米国関連

バイデン大統領、ウクライナ侵攻をプーチン大統領が決断したと表明

米国のバイデン大統領は18日(現地時間)午後、ウクライナ情勢について記者会見を行い「プーチン大統領がウクライナに侵攻する決断を下した」と語った。

参考:The latest on the Ukraine-Russia border crisis

今この瞬間、私は彼が決断したと確信している明かしたバイデン大統領

これまでバイデン大統領は「ウクライナ侵攻についてプーチン大統領が決断を下したとは思わない」と繰り返し述べてきたが、18日(現地時間)午後の記者会見で「今この瞬間、私は彼が決断したと確信している」と明かしたため「プーチン大統領がウクライナに侵攻する決断を下した」と報じられている。

出典:The White House

数時間前にプーチン大統領はロシア軍の予備役招集に関する法令(ロシア軍の予備役を招集して最大2ヶ月間の戦闘訓練を施し技量の維持・向上を図る目的)に署名したと報じられており、もはや戦争は避けられないところまで来ているのだろう。

関連記事:プーチン大統領、18日にロシア軍の予備役招集に関する法令へ署名
関連記事:第二次大戦以来最大の動員数、ウクライナ侵攻のため集結したロシア軍は最大19万人

 

※アイキャッチ画像の出典:Минобороны России

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

プーチン大統領、18日にロシア軍の予備役招集に関する法令へ署名前のページ

パイプライン爆発はウクライナの攻撃と主張する親ロシア勢力、ウクライナは偽情報だと反論次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米開発中の新型対空ミサイル「AIM-260」、中露を圧倒する射程300km台実現?

    これまで米国は、AIM-120を改良することで性能を向上させてきたが、…

  2. 米国関連

    米空軍、米海兵隊と同様のリスク軽減措置導入でMV-22の飛行再開を承認

    米空軍はMV-22オスプレイのクラッチスリップを問題視して先月16日に…

  3. 米国関連

    バイデン大統領、少数のATACMS提供をゼレンスキー大統領に伝達か

    米国が21日に発表した支援パッケージにATACMSは含まれていなかった…

  4. 米国関連

    GA-ASIが新型UCAV「モハベ」を公開、支援装置なしで軽空母や強襲揚陸艦からの運用も可能

    ジェネラル・アトミックスは9日、以前から公開を予告していた新型無人戦闘…

  5. 米国関連

    ソースコード提供拒否か? 米陸軍、イスラエル製防空システム「アイアンドーム」調達を中止

    米陸軍はイスラエルが開発した防空システム「アイアンドーム」調達をこれ以…

  6. 米国関連

    空母は時代遅れ?米国が「悪魔の兵器」と呼ぶ極超音速ミサイルの脅威

    米国の上院軍事委員会は、極超音速ミサイルの登場で、火力投射ツールとして…

コメント

    • tarota
    • 2022年 2月 19日

    何が始まるんです?

    1
    • 無無
    • 2022年 2月 19日

    キューバ危機はアメリカの強気と、ソ連の情報読み間違えで無事終結した、双方キューバとトルコから核撤去という妥協もやった
    バイデンの外交力がどんなもんか、プーチンはすでに王手をかけてるぞ

    6
    • すえすえ
    • 2022年 2月 19日

    普通に戦争始まりそうだが ドイツとフランス間抜けだな何の役にも立ってない

    26
    • 58式素人
    • 2022年 2月 19日

    戦争が始まった場合、
    自国のことで一生懸命であろうウクライナを別として、
    他の関係国(?)は戦争の規模をどこで抑えるつもりだろうか。
    扱う兵器は、通常兵器の範囲とは思うのですが。

    • や,やめろー
    • 2022年 2月 19日

    これの勝敗により世界のアメリカに対する見方が変わると思う。まあこれを日本は見習ってサイバー攻撃や現代の戦い方を考えて訓練すべきだね。

    11
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  2. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  3. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  4. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP