失敗作が出来上がるんでしょうね

    1
    • 匿名
    • 2019年 9月 28日

    戦闘機から足が生えてるように見えるんですけど、まさかそういうヤツなのか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP