ロシア関連

空自機を狙うことも可能、ロシアが千島列島に「S-300V4」を初展開

ロシア軍はクリル諸島(千島列島)に防空システム「S-300V4」を展開させ迎撃能力を検証する演習を開始した。

参考:Russian armed forces deploy S-300V4 air defense missile systems to Kuril Islands
参考:Troops in Russia’s east to redeploy latest S-300 missile system to Kuril Islands in drills

千島列島の軍備強化に乗り出したロシア、演習目的で一時的にS-300V4を配備

ロシア軍の東部軍管区は26日、ユダヤ自治州に配備されている防空システム「S-300V4」を鉄道や船舶を使用してクリル諸島(千島列島)に展開させる演習を開始、28日にクリル諸島の予定された地域にS-300V4の展開が完了したと発表して「今後は不慣れなクリル諸島の環境で迎撃能力を検証する演習を実行する」と話している。

ただロシア軍はS-300V4をクリル諸島のどこに展開させたのか明らかにしていない。しかしロシア陸軍の展開状況を考えると第18機関銃・砲兵師団が駐屯する択捉島と国後島にS-300V4が配備された可能性が高く、一時的な展開とはいえ北海道の大部分は現在S-300V4の監視下に入っているはずだ。

出典:Vitaly V. Kuzmin / CC BY-SA 4.0 S-300Vに統合され運用される弾道ミサイル迎撃が可能な迎撃ミサイル9A82

因みにロシアの防空システム「S-300」はS-400開発後も改良が続けられており、S-300V4は2014年に供給が開始された比較的新しい防空システムで空中目標の長距離迎撃能力や弾道ミサイル迎撃能力が向上している。

特にS-300V4は最大400km離れた空域を飛行する早期警戒機も迎撃することが出来ると開発元のアルマズ・アンティが主張しているので、恐らくS-400に統合されている長距離迎撃ミサイル「40N6E:最大射程400km」が扱えるようになっている可能性が高く、UAVや戦闘機など空中機動性が高い目標に対して有効な迎撃ミサイル「9M96E2:最大射程120km」と合わせるとS-400に大きく劣らない防空能力を提供することが可能だ。

勿論、S-300V4システムに組み込まれたレーダーだけで400km先の目標を迎撃することが難しいが、周辺に配備されたセンサーや航空機に搭載されたレーダーが収集したデータが統合されればS-300V4は噂通りの性能を発揮するものと思われる。

出典:Vitaly Kuzmin / CC BY-SA 3.0 T-72B3

今回のS-300V4展開は一時的なものだが露メディアは28日、択捉島と国後島に駐屯する第18機関銃・砲兵師団に主力戦車T-72のアップグレードバージョン「T-72B3」を新たに配備すると報じており、ロシアはクリル諸島(千島列島)を守るロシア軍強化の動きを加速させている。

ここにS-300V4が常時配備されるようなことになれば任務の特性上、高高度を飛行する空自のE-767やE-2Dは北海道上空に入ると40N6Eに狙われることになるため、もしそうなれば航空自衛隊にとっては中々厄介な問題になるだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:Vitaly V. Kuzmin / CC BY-SA 4.0 S-300V

米印2プラス2、米国が印海軍の次期艦上戦闘機にF/A-18E/Fを提案前のページ

ギリシャ、ラファール導入に続きトルコ発注分のF-35Aも取得か次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ロシアが追加発注した第4.5世代戦闘機「Su-35S」の中身はSu-57に近い?

    ロシア国防省は25日、2015年12月に発注した50機全てのSu-35…

  2. ロシア関連

    露メディア曰く、韓国は第5世代戦闘機に関する技術協力をロシアに希望?

    駐ロシア韓国大使館の国防武官がロシアのモスクワ近郊で始まった国際軍事技…

  3. ロシア関連

    戦闘機に随伴可能な露ステルス無人機「S-70」、空対空ミサイル試射に成功

    ロシアが開発中のステルス無人攻撃機「S-70オホートニク」が空対空ミサ…

  4. ロシア関連

    今月3件目の不祥事、ロシア空軍「Su-35S」が味方の「Su-30SM」を撃墜か

    ロシア空軍の戦闘機Su-30SMが定期訓練中に墜落したと報じられている…

  5. ロシア関連

    ロシア、兵士が構えた携帯式防空ミサイルが暴発する恐ろしい動画

    ロシア製の携帯式防空ミサイル「9K38イグラ」を構えた兵士の肩で暴発し…

  6. ロシア関連

    トルコ得意のUAV封じ?ロシア、トルコ空軍を監視するレーダー基地建設

    ロシアがシリア北東部にある都市「アル・マリキヤ」郊外に新しい基地を建設…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    対レーダーミサイルを配備しなくては。

    14
      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      それこそ対レーダー性能を備えたハロップ兄貴をね・・・

      3
        • 匿名
        • 2020年 10月 29日

        データリンクしたパーンツィリSMに撃墜されるぞ
        S-300のレーダーともリンクできる

    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    こういうことをするためにロシアは北方領土を手放さないのである

    26
      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      もはや安定した敵対関係でしかないですね。どこをどう間違っても友好国になることはない。

      27
    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    本来陸自に必要な装備類を仮想敵のロシアが持っている。その気になれば何時でも大陸からお前を殺せるぞガースーを脅している。金を払わないポチ(愛嬌の無い愛玩生物)は捨てられるし邪魔な番犬は殺せばいい。大陸と言う敷地の端に置かれた犬小屋には何もできない。ガースーは安倍路線を継承するなら前任者と同じくロシアに金を払うしかないのか?

    3
      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      その大陸の熊も、無駄遣い(軍備)ばかりやって、いまではやせ衰えている。
      ガースーは裏方が長く、泥臭いことも出来るから、熊には手強い相手かも。

      26
      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      やはり一番効くのは潜水艦戦力の増強ではないかなと思います。敵基地攻撃能力も、潜水艦発射型の方が良いでしょう。これであれば当面はロシアも防空システムだけでは足りず、対応しきれないと思います。

      12
        • 匿名
        • 2020年 10月 29日

        敵が嫌がる戦略が正解

        21
        • 匿名
        • 2020年 10月 29日

        どう考えても地上TEL発射か空中発射だろ
        潜水艦発射なんて原潜で長距離進出させるか戦略兵器を運用するかでもない限り非効率なだけ
        巡航ミサイルは発射時に盛大に発射母艦の位置を暴露(長射程型ならマシだが)し潜水艦の秘匿性を台無しにするし、通常型潜水艦の搭載弾数なんてたかが知れてる上に足は遅いし投射力も低いしで無駄すぎる
        トマホクラスで対露なら北海道から地上発射で主要な拠点をほぼカバー出来る、発射位置秘匿も補給も容易で持続的な攻撃が出来るし一発辺りの投射コスト安く貴重な潜水艦戦力が拘束されずに済む

        8
    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    既に核地雷等の核兵器が配備されてても驚かない。

    13
      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      北方領土のロシア通常兵力だけなら何とかなるかもしれないけど、熊どもは躊躇なく核兵器使いそうだから恐ろしい。

      12
    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    アルメニアへ援軍にも行かずに極東で油売ってるのかよ
    ナゴルノ・カラバフどころかアルメニア本土がアゼルバイジャンからミサイル着弾してるんだが

    12
      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      アルメニア本土から増援送ってアルメニア本土からアゼルバイジャンに砲撃するわミサイル撃つわとしてるんだから反撃あって当然だろw
      そもロシアがアルメニア領と認めない地域での戦争が発端である以上はアルメニア本土への地上侵攻でも行われない限りはロシアが援軍に行く理由ない

    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    ロシア軍は千島列島にT72B3を配備するそうだ(スプートニク28日付け:jp.sputniknews.com/russia/202010287890130/)。

    1
      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      スプートニクじゃねーか

      5
    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    爆発物取締罰則、火薬類取締法などに違反する重大な犯罪であり、到底許されるべき行為ではない。
    日本政府は、日本領土の不法占拠に加担した外国人に対し制裁を課すべきだと思う。

    13
    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    ロシアは千島列島から北方領土まで防衛線をひいて、有事のさいには米海軍や海自を戦略原潜のいるオホーツク海にいれさせないようにしている。北方領土に比較的最新の装備が置かれるのはそのためではないかと思う。最近少しずつ防備を強化しているのは陸自の水陸機動団を警戒しているからかもしれない。

    9
      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      警戒しているのはF-35ではないでしょうか。既に武装化が済んでいる島に対して水陸機動団では脅威になり得ないでしょう。上陸作戦は先ずは制空ありきですから。

      8
      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      島嶼部奪還戦用水陸機動団創設とか敵基地攻撃能力保有検討とか、北方領土武力奪還にも使えるんで疑心暗鬼になっておかしくないですね。自らがやってることは能力さえあれば相手もやるだろうと。
      独裁者は誰も信用しないもんです。

      17
    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    まだロシアの侵略とか昭和のネタの繰り返し?
    現状維持最優先のロシアにとっては、島を返せと言う日本こそ侵略国家予備軍な現状に気がつこうよ
    戦争しかける力がないなら、キチンと話し合うか諦めるかどっちかにしろ
    マスコミの無責任はこういう報道にある

      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      それは日本対ロシアだけの話でしょう。中国とアメリカが開戦し、日本も戦場になるならロシアは確実に北海道を取りに来ると想定すべきです。

      10
        • 匿名
        • 2020年 10月 29日

        ロシアにそこまでの余力はないよ
        金もそうだが、兵力も全く足りてない
        現状維持が精一杯

        5
        • 匿名
        • 2020年 10月 29日

        昭和から卒業してよ、もはや老害
        オホーツク海の聖域化さえ確保できればロシアにそれ以上はないよ

      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      ここは軍事に関する事実をありのまま伝える個人サイトであって事実を「解釈」して大衆を動かす悪質マスコミとは違うと思いません?

      5
    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    プーチン完全に日本を舐めてて草生えますよ。
    主の言う通り空自はキツい状態を強いられますね…
    こっちも何か置いて対抗しよう!(錯乱)

    8
      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      道東か道北にアメリカ軍呼んで演習してやろう!

      7
    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    ロシアのSAMなんて武装ドローンの良い鴨だろwwwwwwwwwwwwwwwwww

    って思ったけど自衛隊は武装ドローン持ってなかったわorz

    2
      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      対ロシアには飛行型ドローンは必須かもね
      日本は水中型に力入れてるみたいだけど

      4
    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    千鳥列島にS300を一時配備するだけで
    北方四島にS500を配備しないのはロシアの日本に対する優しさとかいう奴いないよね

    2
      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      S400すら配備しないのはある程度配慮してるものかと思ってました。

      7
        • 匿名
        • 2020年 10月 30日

        日本と在日米軍に、最新兵器の情報が漏れないように考えてるんだよ
        そこそこ人の行き来もあるし、どうしても電波情報が流れる
        こちらの情報収集能力もちゃんと警戒されてるのだよ

        1
      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      そりゃ顔に水ぶっ掛けられて「熱湯じゃなかったことに感謝しろ」と言われて感謝する奴なんておらんやろ

      24
    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    ロシアの言う「迎撃」って意味不明。侵攻のための予行演習と日本にプレッシャーかけているとしか思えません。
    一時的とはいえ電子情報収集等は当然するでしょう。

    11
    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    巡航ミサイル
    弾道ミサイル
    対レーダーミサイル

    導入待ったなし・・

    11
      • 匿名
      • 2020年 10月 29日

      日本もそろそろ専守防衛政策を廃止して、相手の領土を攻撃できる法制度を導入する時期なんじゃないの?
      いつまでも専守防衛を続けていると、敵性国家の軍事的圧力に屈服せざるを得なくなるよ。
      攻撃側と防御側を比べたら、攻撃側が有利なのだから。
      日本の国益を損ないたくないのなら、憲法を改正してでも攻撃力を保有した方がいいでしょ? 攻撃的軍事力を保有することは国際的に悪いことではない。日本の周辺国はみな攻撃的軍事力を保有しているでしょ? ならば日本がそれを保有したところで非難されるいわれはない。堂々と保有しようではないか。

      7
        • 匿名
        • 2020年 10月 29日

        普通の国ならそうだけど、日本は一度暴走した前科があって執行猶予中だしな
        連合国(国連)の敵国条項はまだ存在している

        3
          • 匿名
          • 2020年 10月 30日

          ドイツも軍になっているわけだし、日本国民の意思次第。

          4
          • 匿名
          • 2020年 10月 30日

          >連合国(国連)の敵国条項はまだ存在している

          ロシアの場合、敵国条項を利用していつか日本に攻めこむ野心が透けて見えます。なので敵国条項の削除に応じないのはそのためで、北方4島は部分返還どころか侵攻の足掛かりに必要で、その気もない時から着々と準備し、時が来たら攻め入るつもりに見えます。

          2
          • 匿名
          • 2020年 10月 30日

          それは超弩級戦艦、正規空母、核兵器(動力もNG)を禁止しているだけでは?時限式で2050年代に消えてその後アメリカ政府の軍事賠償(フィジーでもアメリカに戦争を仕掛けると言われたハルノートの責任)が終了する前提で話しとかないと今の若い世代が年取った時に困ると思うのですが。
          それまでにちゃんとした軍隊の創設とかの法整備とか色々あると思いますよ?素人考えなのでそれなりにですけどね。

    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    S300VシリーズはS300Pやその発展型であるS400とは異なるシステムで
    使用するミサイルも40N6や9M96ではなく、9M82や9M83を使います
    特徴としては空軍の高射部隊が運用するS300PやS400とは異なり
    陸軍の防空部隊が運用し、弾道ミサイル迎撃能力が高いことがあげられます

    4
    • 匿名
    • 2020年 10月 29日

    威勢の良いご意見多数ですが、どう読んでも打つ手のない負け組の愚痴にしか見えませんぞ
    日本の北方領土返還にアメリカすら何ら手を貸してこなかった現実を見ようか
    ましてどの国が支援してくれる(笑)仲良しのはずのイギリスすら内部文書で気の毒だが諦めてねって言ってたし
    誰が日本のためにロシアと対立するのやら(笑)

    6
    • 匿名
    • 2020年 10月 30日

    日本は、場合によってはロシアに足が届きそうな、JASSMとかを購入し始めてますし、F-15に搭載できるようにしようとしてます。
    それ踏まえると、ロシアとしては何もしないというわけにもいかないようにも思います。
    T72を配備してもそれだけでは海を渡れないですし、どっちもロシアにとっての防御的な意味合いが強いと思います。

    もちろん、領土問題への牽制という政治的な意味も重なるとは思いますが。

    7
    • 匿名
    • 2020年 10月 30日

    どう考えても、対米で、記事どり、山と海がレーダーに与える影響を調べてるだけだと思うが。
    JASSMが、量産の必要がないから、ひたすら飛距離延長に開発費を注ぎ込めることを警戒して、量産してよってロシアが思ってるか、思ってるかな?

    • 匿名
    • 2020年 10月 30日

    北方四島への展開訓練であったなら、北方領土問題に対するロシアの意志表明ですね。
    酔った上で「戦争で」などとメディアの前で失言した担当大臣がいましたが、ロシアもそれ以外の手段は無いと考えているんでしょう。
    南西諸島対象としながら島嶼部奪還戦能力を整備し、F-35取得数を倍増し、長航続力の次世代型ステルス戦闘機開発を決定し、対北朝鮮としつつ敵基地攻撃能力保有を検討し、憲法改正を企画している自民党政権への牽制かと。

    1
    • 匿名
    • 2020年 10月 30日

    菅新政権に対する北方領土は返還しないというメッセージでしょう。
    安倍ちゃんみたいに、「ウラジミール」とか呼ぶんじゃないよと。
    ソ連崩壊という唯一のチャンスを逃した、弱った相手はとことん叩く外交センスの無い政治家の罪は重い。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  3. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
PAGE TOP