ロシア関連

露ワグネルのプリゴジン氏、要求が満たされたため我々はバフムートに残る

露ワグネルのプリゴジン氏は7日「ロシア国防省はワグネルが要求した全ての提供を約束したため我々はバフムートに残る」と発表、ワグネルがバフムート市内から徹底する話は消えて無くなった格好だ。

参考:Пригожин уже говорит, что ему пообещали “боеприпасов столько, сколько потребуется”

もう何が何だか良くわからないが、ウクライナ軍が置かれている状況が悪化してしまった

露ワグネルのプリゴジン氏は5日「5月10日にバフムート市内の陣地をロシア軍に引き継ぎ後方に後退することを宣言する。部隊を後退させるのは弾薬ない状況では無意味な死を迎える運命にあるからだ」と発表していたが、ロシア国防省はワグネルが要求した全ての提供を約束したため「ワグネルはバフムートに残る」と発表した。

出典:Пресс-служба Пригожина

プリゴジン氏は7日「ロシア国防省は前進に必要な武器や弾薬の提供を約束した。ワグネルの側面に必要とされる全てのものを配置し、敵から切り離されないようにすると誓っている。我々はバフムートで好きなように行動してよいと言われた」と報告しており、ワグネルがバフムート市内から徹底する話は消えて無くなった格好だ。

もう何が何だか良くわからないが、プリゴジン氏の報告が真実なら国防省上層部とワグネルの対立は解消された可能性が高く、ワグネルからバフムート市内に陣地を引き継ぐため到着した「カディロフツィの特殊部隊」は増援という形に変わり、ウクライナ軍が置かれている状況が悪化しただけとも言える。

関連記事:露ワグネルのプリゴジン氏、5月10日にバフムートから後退すると正式発表
関連記事:露ワグネルのプリゴジン氏、ゲラシモフ総司令官やショイグ国防相を名指しで批判
関連記事:バフムート市内を巡る戦い、ウクライナ軍が保持する前線位置に変化なし

 

※アイキャッチ画像の出典:Telegram経由

バフムート市内を巡る戦い、ウクライナ軍が保持する前線位置に変化なし前のページ

パトリオットによるキンジャール迎撃成功、ロシア軍から確実な攻撃手段を奪う次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ショイグ国防相がロシア軍の大増強を発表、49万人増の150万人体制

    ロシア軍は1月1日に「101万人体制」から「115万体制」に拡張された…

  2. ロシア関連

    プーチン大統領はワグネルの行動を反逆と認定、内戦に発展する可能性も

    プーチン大統領は「ワグネルの行為はロシアに対する裏切りで脅威から祖国を…

  3. ロシア関連

    ロシア軍兵士80人がウクライナでの任務を拒否、演習への参加だと騙された

    ロシア海軍歩兵に所属する80人が「演習に参加すると言われて戦闘区域に連…

  4. ロシア関連

    プーチン大統領、フィンランドやスウェーデンのNATO加盟に問題ないと表明

    プーチン大統領は15日、フィンランドやスウェーデンのNATO加盟はロシ…

  5. ロシア関連

    ロシア、第5世代戦闘機「チェックメイト」の海外デビューに合わせて新しい情報を解禁

    今年7月に発表されたロシアの第5世代戦闘機「チェックメイト」は間もなく…

  6. ロシア関連

    ロシア、新型のステルス爆撃機「PAK DA」はスタンドオフミサイルのみで運用

    ロシアのイタルタス通信(TASS)は9日、新型のステルス爆撃機「PAK…

コメント

    • らんらんるー
    • 2023年 5月 07日

    戦地での喜劇を見せられているようだ…
    早く悲劇の幕が下りますように

    34
      • class
      • 2023年 5月 08日

      クリフハンガーはもう十分なんですよね…

      3
    • hoge
    • 2023年 5月 07日

    ズコー!

    色々と深読みしたのに…

    13
      • ううう
      • 2023年 5月 08日

      まあ撤収するにしても「今から撤収する」と宣言して撤収する軍隊なんてあるわけないよね
      色めき立っていたのはマスコミ関係者だけで、軍人さんたちは全く意に介していなかったんじゃないかな

      24
        • nachteule
        • 2023年 5月 08日

         軍人とか軍隊とかの意味を考えると民間であるPMSCが、その枠組みに入るのかはあるし契約が履行されないなら契約者の不利益になろうが自社の利益を追求するのが企業として正しい姿。国に所属する軍隊ならば言語道断だろうが利益を追求する民間企業と言う前提が抜け落ちている気がする。

         書かれている「軍人さん」はワグネル従業員の事を指しているかは分からないけど彼らだって無駄死になんてしたくないだろうし流石に国に対する使命感だけで残るとかあるのかな?それなら民間組織なんて所属しないで正規の軍隊に志願すべきだと思うけど。

        1
      • ロシア人上司の下で働いた元部下
      • 2023年 5月 08日

      ロシア人の言うことではなく、ロシア人がやっている事を見て判断する。これが正解。
      ロシア人の行動を正確に観察すれば、我が身に降りかかる火の粉から逃れることができますよ。
      恥の文化なんぞロシアには無いのだから、騙された人が愚かで損をする。
      ちなみに私、マリファナ取引の現物流通を会社のコンテナに隠して輸出やってた上司を告発して刑務所に入れましたw
      ロシア人には気をつけて!

      35
    • STIH
    • 2023年 5月 07日

    やっぱ茶番じゃねえか。
    これで一ヶ月くらいしたら、約束が果たされてないとか言って、撤退するとか言い出すんじゃないですかね。

    59
      • くらうん
      • 2023年 5月 07日

      先月も正規軍との対立が解消されてバフムトの攻略が早まるとかやってた直後ですからね。
      正直、大半が内ゲバの論理であるプリゴジンの言葉に外野がいちいち意味を求めるのも馬鹿らしく思えてきます。

      27
      • れんちゃ
      • 2023年 5月 07日

      当人達は大真面目だと思いますよ。責任がどっちにあるかって話ですから…まあ、ウクライナ側からしたらどうでも良い話でしたけども。ロシア軍かワグネルかカディロフか…誰がこの地区で主要になるかなだけで根本的にロシア側がここに拘るのを止めなきゃ意味なんかないですからね。
      これ2月頃から一ヶ月毎にやってて、そのたびにお叱り喰らって少し黙って、ついには撤退しちゃうぞと脅しだしてきたという話ですからね。また言い出しそうではありますね。

      11
    • カトウタカシ
    • 2023年 5月 07日

    これ普通に偽情報流してウクライナ軍を嵌めようとしただけなんじゃ…

    35
      • paxai
      • 2023年 5月 07日

      なんならウクライナ軍は引っかかったんじゃね?市内で部分的反攻作戦を行ったって話が出てたし。
      それを返り討ちにしてから進撃や!ってのは凄く合理的に思える。

      21
      • 2023年 5月 07日

      孫子の兵法曰く「敵を自在に操る者は、わかりやすい形を見せれば敵は必ずおびき出されてくるし、エサを与えれば敵は必ず食いついてくる。利益で敵を釣り、急きょ待ちかまえるのである。」

      9
        • れんちゃ
        • 2023年 5月 08日

        どっちかって言うとロシアが騙してるのは自国兵士な気がするのですが…訓練だと言われて暗号無線や追加弾薬ナシに戦地で下ろされたりしてましたよね。今回もプリゴジンとゲラシモフら上司達が何やってるのかチンプンカンプンだったのでは?ようやく後方へ引き下がれると思ってた兵士たちはゲンナリしてそう…

        19
      • マロリー
      • 2023年 5月 07日

      プリコジンが遺体の前で「弾がねぇぞ!弾よこせッ!!こんなん無駄死にじゃねぇか!やってられるか!!!俺らは帰るッ !!!!聞いてるかッ!!!?ショイグ!!!ゲラシモフッッ!!!!!!!!!!!!オラァッ!!!!!」ってキレ散らかしてる動画見たけど、あれば芝居だったとは到底思えない。

      ロシア語はわからんが、状況や表情、態度、声音からかなり本気でキレてた。 

      ロシア国防省もこのブチギレ動画とバフムト撤退宣言の国際的な影響力を危惧して、渋々弾を提供してやって、プリコジンも渋々受け入れたみたいな感じでしょ。 お互い納得はしてないけど、撤退宣言の動画が広がるのはロシア的には不味いんで撤回させたかったんでしょ。

      4
    • 名無しさん
    • 2023年 5月 07日

    ウクライナメディアでも「ロシア軍の砲撃は減っていない」と報じられていましたし、現場はまともに取り合ってないんじゃないですかね。一時的にロシア軍の攻勢が止まった段階でウクライナ軍はローテーションを実現できたようなので、引き続き、ウクライナ軍は反撃の下準備を続けるだけでしょう。

    41
      • sss
      • 2023年 5月 08日

      そもそも、この冬季攻勢もクリスマス休戦とか嘘ついて攻勢始めましたしね。
      戦争開始からロシアはずっと嘘ばかり、ウクライナ側は誰も信じちゃいないでしょう。

      3
    • 魚虎
    • 2023年 5月 07日

    プリゴジンは着々とロシア内での発言力を増していますね。
    今回のパフォーマンスは彼にとって最高の結果で終わることになりそうです。

    18
    • チェンバレン
    • 2023年 5月 07日

    派手に暴れて、欲しかった支援を取り付けた格好か
    この戦争犯罪者どもは全員戦場の露と消えればいいんだがな

    23
    • 傍観者
    • 2023年 5月 07日

    プリコジンはなかなかの役者だ。ウクライナの役者とは一味違う。ウクライナ発情報でも昨日位から露軍の増援が続々バクムトに入っているとかの情報もある。
    バクムトミートグラインダーの企画者のスロヴィキンが作戦の連絡・調整を行う。チェチェン部隊が投入される。PMCの指揮官は全てバクムトで戦いたいと表明した。武器、弾薬は要求通り供給され、PMCの側面を露軍が責任をもって防衛すると約束した。などから想像すると、バクムトを陥落させ、退却するするウクライナ軍に膚接して攻勢にでる可能性も排除できない。PMCが一旦再編で後方に下がるか?さてどうなるか見ものだ。

    16
    • はひふへ~ほ~
    • 2023年 5月 07日

    結局単なる条件闘争だけだったということかな?
    思ってより早くバレたな。

    2
    • mun
    • 2023年 5月 07日

    形だけであろうと制圧を完了してから引き上げるのならわかりますが
    制圧を完遂もできず、旗色が悪い状態で勝手に戦場を去るのであれば
    それは敵前逃亡に他ならないため非常にマズイです

    プリコジンの筋書きとしては
    9日までに市内の制圧を完了したうえで引きたかったのでしょうが
    制圧できそうにないため、去りたくても去れないでしょう

    まだ時間はかかりそうですが、市内の制圧を完了するまでは引けないです
    せめて制圧を完遂したという手柄くらいは手に入れなければ
    踏んだり蹴ったりですからね

    7
    • 2023年 5月 07日

    3倍の砲弾をくれてやると言うことか。
    あんだけ大見えを切った手前、撤退とは言えなくなったよね。
    砲弾は何処から捻出するんだろう。
    他方面からならウクライナ軍も嬉しいだろあなあ。

    2
    • YK
    • 2023年 5月 07日

    ウクライナの新聞記事では「プリゴジンは嘘つきで、ワグナーはますます猛攻を強めている。弾薬が足りないなどありえない。」とありました。ロシアのペスコフ報道官もノーコメントと言っていたことと合わせると信じるだけばからしかったと言えるようですね。

    38
      • れんちゃ
      • 2023年 5月 07日

      元々責任の押し付け合いで攻撃はますます激しくなってると言われてましたからね。30%云々はプリゴジンが大袈裟な事を言ってるだけという話でしょう。
      次に注目されるのは引き続きこのペースで続くのか、何かテコ入れで一層の大規模浪費を試みてはみるのか?といった所でしょうかね。あと、カディロフの部隊がどう加わってくるのかどうかも。ワグネルを引き継ぐ話どうなるんですかね?増援として引き続き継続するんですかね?

      4
    • shkk
    • 2023年 5月 07日

    内容としては俺らが功績をあげるのを邪魔する奴が居るんですよ!って言ってるようなもんだったし
    意図的か意図的じゃないにせよ補給が多少は滞ってたんじゃないかな

    まぁ文句って言ってる時は「もっと俺に補給をくれ!」って言ってるだけ(それ以外に意味はない)と思った方が良さそうだね

    • Ard
    • 2023年 5月 07日

    取り敢えず注視って気持ちでいたけど、自分が前から「ロシア人は帰ると言って帰らない。ダメになったら何も言わずに帰る。」って言ってたのがそのまま当てはまったわ。
    自分もみんなもしっかり覚えとこう。

    39
    • pon
    • 2023年 5月 07日

    さすがはロシア、現地情報を絶えずチェックして諜報機関のヒューミント情報にでもアクセスできないと見ぬけれないですよねと言い訳と反省。
    欧州の政争は複雑怪奇ですね。

    チェチェンの特殊部隊アフマトがすでに展開していたようで
    カディロフは、チェチェン軍の部隊が、ポパスナ、セヴェロドネツク、リシチャンスク、およびウクライナのドネツク州とルハーンスク州の他の地域でワグナー軍と共に戦ったと報告した。
    と語っていてワグネルが撤退した時点で持ち場を入れ替える予定だったのですが、残留を発表しただけにアフマトは遊撃部隊で備える形なのでしょうか?兵数が分からないので予想が難しいですね。

    3
    • たら
    • 2023年 5月 07日

    日本のメディアは「撤退が転機に」と言ったような記事を書いているところもありました。やはり,そうしてほしいという願望が事実を見る目を曇らせるのですね。

    31
      • LI
      • 2023年 5月 08日

      ちょっと調べてみましたが宇軍報道官の発言を引用している記事しか見当たりませんでした。
      日本のメディアが願望で〜というのは勘違いではありませんか?

      リンク

      6
      • LI
      • 2023年 5月 08日

      ちょっと調べてみましたがCNN日本語版の宇軍報道官の発言を引用している記事しか見当たりませんでした。
      日本のメディアが願望で〜というのは勘違いではありませんか?

      4
    • 7.74
    • 2023年 5月 07日

    クレムリンとワグナーの茶番見せられてる感じしますね。プリゴジンの言う事で何かが変わったと言うより、ワグナー兵士のガス抜きの為に撤退やら批判動画上げたんじゃ無いかとすら思えて来る。

    10
    • パンピー
    • 2023年 5月 07日

    全てプリゴジンのシナリオ通り

    8
    • れんちゃ
    • 2023年 5月 07日

    プリゴジン氏とロシア軍の険悪な話がロシア側の流出資料と共に世界中を駆け巡りました。こうなってしまってはプーチン大統領の支配力と仲裁力への疑念という形に受け取られてしまいますよね…従って、記念日を前に考え直せという仲裁が入ったのかと。むしろあんなやりとりが平然と行われていた状況の方が異常な話だったとすら言えるのかも知れませんね。
    元々、カディロフがワグネルの残存部隊を引き継ぐ流れだったとも言われています。ですので、この場所での戦闘状況は表面的にワグネルの看板が下がるかどうか程度で実質的には変わりなく、あまり変わってなかったと思いますよ。むしろ期日までになんとかならないかと、あれこれ悪あがきをするでしょうから、焼夷弾攻撃とかも激しくすらなってますよね。
    ただ、こうした場所にある密集団地というのは処理に時間がかかってしまうので苦慮している様ですが…

    ここに損害や物量を度外視してつぎ込んだ上に、他にドンバスを制圧する良いプランがある訳でもないとなるとロシア側としても引き続き見栄を張る必要もあるのでしょう。しかし、一時的に追い出してもまた来られて取り返えされてたのでは意味もない。なんとも薮蛇な戦いというか…

    1
    • 将軍ゲネポス
    • 2023年 5月 07日

    プリゴジンがバフムトから撤退する声明を発表した後、一部のウクライナメディアは嘘だと指摘していましたが、CNNまでもプリゴジンの発言は嘘であると報じていました。
    また、現ウクライナ大統領顧問ミハイル・ボドリャクに至っては砲弾不足だけでなく、ワグナーとロシア正規軍との対立自体が嘘であり、プリゴジンはバフムトにウクライナ軍を誘い込もうとしていると発言しています。
    プリゴジンがあっさりと前言を撤回したのは思いの外、ウクライナ側が誘い込みに乗って来なかったからかもしれません。

    4
    • れんちゃ
    • 2023年 5月 07日

    結局の所ワグネルがやりたかったのは責任を背負いたくないという話ですので…これはワグネルのせいではないという仲裁の形でのロシア軍が泥を被る形でのお墨付きを貰えて、あまり騒ぎ過ぎるなとも釘を刺されたならば当面はおとなしくしておくという事なのかと。
    ウクライナ側から見たらロシア側戦力が完全撤退した訳でもないし、相変わらず期日を目指して悪あがきを続けている為にあまり変わらないのでしょうが、ロシア軍とワグネルの押し付け合いとしてはワグネル側が若干押し込んだ格好になるのでしょうかね?ただ、非を受け入れさせたとしてもショイグとゲラシモフを討ち取った訳でもない。また半月か一ヵ月後にはショイグ!ゲラシモフ!と叫んでるのかも知れません。毎月の様に同じ様な事を言ってますよねプリゴジン。今回は期日を切って来たので少し切り口違いましたけども。

    4
    • かくさん
    • 2023年 5月 07日

    バフムトの戦況がどうのこうのよりプリゴジン氏達の権力闘争ってだけの感じがしますけどね。
    ウクライナどころかクレムリンでさえ何がどうなってんのか把握できてないような…

    7
    • 鼻毛
    • 2023年 5月 07日

    バクムートにロシア軍の資材が集積されたなら、他が薄くなって攻勢するウクライナ軍が有利になったという考え方もできますけどね

    2
      • れんちゃ
      • 2023年 5月 07日

      そこらへんは今後の映像情報や各方面からの報告を見てみないとなんともですね。
      元々ロシア軍に対する責任転嫁の為の難癖みたいなもんですからね。ロシア軍は相応の供給はしてたんですよ。
      1/3まで急激に減ったとかそんな兆候聞いてないですしね。そもそも、あれで1/3なら相応な量ですよね。
      むしろその1/1の量ってどんだけの量なの?って疑問すらある。

      • もい
      • 2023年 5月 08日

      攻撃に使う武器と防衛に使う武器はわりと違いますけどね
      実際バフムートに戦車や戦闘車両が展開されているようには見えないし、なんの弾薬を補給していて何が不足なのか不明だが、今必要なのは空爆、爆撃だろう

      他の前線では積極的に砲撃していないので弾薬は既にある程度溜まっているはず

      とりあえず他の前線の歩兵は偵察ドローン及びランセット3、コルネットとPRO-Aサーモバリックロケットランチャー、
      MANPADSあとは対戦車地雷があれば防衛は出来るでしょう
      自走砲、野戦砲は正直活躍している様子が全くない。TOS-1も対機甲師団防衛にはあまり向かない気がする
      なんにしろ背後に旧式戦車でもいいからある程度の砲塔があれば増援が来るまで持ちこたえる事はできる
      喉から手が欲しいのは中国のHJ-12(中国版ジャベリン)

      2
        • れんちゃ
        • 2023年 5月 08日

        他の方面でも都市部にどかどか砲弾降らしてますし、川や前線に近付こうとするウクライナ兵にも接近阻止砲撃してますよ。

        1
    •  
    • 2023年 5月 08日

    ロシア側はカディロフ部隊が追加された形だしウクライナ側は日に数百人単位で増援送り込んでるみたいだしまだまだバフムトの殴り合いは続きそうだ

    3
    • class
    • 2023年 5月 08日

    私を始め見事に引っかかりましたね
    こういう情報は疑うだけ損がないですね、やっぱり

    2
    • える
    • 2023年 5月 08日

    そもそもこの話はウクライナはロシア軍の内輪もめ当てにして戦ってるわけじゃないので関係ない立場
    ウクライナは誰が来てもやれるだけやるだけで何ををしゃべったからでは元から動いてないだろう
    だからこれはロシア軍の組織のおかしさがわかる話となるはず
    ロシア軍が合理的な組織じゃないから話通すにはコネやアピールが大事なんだろう
    これは大半の指揮官は問題があっても上に話は行かないしってそこら中でなるわ

    4
    • おわふ
    • 2023年 5月 08日

    独裁国家の軍隊がSNSを持ったら、こうなるのか。
    ある意味時代の最先端で、思考実験的意味の多い戦場だなあ。

    8
    • Artillery
    • 2023年 5月 08日

    知ってた
    絶対こうなると思ったわ
    プリゴジン劇場でいちいち騒ぐのは時間の無駄です

    7
    • TKT
    • 2023年 5月 08日

    要するにワグネル社の部隊というのは、ロシア軍の、ショイグ国防相や、ゲラシモフ大将の指揮下にあるロシア軍の一不正規部隊に過ぎず、補給をロシア軍に依存している以上、好き勝手な行動などができるはずはないのです。

    ワグネル社だけを気にして戦況を判断するのは、まさに木を見て森を見ず、というのと同じで、ワグネル部隊の弾薬が足りないからロシア軍全体の弾薬が足りないとか、ワグネル社が撤退するからウクライナ軍の反撃の好機、ということはないのです。

    ワグネル社の部隊の弾薬が足りなくても、バフムトにいるウクライナ軍への砲撃が減らないのは、親衛空挺師団を始めとするロシア軍部隊が他にもたくさんいるからです。

    この一件でわかるのは、むしろ逆にワグネル社の部隊はロシアの国防省やロシア軍の司令部によって統制、指揮されているということです。

    9
    • panda
    • 2023年 5月 08日

    いつも通りの政治的駆け引きであってそれ以上でもそれ以下でも無かったと言う事ですね

    3
    • かず
    • 2023年 5月 08日

    小泉悠さんなんかは、ロシアは中世の宮廷政治闘争をやりながら同時に現代戦を行っているって言ってましたね
    西側の常識から推察される芝居やブラフではなく、当人達にとっては死活問題、やらんと死んでしまう行動なんだと思います

    7
    • ばく
    • 2023年 5月 08日

    ロシア国防省「弾が欲しいんだろ?くれてやるよ(発射ボタンポチー)

    1
    • 2023年 5月 10日

    ロシアの戦術核でウクライナと一緒に処理されないと良いですね・・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  5. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
PAGE TOP