ロシア関連

ロシア国防省、国産UCAV「オリオン」を使用した攻撃シーンを公開

ウクライナ軍がトルコ製UCAV「バイラクタルTB2」による攻撃シーンを公開して注目を集める中、今度はロシアが国産UCAV「オリオン」を使用した攻撃シーンを公開した。

参考:Уничтожение командно-наблюдательного пункта батальона «Айдар» расчетом БПЛА «Иноходец»

果たしてロシアはオリオンをウクライナ侵攻に本格投入するだろうか?

ロシア国防省の説明によると公開した映像は「ドネツク人民共和国領内のアイダル大隊(ウクライナ内務省管轄の準軍事組織)の拠点をオリオン(ロシア軍での名称はペーサー)の精密誘導爆弾で破壊した」という内容らしい。

因みにロシアの無人航空機開発は小型機と大型機に集中してきたため米国のMQ-1やMQ-9、イスラエルのヘロンTP、中国の翼竜シリーズや彩虹シリーズ、トルコのバイラクタルTB2やバイラクタルAkınciに相当する武装可能で中高度を長時間飛行可能なUCAVが欠けており、このギャップを埋める存在として期待されているのが今回攻撃シーンを公開したオリオンだ。

正し量産工場は完成したばかりでロシア軍もオリオンを少数しか保有しておらず、同機は海外市場で飛ぶように売れるTB2の対抗機としての正確が強いためウクライナ侵攻に本格投入するのかロシア軍にとってもロシア防衛産業界(特に開発元のクロンシュタット)にとっても微妙なところだろう。

出典:Savunma Sanayii Başkanlığı トルコの無人航空機「バイラクタルTB2」

つまり本機をアピールする「絶好のチャンス」と捉えて積極投入するのか、防空システムが健在の戦場に投入するリスクを考え「比較的安全なドンバス地域」での運用に留めるのか悩みどころで、下手に撃墜され残骸をウクライナに宣伝されると潜在的な顧客にとってはマイナス評価と映るはずだ。

果たしてロシアはオリオンをウクライナ侵攻に本格投入するだろうか?

関連記事:ロシア、TB2キラーと名付けられた無人航空機「オリオン-E」の海外売り込みを開始

 

※アイキャッチ画像の出典:Kronshtadt Group オリオンUAV

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ウクライナ国産の小型無人機、ロシア軍の燃料・弾薬集積所を焼き払う前のページ

ロシア軍は準備した全戦力をウクライナに投入、今後は消耗戦になる可能性次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ドネツクとルガンスクが独立承認を要請、プーチン大統領は本日中に決定を下すと表明

    ウクライナからの分離・独立を主張するドネツク人民共和国とルガンスク人民…

  2. ロシア関連

    退役済みのSu-24を輸送するロシア軍、ウクライナ空軍の攻撃を偽装か?

    ウクライナ人ジャーナリストは23日、ベラルーシ空軍から退役したSu-2…

  3. ロシア関連

    露メディア、ロシア軍が花束とパンで歓迎されないのはウクライナのせい

    いつもウクライナを巡る戦いについて欧米視点の情報ばかり取り上げているの…

  4. ロシア関連

    ロシア軍元大佐によるウクライナ作戦の展望、西地域はポーランドに譲渡可

    露コムソモリスカヤ・プラウダ紙のヴィクトル・バラネッツ(ロシア軍元大佐…

  5. ロシア関連

    第5世代機「SU-57」輸出準備完了!ロシア、輸出仕様の「SU-57E」を発表

    ロシアは8月27日から開催される「MAKS国際航空ショー」で、第5世代…

  6. ロシア関連

    露国営メディア、戦争の最終目的は西側の世界支配を終わらせること

    露国営メディアは16日、ウクライナでの特別な軍事作戦の最終目標は「既存…

コメント

    • おわふ
    • 2022年 3月 04日

    中型UAVと小型の自爆ドローンは、確実に評判を上げたかと。
    この分野で新興国にも後れをとっているのが自衛隊。
    さすがに島国だから使えないとは言えなくなってきたのでは?

    25
      • くらうん
      • 2022年 3月 05日

      カミカゼドローンはその名前で防衛省幹部の受けがよろしくなさそう。
      どうも日本は戦術に保守的でこういうマッドなイメージの兵器導入に消極的すぎると思う。
      クラスター爆弾や対人地雷の廃止も、紛争地帯でのイメージ先行でされた感があるし。

      11
      • G
      • 2022年 3月 05日

      実際のところ、中型・小型ドローンの運用方針からして難しいかと
      日本では上陸阻止のためとしては近くに防空兵装が豊富な戦闘艦や上空掩護機がいて無力化されますし、ドローンで狙えるような敵軍に上陸された後だと制空権がとられた後ということなので有効的に機能するかは難しいところですし

      16
        • 世界常識の半分の防衛費の国から
        • 2022年 3月 05日

        敵のドローンを撃墜するC-UAS(カウンタードローン)がこれから流行ると思いますよ、戦争でも価格は大事だよ。
        参考
        リンク
        日本はこれ待ってたんじゃ?と思います。

        6
          • おわふ
          • 2022年 3月 05日

          購入したのは標的機の方じゃなかったかと。
          これから買う可能性はありますね。

        • 匿名
        • 2022年 3月 05日

        それって陸自の装備全否定してるも同然では?

        1
      • tofu
      • 2022年 3月 05日

      特定の兵器がどこかで活躍してもそれ自体にはさしたら意味はないかと
      銀の弾丸は無い、武器の話だけに

      想定される戦場と、そこでどう使うかが結局大事なわけで
      ベトナム戦争で大活躍しアメリカ兵からも好評で、今も世界中の紛争地域で大人気のAK-47(のコピー品)をなぜ自衛隊は使わないのか
      みたいな

      16
    • kankan
    • 2022年 3月 04日

    ひとまずロシア側からも無人機投入をしてきたか
    ただ気になったのは、画像がずいぶんカクついてるというか、フレームレートが低い感じがする
    単に公開するから画像の質を落としてあるだけなんだろうか?
    それとも、本当に処理能力が低いのか?
    まぁ、目的が達成できれば何でもいいんだろうけど

    6
      • 黒丸
      • 2022年 3月 05日

      即時に通信回路から入手できるのは低レート画像で、
      高レート画像は帰還した機体から取り出す、というパターンが想像されるので
      目的は達成したが機体再利用はできなかったということかも

      3
    • 3等海尉
    • 2022年 3月 04日

    >防空システムが健在の戦場に投入するリスクを考え「比較的安全なドンバス地域」での運用に留めるのか

    ロシア軍も防空戦力を伴って侵攻しているのに、それでもバイラクタルに打撃されている。ウクライナがUAVを念頭にした特色ある防空体制を整えているという評価はされていないと思うが、であれば、オリオンもまた活躍できると判断するのが順当な気がする。にもかかわらず、ロシア軍がオリオンの投入を躊躇うというのであれば、要するに、自軍の防空戦力がウクライナの水準にも達していないと自認しているのだろうと推認できると思います。

    8
      • minerva
      • 2022年 3月 05日

      今のウクライナのTB2運用状況が異常
      NATOの世界最高の偵察戦力による総力戦とロシア軍のお粗末さでわずかな隙を見つけ、ピンホールショットをしてる
      偵察戦力だけで百億ドル分の兵器が投入される事態がごくまれで奇跡がおきている

      31
    • 匿名
    • 2022年 3月 04日

    今の状況じゃインドですら買わんやろ(というか内製化を加速させそう)
    買い手といえばシリア、エリトリア、北朝鮮等のsh◯thole countries、全く金にはならなそうだが。

    9
    • L
    • 2022年 3月 05日

    スペックは知らないがTB2に比べると芋いな。尾翼のデザインと言いなめらかな胴体といいTB2には機能美すら感じる

    3
      • zerotester
      • 2022年 3月 05日

      TB2のなめらかなシェイプはステルス性に寄与しそうですよね
      ブレンデッドウイングとして空力的にも良いのかもしれません

      4
        • coke
        • 2022年 3月 05日

        直感的にはカクカクデザインの方がレーダー波の反射方向をコントロールしやすそうに思えるんですけど。
        でも、今回の戦争での活躍を見ると、やっぱ見つかりにくいデザインなのかな?
        だれか詳しい人解説して。

          • tofu
          • 2022年 3月 05日

          実際どう見えるかは実際にレーダー見る人じゃないと分からないと思うんでそこはもう自衛隊で高射部隊に居ましたって人の降臨を待って欲しい

          ので、以下一般論として
          球体はどの方向から飛んできた電磁波でも一定レベルで発振元に跳ね返す
          多面体は、一定の方向にのみ強く跳ね返す…が、角張ったところは発振元にそこそこ反射させてしまう
          なので、何も考えずにカクカクさせたらそれはそれでRCS低減には役に立たない

          電波だとイメージつきづらいけど、太陽光と金属球/多面体で想像したらなんとなくわかるんじゃないかと

          1
        • zerotester
        • 2022年 3月 05日

        平面がある場合は角度を揃えるのは有効ですね
        ステルス機はたいていブレンデッドウイングボディなので、意味がありそうに思います

        1
    • zerotester
    • 2022年 3月 05日

    ドネツクというあたり、制空権がちゃんと取れてる場所でしか使わないんだろうなぁと
    TB2の映像は対空ミサイル車両の撃破とか分かりやすいですが、これは建物なので当たったのかどうかもわからず派手さに欠けますね。見せ方で負けてる

      • 匿名
      • 2022年 3月 05日

      有人のハインド撃墜されまくりなのに無人機を出し惜しむの侵略側としてどうなのっていうか一体何のための無人機なのか意味不明ではある
      こういう所で政治判断が自軍の犠牲を容易に超越してしまう所が古臭い上に信用されない理由なの一体いつになったら気がつくのか赤い帝国さん

      15
        • 無無
        • 2022年 3月 05日

        専制国家の決め事
        国民の生命はただ同然に安いから使い捨て感覚、
        指導者、支配層の生命のみ限りなく尊い

        赤紙1枚で兵隊を使い捨てした皇国の意識をロシアが継承してくれてるとは意外

        1
          • tofu
          • 2022年 3月 05日

          兵士が畑から収穫できるのはむしろソ連からの伝統では

          8
          • くらうん
          • 2022年 3月 05日

          ロシアの兵士使い捨ては日本よりはるかに伝統あるものだぞ。

          5
          • zerotester
          • 2022年 3月 05日

          クリミア紛争で400人くらいロシア兵の犠牲が出ているのですが、政府はひた隠しにしてたそうで、犠牲は気にしてるようには見えるのですけどね。でも戦果も出せと言われるので現場は板挟みでしょう。

          2
    • 2022年 3月 05日

    ウクライナへの軍事援助は安価な小型の無人攻撃機を大量に送るのが効果的なのかな

      • G
      • 2022年 3月 05日

      地理的な距離や輸送手段の問題があるので、ウクライナに(兵器購入にも使える)資金援助するか、オーストラリアのようにウクライナ近隣国の兵器や援助物資を買ってそれをウクライナに送ってもらうというのが無難かと

      10
      • tofu
      • 2022年 3月 05日

      SAM狩りを加速させるためにハーピーが大量にあれば…

      1
    • 無無
    • 2022年 3月 05日

    別ネタですが、ロシア軍の歴戦の指揮官がウクライナ兵士に狙撃されて戦死したとか
    クリミア半島併合にも活躍した人物だったから、ウクライナとしては復讐を遂げたわけだ

    1
      • 無題
      • 2022年 3月 05日

      末端の兵士はともかく将官なら侵略した以上死ぬくらい覚悟の上だろう
      同情の余地もないな

    • 山中あそぶ
    • 2022年 3月 05日

    長い滞空時間(省燃費)と離着陸性能を追求して「高アスペクト翼+推進式プロペラ」が無人機のスタンダードだな。
    同じ形態を有人機に導入したら高性能な軽飛行機やモーターグライダーを作れそうだけど、無いな。
    前方に大きなキャビンがあるとプロペラがその後流に入って推進効率が悪くなるんだろうか。
    ピッチ変更時に凄く気持悪そうだし。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP