中東アフリカ関連

サウジアラビア、ロシアとの武器共同生産と防衛産業育成に200億ドル以上の投資を発表

サウジアラビアは今月20日、国内の防衛産業に今後10年間で200億ドル(約2兆円)以上を投資すると明らかにして大きな注目を集めている。

参考:Saudi Arabia to invest more than $20 billion in its military industry over next decade
参考:Russia, Saudi Arabia Sign Agreement to set up of Kalashnikov Rifles Factory

ロシアと共同でカラシニコフのAK-103を共同生産する契約に署名したサウジアラビア

米国のバイデン政権は従来の方針を転換してイエメン内戦に対するサウジアラビアへの軍事支援打ち切りを発表、内戦に使用される可能性が高い武器(イエメン空爆で消耗した精密誘導兵器の補充やサウジ軍に対する訓練及び技術支援パッケージなど)の輸出を全面的に凍結、イタリアも同時期にサウジへの精密誘導兵器輸出を停止した。

ただサウジアラビアは武器輸入を複数の国に分散させているためバイデン政権の方針を転換に追従しないと発表した英国、イエメン内戦を問題視していないフランスやカナダ等の国からイエメン空爆で使用する武器を入手することが可能で武器の現地生産にも積極的に取り組んでいる。

出典:Public Domain 中国航天科技集団有限公司が開発を手掛けた無人航空機CH-4

例えばサウジはロッキード・マーティンと共同で多用途ヘリ「S-70(UH-60の派生型)」を製造中で、トルコとは無人航空機やUAVに搭載する専用の精密誘導兵器をサウジ国内で製造する準備(今年中に開始予定)を進めており、中国とは国内に無人航空機「CH-4(米国からMQ-9を入手できないギャップを埋めるための措置)」を製造する工場設立を許可するなど現地生産を通じた技術移転に積極的で、つい最近ではロシアと共同でカラシニコフのAK-103をサウジ国内で共同生産する契約に署名したばかりだ。

出典:Vitaly V. Kuzmin / CC BY-SA 4.0 AK-103のベースとなったAK-74M

さらにサウジアラビアの軍需産業に関連する当局者は今月20日、アラブ首長国連邦の首都アブダビで開催された防衛関連の会議に出席後「湾岸諸国は2030年までに国防支出の50%を国内に投資することを目指していると明かし「サウジアラビアは国内の防衛産業を育成するため政府は今後10年間で100億ドル(約1兆円)を超える投資を行い軍事技術の研究開発にも同額=つまり100億ドル以上を投資(国防予算に占めるR&D支出を0.2%から4%に引き上げるという意味)すると計画を立案中だ」と語って注目を集めている。

この発言に海外メディアが注目する理由は2つあり、サウジアラビアが海外依存を減らして自立した装備品のエコシステム確立に動く=つまり他国の政策に振り回されにくい独自の安全保障体制を確立するという点と今回の発言が「海外の防衛産業企業が引き続き同地域で利益を確保したいなら協力せよ」という意味を含んでいるので欧米の防衛産業企業にとっては今後の販売アプローチに大きな影響を及ぼす可能性が予想されるからだ。

出典:Gage Skidmore / CC BY-SA 2.0

サウジアラビアの新しい方針は依然から進めてきた現地生産政策を発展・強化したものなのでバイデン政権の方針転換に対応するため慌てて用意したものではないと管理人は思っているが、やはりタイミングが一致するため意味深に映ってしまう。

関連記事:米防衛産業は真っ青、バイデン政権がサウジへの軍事支援中止を今日にも発表

 

※アイキャッチ画像の出典:Saudi88hawk / CC BY-SA 4.0

収束に向かうインドと中国の軍事的対立、 両国が合意に基づいた兵力撤収を確認前のページ

仏海軍の強襲揚陸艦が日本に向けて出港、しかし日米仏合同演習の詳細は未定次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    米国やサウジがアイアンドーム導入に動く理由、パトリオットではUAVの迎撃が困難か

    サウジアラビア軍はパトリオットシステム等の防空システム、早期警戒管制機…

  2. 中東アフリカ関連

    エジプト陸軍の戦車M1A1がリビア国境沿いに集結、トルコ軍と一戦交える可能性も

    エジプトがリビア内戦に正規軍を投入する可能性が高まっている。仮に正規軍…

  3. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦がギリシャにF-16E/Fを売却? 米国によるフランス牽制か

    米国がアラブ首長国連邦(UAE)に第5世代戦闘機F-35Aを売却するこ…

  4. 中東アフリカ関連

    狙いはS-400の情報収集? ロシアが警戒するイスラエルのF-35特殊試験機

    米国のステルス戦闘機に深刻な影響を及ぼしているロシアの防空システム「S…

  5. 中東アフリカ関連

    イラン、中国やロシアと共同で「アジア版NATO」創設を主張

    中国環球電視網(CGTN)は27日、国際情勢の専門家でテヘラン大学で教…

  6. 中東アフリカ関連

    イスラエル人による徘徊型ドローンの不正輸出先は中国、背後に北朝鮮やイランの影も

    イスラエル国防軍やイスラエル航空宇宙産業で働いていたイスラエル人グルー…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 2月 21日

    C2はどないなるんや

    1
      • 匿名
      • 2021年 2月 21日

      UAEもイエメン内戦に参加中だから「交戦国に日本の防衛装備品は売れない」と言う理由で、C2の対UAE輸出は中止となる

      3
    • 匿名
    • 2021年 2月 21日

    いつまでも海外から高額兵器を買ってばかりじゃいられなくなってきてるのかな

    5
      • 匿名
      • 2021年 2月 21日

      仮想敵がイランのドローンだと
      高額の米国兵器はあまり役に立たなさそう

      9
        • 匿名
        • 2021年 2月 21日

        確かに、世界各国でそういう認識が
        広がりそう

        3
      • 匿名
      • 2021年 2月 21日

      米国が脱石油路線に突っ走った結果中東への干渉やめるのを警戒してんじゃね? もしそうなったら米国製兵器売って貰えないしそもそも買おうとしても脱炭素脱石油ブームで外貨獲得出来ずに外国から武器購入できなくなるしで防衛装備品をいつまでたっても更新できなくなる

      ならいっそ国富のストックある今のうちに自国の防衛産業育てて外貨獲得手段と防衛装備品調達ルートと、ついでに中東でアラブの盟主たるに必要な政治的プレゼンス獲りに行こうっつう野心的アプローチに思える

      軍事ネタとちょい離れるけど、最近はUAEから中東の金融センターの地位奪おうと色々動いてるし案外アラビア半島統一でも目指してるのかも試練、誰がとはあえて言わないが

      4
    • 匿名
    • 2021年 2月 21日

    今更にAK74系の技術移転かあ
    ヨルダンでさえ国内企業自前で結構先進的なM4系作ってるのに

      • 匿名
      • 2021年 2月 21日

      AK74系列は今も改良され続けてる割と先進的な銃だぞ

      12
      • 匿名
      • 2021年 2月 21日

      AK74Mの時点で89式より新しいし、そのM型ベースで現役のラインナップなんですが……アクセサリーも豊富だし西側の特殊部隊みたいに20ミリレイルまみれにするオプションもある

      7
    • 匿名
    • 2021年 2月 21日

    KFX最新の状況
    リンク

    1
      • 匿名
      • 2021年 2月 21日

      こっち見た方が良いかと思います。
      リンク
      お笑い動画ですよ。

      1
        • 匿名
        • 2021年 2月 22日

        そのくせぇ動画のコメント欄に帰れや

        10
    • 匿名
    • 2021年 2月 21日

    中高度偵察、攻撃ドローンを用意できれば攻撃ヘリや戦闘車両の数を大幅に減らせるからねー、高高度の航空優勢と爆撃はF15SAとタイフーンで問題ないだろうしAWACSやら電子偵察機もあるから例え四面楚歌になっても何とかなる空軍力
    イエメンのゴタゴタ終わったら日本とのビジョン2030もあるから今後日本の強力なビジネスパートナーになるよ

    3
      • 匿名
      • 2021年 2月 21日

      サウジの王族が正規軍にドローンの配備許すんやろうか?

      中東の国々の元首は自分の親衛隊以外の軍は信用してないんでしょ?

        • 匿名
        • 2021年 2月 22日

        既に中華ドローンを大量配備してる
        武装勢力であるフーシに大量に落とされてる

        2
    • 匿名
    • 2021年 2月 21日

    バイデン政権が利益よりもイデオロギーを重きに置いた外交することで、アメリカが多くの国にそっぽを向かれることになるだろうということは、当選前から割と危惧されていたことですよね。
    イエメン内戦はサウジの未来の生存を大きく左右するほどの問題です。
    サウジからするとイデオロギー如きでコロコロ態度を変えられるのはたまったものではないでしょう。
    ロシア・中国からすると弾き出された勢力を取り込むことができるので大歓迎でしょうね。

    10
      • 匿名
      • 2021年 2月 22日

      かつてのカーターさんか色々負債を残したように、
      バイデンさんも理念優先でやらかすのですかね。

      6
      • 匿名
      • 2021年 2月 22日

      まぁ「俺いい人でしょう?」がみえみえで流石に呆れる
      そりゃ、舐められるだろうなと俺でも分かるよ・・・

      4
    • 匿名
    • 2021年 2月 22日

    西側の気分次第で国防に影響及ぼすのには警戒してそう。ドイツ武器輸出規制とかバイデン政権の対応とか流石に一国としては許容出来ない。西側大国中心の兵器構成だけど国産/ウクライナ/ロシア/中国/トルコとかに変わっていきそうやなぁ。

    7.62×39mm使用するAK-103という事はなんだかんだで5.56mm弾の威力に問題感じているって事なのかね。

    4
      • 匿名
      • 2021年 2月 22日

      5.56mmNATO弾と7.62mmNATO弾のいいとこ取りみたいな弾だし中東地域なら入手性も良いし主力としてはピッタリ

      2
    • 匿名
    • 2021年 2月 22日

    鉄のカーテンがあった頃の方が色々分かりやすかったんだろうな。
    今やロシアも中国も自由に世界経済にアクセスして資金を調達したり投資したりしてる。
    米露・米中対立より地域対立や経済の方が重要視されて不安定化につながっている。

    2
    • 匿名
    • 2021年 2月 22日

    バイデンで云々という深刻な話ではありません、元々サウジアラビアは中国から弾道ミサイルを導入するような微妙な姿勢だし、原油生産でしばしばロシアと揉める関係ですぞ。
    脱石油という多角化のひとつに過ぎない、この金額もお金持ちサウジアラビアからしたら騒ぐほどの投資でないから

    2
      • 匿名
      • 2021年 2月 22日

      サウジって本当に金持ちなの?
      一人当たりGDPだと2万数千ドルとそこまで高いわけじゃないし
      国防費もGDPの10%近くと一杯一杯な感があるけど

      1
        • 匿名
        • 2021年 2月 22日

        国の構造がいびつだから、予算のうちに支配層による可処分所得部分が大きいって話です
        貧困層に回すべき予算を軍備につぎ込んでも文句を言わせない、いわばイスラム北朝鮮な国ですから

        6
          • 匿名
          • 2021年 2月 22日

          なんでも朝鮮や韓国を出さないとまともにコメントもできないのか?

          1
            • 匿名
            • 2021年 2月 22日

            誰も韓国とか出してないよ(笑)
            北朝鮮と同じく世襲制度の独裁政治国家だから。何か問題ありますか?

            7
        • 匿名
        • 2021年 2月 22日

        出稼ぎ労働者で分母が広がってるだろ。そうじゃなきゃフェラーリとか持てるわけないじゃん
        金持ちだけど自分で働かないから国内に産業作ろうとしても労働意欲が問題になってるって話だし。

        4
    • 匿名
    • 2021年 2月 22日

    アメリカがいつもの敵対者に対する制裁措置法発動させる案件かこれ?

    • 匿名
    • 2021年 2月 22日

    アメリカの上お得意様を失う流れか・・・

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP