米国関連

米国、ロシアが48時間以内に侵攻を開始する可能性をウクライナに通知

米国のバイデン大統領はウクライナのゼレンスキー大統領に「ロシアが48時間以内に隣国へ侵攻する準備を進めている」と通知したらしい。

参考:Exclusive: US Warns Ukraine of Full-Scale Russian Invasion Within 48 Hours

今週末までにロシア軍がウクライナへ侵攻を開始するため準備を進めているとウクライナに警告

米メディアのNewsweekは米諜報当局の話を引用して「ロシアが48時間以内に隣国へ侵攻する準備を進めているとウクライナは米国から警告されている」と報じており、さらに米諜報当局は「ロシアが24日未明にウクライナ領空を侵犯して偵察飛行を行う可能性がある」とも指摘しているらしい。

この情報についてゼレンスキー大統領に近い関係者もNewsweekに対して「事実だ」と認めており、米諜報当局は「このような動きに先行してサイバー攻撃が行われるはずだ」と明かしたが、現在ウクライナでは15日と同様のDDoS攻撃が確認されていて政府機関の一部Webがダウン、国内銀行にもハッキングが行われ口座やキャッシュカードのロックや利用者に対するランダムなメッセージ送信が行われている。

ウクライナ当局がDDoS攻撃に対処中で今のところ影響は限定的だが、48時間以内にロシアが侵攻するなら今後サイバー攻撃の規模は加速度的に量と範囲を拡大してくだろう。

因みにゼレンスキー大統領は23日の緊急演説の中で予備役招集を発表したが、現在3万6,000人の予備役がウクライナ軍によって5,000人の予備役が国境警備隊と治安部門によって招集されている最中で、健康状態のチェツクが終えた者から指定された地域に送り込まれるらしい。

出典:Defence of Ukraine

追記:ウクライナ国防省は過去24時間にロシア軍が戦車28輌、歩兵戦闘車116輌、野砲22門をドンバス地域に配備したと発表。

関連記事:ウクライナ政府機関へのサイバー攻撃を確認、現段階での影響は限定的
関連記事:ウクライナ情報機関が警告、キエフ、ハリコフ、ヘルソンにロシアが侵攻する
関連記事:ウクライナ大統領が予備役招集を発表、我々は泣くのではなく勝つのだ

 

※アイキャッチ画像の出典:Минобороны России

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ウクライナ政府機関へのサイバー攻撃を確認、現段階での影響は限定的前のページ

退役済みのSu-24を輸送するロシア軍、ウクライナ空軍の攻撃を偽装か?次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米空軍、事故損耗分を補充するため砂漠で保管中のB-1B現役復帰を決定

    B-1Bは本来の任務からかけ離れた長距離近接航空支援任務に駆り出され、…

  2. 米国関連

    米空軍、B-52Hの新型エンジンにロールス・ロイス製「F130」を採用すると発表

    米空軍は今月24日、76機のB-52Hが搭載するエンジン「TF33」を…

  3. 米国関連

    米陸軍は155mm砲弾の生産量を朝鮮戦争の水準に戻す、2年以内に月産9万発

    米陸軍は「2025年までに155mm砲弾の生産量を月4万発に引き上げる…

  4. 米国関連

    ウクライナ軍の型破りな戦術、ロシア軍が破壊したのはHIMARSの木製ダミー

    Washington Post紙は30日、ウクライナ軍はロシア軍と戦う…

  5. 米国関連

    失敗から学んだロシア軍、徘徊型弾薬でウクライナ軍の防空能力を制限か

    海外のディフェンスメディアは待望の反攻作戦が始まったザポリージャ州とド…

  6. 米国関連

    米空軍、2021年に予定していたステルス爆撃機「B-21」の初飛行を延期

    米空軍は2021年12月に予定されていたステルス爆撃機「B-21」の初…

コメント

    • 匿名
    • 2022年 2月 24日

    冬季迷彩のBMPT2やTOS1が続々と目撃されてます
    全量投入に近いですから次はアルマータ部隊でしょうか?
    あの辺は実績あげるより姿を見せる事に意味があるかもしれない

    3
      • 四凶
      • 2022年 2月 24日

      アルマータが表に登場してから5年以上は部隊の戦力化が

      • 四凶
      • 2022年 2月 24日

      アルマータが表に出てから5年以上は経っているがまともな量産が予算面で25年からみたいな話あるし

    • hiroさん
    • 2022年 2月 24日

    矢継ぎ早に米国に情報提供しているのは誰なんだろう。
    内容からすると、ロシア軍及び政府の中枢に近い人物(またはスタッフ)か?
    戦争反対派がいるということか。
    摘発されないことを祈ります。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP