インド太平洋関連

オーストラリア、国内で現地生産を行うボクサー装甲車をドイツに輸出か

オーストラリアはドイツ軍向けのボクサー装甲車を受注する可能性があり、ドイツ側と協議を行ったコンロイ国防産業相は「ドイツ軍向けの装甲車をブリスベンで製造し、これを国内の産業界が支援するという可能性に興奮している」と明かした。

参考:Australia and Germany negotiate Boxer export deal

オーストラリアにしてみれば「ドイツの資金」で製造拠点とサプライヤーの追加雇用が確保できる

オーストラリア陸軍はM113を更新するためドイツ製の多目的装甲車両「ボクサー」を採用、クイーンズランド州ブリスベンに開設された現地工場で211輌の生産が始まっているのだが、ドイツのヒッチラー国防次官と防衛装備品の輸出協議を行ったオーストラリアのコンロイ国防産業相は23日「ドイツ軍向けのボクサー装甲車をブリスベンで製造し、これを国内の産業界が支援するという可能性に興奮している」と明かして注目を集めている。

もう少しわかり易く言うと「豪ブリスベンの製造拠点は豪陸軍向けの需要のためだけに設立されたのだが、ドイツ軍が発注した偵察戦闘車=ボクサーCRVの製造が舞い込む可能性があり、協議がまとまれば最大128輌分の雇用が発生する」という意味だ。

欧州のボクサー製造拠点は1,000輌以上のバックオーダー(ドイツ陸軍×128輌、リトアニア陸軍×218輌、英陸軍×623輌+オプション行使なら最大900輌の追加調達)を抱えている上、ウクライナ侵攻の影響で顧客から早期引き渡しを要求されている可能性が高く、伝統的な地上戦装備に対する需要の高まりに応じてボクサーにも新たな関心が集まっているため、ドイツ陸軍の3次発注分=ボクサーCRVを豪州の製造拠点に発注して欧州の製造拠点に余裕を持たせたいのだろう。

出典:Rheinmetall Defence/CC BY-SA 4.0

オーストラリアにしてみれば「ドイツの資金」で製造拠点とサプライヤーの追加雇用が確保できるため、コンロイ国防産業相が「興奮している(一般的に防衛産業界の雇用は給与水準が高い=質の良い雇用の創出)」と話すもの十分理解できる。

因みにコンロイ国防産業相は「国防省は今後、ドイツ国防省やラインメタルと正式な交渉を行い法的及び商業的な取り決め話し合う」と付け加えているので、まだボクサー装甲車のドイツ輸出が決まった訳では無いが、状況から言えば両国の関係はwin-winなので纏まる可能性が高い。

関連記事:不具合続きの装甲戦闘車両「Ajax」に不満の英議会、ボクサー調達に切り替えも?

 

※アイキャッチ画像の出典:Graham Robson-Parker/CC BY-SA 4.0

北欧4ヶ国が空軍戦力の統一運用で合意、欧州の大国に匹敵する運用規模前のページ

ウクライナ軍のザルジュニー総司令官、バフムートの状況は安定している次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    リアリストなインドネシア国防相、豪州が原潜導入に踏み切ったのは当然で我々も理解し尊重する

    インドネシアのスビアント国防相は豪原潜導入について「潜在的な脅威に存在…

  2. インド太平洋関連

    豪国営放送、ウクライナ人は外国人軍団を辞める人間を投獄すると脅す

    ウクライナメディアは度々「ゼレンスキー大統領が創設した外国人軍団の問題…

  3. インド太平洋関連

    インドネシア国防省、もがみ型護衛艦×4隻調達に必要な資金要求案を提出か

    元ジェーンズの記者によると「インドネシア国防省は日本からもがみ型護衛艦…

  4. インド太平洋関連

    今月だけで2件目、台湾の現役将校が軍事機密を中国に売り渡そうとして逮捕

    台湾メディアは13日、陸軍の現役将校が軍事機密を中国に売り渡そうとした…

  5. インド太平洋関連

    ミャンマー軍、技術的な問題と西側諸国の制裁で導入したJF-17が飛行停止

    反ミャンマー政府系新聞のIrrawaddy紙は25日、中国とパキスタン…

  6. インド太平洋関連

    印メディア、海軍は艦載戦闘機にF/A-18E/FではなくラファールMを選択

    インドメディアは9日「海軍がヴィクラント向けの艦載戦闘機にラファールM…

コメント

    • 無無
    • 2023年 3月 25日

    日本で生産したカールツァイスをドイツに輸出するようになったくだり
    これは結果的に成功したが、高飛車なドイツ側とのやり取りはたいへんであったと業界では知られていた

    6
      • ミリオタの猫(冬眠中の戯言)
      • 2023年 3月 25日

      日本とドイツと言ったら他にも話が有ります
      例えば、戦前のDB601エンジンのライセンス生産権購入交渉で独ダイムラーベンツ側が高飛車な要求を出した為に交渉が難航した話が最近になって発掘されて、日本軍機ファンの間で話題になりました
      又、最近だとトヨタがスープラを復活させる際にBMWと交渉してBMW・Z4とエンジンやシャーシー等のプラットフォームを共用する事になった結果、本来2016年で生産が終わるはずだったZ4も復活したと言う話が有りますが、これも公言されていないものの裏では両社の間で相当な軋轢が有ったみたいです(そのせいか、自動車雑誌によると両車共2025年を持ってモデルチェンジをせずに生産終了予定と言われている)。

      7
    • あああ
    • 2023年 3月 25日

    ブッシュマスターよりは重量級だしはるかに複雑でもまあ装輪装甲だし。元々アジア圏で採用されたら豪州生産するつもりだろうし日本製AMVも同じ話になるだろう。
    じゃあ韓国だけど内製の装輪装甲で勝負するのか、どっかと組むのか、K808とかあんな化石は韓軍向けだからこそでレッドバックみたくベンチャーで売れるもん開発するか装輪大手と協業するべきだろうね。
    ヒュンダイハンファは北米GDLSと組んでLAVシリーズで商売したら良いのにとは思う。北米生産は米加軍向け以外はその気もない感じだし当のGDLSにしろストライカー互換性の呪縛捨てたいのはあるだろ。

    1
    • DAF
    • 2023年 3月 25日

    オーストリアの許可がないと現状の、ウクライナ向けに自国分を供与とはいかなくなる案件ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
PAGE TOP