軍事的報道

無事就役できる? 米海軍、フォード級空母2番艦「ジョン・F・ケネディ」が進水

ニューポート・ニューズ造船所は10月29日、建造中の「ジョン・F・ケネディ(CVN-79)」が横たわる「乾ドック」に海水を流し込み始めた。

参考:PCU John F. Kennedy Crew Marks another Milestone, Flooding of Dry Dock

当初の予定よりも3ヶ月早く進水の日を迎えた空母「ジョン・F・ケネディ」

空母「ジョン・F・ケネディ」は、ジェラルド・R・フォード級空母2番艦として2015年8月に起工、あらゆる工数削減の努力が実り、当初の予定よりも3ヶ月早く進水の日を迎えた。

10万トンを超える空母「ジョン・F・ケネディ」を建造した乾ドックを海水で満たすには、数日間に渡り、約4億リットルもの海水を流し込む必要があるため、まだ空母「ジョンF.ケネディ」の船体が海に浮かんだと言えないが、進水日は海水を流し込み始めた日付で記録される。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Adam Ferrero/Released 空母「ジョン・F・ケネディ」が横たわる乾ドックに海水が流れ込み始めた様子

今後、空母「ジョン・F・ケネディ」は海水で満たされたドック内で各種試験が行われ、12月7日に予定されている「洗礼式(船首にシャンパンボトルを叩きつけて割る儀式)」を受けた後、乾ドックから出渠し、ニューポート・ニューズ造船所の桟橋に係留され艤装工事が行われる。

空母「ジョン・F・ケネディ」が米海軍に引渡されるのは2024年を予定しているが、1番艦の空母ジェラルド・R・フォードが直面している問題を解決出来ない限り、ジョン・F・ケネディもまた同じ問題で苦しむことになる。

特に電磁力で作動し、ミサイルや爆弾を飛行甲板へ運ぶための「先進型兵器エレベーター(計10基)」は、エレベーターを制御するためのソフトウェアに問題があり、就役から2年以上が経過しても正常に作動するようになったのは、たったの3基だけだ。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Connor D. Loessin/Released空母ジェラルド・R・フォードの先進型兵器エレベーター

残りの7基について米海軍は、2019年中に正常化すると言っているが、本当に上手く動くのか誰にも分かっていない。

1番艦の空母「ジェラルド・R・フォード」は就役後まもなく動力部に問題が発生、この問題を解決するためニューポートニューズ造船所のドックに戻り、約15ヶ月間に及ぶメンテナンスを受け、10月25日に海へ戻ってきたばかりだ。

そのため、蒸気式カタパルトの代わりに開発した「電磁式航空機発射システム」の基礎データ(艦載機を射出するための数値データ)収集が進んでおらず、電磁気と水圧でアレスティング・ワイヤーの制動を行う「新型着艦制動装置」のテストも中断されたままだ。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist Seaman Cory J. Daut/Released出港する空母ジェラルド・R・フォード

空母「ジェラルド・R・フォード」は現在、動力部の修正箇所を海上で試験しており、このテストに合格すれば海軍へ復帰し、再び電磁式航空機発射システムや新型着艦制動装置のテストに復帰する予定なので、2024年までに問題を潰しきれば、空母「ジョン・F・ケネディ」の就役も大きな問題なく進むことが予想される。

そのためにも空母「ジェラルド・R・フォード」は、これ以上、新たに問題を増やすことなく「順調」にスケジュールを消化する必要がある。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Adam Ferrero/Released

米国、日本のF-15J近代改修仕様「Japanese Super Interceptor」を45億ドルで承認前のページ

台風の影響? 海上自衛隊の「おやしお型潜水艦」が横須賀沖で立ち往生次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    コストと性能面でF-35Aに対抗不可? 米空軍が採用してもF-15EXの海外輸出は困難

    米空軍が採用を決めた戦闘機F-15EXについて米国メディアは、コストや…

  2. 軍事的報道

    韓英、軍事技術の共同研究を発表 & 韓国、戦闘機「KFX」輸出に向けたプロモーション開始

    韓国の防衛装備庁は12日、最先端の防衛装備品に使用するコア技術の研究開…

  3. 軍事的報道

    台湾「M1A2戦車」導入へ前進!米国務省、戦車108輌売却(約2000億円相当)承認

    米国務省は台湾に対し、20億ドル(約2,163億円)相当のM1A2 エ…

  4. 軍事的報道

    米海軍、コロンビア級原潜建造のためイージス艦や攻撃型原潜調達を大幅削減

    米海軍は2021年からコロンビア級原子力潜水艦の建造に着手する予定だが…

  5. 軍事的報道

    本当に必要か? ロールス・ロイスが第6世代戦闘機「テンペスト」に売り込む「世界初」のエンジン技術

    ロールス・ロイスが第6世代戦闘機「テンペスト」に採用される可能性のある…

  6. 軍事的報道

    レーダー開発が進む第6世代戦闘機「テンペスト」、2020年代テストベッド機試験開始

    イタリア防衛産業企業のレオナルド S.p.Aは、英国防省と「テンペスト…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 10月 31日

    ソフトウェアだけの不具合なのかどうかも疑問ですね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  5. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP