インド太平洋関連

クアッドに対抗? ロシア、中国、イランがインド洋北部で海上演習を実施か

ロシアのイラン駐在大使を務めるレヴァン・ジャガリアン氏は今月8日、ロシア、中国、イランは今月中旬にインド洋北部で3ヶ国共同による海上演習「AMAN 2021」を行うと発表して注目を集めている。

参考:Russia announces joint naval drill with China and Iran in the Indian Ocean ‘soon’
参考:В Пентагоне прокомментировали совместные учения России, Китая и Индии
参考:Pakistani, Chinese navies play important roles in maintaining maritime order of Indian Ocean: Exclusive with Pakistan Navy chief

ロシア、中国、イランが政治的にも軍事的にも非常に敏感な海域で軍事演習を実施か

この演習は海賊対策や火災を起こした商船の救助等を目的にしているとイラン国営放送が報じているが、予定されている演習海域はペルシア湾沿岸諸国が産出する石油の大部分が通過するホルムズ海峡の出口=オマーン湾に設定されており、この地域は政治的にも軍事的にも非常に敏感なのでメッセージ性が高い。

ではロシア、中国、イランは今回の演習を実施することで何を狙っているかと言うと当然、欧米やムハンマド皇太子率いるサウジアラビアが率いるイスラム教スンニ派に支配された中東地域の軍事バランスに変化を与えることを狙っている=つまり世界のエネルギー輸送に及ぼす影響力の拡大を目指しているのだ。

出典:rhk111 / public domain

中国はホルムズ海峡に面したイラン(ジャスク港)とパキスタン(グワダル港)に海軍基地を基地を確保して拡張された中国海軍を中東地域やインド洋に展開させることで独自の海上交通ルート戦略「真珠の首飾り」を進めており、スーダンに原子力推進の艦艇も寄港可能な拠点確保に成功したロシアも中東地域への影響力を強めている。

さらにイランは欧米の干渉を遮断するためイラン、中国、ロシアなどのアジア主要国が結束して大陸の利益を保護する安全保障体上のメカニズム「アジア版NATO(米国が創設を主張しているアジア版NATOと別もの)」の創設を訴えており今回の演習はその布石かもしれない。

要するに拡張する中国を封じ込めるためクアッド(米日豪印)を立ち上げ4ヶ国の海軍による演習「マラバール(Malabar)」を実施したのと同じアプローチをロシア、中国、イランが採用しているという意味で、この動きを放おっておくと中東やインド洋における軍事バランスはロシア、中国、イラン、パキスタン側に傾く恐れがある。

出典:U.S. Navy Malabar 2020

そのためクアッドの発展や米国が主導するアジア版NATOの創設が重要になってくるのだが、問題はインド洋に面したインドの協力が得られるかどうかだ。

日本メディアは最近、クアッドを構成する4ヶ国(米日豪印)がテレビ電話方式で首脳会談を行う方向で調整に入ったと報じたが、加藤官房長官は定例会見で「現時点で米日豪印4ヶ国による首脳会談を行う予定はない」と明確に否定しており、クアッド構成国でも首脳会談実施に向けた調整が行われているという報道は一切なく「日本発」のニュースとして紹介するに留まっているため河野行政改革相の指摘通りなのだろう。

参考:加藤官房長官 定例会見【2021年2月8日午前】

そもそもインドは米国のインド太平洋戦略にオールインする気はないと見られており、米日豪3ヶ国で実施されていた演習「マラバール(Malabar)」に豪州を招待したのも国境問題で中国側に圧力を加えるためでマラバールの正式メンバーに豪州を加えることには同意していない。

出典:Gage Skidmore / CC BY-SA 2.0

さらにロシアからの導入するインドの「S-400」について米国のバイデン政権は制裁発動を公式に言及しているため米印関係は非常に不透明で、インド側としては米国と中国の出方を慎重に見極めるまで無闇に動くことはない=クアッド発展を望まない可能性が高いので日本メディアの推測は的外れに映る。

どちらにしても中国との国境問題を抱えるインドが両手を挙げて米国が主導するクアッドに協力するような雰囲気や環境は整っていないので、今すぐクアッドに大きな期待を掛けるのは時期尚早だ。

関連記事:イラン、中国やロシアと共同で「アジア版NATO」創設を主張
関連記事:パキスタン海軍長官、力の均衡維持に役立つ中国海軍の空母寄港を歓迎
関連記事:米国がインド制裁に言及、英国が参加を示唆したクアッドは崩壊の危機

 

※アイキャッチ画像の出典:flickr rhk111 / Public domain

センサーとシューターの分離が進む米国、ネットワーク化された長距離精密火力の実用化に前進前のページ

海外メディア、商船と衝突した潜水艦「そうりゅう」の損傷具合は予想以上次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    本当に国産化率76%? 韓国の次世代潜水艦2番艦が進水間近

    韓国政府が運営している情報公開システムに島山安昌浩級潜水艦2番艦(名称…

  2. インド太平洋関連

    インドネシア、KFX開発費負担減額と潜水艦導入契約キャンセルを韓国に要求か

    韓国メディアは今月2日、インドネシア側がKF-X滞納分の支払いを実質的…

  3. インド太平洋関連

    韓国、次世代戦闘機「KF-X」に搭載する空中発射型の極超音速ミサイルを開発

    韓国メディアは30日、韓国が開発中の次世代戦闘機「KF-X」に搭載する…

  4. インド太平洋関連

    フィリピン、米軍地位協定継続を米国が望むなら約1.7兆円の補償が必要

    フィリピンは米国との「訪問米軍に関する地位協定(VFA)」継続に前向き…

  5. インド太平洋関連

    インド、国産の艦上戦闘機「TEDBF」やステルス無人戦闘機「Warrior」を初公開

    インドは総額496億ドルもの2021年度国防予算を発表、さらにエアロ・…

  6. インド太平洋関連

    オーストラリア、数ヶ月以内に極超音速ミサイルのプロトタイプ試射を実施

    豪メディアのシドニー・モーニング・ヘラルド紙は1日、オーストラリアは数…

コメント

    • ソソソナス
    • 2021年 2月 09日

    イランも中国国内のイスラム教徒弾圧と自国の安保環境を見比べて中露べったりという訳ではないのでは?

    5
      • 匿名
      • 2021年 2月 09日

      イスラム教圏の国々が中国の宗教弾圧に沈黙しているのはハラールオーガンの提供を受けているからという推測が有力じゃないかな。イランの安保環境については確かに中露べったりという訳ではないとは思うけど、敵の敵は味方という事でしょう。イランもアメリカに一国で対抗出来るとは思ってないだろうし、その時の結末は火を見るより明らかなんだから。

      13
        • 匿名
        • 2021年 2月 09日

        イスラム教徒のウイグル人から摘出した臓器は、まさに臓器移植には理想的だからな。豚肉食ってる人種の臓器は自分の体に移植したくない。

        13
    • 匿名
    • 2021年 2月 09日

    悪の枢軸ver.2

    11
      • レーガンの銅像
      • 2021年 2月 09日

      新旧の「悪の帝国」が手を組む模様。全体主義の闇の中にいる香港やウイグルの人々の為に祈りましょう。

      3
    • 匿名
    • 2021年 2月 09日

    ロシアはどこに着地しようとしているのか・・・。

    4
      • 匿名
      • 2021年 2月 09日

      プーチン独裁政権を非難しないのは、主要国だと中国(と日本)ぐらいだから、普通に中国側に着地するでしょ。

      7
        • 匿名
        • 2021年 2月 09日

        プーチン大統領亡き後は、中国に喰われる。

        7
        • 勧進帳
        • 2021年 2月 09日

        安倍内閣がロシアに経済制裁してることを知らないのかね。いい加減なことを言うなよ。

        4
      • 匿名
      • 2021年 2月 09日

      少なくとも西側に着陸することはないでしょう

      5
      • 匿名
      • 2021年 2月 09日

      プーチンはインドには裏から筋を通してるよ、なんたって長年のお得意様だし、今世紀伸び盛りのインドとのつながりこそ、中国とアメリカを牽制するには欠かせない

      2
    • 匿名
    • 2021年 2月 09日

    いずれ、パキスタンも加わるのかな?

    7
    • 匿名
    • 2021年 2月 09日

    とはいえ中国がインドに譲歩することもないので、結果は同じでしょう。インドの決断が少し遅れているに過ぎません。

    4
      • oominoomi
      • 2021年 2月 09日

      ですね。
      中国海軍がインド洋で、我が物顔してのさばる近未来を受け入れたくなければ、インドにはクワッド参加以外の選択肢はないでしょう。

      5
        • 匿名
        • 2021年 2月 10日

        インドは、そのへんの状況を理解していると思いますよ。陸・空は別として、
        海軍は現実的な対応をしているかと。アンダマン・ニコバル諸島に建設中の
        新しい海軍基地に、日、米の寄港もウェルカムだと報道されていました。

        3
    • 新・にわかミリオタ
    • 2021年 2月 09日

    インド洋海戦勃発かな。

    9
    • 匿名
    • 2021年 2月 09日

    結構荒れる海なんだけど、事故起こさないで粛々と演習できますかね?

      • 匿名
      • 2021年 2月 09日

      2019年の年末にも同じメンバー・同じ場所で、海軍合同演習をしていますし大丈夫だと思いますよ。

      5
    • 匿名
    • 2021年 2月 09日

    トルコはこの同盟に加わっても違和感無くなってるよね

    3
    • 匿名
    • 2021年 2月 09日

    これを機にインドはS400を手放してくれるといいんだけどなあ
    まあ甘い幻想か

    1
    • 匿名
    • 2021年 2月 10日

    位置的にもインドへの圧力やね
    ここからなら容易に切り崩せると見込んだんだろう

    4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
PAGE TOP