中東アフリカ関連

バイデン大統領、イランはイスラエルへの報復攻撃を遅かれ早かれ行う

イランはダマスカスの外交施設が攻撃で破壊されたため「イスラエルへの報復攻撃が差し迫っている」と予想されており、バイデン大統領もホワイトハウスの会見で「遅かれ早かれ攻撃が行われる」と述べたため緊張感が高まっている。

参考:Biden says he expects Iran will attack Israel ‘sooner than later’

現在の攻撃は序章に過ぎないという見方もあるため、まだ中東方面から目が離せない状況だ

The Wall Street Journalは諜報機関の報告書に基づき「イランはダマスカスのイラン総領事館を破壊された報復を今後24時間~48時間の間に行う可能性がある」「報復の選択肢には中距離弾道ミサイルによる攻撃も含まれている」と、CBS Newsも米政府高官の話として「2週間前の空爆の報復としてイランによる大規模なイスラエル攻撃が予想されている」「この攻撃はイスラエル領内の軍事目標を狙って100機以上の無人機、数十発のミサイルが発射される可能性がある」と報じた。

出典:IMA Media

ホワイトハウスで会見を行ったバイデン大統領も「イランの攻撃はどれだけ差し迫ったものなのか?」という質問に「安全保障に関わる問題なので触れたくないが、私の予想では遅かれ早かれ攻撃が行われる」と、さらに「イランに対して何かメッセージはないか?」という質問に「攻撃を止めるべきだ」と述べ、CNNは「イランの攻撃はエスカレーションを警戒して直接ではなく民兵組織によって行われる可能性が高い」と予想している。

既にレバノンからイスラエル北部にロケット弾が40発ほど撃ち込まれ、イスラエル国防軍は「ヒズボラが発射した無人機2機をイスラエル北部で撃墜した」と発表しており、これが民兵組織を通じたイランの報復攻撃なら大きなエスカレーションを招く可能性は低いが、この攻撃は序章に過ぎないという見方もあるため中東方面からまだ目が離せない状況だ。

因みに専門家は「誰もエスカレーションを望んでおらず、米国は本格的な戦争に発展するのを避けようしている。最も懸命なのはイランが約束した報復をエスカレーションに繋がらない方法で実施し、イスラエルも自制を選択することだが、どちらかがバランスを見誤れば世界に悲惨な結果をもたらすだろう」と指摘し、イランの報復は予定調和で終わらせるのが最良だと訴えている。

関連記事:イランの報復攻撃、48時間以内に無人機やミサイルでイスラエルを攻撃か

 

※アイキャッチ画像の出典:Fars News Agency/CC BY 4.0 Fateh-110

ウクライナ議会が政府提出の動員法を可決、追加動員の準備が整う前のページ

米国の予想を超えるロシア軍の再編スピード、全て中国の支援が原因次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    コンゴ共和国でのクーデター発生はフェイク、同国のメディア相が否定

    幾つかの現地メディアやソーシャルメディアは「コンゴ共和国で軍事クーデタ…

  2. 中東アフリカ関連

    イラクがバイラクタルTB2調達契約を締結、同機の総生産数は343機以上に拡大

    イラクのアル・ジュブリ国防相は今年8月に「TB2購入についてトルコと合…

  3. 中東アフリカ関連

    二転三転するUAEへのF-35A輸出条件、イスラエルが容認していた問題を蒸し返すバイデン政権

    アラブ首長国連邦は技術的要件や運用制限を理由にあげてF-35A導入協議…

  4. 中東アフリカ関連

    イスラエル、ガザ地区での戦闘にAI制御で群れを形成したドローンを実戦投入

    イスラエル国防軍は今年5月にガザ地区に投入した兵器に関する機密を解除、…

  5. 中東アフリカ関連

    対話を主張するナイジェリア上院、ニジェールへの軍事介入承認を拒否

    ナイジェリアのティヌブ大統領は「ニジェールへの軍事介入」を承認するよう…

  6. 中東アフリカ関連

    空爆だけでフーシ派の脅威を根絶するのは困難、紅海に誰も戻ってこない

    米軍と英軍はフーシ派のレーダーシステム、無人機、弾道ミサイル、巡航ミサ…

コメント

    • 幽霊
    • 2024年 4月 13日

    イスラエルが公式に外交施設攻撃を謝罪すればイランは報復を辞めると思うけどイスラエルが謝罪する事は無いでしょうね。

    29
      • kitty
      • 2024年 4月 13日

      米国ですらコソボで中国大使館吹っ飛ばしたら謝罪しましたけどねえ。
      CIAの責任者は密かにケジメされたとも言われていますが。

      24
    • ふむ
    • 2024年 4月 13日

    イスラエルはエスカレーションを望んでいるから在外公館を攻撃したのでは?
    ガザでの作戦も長引いている上に、ヒズボラへも対処したい
    しかしフーシの制裁もあり独力で行えばイスラエル衰退は必至

    なのでアメリカを巻き込む為にやっているのかと

    26
      • 名無し
      • 2024年 4月 13日

      大使館攻撃なんて「完全にわかった上でやってる」訳ですからねえ。
      イランに自分を殴らせるのが、イスラエルの目的。
      ハマスがイスラエル相手にやったことを、イスラエルがイラン相手にやっている。

      なんで、やっぱりイランは
      「象徴的な拠点に対して、攻撃直前に人員の退去勧告をアナウンスした上で攻撃して、施設だけ破壊(なお、アイアンドームに防御されずに確実に破壊を完遂させる必要がある)」
      しか、イスラエルの思う壺にならずに報復できる、勝ち筋が無いと思うんだよなあ。

      やっぱ、エル・アル航空機を襲って、乗員乗客を降ろしてから機材焼くのが一番いいんじゃない?

      10
        • az
        • 2024年 4月 13日

        >ハマスがイスラエルにやったこと

        これは逆
        ヨルダン川西岸をナチスのユダヤ人ゲットーのごとく細切れにし、エルサレムのアクサーモスクを攻撃し、ガザを巨大な監獄にし、安保理決議や国連総会決議も無視して侵略を続け、日常的にパレスチナ人を女子供関係なく暴力をふるい逮捕し、殺害していたのはユダヤ人ですよ?
        まさに今回のイランへの攻撃と同じく、強者が先に攻撃を仕掛けて弱者の反撃を待っていたパターンです
        今の戦争が去年の10月に突然起こったわけないでしょうw

        17
      • 理想はこの翼では届かない
      • 2024年 4月 13日

      イスラエルとしてはガザ地区を物理的な意味で片付けたいので、戦争を継続するために何でもやるって感じでしょうか
      これだけ無法をやっても許されるというのが無茶苦茶すぎて笑えないです

      8
    • ポンコツ
    • 2024年 4月 13日

    バイデン大統領はイスラエルに謝罪や自制を促すどころか、イランに大使館攻撃されたのに反撃しない臆病なのかと遠回しに煽っているように見えるのは気のせいだろうか。

    24
    • 名無し
    • 2024年 4月 13日

    イランが報復思い止まってもイスラエルは調子に乗ってさらに好き放題するのが目に見えるからなあ
    シリアにずっと爆撃繰り返して虐殺してるし。

    21
    • マダコ
    • 2024年 4月 13日

    バイデン大統領は、イスラエルには余計なことするなとは言わないのでしょうか?

    11
    • 下僕
    • 2024年 4月 13日

    エスカレーションと言ってもどうエスカレーションするのか謎ですね。イランが既に核兵器持ってれば別ですが、距離が離れすぎてて地上部隊の遠征なんて考えられませんので。イランがシリア・レバノンにさらにミサイル部隊を送り込む→イスラエルのSEAD/DEADがさらに活発化、という意味ですかね。

    • もり
    • 2024年 4月 13日

    今のアメリカに中東方面にまで大戦力を割く余力があるんですか?
    太平洋方面の中国人民解放軍はもう片手間で御せるような戦力では無くなってますよ

    11
      • ido
      • 2024年 4月 13日

      海軍は空母打撃群が1個居ますね。充分な気もします。陸軍はまぁ余裕があるでしょう。空軍も増派されていますし。

      7
    • DEEPBLUE
    • 2024年 4月 13日

    アメリカ軍がイスラエルに付いてるのは後押しではなく加減させる為なのかな?

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP