軍事的雑学

実用レベルのレーザー兵器が遂に実用化! イスラエル、レーザーベースの迎撃システム発表

イスラエルの国防省は8日、同国が開発した防空システム「アイアンドーム」を補完するレーザーベースの迎撃システムを発表した。

参考:מפא”ת חושף: פריצת דרך בפיתוח לייזר רב-עוצמה

イスラエル、米国やロシアでさえ手間取るレーダー兵器の有効射程延長と小型化に成功か?

今回、イスラエルが開発に成功したのは、従来の防空システムでは迎撃が難しいロケット弾や砲弾(迫撃砲弾を含む)を迎撃できる「アイアンドーム」を補完する、電力を使用したレーザーベースの迎撃システムで、これは研究用のプロトタイプではなく実用的に耐えるレベルのものが完成した=実用化に成功したという意味だ。

開発に成功したレーザーベースの迎撃システムは、無人航空機に搭載し雲の上で迎撃するタイプ、車両に搭載され移動中の装甲車両を保護するタイプ、地上に固定配備されアイアンドームに追加の迎撃階層を形成するタイプの3つに分かれている。

出典:イスラエル国防省が公開した動画のスクリーンショット

出典:イスラエル国防省が公開した動画のスクリーンショット

出典:イスラエル国防省が公開した動画のスクリーンショット

出典:イスラエル国防省が公開した動画のスクリーンショット

イスラエル国防省は、同技術への長年の投資や、防衛企業、研究者の努力により開発に成功した新技術のおかげで、大気中の乱れを克服し、距離の離れた目標に対しレーザービームを安定して照射できるようになり、レーザー開発における「ブレークスルー」を果たしたと述べている。

このレーザーベースの迎撃システムは今後、イスラエル北部にある極秘の場所で約半年間フィールドテストを行い問題がなければ、実戦で使用するためガザ地区の国境沿いに配備する予定だ。

今の所、実用レベルに達したレーザーベースの迎撃システムを実用化した国は、米国の艦艇搭載用レーザー兵器「HELIOS(ヘリオス)」だけだが有効射程(約1.6km)が短く、イスラエルはこの問題を解決し、レーザーの有効射程を延長することに成功したことになる。

出典:Public Domain AN/SEQ-3レーザー兵器システム「HELIOS(ヘリオス)」

さらに付け加えるなら、米国やロシアでも開発に手間取っているレーザー兵器の小型化(無人機や車両などに搭載可能なレベル)にも成功したことになり、もしこれが事実なら革命的な出来事になるだろう。

イスラエル国防省は、今回のレーザーベースの迎撃システムにはイスラエル以外の資金が入っていない=米国が開発に関与していないことを強調しており、要するにレーザーの有効射程を延長や小型化を実現した新技術(詳細不明)は、イスラエルだけが保有しているという意味だ。

これが中国の発表なら眉唾ものだと聞き流せるが、実戦経験が豊富で、シリアやガザ地区から発射されるロケット弾の脅威に晒され続けているイスラエルが公式に発表したと言うことは、恐らくは実用化への自信を持っているのだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:イスラエル国防省

生まれ変わるギリシャ空軍、F-16V導入に続いてF-35プログラムへの参加を希望前のページ

イラン軍がウクライナ旅客機を撃墜? 墜落現場で対空ミサイルの残骸が発見される次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    世界最大の米海軍超えを達成した中国海軍!空母を筆頭に艦艇300隻を有する大海軍へ変貌

    米国、ワシントンD.C.に拠点に置く戦略国際問題研究所(CSIS)は、…

  2. 軍事的雑学

    護衛艦「まや」も搭載可能? 米海軍、極超音速ミサイル「SM-6 Block IB」2024年迄に実用…

    イージスシステムを搭載した護衛艦「まや」は3月19日、ジャパンマリンユ…

  3. 軍事的雑学

    韓国企業に勝算は? ステルス戦闘機「F-35ライトニングⅡ」部品整備受注のラストマッチ開幕

    米国防総省は2020年中にもステルス戦闘機「F-35ライトニングⅡ」の…

  4. 軍事的雑学

    嘘みたいな本当の話、予算不足で韓国型戦闘機「KFX」から対地攻撃能力を削除?

    韓国の韓国型戦闘機「KFX」は当初、空対空、空対地攻撃能力を備えた状態…

  5. 軍事的雑学

    2016年と比較して40%増! 韓国メディア、日米共同訓練の驚異的な増加率を羨む

    米国との共同訓練を拡大し続ける日本と、縮小・中止が続く韓米共同訓練の規…

  6. 軍事的雑学

    極超音速ミサイルはF-35キラー!日本、非対称戦力「潜水艦」で対抗が現実的か?

    ロシア国防省が公開した、極超音速ミサイル「KH-47M2 Kinzha…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    動画を見るだけだとジョークネタにしか見えませんが(笑)

    どうなのでしょう。照射時間がやたら短く表現されてるのも気になりますし、実物を一切出さない理由も不信感を抱かせるだけでマイナスにしかならないと思うのですが、正直に言えば何のためにこんなものを公表したのかと首をかしげる出来ですね。

    • 匿名
    • 2020年 1月 09日

    アイアンビームかな?
    >ロケット弾や砲弾(迫撃砲弾を含む)を迎撃
    って記事に書かれてる様にアイアンドームのミサイルで迎撃すると費用対策費がクソ悪い用みたいですね。 射程は7km(2kmとも)
     前に管理人さんが書かれてた「ダヴィデズスリング(ダヴィデの投石機)」とは別物
    アイアンドームが対応できない、WS-1(衛士1)、ファジュル5、ファジュル3用では無いもたいですね(ハマスが持ってるます)

    アイアンビームの参考記事:2014年の産経
    タイトル:SFが現実に、「レーザー兵器」が実現する“スターウォーズの世界”…イスラエルが実戦配備、世界の防衛システムが変わる
    リンク

    1
    • wyuki
    • 2020年 1月 09日

    兵器とは関係ナイですが。
    1999年からレーザー溶接を主に仕事してます。
    レーザー業界に於いてのイスラエル。
    実はかなりのポジションに在ります。
    これは業界の常識です。
    そんなイスラエルがレーザー兵器を実用化!
    在り得ない話ではナイですね。

    1
    • 匿名
    • 2020年 1月 10日

    低空域におけるレーザーが実用化されたという事は高空域、例えば高度2万メートル程度だとそれなりの遠距離まで届くという事ではないだろうか
    レーザーを装備した爆撃機の編隊がミサイルを無効化しながら敵地上空を悠々と飛行するというB29の悪夢再びなんて事になるのかしら

      • 匿名
      • 2020年 1月 10日

      大出力の電源が搭載できるのか? が問題になるのでは?

        • 匿名
        • 2020年 1月 11日

        ドローンや車両に搭載出来るんだし余裕でできるでしょ

      • 匿名
      • 2020年 1月 11日

      イタチごっこだからそうなったらより強力なレーザーもった迎撃機が迎え撃つか
      より高空の衛星軌道上からレーザー迎撃衛星が狙撃する世界になると思う
      最終的にはレーザー発振器の出力競争になるね

    • 匿名
    • 2020年 1月 10日

    本邦開発システムも頑張って欲しいところではあるな。
    イメージ図
    リンク
    本文
    リンク

    • 匿名
    • 2020年 1月 10日

    エスコンじみてきたなぁ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP