日本関連

日本でのF-35A墜落が影響?予定より7年も早く地表衝突回避システム搭載へ

7月24日、ロッキード・マーティンは米空軍、F-35プログラムオフィスと共同で、F-35AにAuto GCAS(自動地表面衝突回避システム)のインストールを開始した。

参考:Life Saving Anti-Collision Software Integrated Into First F-35s Seven Years Ahead Of Schedule

地表への墜落を未然に防ぐ自動地表面衝突回避システムのF-35A搭載が始まる

Auto GCAS(自動地表面衝突回避システム)は、潜在的な地表との衝突を検出しパイロットに警告を行い、それでもパイロットが行動しない場合、一時的に機体の制御をAuto GCASが管理し、地表衝突の危険から機体を守るようNASAと空軍研究所が共同で、F-16のために開発した技術だ。

出典:ロッキード・マーティン

現在ではAuto GCAS(自動地表面衝突回避システム)はF-16とF-22に搭載され、2014年から現在までに8機のF-16を地上との衝突から救ったと言われている。

2018年11月、米空軍の第461飛行試験飛行隊で、Auto GCAS(自動地表面衝突回避システム)をインストールしたF-35Aのテストが開始され、Auto GCASのプログラムが、F-35に搭載された他のプログラムと干渉しないかを検証を繰り返していた。

しかし、F-35へのAuto GCAS統合は当初、2026年前後の完成を目指し開発中のブロック4(F-35のソフトウェア)で行われることになっていたが、日本でのF-35A墜落事故の影響があったのかは不明だが、7年前倒しする形で、現行の「ブロック3F」にインストールが始まったことになる。

F-35プログラムの担当者は、この技術を全世界のF-35に導入することで、より多くのF-35が帰投できるようになり、Auto GCASはF-35の耐久年数中に起こり得る、26回以上の地表へ衝突を未然に防ぐことが出来ると話した。

当面は空軍向けのF-35AのみAuto GCASのインストールが行われる予定だが、準備が整い次第、海兵隊向けのF-35B、海軍向けのF-35CにもAuto GCASのインストールが行われる予定らしい。

出典:航空自衛隊

今年4月、日本のF-35Aが、パイロットの空間識失調(機体が地表に対し上なのか下なのか、上昇しているのか下降しているのか分からなくなる)が原因で墜落してしまうという事故が発生したが、もし当時、Auto GCAS(自動地表面衝突回避システム)があれば、この墜落を回避できていた可能性が非常に高い。

今後生産されるF-35Aは勿論、既に引き渡され運用されているF-35Aにも、順次、Auto GCAS(自動地表面衝突回避システム)がインストールされるだろうが、完全に行き渡るまでには、もうしばらく時間がかかるだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:US Air Force / Airman 1st Class Caleb Worpe

2021年12月に初飛行予定、順調過ぎる米空軍「B-21 レイダー」の開発前のページ

レーダー開発が進む第6世代戦闘機「テンペスト」、2020年代テストベッド機試験開始次のページ

関連記事

  1. 日本関連

    強力な信号諜報機関がない? 英シンクタンクが日本のサイバー能力を最下位に分類した理由

    英シンクタンク「国際戦略研究所/IISS」が発表した報告書を引用して日…

  2. 日本関連

    大胆な新デザイン!海自向け「次世代潜水艦コンセプトモデル」に海外も注目

    6月17日、千葉市美浜区の幕張メッセで開催された「MAST Asia …

  3. 日本関連

    日本政府、企業に任せきりだった防衛装備品の海外輸出を国主導に変更

    読売新聞は25日「政府は企業に任せきりだった防衛装備品の海外輸出を国主…

  4. 日本関連

    F-35を選択しなかったドイツを日本は見習うべき? トーネード後継機問題の真実

    日本にF-35を「105機」も追加で「爆買い」させておきながら、米国は…

  5. 日本関連

    MQ-9を製造する米GA、日本にISR向けのソフトウェアを10月に提供

    英国で開催中のロイヤル国際航空ショーに出席した米General Ato…

  6. 日本関連

    興味津々の海外メディア、日本が誤って極超音速ミサイルの画像を漏洩?

    日本の国会議員がTwitter上に開発中の「島嶼(しょ)防衛用高速滑空…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 8月 07日

    なんで最初から装備してないんだよ
    後付になる理由がわからん

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP