軍事的雑学

可変翼機の白鳥が空を飛ぶ!ロシア、戦略爆撃機「Tu-160」の超カッコいい動画を公開

ロシア航空宇宙軍は、秘密のベールに包まれていた可変翼機の超音速戦略爆撃機「Tu-160」の動画を公開した。

参考:Ракетоносец Ту-160 снялся в эффектном видео

ロシアの白鳥「Tu-160」の迫力満点の動画を公開したロシア航空宇宙軍

旧ソ連が開発した可変翼機構を採用した超音速戦略爆撃機「Tu-160」は、ソ連崩壊時期と製造時期が被り、たった35機(試作機8機+量産機27機)しか製造されなかったレアな爆撃機で、現在、ロシア航空宇宙軍が14機から16機を運用中だ。

Tu-160は、しばしば米国のB-1によく似ていると言われている=パクったと言われるが、当時のソ連は「同じコンセプトを目指した結果、同じ形になった」と反論している。

米国は当初、高高度を超音速飛行で飛び、敵地奥深くの目標に対し核兵器を投下するためB-1Aを開発したが方針の変更により、敵地奥深くの目標に対し「超低空飛行」による通常兵器の攻撃を行うB-1Bとして復活したが、Tu-160は高高度を超音速飛行で飛ぶB-1Aのコンセプトを受け継いただ爆撃機として開発された。

出典: Alex Beltyukov / CC BY-SA 3.0

ロシア航空宇宙軍は現在、Tu-160を巡航ミサイル運搬のプラットフォームとして活用しており、核弾頭を搭載した巡航ミサイル「RKV-500B」なら最大12発、航空機搭載型の短距離弾道ミサイル「Kh-15P」なら最大24発搭載することが可能だ。

ロシアは2018年、カザン航空工場でTu-160を改良した「Tu-160M2」の製造を再開し、新規製造したTu-160M2を約50機程度調達する見込みで、2021年までに最初のTu-160M2がロシア航空宇宙軍に引き渡される予定になっている。

今回、ロシア航空宇宙軍が公開したTu-160の動画は、単にTu-160の飛行シーンを外から撮影したものではなく、離陸前から飛行中、基地に帰投するまでのコックピット内映像はもちろん、コックピットから見た飛行中の風景、兵器倉内から見た巡航ミサイルの投下シーン、軽快に飛行するシーンを幾つものカメラで撮影し編集された非常に内容の濃い動画だ。

※動画に出てくる戦闘シーンは、実際のシリア攻撃の際の映像

ここまで内容の濃く、鮮明に撮影されたTu-160の動画公開は、恐らく初めてではないだろうか?

因みにロシアでは現在、Tu-22MやTu-160、Tu-95といった機体の後継機として、ステルス爆撃機「PAK DA」の開発が行われており、試作機の完成は2021年までに行われ、テスト飛行は2025年前後から開始されると言われている。

この機体は超音速飛行よりもステルス性能が重視された設計で、1万2,000kmの航続距離を持ち、最大7,000kmの射程を持つミサイルを搭載すると言われているが、詳細については不明な部分が多く、上記のスケジュールが本当に守られるのか分からないため、ロシアの白鳥は今後も当分の間、ロシアの戦略爆撃機の顔として君臨し続けるだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:Mil.ru / CC BY 4.0

協定破棄で困るのは日本?韓国、北朝鮮「弾道ミサイル発射」事実把握で日本に負ける前のページ

日本の空母「いずも」で米F-35B運用?米国が推進する日英空母「クロスデッキ」化次のページ

関連記事

  1. 軍事的雑学

    軍事的雑学|いずも型護衛艦「かが」海外派遣!海上自衛隊「ISEAD2018」を見てみよう|後編

    前回に引き続き、去年行われた海上自衛隊の「平成30年度インド太平洋方面…

  2. 軍事的雑学

    2019年ミリタリーニュース10選、日本の空を守る「F-15JSI」と次期戦闘機「F-3」

    早いもので2019年も、あと数時間で終わりを迎えるが、今回は航空万能論…

  3. 軍事的雑学

    米国は空母へ投資を続けるのか?ミサイルへ投資先を変更するのか?

    米国の国防総省では現在、米国の力を象徴している空母を中心とした航空戦力…

  4. 軍事的雑学

    戦車から下着まで何もかも不足!ドイツ軍が抱える3つの問題

    ドイツ軍の兵士は、ドイツメディアに「不幸」と蔑まれるほど、まともに飛べ…

  5. 軍事的雑学

    急増する第5世代戦闘機F-35への需要、年間生産量を180機まで引き上げ

    ロッキード・マーティンはF-35の年間生産量を2024年までに180機…

  6. 軍事的雑学

    恐らく不可能、航空自衛隊のグローバルホーク導入に韓国空軍が期待している効果とは?

    在韓米軍の駐留費用大幅アップを要求する米国と小幅アップに留めたい韓国と…

コメント

    • 川人
    • 2019年 8月 25日

    ロシアの航空機は、やはりカッコいい形をしている
    Tu-160、Su-27系列、Ka-52は他国にないスタイリッシュな機体

    • 名無し
    • 2019年 8月 26日

    ロシアの戦略爆撃機をカッコイイ、迫力あるなどと考える頭が理解できない。標的の一つは日本なのに。お花畑も良いところだ。

      • 匿名
      • 2019年 8月 26日

      理屈だけで割り切れる程、人間は単純じゃないんですよ。

    • 匿名
    • 2019年 8月 26日

    B1の機体は白の方が格好良い
    新谷かおりが言ったのか?り地域が言ったのか?
    白色のB1は正に死の白鳥 コピーのTu160より
    数段カッコいい

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 軍事的雑学

    英海軍が頭を抱える問題、原潜用原子炉「PWR2」の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP