中東アフリカ関連

ラファールの追加導入を決めたエジプト、空中給油機や偵察衛星もフランスから調達か

ラファールの追加導入を決めたエジプトはエアバス製の空中給油機A330MRTTやタレス製の偵察衛星等の調達に関する話し合いをフランスと進めていると仏メディアが報じている。

参考:un contrat (Rafale) peut cacher d’autres commandes (satellite espion, MRTT)

イタリアはエジプトと話し合いを進めていた大型武器パッケージの一部をフランスに掠め取られたのかもしれない

エジプト国防省はフランスから戦闘機ラファールを30機追加導入する契約を締結したと今月4日に発表、この取引の契約総額は推定37.5億ユーロ(約4,930億円)でフランスはエジプトに対してラファール調達資金の85%を融資する条件だとロイターは報じていたが、現地仏メディアは政府がエジプトに54億ユーロ(約7,130億円)の融資を行おうとしていると報じている。

出典:Public Domain ニミッツ級空母ハリー・S・トルーマンに着艦するラファールM

仏メディアの説明によればエジプトとフランスはラファール以外にもエアバス製の空中給油機A330MRTT×2機、タレス製の偵察衛星×1基、タレス・レイセオンシステムズ製の防空レーダーGround Master400×4基調達に関する話し合いを進めており、フランス政府はBNPパリバ銀行、クレディ・アグリコル銀行、ソシエテ・ジェネラル銀行、CIC銀行といった複数のメガバンクや大手金融機関に総額54億ユーロの資金調達に対する債務保証を与えたらしい。

※融資条件が取引額の85%ならラファールを含む武器パッケージの総額は64億ユーロ前後になる。

ただエジプトとの取引はまだ最終合意に達していないので、6月もしくは7月に予定されているラファールの正式契約署名の際に空中給油機や偵察衛星等の契約に関する発表が行なわれるのではないかと仏メディアは予測しており、これが事実ならイタリアと話し合いを進めていた大型武器パッケージの一部をフランスに掠め取られたのかもしれない。

出典:Alert5 / CC BY-SA 4.0 シンガポール空軍のA330MRTT

エジプトはイタリアと110億ユーロ(約1兆3,000億円)以上と推定される大規模な武器パッケージ(ベルガミーニ級フリゲート×6隻、型式不明の哨戒艦×約20隻、タイフーン×24機、M-346×24機、偵察衛星やミサイル発射装置などを含む)に関する交渉を進めているのだが、国内ではイタリア人学生の拷問死やエジプトの人権問題を問題視する声も少なくなく今のところ両国間の交渉に具体的な進展はない。

補足:2016年にエジプトの首都カイロで行方不明になったイタリア人学生の遺体が2019年に見つかり拷問を受けた跡が確認(エジプト警察がケンブリッジ大学の学生だったイタリア人を英国のスパイだと誤認して拘束したらしい)されたため両国間で大きな問題に発展、学生の両親や人権団体がエジプトに対する武器販売は人権に関する国際条約に違反すると主張して中止を求めているが政府は予定通りエジプトとの取引を進めるらしい。

要するにエジプトとの交渉にもたついている間(原因が人権問題なのかは不明)に武器パッケージに含まれるタイフーンと偵察衛星をフランスに掠め取られたかもしれないという意味で、イタリアとの取引内容にどの様な影響を与えるのだろうか注目される。

関連記事:フランスとの関係強化に動くエジプト、ラファール30機を37.5億ユーロで追加導入

告知:軍事関係や安全保障に関するニュースが急増して記事化できないものはTwitterの方で情報を発信します。興味のある方は@grandfleet_infoをフォローしてチェックしてみてください。

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain オーストラリア空軍のA330MRTT

トルコ向け禁輸措置は無意味? モロッコがバイラクタルTB2統合目的でカナダからEO/IRセンサーを輸入前のページ

激化する中豪の対立、中国メディアが懲罰的報復として豪州へのミサイル攻撃計画を要求次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    サウジアラビア、武装可能なトルコ製無人航空機「Karayel-SU」のライセンス生産を開始

    サウジアラビア企業がトルコ製の武装可能な無人航空機「Karayel-S…

  2. 中東アフリカ関連

    サウジアラビア、ロシアとの武器共同生産と防衛産業育成に200億ドル以上の投資を発表

    サウジアラビアは今月20日、国内の防衛産業に今後10年間で200億ドル…

  3. 中東アフリカ関連

    対決姿勢のリビア国民統一政府、エジプトの脅しは事実上の宣戦布告

    リビアの国民統一政府(GNA)は21日、エジプトのシシ大統領が明らかに…

  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦、ドイツに供給する国産の防空ミサイル「SkyKnight」を発表

    アラブ首長国連邦は首都アブダビで開催中の防衛展示会「IDEX」でSky…

  5. 中東アフリカ関連

    爆心地は港の倉庫? レバノンの首都ベイルートで非常に大きな爆発が発生

    8月4日午後6時頃(現地時間)、レバノンの首都ベイルートで発生した大き…

  6. 中東アフリカ関連

    リビア内戦、エジプト機甲師団VSトルコ無人航空機の激突が現実味

    エジプト議会は来週中にもリビアへの軍事介入に関する法案を審議して可決さ…

コメント

    •   
    • 2021年 5月 10日

    他の西側諸国が相手にしてくれない国に食い込むのがフランスさんだし
    一応インドなどのように多様な関係を必要としてる国は別として
    フランスさんが主要取引先って体制崩壊フラグ?

    7
      • 匿名
      • 2021年 5月 10日

      注文流れの揚陸艦を2隻も買っているし、今更じゃないかな。

      5
    • 匿名
    • 2021年 5月 10日

    フランスはヨーロッパのスネ夫

    4
      • 匿名
      • 2021年 5月 10日

      悪くない立ち位置やね

      5
      • 匿名
      • 2021年 5月 10日

      二十一世紀にもなってお前の物(領土)は俺の物を実行する国が出るとは思わなかったな(ロシア)

      1
    • 匿名
    • 2021年 5月 10日

    ラファールはシルエットは最高なんだが、キャノピーの前の給油管が気持ち悪い。

    9
      • 匿名
      • 2021年 5月 10日

      あのアホ毛は目立つからちょっとね、似た理由で露機のコブに見えるIRSTも苦手

      5
        • 匿名
        • 2021年 5月 10日

        >露機のコブに見える・・・
        鼻くそみたいだから嫌い。

        2
      • 匿名
      • 2021年 5月 10日

      あれは引っ込めて欲しいよね。
      亜音速のA-7コルセアⅡやAV-8BハリアーⅡでも一応引っ込めているんだから・・

      1
    • 匿名
    • 2021年 5月 10日

    まとめて買うとクーポンが付きます。
    (あとでサポートとメンテナンス料で取り返します)

    1
    • 匿名
    • 2021年 5月 10日

    相変わらずアメリカ以上に思想も節操もなく死の商人ムーブしときながら人権先進国面してるのはほんとポイント高い

    9
    • A
    • 2021年 5月 10日

    ラファールはなかなか快調ですね。
    このままいけば21世紀前半の名機になる模様。

    4
    • 匿名
    • 2021年 5月 10日

    いいなぁ。日本にもこんな企業が

    1
    • 匿名
    • 2021年 5月 10日

    ていうか偵察衛星って買えるんだ・・・

    2
    • 匿名
    • 2021年 5月 10日

    イタリアからのベルガミーニ級フリゲート×6隻って結構な戦力
    コンステレーションのベースになったり、このクラスは何気に成功作だな

    3
    • 匿名
    • 2021年 5月 10日

    購入額の支払いの大半がフランスへのつけ払いと聞くと、ロシアからの兵器購入も似たようなものならいずれ財政難になりそう

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP