米国関連

バイデン政権、ウクライナへのサイバー攻撃はロシア軍による犯行と発表

ホワイトハウスは18日(現地時間)午後、ウクライナ国防省や銀行に対するサイバー攻撃はロシア軍参謀本部情報総局が関与したものだと発表した。

参考:White House says Russia behind cyberattack on banks, ministry in Ukraine

今回の発表はロシアを牽制する意味合いがあるのかもしれないが抑制効果がどれほどあるのかは謎だ

ウクライナは今月15日、国防省と国内の最大手の銀行2行(PrivatとOshchadbank)がサイバー攻撃(DDoS攻撃)を受けてサービスが数時間停止に追い込まれる事態に直面、ウクライナの情報当局は「ロシアによる犯行の可能性が高い」と主張していたが、ホワイトハウスでサイバー問題を担当するアン・ノイバーガー氏も「今週のサイバー攻撃はロシアに責任がある」と明かし注目を集めている。

出典:U.S. Air Force photo by J.M. Eddins Jr.

ノイバーガー氏は「今週ウクライナで確認されたサイバー攻撃はロシア軍参謀本部情報総局(GRU)かGRUに協力するハッカーによるもので、15日の限定的な攻撃は情報収集と今後実施される可能性が高い大規模サイバー攻撃の土台作りでウクライナ政府のネットワークを標的にしている。これほど早く攻撃の責任に言及するのは異例なことだが“この呼びかけ事態が重要である”とバイデン政権は考えている=誰が何を行ったのか分かっていると警告するのが重要という意味」と述べた。

米国はウクライナ侵攻と同時に行われる破壊的なサイバー攻撃に備えて「ウクライナを支援している」とノイバーガー氏は付け加えており、今回の発表はロシアを牽制する意味合いがあるのかもしれないが抑制効果がどれほどあるのかは謎だ。

関連記事:ウクライナ国防省や銀行に対するサイバー攻撃が始まる、当局はロシア関与を示唆

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by J.M. Eddins Jr. 攻撃の発信元、種類、標的、攻撃者のIPアドレス、地理的位置、使用されているポートに関する情報を監視する米空軍

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ドネツク、ウクライナと戦争に備え市民70万人のロシア避難を発表前のページ

プーチン大統領、18日にロシア軍の予備役招集に関する法令へ署名次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    ただの爆弾を巡航ミサイルに変える「Powered JDAM」の仕組み

    米軍が関心を示さなかったJDAM ERに小型のジェットエンジンをプラス…

  2. 米国関連

    米海軍、次期駆逐艦DDG-Xでタイコンデロガ級とアーレイ・バーク級の更新を想定

    米議会調査局(CRS)は海軍のDDG-Xについて「1万2,700トン前…

  3. 米国関連

    ウクライナに向かうFrankenSAMの正体、寄せ集めの即席防空システム

    米国はウクライナ軍の枯渇する迎撃弾を補充するため「FrankenSAM…

  4. 米国関連

    トイレが詰まって使えない? 空母「ジェラルド・R・フォード」に新たな欠陥が見つかる

    米国の政府説明責任局(日本の会計検査院に相当)が発表した3月24日の報…

  5. 米国関連

    米海軍、F/A-XXの機体候補はロッキード、ボーイング、ノースロップ

    ノースロップ・グラマンは米空軍が開発を進める次世代戦闘機について「プラ…

  6. 米国関連

    V仕様のF-21や、ロシアのSu-35に、F/A-18E/Fはインドで勝利できるか?

    ボーイングの副社長、Thom Breckenridge氏は、同社が製造…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  3. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP