ロシア関連

中国軍の暴挙、航空ショー参加のため新型コロナが猛威を振るう湖北省の部隊を派遣

中国軍は2月11日からシンガポールで開催される航空ショーに、新型コロナウイルスが猛威を振るう湖北省に拠点を置く部隊が含まれたデモンストレーションチームを派遣した。

参考:Chinese military contingent, including aircraft from virus-hit province, arrive in Singapore for air show

中国の暴挙?新型コロナウイルスが猛威を振るう湖北省の部隊を海外へ派遣

シンガポールで開催される航空ショー参加のため中国軍のデモンストレーションチームが到着したが、デモンストレーションチームの機材や人員をシンガポールまで輸送したのは新型コロナウイルスが猛威を振るう湖北省に拠点を置く中国人民解放軍空軍第13輸送機師団所属の輸送機「Il-76」だ。

出典:Jim Gordon / CC BY 2.0

第13輸送機師団は武漢市を擁する湖北省に拠点を置いており、同機を運用しているのは湖北省の武漢市に駐屯する第38航空連隊と宜昌市に駐屯する第39航空連隊で、両市とも移動制限が行われている地域に該当する。

シンガポール国内で見つかった新型コロナウイルス感染者数は世界で3番目に多く、2月1日から過去14日の間に中国への渡航歴がある場合入国を禁止するなど厳しい措置をとっているにか関わらず感染者は増え続けており、航空ショーに参加を予定していた航空機メーカーや各国のデモンストレーションチームはウイルス感染を恐れて参加を見合わせている。

そもそも中国参加は主催者や利害関係者の事情によって直前まで公表されておらず、突然発表された中国軍参加の知らせにシンガポール国民や航空ショーに参加を予定している関係者は驚いている。主催者は派遣される中国軍の関係者には厳重な健康チェックや検温など予防措置が講じられ、シンガポール到着前に健康であることが確認済みだと話した。

中国が派遣するデモンストレーションチームは戦闘機「J-10」を装備した81飛行演技隊で、直前まで両政府間による協議が行われ最終的に中国軍参加が決まったらしい。

恐らく中国としては新型コロナウイルス感染拡大を避けるため航空ショー参加を取りやめるよりも、参加することで新型コロナウイルスの感染防止が適切に行われているところを世界に示したいという意図が透けて見えるが、シンガポールや中国以外の航空ショー参加関係者にとっては迷惑な話でしかない。

今の所、シンガポール航空ショーにF-22やF-35を派遣をする米空軍は辞退を表明していない。

 

※アイキャッチ画像の出典:Russian Ministry of Defence / CC BY 4.0 81飛行演技隊

ボーイング、F/A-18E/Fを使用したスキージャンプ方式による発艦テストを計画中前のページ

米メディアも失笑、イランが公開したのは宇宙服?幻のステルス戦闘機用フライトスーツ?次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    プーチン大統領に必要なもの、歴史ではなく国民を団結させる記憶の構築

    Kyiv Independentの取材に応じたジェイド・マクグリン博士…

  2. ロシア関連

    不幸中の幸い、大半のロシア人はヘルソン市からの撤退を気にしてない

    ロシアの独立系メディアのМедуза(メドゥーサ)は18日、部分的動員…

  3. ロシア関連

    ロシア、第5世代戦闘機「チェックメイト」の海外デビューに合わせて新しい情報を解禁

    今年7月に発表されたロシアの第5世代戦闘機「チェックメイト」は間もなく…

  4. ロシア関連

    ウクライナのインフラを全て破壊、2,000万人を難民としてEUに送り込め

    クレムリンの代弁者達は「もはやウクライナでの戦いは特別軍事作戦ではなく…

  5. ロシア関連

    ロシアが開発中のステルス無人機「オホートニク」、2024年までに量産機納入

    ロシアの国営企業「統一航空機製造会社(UAC)」は3日、2024年まで…

  6. ロシア関連

    ロシアによる傭兵募集は苦戦、楽な戦いではないためシリア側が難色か

    ウクライナ国防省情報総局は23日、多くのシリア人兵士は傭兵としてウクラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
PAGE TOP