ロシア関連

おそロシア、国際空港にロシア陸軍の歩兵戦闘車「BMP-3」が突撃

ロシア陸軍の歩兵戦闘車「BMP-3」が敷地の境界線に設置されたコンクリート製の壁を破壊して国際空港に突撃したと報じられている。

参考:Tanked Russian Soldiers Plow ‘Tank’ Through Airport Wall

国際空港に突撃する歩兵戦闘車BMP-3、これぐらいのことでは営業を中断しないロシアの国際空港

露メディアの報道によれば、訓練のため駐屯地から演習場に向かっていた陸軍の歩兵戦闘車「BMP-3」が突然、ヴォルゴグラード国際空港に向けて突撃を開始、敷地の境界線に設置された有刺鉄線とコンクリート製の壁を破壊して空港敷地内に侵入したらしい。

このBMP-3を操縦していた兵士は徴兵されたロシア人で飲酒状態だったとも報じられているが、なぜ演習場に向かう隊列から外れヴォルゴグラード国際空港に突撃したのかは謎だ。さらに追加でアップされた写真を見る限り問題のロシア人兵士は確保された模様。

因みにヴォルゴグラード国際空港は空港敷地に内にBMP-3が突撃してきても「通常通りの航空機運行を続けた」と報じられており、こちらも中々剛毅な対応と言える。

流石、おそロシア

 

※アイキャッチ画像の出典:YouTubeにアップされた動画のスクリーンショット

ナゴルノ・カラバフ紛争、ロシア国内でアルメニアに空挺部隊派遣の動き前のページ

原潜のニコイチ? フランスが火災で廃艦寸前の原潜「ペルル」修理を発表次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ギリギリセーフ? ロシアの対独戦勝パレード参加中の歩兵戦闘車「K-17」から黒煙

    ロシアは24日、モスクワの赤の広場で対独戦勝75年周年を祝う軍事パレー…

  2. ロシア関連

    ロシア、紅海に面したスーダンに原潜も寄港可能な海軍基地を建設

    ロシアのミシュスティン首相は11日、スーダンにロシア海軍基地を建設する…

  3. ロシア関連

    究極の乗組員保護、ロシアの次世代主力戦車「T-14」は遠隔操作で戦闘可能

    ロシアは最近、無人のT-14を遠隔操作して戦闘が行えるのか実証テストを…

  4. ロシア関連

    ロシアが米巡航ミサイルの無力化に着手? シリアで不発のトマホーク回収に成功

    シリアで回収された不発の米国製巡航ミサイル「トマホーク」を活用してロシ…

  5. ロシア関連

    空自機を狙うことも可能、ロシアが千島列島に「S-300V4」を初展開

    ロシア軍はクリル諸島(千島列島)に防空システム「S-300V4」を展開…

  6. ロシア関連

    ロシアのペテンが中国にバレた? S-400は極超音速兵器と交戦できない

    中国がロシア製防空システム「S-400」に不満を述べている原因について…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    流石大国、飲酒運転のレベルも日本とは比べ物にならないな
    にしても空港の対応も肝っ玉が座っていてスゲーわ

    24
      • 匿名
      • 2020年 10月 23日

      ロシアではよくある事。

      7
        • 匿名
        • 2020年 10月 23日

        国際線グランドスタッフに聞いてみた。曰く「空港スタッフも酔ってたんじゃない?」、納得。

        8
    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    ボコボコにされて確保されたのか……
    確保されてボコボコにされたのか……

    22
      • 匿名
      • 2020年 10月 23日

      あの国の事だからどっちもだろうね
      そうゆう事をした場合は隠したがるのが普通だけど
      それを公開するという事が怖い国だな
      この後も悲惨な目に遭うだろうが

      11
    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    確保時にボコられたのかコンクリート壁にウラー!した時に怪我したのか気になる一枚

    5
    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    ウォッカ飲みながら運転してたんだろうな

    9
      • 匿名
      • 2020年 10月 23日

      王道のロシア兵らしいエピソードでほっこりする

      19
      • 匿名
      • 2020年 10月 23日

      「ウォッカってロシア語でお水って意味だよ?」とでも言えばよろしいですか。

      5
      • 匿名
      • 2020年 10月 23日

      ロシアなら、戦略ロケット軍のオペレーターも酔っぱらってそうで恐ろしい。

      3
      • 匿名
      • 2020年 10月 23日

      「戦車に燃料を入れるだろ?そのあと人にも燃料を入れたんだ。」

      8
      • 匿名
      • 2020年 10月 23日

      都市伝説かもしれないが、旧ソ時代のアエロフロートでは普通に一杯やってから操縦桿を握っていたとか聞いた。

      2
    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    ツングースカでも同じような飲酒運転事件があったね。
    そっちは民家に突っ込んで壁壊してたけど雪降ってる季節に壁壊された住民が可哀想だったな。
    人的被害も無く空港も平常運転ということなので良かった(?)ですね
    あと動画だと砲手と車長も同乗してるようだけど止めようとかったのか?全員酔ってたのか?
    そして責任取らされるのは操縦手一人だけだけなのか?
    疑問が尽きない事故だ…

    9
    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    こういう映画あったよね、ドイツが舞台で戦車が暴走するやつ

    1
      • 匿名
      • 2020年 10月 23日

      たしかアメリカでもM60が高速道路を暴走した事件があったような。あれは飲酒じゃなくて怨恨線だったっけな

      2
        • 匿名
        • 2020年 10月 24日

        イギリスでもチーフテンが。

      • 匿名
      • 2020年 10月 24日

      多分その映画は、T-34ショックの対策で捕獲したT-34にソ連軍捕虜を乗せて実弾破壊実験をしていたが、1台のT-34が脱出し母国に向けドイツを疾走するストーリーでは?
      よだれ掛けを着けたSS将校なんかも登場した、いかにもなドイツ悪のソ連映画でしたが。
      「戦争のはらわた」のソ連軍突撃シーンも、戦車に集団で突っ込まれたら歩兵は蹂躙されるしかない恐ろしさが良く分かりました。
      今回は巻き添えになる人がいなくて良かった。

      1
        • 匿名
        • 2020年 10月 25日

        「鬼戦車T-34」、去年リメイク作品の「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」が本邦でも公開されてたな

    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    BMP-3に一人で乗ってたのか?
    なんか色々突っ込みどころ満載のニュースだな。

    5
      • 匿名
      • 2020年 10月 23日

      ようわからんな。それがロシアといえばロシアか。

      3
    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    なんかコメントしようと思ったが何も思いつかんわ
    意味わかんすぎる

    8
    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    ロシア、たまに公道や民間施設に飲酒運転で突っ込む装甲車が発生するのさすがという感じしかない

    6
    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    日露戦争の頃は、軍でも昼夜はウオッカが支給される素晴らしい国だよ
    いまも飲酒くらい大目に見ないと兵役が忌避される時代なんだろ
    でもやらかすとボコられるのがロシア流

    4
    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    国が違えば常識もずいぶん異なるんだな
    自衛隊じゃまず考えられないが、ロシアならまぁ有り得ない話じゃないなと納得してしまう人も多かろう

    5
      • 匿名
      • 2020年 10月 24日

      宇宙ステーションにまでこっそりウオッカ持ち込んでたんだよ、それも一人でなく、手口を歴代宇宙飛行士の引き継ぎ事項として(笑)
      すばラッシィーヤ、おそロシア

      2
    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    ロシアのハナ肇

    • 匿名
    • 2020年 10月 23日

    ……流石です!(思考放棄)

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP