ロシア関連

ロシア失態か、第5世代戦闘機「Su-57」に関する機密情報がNATOに漏れる

露メディアは8日、国営企業「ロスコスモス」の顧問を務めるイワン・サフロノフ氏がNATO加盟国チェコの諜報機関に、第5世代戦闘機Su-57に関する機密情報を提供していたと報じている。

参考:Задержанный за госизмену руководитель госкорпорации мог передать разведке Чехии секретные сведения о Су-57

ロシアがスパイ容疑で慌てて逮捕した人物は、チェコの諜報機関に第5世代戦闘機Su-57の軍事機密を流していた?

ロシアの宇宙開発を担う国営企業「ロスコスモス」の顧問を務めるイワン・サフロノフ氏がスパイ行為を働いたとして逮捕され、ロシアと敵対関係にあるNATOに軍事機密を流していたと報じられているが、露系メディアによればサフロノフ氏はNATO加盟国チェコの諜報機関と結びつきがあり、まだ輸出されていないロシアの第5世代戦闘機Su-57に関する機密情報を提供していた疑惑が掛けられているらしい。

果たして宇宙開発を担当する国営企業の人間が、軍事機密に分類されるSu-57のデーターにアクセスすることが出来たのかについてはロシアでも意見が分かれているが、サフロノフ氏がロシア国内で確保した情報提供者からSu-57のデーターを受け取っていた可能性は排除できないと指摘されており、ロシア当局による捜査の行方に注目が集まる。

出典:Baranov / stock.adobe.com

因みに、NATOに加盟した直後のチェコでは共産主義を掲げる政党がNATOの「コソボ空爆」に反対して、ロシアや中国にNATOの機密情報を積極的に流していたため、東側に諜報機関にとってNATOの軍事情報を入手するのに「世界で最も容易な場所」だと言われていた。

現在は「一つの中国」を徹底的に掲げる中国との関係を重視するチェコ政府とは異なり、チェコ議長やプラハ市長等は公然と中国批判を繰り返しているため中国の諜報機関が入り込みチェコと台湾の関係弱体化を画策中で、ロシアにとっても旧共産主義勢力が少なからず残存するチェコはNATOやEUの情報を入手するのに絶好の場所だと重視(格下扱い)していたのに、そのチェコに第5世代戦闘機「Su-57」に関する軍事機密を奪われNATOに流されていたとすれば、ロシアの諜報機関にとっては面目丸つぶれだろう。

果たして、Su-57に関するどのような情報が流れたのか注目される。

 

※アイキャッチ画像の出典:ロシア大統領 / CC BY 4.0

7月14日正式発表? 仏次世代空母は電磁式カタパルト採用で7万トン級か前のページ

米国の一方的な主張に過ぎない? インドネシア軍関係者がオスプレイ導入を否定次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    ウクライナ軍総参謀本部、オデッサへのロシア軍上陸は真実ではない

    ロシアのインテルファクス通信は「ロシア軍が黒海に面したオデッサとアゾフ…

  2. ロシア関連

    プーチン大統領がドネツク、ルハンシク、ザポリージャ、ヘルソンに厳戒令導入を発表

    プーチン大統領がドネツク、ルハンシク、ザポリージャ、ヘルソンに厳戒令を…

  3. ロシア関連

    露ワグネル、まもなく敵がバフムート地域で大規模反撃を開始すると警告

    露ワグネルのプリゴジン氏は「ウクライナ軍が3月下旬~4月上旬にバフムー…

  4. ロシア関連

    ロシア、マリウポリで戦ったアゾフ連隊の捕虜交換を禁じる法案を検討

    露メディアは「ロシア下院議会がナチス犯罪者の捕虜交換を禁じる法案につい…

  5. ロシア関連

    露ワグネルのプリゴジン氏、ゲラシモフ総司令官やショイグ国防相を名指しで批判

    露ワグネルのプリゴジン氏は4日、当日の戦闘で戦死した兵士の遺体の前で「…

  6. ロシア関連

    露メディア司会者、ロシア軍がドンバス地域にT-14を配備したと明かす

    露国営メディアの「Russia1」で番組司会者を務めるウラジーミル・ソ…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 7月 09日

    チェコの諜報機関ですか、旧東側国家の方が諜報機関が未だにしっかり活動しているのかも。

    • 匿名
    • 2020年 7月 09日

    要は「してやられた」ってことか。
    まあロシアも色々引っ掻き回してた感はあるのでこの結末は割と見えていたことなのかもしれない。

    • 匿名
    • 2020年 7月 09日

    チェコは旧東側の中で露骨な反露じゃないから、その分ロシアも油断してたんだろうね

    • 匿名
    • 2020年 7月 09日

    今表立ってロシアと事を構える国はないと思うので、中身はブラフだと思う
    せいぜい自分で偽情報を流して外貨獲得するくらい?

    • 匿名
    • 2020年 7月 09日

    ロ当局、国家反逆罪で元記者逮捕
    軍事機密の特ダネに報復か
    リンク
    >コメルサント紙をはじめ多くのメディアは容疑に疑問を呈し、サフロノフ氏への支持を表明。同氏が暴いた軍事機密に関する記事に対する当局の報復との見方を強めている。

    ロシア当局のでっち上げの可能性が濃厚です

    • 匿名
    • 2020年 7月 09日

    いつものメディア・ジャーナリスト弾圧にしか見えんわな。
    国外に逃げられたらまたポロニウム案件だったはず。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP