中東アフリカ関連

対決姿勢のリビア国民統一政府、エジプトの脅しは事実上の宣戦布告

リビアの国民統一政府(GNA)は21日、エジプトのシシ大統領が明らかにしたリビアへの軍事介入は「宣戦布告」だと非難したと報じられている。

参考:Libya unity govt says Egypt threat ‘declaration of war’

リビア国民統一政府、エジプトのリビア軍事介入宣言は事実上の宣戦布告に等しいと批判

リビア国民統一政府はエジプトが提案していたアラブ連盟主催の緊急会議開催を断った直後、エジプトのシシ大統領はテレビ演説を通じて「シルトやアル・ジュフラはエジプトの安全保障上におけるレッドラインだ」と語り国民統一政府のシラージュ暫定政権やこれを支援する国が強引に奪取を試みればエジプト正規軍を動かすと警告、さらにシシ大統領は「エジプトは隣国リビアへ軍事介入を行う正当な権利を有しており、必要に応じてリビアで任務を遂行する準備を行うよう軍に命じた」と明かしてこの警告が脅しではないこと強調している。

これに対してリビア国民統一政府は「エジプトの発言は直接的な干渉の敵対的行為であり、リビアに対する宣戦布告に等しい」と語り「リビアへの内政干渉や主権の侵害はエジプトの大統領であれ、独裁者や民兵、それを支援する傭兵によるものであれ容認できない」と批判して、エジプトの提案した停戦プロセスを支持した国際社会にエジプト暴走の「責任」をとるよう要求した。

出典:Ali Zifan / CC BY-SA 4.0 支配地域のデータは最新ではないので注意

エジプトはリビア国民統一政府と対立している反政府組織「リビア国民軍(LNA)」をロシアやフランス等の国々と支援してきたが首都トリポリへの攻勢が失敗に終わって形勢が逆転、トルコ軍の支援を受ける国民統一政府側に支配を地域を次々と奪取され石油積出基地「シルト」や内陸部の油田地帯に近い軍事拠点「アル・ジュフラ空軍基地」陥落も目前だと言われており、ここを国民統一政府側に抑えられることはエジプトにとって容認できない理由がある。

シルトとアル・ジュフラを抑えられればリビアの油田地帯は全て国民統一政府側の支配下に置かれてしまい事実上、隣国にトルコの影響力が及ぶ国が成立してしまうためエネルギー問題や安全保障上の観点からエジプトは到底することが容認できない。そのためエジプトのシシ大統領は提案していた緊急会議開催をリビア国民統一政府側が断った直後、シルトとアル・ジュフラをレッドライン=越えてはならない一線に指定して国民統一政府とトルコに「これ以上戦線を西に前進させるな」と圧力をかけているだ。

これに対して国民統一政府のサラー国防副大臣は20日、国際社会や国連が承認した合法的な政府の権限下にリビア全土の置くため武力による支配権確立を目指すと話しており、最近リビアを訪問したスーダンの軍事代表団が両国の利益のため安全保障面で協力することを協議したとエジプトを牽制するような発言を行っているのも注目される。

参考:Libyan Deputy Defense Minister says GNA forces will seize control of entire country

スーダンはエジプトがナイル川流域の開発を進める上で欠かせない国で、エチオピアがナイル川上流にエジプトの反対を押し切って建設した大エチオピア・ルネッサンス・ダム問題でもスーダンとエジプトは共同歩調をとるなど実利面での結びつきが強い国だが、スーダンの反体制組織を影でエジプトが支援していた問題やハラーイブ・トライアングルの帰属問題などで両国間の関係は良好とは言い難い。

出典:yooranpark / stock.adobe.com ※ダムのイメージで大エチオピア・ルネッサンス・ダムではない

そこに目をつけたリビア国民統一政府は何かしらの利権を与えてスーダンを取り込み、エジプトとスーダンの関係悪化=リビアに向けられるエジプトの力を分散することを狙っているのだろう。ただエジプトも無為無策ではなく、リビア国民統一政府に肩入れしているイタリアから総額100億ユーロ(約1兆円)規模の武器調達を行うことで両国の関係に楔を打ち込もうとしており、リビアを取り巻く外交戦はより激しさを増していると言っていい。

関連記事:各国の第4世代戦闘機を調達するエジプト空軍、今度はタイフーンを導入

果たして、リビア内戦はエジプト軍の軍事介入を招いて更に戦闘が激化するのか、それとも国連や米国が介入して何とかするのか注目される。

 

※アイキャッチ画像の出典:army.mil / CC BY 2.0

トルコ軍との衝突は不回避? エジプトがリビア内戦に正規軍投入を予告前のページ

リビア上空にエジプト空軍のF-16C/Dが侵入、予告通り軍事介入を開始か次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    トルコへの圧力か? ロシア、リビアに戦闘機MiG-29や戦闘爆撃機Su-24を配備

    米軍アフリカ軍(AFRICOM)司令部は26日、ロシアがリビアに戦闘機…

  2. 中東アフリカ関連

    リビアに対する禁輸措置はジョーク? トルコ軍に屈服するEU派遣の欧州海洋部隊

    EUが派遣した欧州海洋部隊はリビアに向かうトルコの輸送船に対して国連の…

  3. 中東アフリカ関連

    狙いはS-400の情報収集? ロシアが警戒するイスラエルのF-35特殊試験機

    米国のステルス戦闘機に深刻な影響を及ぼしているロシアの防空システム「S…

  4. 中東アフリカ関連

    各国の第4世代戦闘機を調達するエジプト空軍、今度はタイフーンを導入

    伊メディアのラ・レプブリカ紙は5月29日、イタリア政府がエジプトに対す…

  5. 中東アフリカ関連

    エジプト陸軍の戦車M1A1がリビア国境沿いに集結、トルコ軍と一戦交える可能性も

    エジプトがリビア内戦に正規軍を投入する可能性が高まっている。仮に正規軍…

  6. 中東アフリカ関連

    またエアバスが不正? クウェートに売りつけたタイフーンの価格が問題に

    クウェートでは現在、戦闘機「ユーロファーター・タイフーン」調達に関する…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 6月 22日

    アメリカ大統領選挙を控えてるからトランプは介入しないだろうな
    失敗したときの選挙への影響を考えると票につながらないものには手を出さないと思う

    • 匿名
    • 2020年 6月 22日

    オバマ元大統領のレガシーリビア介入
    結果は
    EU分裂トルコロシア加勢の大乱闘スマッシュブラザーズX。
    トランプ嫌いも現実を見よう

      • 匿名
      • 2020年 6月 23日

      共和党が戦争起こしてばっかりと言うけど
      民主党がやらかした結果尻拭いで共和党が戦争やらざるを得なくなってるんだよねぇ……

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    導入したこと自体が間違いか?戦闘機タイフーンを導入したオーストリア空軍の後悔
  2. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP