北米/南米関連

ペルーが装輪装甲車K808を調達か、成立すれば韓国の南米進出が実現

ペルーの装輪装甲車調達に「現代ロテムのK808が選ばれた」と報じられており、この契約が成立すれば韓国防衛産業にとって初の「南米輸出」が実現するため注目が集まっている。

参考:Hyundai Rotem closes in on $190 million armored vehicle deal with Peru

韓国防衛産業界の関係者は「取引規模が最大99輌=1.8億ドルに達する可能性がある」と述べている

韓国政府は2日「昨年10月にK808を提案した現代ロテムがペルーの装輪装甲車調達に選ばれた」と明かし、要求要件に合わせたK808の技術資料提出を経て契約が成立すれば韓国防衛産業にとって初の「南米輸出」が実現するため注目が集まっている。

現代ロテムはK808が選ばれた理由について「険しい山岳地帯での運用にK808が適しているためだ」と述べており、ペルー政府はK808に現代ウィア製のRWS(リモート・ウェポン・システム)搭載を要求しているらしい。

ペルーへの輸出規模や価格については明かされていないものの、韓国防衛産業界の関係者は「取引規模が最大99輌=1.8億ドルに達する可能性がある」と述べている。

出典:KAI 한국항공우주산업 KF-21複座型

因みにK808は8×8タイプの装輪装甲車で韓国陸軍が約600輌(K808とK806の合算)の調達を予定、マレーシアやポーランドにも提案中で、ペルーにはKF-21やFA-50の売り込み中だ。

関連記事:韓国がラテンアメリカでKF-21を初披露、チェックメイトと市場で競合するためロシアが警戒

 

※アイキャッチ画像の出典:Hyundai Rotem

豪企業がウクライナにRWSを供給、ポーランドに発注したロソマクに統合か前のページ

ゼレンスキー大統領が反攻作戦を示唆、我々は絶対に実行する次のページ

関連記事

  1. 北米/南米関連

    カナダ空軍、戦闘機CF-18A/Bをスーパーホーネット並に近代改修

    米国務省は16日、カナダに対して大規模なCF-18A/B用アップグレー…

  2. 北米/南米関連

    カナダの要求を満たしていない? 次期戦闘機選定からボーイングのF/A-18E/Fが脱落か

    カナダのトロント・スター紙は25日、CF-18A/B後継機選定プログラ…

  3. 北米/南米関連

    カナダ首相、民主主義を守るためウクライナに榴弾砲を提供すると発表

    カナダのトルドー首相は19日、自由と民主主義を守るためウクライナに重砲…

  4. 北米/南米関連

    アルゼンチンのミレイ政権、シュペルエタンダールのウクライナ提供を計画

    アルゼンチンメディアのInfobaeは11日「ミレイ大統領はシュペルエ…

  5. 北米/南米関連

    ボンバルディア、Global 6500ベースのカナダ海軍向け海上哨戒機を発表

    ボンバルディアはカナダ空軍の次期哨戒機(CMMAプログラム)に向けに「…

コメント

    • ズマ
    • 2023年 4月 03日

    リンク
    練習機は既にペルーで生産

    6
    • らっしー
    • 2023年 4月 03日

    なんか、つい言わずにいられない。
    扉写真の装甲車•••カワイイ!

    14
    • さめ
    • 2023年 4月 04日

    他国の装甲車とは顔つきがなんか違うよね
    どことなく特徴がある

    7
      • Natto
      • 2023年 4月 04日

      白ひげが生えてるように見える。

    • あああ
    • 2023年 4月 04日

    >>「取引規模が最大99輌=1.8億ドルに達する可能性がある」

    中身は米国製品が多めで維持部品やアフター込みで2,5億円とか単なるAPC型にあるにせよ安い。装輪装甲は競合他社多いから何かかしらのバーターでないと難しいだろう。これも多分そうではないか。

    19
    • Hdueb561b
    • 2023年 4月 04日

    全く売れない日本製兵器とは、あまりにも大きな差がどんどん広がっていくね

    13
    • 落合
    • 2023年 4月 04日

    韓国製兵器は国際水準と比較して異常に安い

    円安で比較的割安な日本製兵器より2回り格安
    さほど量産しないものでもそうなんだから民需品でやったらダンピングで訴えられるレベル

    17
      • 成層圏
      • 2023年 4月 04日

      確かに日本が同じことやったら、フルボッコされそう。自動車や半導体などで実証済みだしな。(これは別にダンピングしてなかったが)
      韓国は自称先進国になったのだから、そろそろやばいんじゃない?
      欧米の軍需産業の利益を割くようになると、やられる予感。。

      13
      • BUMAR-ŁABĘDY
      • 2023年 4月 04日

      ダンピングって言いたいだけでしょ?
      そもそも韓国製装備品はそこまで極端に安売りしてないんですがね…
      今回のペルーについては過去同等のスペックを有するLAV IIをGDLSカナダから40両導入してますがその際の導入単価は$2億以下ですよ
      今話題のK2だって単価でいえば本邦の10とさして変わらないのですが

      5
        •  
        • 2023年 4月 04日

        韓国の兵器産業は利率を抑えて薄利多売する傾向にありますよ
        例えば韓国航空宇宙産業は去年ポーランドと数十億ドルにも及ぶFA-50等の大量契約を結ぶなどして話題になりましたが、2022年度の業績を見ると売上高1,918に対して営業利益は104と約5.4%となっています(単位は10億ウォン)

        参考までに、ロッキード・マーチンの2022年度の業績は売上高65,984に対して営業利益は8,710と約13%でした(単位は百万ドル)

        5
      • BUMAR-ŁABĘDY
      • 2023年 4月 04日

      ダンピングという言葉を使いたいだけでしょ?
      そもそも韓国製装備品はそこまで極端に格安でもないんですが…
      今回のペルーについては過去GDLSカナダから同等スペックのLAV IIを32両導入してますが、その際の単価は$200万強(円換算2.7億前後)ですよ
      今話題のK2にしても単価は本邦の10とさして差はありませんし

        • あああ
        • 2023年 4月 05日

        >>LAV IIを32両導入してますが、その際の単価は$200万強(円換算2.7億前後)

        それLAV25やASLAVと同じですよ?車体だけのAPCなら12t以下で1億円もしないモデルですが?砲塔なしで200万ドルとか足元見られすぎでは?

      • シールはがしスプレー
      • 2023年 4月 04日

      韓国軍向けだけでもK9自走砲は1,000両、K806/808装甲車は600両(2018~2023年納入)と生産数が多いです。

      1
    • Rex
    • 2023年 4月 04日

    いいんじゃねーの。軍事市場は民間より狭いんだし、日本が今さらやってもキツい。
    なら日本は民間車や民間重機部門できっちりシェアを死守すればいい。
    卑屈や劣等感を感じる必要はない。

    資源リソースは有限なんだから選択と集中で、軍事部門は韓国がやればいい。
    腐ってもまだ味方(米軍基地がある限り)なんだから日本に取っても悪い話ではない。

    まぁ、米軍撤退した時のために備えておく必要はあるかもだけど。。

    21
    • 月虹
    • 2023年 4月 04日

    >取引規模が最大99輌=1.8億ドルに達する可能性がある

    ペルー陸軍はBRDM-2(30輌)、フィアット6614(40輌)、M8グレイハウンド(30輌)、BTR-60(12輌)といった旧式の装甲車を保有しているのでこれらの代替をペルー陸軍が考えているのであれば取引規模は妥当だと考えられます。

    アメリカの国防安全保障協力局(DSCA)は2016年に178台のストライカーをペルーに売却することが国務省によって承認されたことを公表しています。ストライカーにはM2重機関銃やリモート・ウェポン・ステーション(RWS)、GPSナビゲーションなどが装備されスペアパーツや訓練プログラムを含んだ推定費用は6億6800万ドル。その後のウクライナ紛争でアメリカはストライカーをウクライナへ供与しているので売却計画が見直されているのかも知れません。
    リンク

    4
    • an
    • 2023年 4月 04日

    戦争になったらいくら金があっても兵器がなければ意味がない
    平時の国際分業論は既に破綻してる
    そういう「財務省感覚」が日本をダメにした

    5
    • プププププー
    • 2023年 4月 04日

    戦後、トランスフォーマーの新作に出演を狙ってるんじゃマイカ?
    真トランスフォーマー「悪魔大帝プーさんの来襲、続編プーさんの最期」

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  4. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP