軍事的報道

無事就役できる? 米海軍、フォード級空母2番艦「ジョン・F・ケネディ」が進水

ニューポート・ニューズ造船所は10月29日、建造中の「ジョン・F・ケネディ(CVN-79)」が横たわる「乾ドック」に海水を流し込み始めた。

参考:PCU John F. Kennedy Crew Marks another Milestone, Flooding of Dry Dock

当初の予定よりも3ヶ月早く進水の日を迎えた空母「ジョン・F・ケネディ」

空母「ジョン・F・ケネディ」は、ジェラルド・R・フォード級空母2番艦として2015年8月に起工、あらゆる工数削減の努力が実り、当初の予定よりも3ヶ月早く進水の日を迎えた。

10万トンを超える空母「ジョン・F・ケネディ」を建造した乾ドックを海水で満たすには、数日間に渡り、約4億リットルもの海水を流し込む必要があるため、まだ空母「ジョンF.ケネディ」の船体が海に浮かんだと言えないが、進水日は海水を流し込み始めた日付で記録される。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Adam Ferrero/Released 空母「ジョン・F・ケネディ」が横たわる乾ドックに海水が流れ込み始めた様子

今後、空母「ジョン・F・ケネディ」は海水で満たされたドック内で各種試験が行われ、12月7日に予定されている「洗礼式(船首にシャンパンボトルを叩きつけて割る儀式)」を受けた後、乾ドックから出渠し、ニューポート・ニューズ造船所の桟橋に係留され艤装工事が行われる。

空母「ジョン・F・ケネディ」が米海軍に引渡されるのは2024年を予定しているが、1番艦の空母ジェラルド・R・フォードが直面している問題を解決出来ない限り、ジョン・F・ケネディもまた同じ問題で苦しむことになる。

特に電磁力で作動し、ミサイルや爆弾を飛行甲板へ運ぶための「先進型兵器エレベーター(計10基)」は、エレベーターを制御するためのソフトウェアに問題があり、就役から2年以上が経過しても正常に作動するようになったのは、たったの3基だけだ。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Connor D. Loessin/Released空母ジェラルド・R・フォードの先進型兵器エレベーター

残りの7基について米海軍は、2019年中に正常化すると言っているが、本当に上手く動くのか誰にも分かっていない。

1番艦の空母「ジェラルド・R・フォード」は就役後まもなく動力部に問題が発生、この問題を解決するためニューポートニューズ造船所のドックに戻り、約15ヶ月間に及ぶメンテナンスを受け、10月25日に海へ戻ってきたばかりだ。

そのため、蒸気式カタパルトの代わりに開発した「電磁式航空機発射システム」の基礎データ(艦載機を射出するための数値データ)収集が進んでおらず、電磁気と水圧でアレスティング・ワイヤーの制動を行う「新型着艦制動装置」のテストも中断されたままだ。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist Seaman Cory J. Daut/Released出港する空母ジェラルド・R・フォード

空母「ジェラルド・R・フォード」は現在、動力部の修正箇所を海上で試験しており、このテストに合格すれば海軍へ復帰し、再び電磁式航空機発射システムや新型着艦制動装置のテストに復帰する予定なので、2024年までに問題を潰しきれば、空母「ジョン・F・ケネディ」の就役も大きな問題なく進むことが予想される。

そのためにも空母「ジェラルド・R・フォード」は、これ以上、新たに問題を増やすことなく「順調」にスケジュールを消化する必要がある。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Adam Ferrero/Released

米国、日本のF-15J近代改修仕様「Japanese Super Interceptor」を45億ドルで承認前のページ

台風の影響? 海上自衛隊の「おやしお型潜水艦」が横須賀沖で立ち往生次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    韓国の狙いは完全に日本だ!海外からも指摘される韓国F-35B搭載空母の目的

    米国の「Military Watch」は、韓国が建造計画を承認した独島…

  2. 軍事的報道

    ホワイトハウスが閃いた斬新な方法? 不可能と言われた米海軍「355隻体制」実現か

    ホワイトハウスは、トランプ大統領が掲げた「355隻体制構想」を実現させ…

  3. 軍事的報道

    日本も対応策が必要? 韓国海軍、公式に「原子力潜水艦」保有への動きを認める

    韓国による「原子力潜水艦建造」計画は、これまでどれも非公式に行われてき…

  4. 軍事的報道

    海上自衛隊の戦闘指揮所が進化!近未来的なCICを搭載する新型護衛艦

    米国最大の海上兵器の博覧会「Sea Air Space 2019」で、…

  5. 軍事的報道

    英国主導の第6世代戦闘機「テンペストプロジェクト」にスウェーデン合流

    英国のテレグラフ紙によれば「テンペストプロジェクト」にスウェーデンが加…

  6. 軍事的報道

    生まれ変わるギリシャ空軍、F-16V導入に続いてF-35プログラムへの参加を希望

    ギリシャはF-16やミラージュ2000のアップグレードが完了すれば、F…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 10月 31日

    ソフトウェアだけの不具合なのかどうかも疑問ですね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP