日本関連

日の丸をつけたオスプレイが空を飛ぶ!陸上自衛隊、V-22B訓練風景の動画公開

陸上自衛隊が、米国のニュー・リバー海兵隊航空基地で訓練中のV-22オスプレイの様子を収めた動画を公開した。

参考:陸自V-22(オスプレイ)の教育訓練の状況

陸上自衛隊のV-22B訓練風景を収めた動画が公開される

ティルトローター方式による垂直離着陸が可能なV-22オスプレイを導入する陸上自衛隊の隊員が、米国のノースカロライナ州、ジャクソンビルにあるニュー・リバー海兵隊航空基地で、米海兵隊から訓練を受けている様子を収めた動画が公開された。

動画では、日の丸が書き込まれた陸上自衛隊のV-22が様々な角度から映し出され、ニュー・リバー海兵隊航空基地所属の海兵隊員と一緒に、V-22に搭載されたロールス・ロイス製エンジン「T406」の整備を行っている様子や、V-22についての講義を受けている様子などが収められている。

動画の途中で、陸上自衛隊のパイロットがV-22の安全性について言及するシーンが収められているのが印象的だが、話している内容は、残念ながら大層なことを言ってはいない。

陸上自衛隊が現在、訓練を行っているニュー・リバー海兵隊航空基地は、2000年3月海兵隊向けのMV-22オスプレイを初めて受領した「第204海兵中型ティルトローター訓練飛行隊(VMMT-204)」が配備されている基地で、同飛行隊は7年(3年間の飛行停止期間を含む)の歳月を掛けてオスプレイの訓練方法を確立させた先駆者的存在だ。

2019年3月から同基地へ派遣されている陸上自衛隊の隊員は、第204海兵中型ティルトローター訓練飛行隊からV-22オスプレイの訓練を受けており、米海兵隊、米海軍、米空軍、陸自のパイロットが一緒に飛行し、日米の相互運用性を高めていると陸上自衛隊は説明している。

日本は、陸上自衛隊が輸送機として導入する17機の「V-22B(米海兵隊が導入しているMV-22Bと同型)」の他にも、米空軍特殊作戦コマンドが使用している特殊作戦用「CV-22」輸送機を、海外邦人救出や警護活動用として導入する方針を日本政府が固めたと言われている。

出典:public domain 米空軍所属のCV-22

この特殊作戦用「CV-22」は、米海兵隊向けの「MV-22B」をベースに、AN/APQ-186 地形追従レーダー、AN/ALQ-211電波妨害装置、AN/AAQ-24赤外線ミサイル妨害装置、主翼に新しく燃料タンクなどを追加し、夜間における長距離特殊作戦遂行へ特化した機体だ。

問題は、2020年9月までに国防総省の国防安全保障協力局からLOA(FMS契約の受諾書のこと)の発行を受けなければ、V-22の生産ラインが閉鎖してしまい、新しくV-22を取得することが不可能になってしまう。

FMS契約の手続きは非常に時間が掛かるため、2020年9月までに受諾書発行を受けるためには、恐らく2019年中、もしくは2020年初頭までにオスプレイの購入要求を米国に打診しなければ間に合わない。

V-22を発注するために、日本に残された時間はあと僅かだ。

 

※アイキャッチ画像の出典:陸上自衛隊が公開したYouTubeのスクリーンショット

F-35B導入継続か?イタリア、F-35B搭載のため空母「カヴール」改修に着手前のページ

空を飛ぶことが出来ないB-1B爆撃機?戦闘準備が完了してるのは6機だけ次のページ

関連記事

  1. 日本関連

    米国、日本のF-15J近代改修仕様「Japanese Super Interceptor」を45億ド…

    米国務省は10月29日、日本が運用中のF-15Jを「Japanese …

  2. 日本関連

    戦闘機の共同開発も? 日本、輸送機やレーダーなど防衛装備品の輸出拡大へ

    日本政府はベトナム、マレーシア、インドネシア、インドの4ヶ国に防衛装備…

  3. 日本関連

    遂に陸自のV-22オスプレイが日本到着! 木更津への輸送は新型コロナの影響で未定

    米国本土で訓練を行っていた陸上自衛隊向けのV-22オスプレイが、はるば…

  4. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-3ME」を導入

    フィリピン国防省は4日、同国の空軍近代化の一貫として日本から固定式警戒…

  5. 日本関連

    切替期限は6月末、レオナルドが陸上自衛隊にモード5対応の敵味方識別装置供給を発表

    イタリアの防衛産業企業大手レオナルドは今月4日、モード5に対応した敵味…

  6. 日本関連

    空母「いずも」に電磁式カタパルト採用でF-35C運用? 米国発「いずも型護衛艦」改造案

    米海軍の「ジェラルド・R・フォード級空母」に採用された「電磁式カタパル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  3. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP