ロシア関連

中国軍の暴挙、航空ショー参加のため新型コロナが猛威を振るう湖北省の部隊を派遣

中国軍は2月11日からシンガポールで開催される航空ショーに、新型コロナウイルスが猛威を振るう湖北省に拠点を置く部隊が含まれたデモンストレーションチームを派遣した。

参考:Chinese military contingent, including aircraft from virus-hit province, arrive in Singapore for air show

中国の暴挙?新型コロナウイルスが猛威を振るう湖北省の部隊を海外へ派遣

シンガポールで開催される航空ショー参加のため中国軍のデモンストレーションチームが到着したが、デモンストレーションチームの機材や人員をシンガポールまで輸送したのは新型コロナウイルスが猛威を振るう湖北省に拠点を置く中国人民解放軍空軍第13輸送機師団所属の輸送機「Il-76」だ。

出典:Jim Gordon / CC BY 2.0

第13輸送機師団は武漢市を擁する湖北省に拠点を置いており、同機を運用しているのは湖北省の武漢市に駐屯する第38航空連隊と宜昌市に駐屯する第39航空連隊で、両市とも移動制限が行われている地域に該当する。

シンガポール国内で見つかった新型コロナウイルス感染者数は世界で3番目に多く、2月1日から過去14日の間に中国への渡航歴がある場合入国を禁止するなど厳しい措置をとっているにか関わらず感染者は増え続けており、航空ショーに参加を予定していた航空機メーカーや各国のデモンストレーションチームはウイルス感染を恐れて参加を見合わせている。

そもそも中国参加は主催者や利害関係者の事情によって直前まで公表されておらず、突然発表された中国軍参加の知らせにシンガポール国民や航空ショーに参加を予定している関係者は驚いている。主催者は派遣される中国軍の関係者には厳重な健康チェックや検温など予防措置が講じられ、シンガポール到着前に健康であることが確認済みだと話した。

中国が派遣するデモンストレーションチームは戦闘機「J-10」を装備した81飛行演技隊で、直前まで両政府間による協議が行われ最終的に中国軍参加が決まったらしい。

恐らく中国としては新型コロナウイルス感染拡大を避けるため航空ショー参加を取りやめるよりも、参加することで新型コロナウイルスの感染防止が適切に行われているところを世界に示したいという意図が透けて見えるが、シンガポールや中国以外の航空ショー参加関係者にとっては迷惑な話でしかない。

今の所、シンガポール航空ショーにF-22やF-35を派遣をする米空軍は辞退を表明していない。

 

※アイキャッチ画像の出典:Russian Ministry of Defence / CC BY 4.0 81飛行演技隊

ボーイング、F/A-18E/Fを使用したスキージャンプ方式による発艦テストを計画中前のページ

米メディアも失笑、イランが公開したのは宇宙服?幻のステルス戦闘機用フライトスーツ?次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    トルコ得意のUAV封じ?ロシア、トルコ空軍を監視するレーダー基地建設

    ロシアがシリア北東部にある都市「アル・マリキヤ」郊外に新しい基地を建設…

  2. ロシア関連

    ロシア失態か、第5世代戦闘機「Su-57」に関する機密情報がNATOに漏れる

    露メディアは8日、国営企業「ロスコスモス」の顧問を務めるイワン・サフロ…

  3. ロシア関連

    ロシア、第6世代戦闘機の開発はスホーイやミグでなくUACが担当

    ロシア通信(RIAノーボスチ)は16日、ロシアの第6世代戦闘機やMiG…

  4. ロシア関連

    ロシア、兵士が構えた携帯式防空ミサイルが暴発する恐ろしい動画

    ロシア製の携帯式防空ミサイル「9K38イグラ」を構えた兵士の肩で暴発し…

  5. ロシア関連

    日本も射程圏内、ロシアがカムチャツカ半島に極超音速ミサイル搭載のMiG-31Kを配備

    ロシアは太平洋方面に極超音速ミサイル「Kh-47M2 キンジャール」を…

  6. ロシア関連

    実戦配備への通過点、 ロシアが極超音速ミサイル「ジルコン」の連続量産を開始

    ロシアのタス通信は海上と陸上の目標を攻撃可能な極超音速ミサイル「ジルコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP