米国関連

国防総省、ウクライナ周辺に集結したロシア軍は動員予想の100%に到達

米国の国防総省は23日、ウクライナ周辺に集結したロシア軍の状況について「プーチンが侵攻に動員すると予想していた全戦力の100%に近い」と明かしたため注目を集めている。

参考:The latest on the Ukraine-Russia crisis

戦争開始を告げる爆発音はもう間もなく絶望と共にやって来るはずだ

ウクライナ周辺に集結したロシア軍の状況について国防総省は23日に行われた会見で「プーチンが侵攻に動員すると予想していた全戦力の100%に近い、特に重要な攻撃用ミサイルを含む全戦力をウクライナ国境近くに移動させた」と述べ、最もウクライナ国境に近づいたロシア軍部隊は「国境まで僅か5kmの位置だ」と明かした。

出典:Минобороны России

ただ攻撃ポイントに移動済みの戦力割合については「80%」だと答えているので、侵攻開始に必要な最終準備はまだ完了していないのだろう。

しかし侵攻に必要と見積もられていたロシア軍の集結が完了したというのは非常に悪い知らせと言える。

出典:Сухопутні війська ЗС України

バイデン大統領はウクライナのゼレンスキー大統領に「ロシアが48時間以内に隣国へ侵攻する準備を進めている」と通知したが、幾つかのNATO加盟国やオーストラリアは「24時間以内にロシアが侵攻を開始する」と主張しており、プーチン大統領もトルコのエルドアン大統領に「米国やNATOの反応に失望した」と述べたため、戦争開始を告げる爆発音はもう間もなく絶望と共にやって来るはずだ。

関連記事:米国、ロシアが48時間以内に侵攻を開始する可能性をウクライナに通知

追記:ロシアはクリミア半島の検問所を全て閉鎖、さらにドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国は正式な文書で「ウクライナの侵攻を撃退するための支援」をロシアに要請したらしい。

 

※アイキャッチ画像の出典:Минобороны России

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

退役済みのSu-24を輸送するロシア軍、ウクライナ空軍の攻撃を偽装か?前のページ

ロシア軍派遣の大義名分が届く、ドネツクとルガンスクが支援を正式要請次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    自由を守る戦い、退役米軍人3,000人がウクライナの呼びかけに応じて参戦

    Voice of Americaは5日「駐米ウクライナ大使館の呼びかけ…

  2. 米国関連

    極超音速ミサイル「迎撃方法」研究開始!米国、2~3年でロシアや中国に追いつく

    米国は、極超音速ミサイル開発において先行するロシアや中国に対し、どこま…

  3. 米国関連

    意味不明、米国の国際空港で仏製空対空ミサイルが発見され大騒ぎ

    米国のフロリダ州レイクランド・リンダー国際空港で輸送用コンテナからフラ…

  4. 米国関連

    2027年に新型エンジンをF-35Aに搭載予定、航続距離は30%拡張され加速性能は2桁向上

    国防権限法最終バージョンが下院を無事通過して上院採決や大統領署名も大き…

  5. 米国関連

    米国防総省、ウクライナ軍が占領された地域の奪回に動いている

    米CNNは22日、国防総省の話を引用して「ロシア軍に占領された地域の奪…

  6. 米国関連

    アップグレード完了でF-22Aは2060年まで飛行可能、但しラプターの将来は未知数

    米空軍は27日、第5世代戦闘機F-22Aに対する機体構造のアップグレー…

コメント

    •  
    • 2022年 2月 24日

    NATOの東進が悪くてプーチンにウクライナを攻める気はないって記事何度も上げてた人がいたけど、これを見てもまだ同じこという気なのかしら。

    19
    • ド・ゴール主義派おじゃる丸
    • 2022年 2月 24日

    今回のウクライナ-ロシアの件でトルコは難しい立場にいるよね
    政治的にも経済的にも

    ウクライナはトルコにマルマラ海の両海峡閉鎖を要請してますけど、
    対応は微妙でしょうね

      • ネトウヨ
      • 2022年 2月 24日

      流石にトルコも今回はウクライナに付くんじゃないか?これでロシア側についたらNATO崩壊だろう、あのドイツですら批判が集まったからかパイプライン(2番めの方)建設?を止めようとしてるのに・・・

      7
      • A
      • 2022年 2月 24日

      トルコとしたらウクライナに売却した自国のUAVがどれだけ活躍できるかも見たいところでしょう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP