ロシア関連

ロシアの武器製造が止まらない理由、制裁を回避する物流ルートの存在

ロシア軍の小型UAV「Orlan-10」を製造に必要な部品は制裁を回避する物流ルートでロシアに運び込まれており、この中には日本の斎藤製作所が製造するエンジンも含まれていると報じられている。

参考:Exclusive: The global supply trail that leads to Russia’s killer drones

ロシアは制裁を回避する物流ルートを既に確保しており、このような手段で入手した部品が巡航ミサイルの製造にも活用されているのだろう

ロシア軍とウクライナ軍は互いにUAVを大量に投入して戦場認識力を拡張しており、UAVの捕捉した情報はリアルタイムで共有されるため砲兵部隊の反応時間は大幅に短縮(20分以下→3分以下)され、上空からUAVに監視されている部隊が砲撃のキルゾーンから脱出するのは難しいと言われている。

出典:Mil.ru/CC BY 4.0 ロシア軍兵士がOrlan-10を操縦する様子

この役割をロシア軍で担うのはMANPADSの有効射高外でも作動可能な小型UAV「Orlan-10」で、2023年の攻勢に必要な物量を揃えるため同機の製造に必要なパーツを買い漁っているらしい。

露サンクトペテルブルクにある特殊技術センター(STC)が製造するOrlan-10の構成部品は海外サプライヤーからの供給に依存し、制裁対象に指定されているSTCへの輸出は禁止されているのだが、ロイターの報道によれば「2022年中もロシア人が経営する香港(Asia Pacific Links)とフロリダ(IK Tech)の会社を通じてサンクトペテルブルク(iLogic)の会社にOrlan-10の構成部品が輸出されている」と報じており、輸出された部品の中には日本の斎藤製作所が製造するエンジン(FG-40型4サイクルエンジン)も含まれている。

つまりロシアは制裁を回避する物流ルートを既に確保しているという意味で、恐らくロイター、英国王立防衛安全保障研究所、iStoriesの共同調査で判明したルート以外にも物流ルーは多数存在している可能性が高く、このような手段で入手した部品が巡航ミサイルの製造にも活用されているのだろう。

当然、不正な手段で入手された部品の調達コストは正規ルートよりも高価で、正しく作動しないものも混じっている可能性が高いのだが、、、

関連記事:NATO事務総長、ロシアは犠牲を顧みない戦争を戦い抜く準備をしている
関連記事:ウクライナ軍総司令官、ロシア軍の動員計画は非常に上手くいっている
関連記事:制裁を回避したロシア、精密誘導兵器の備蓄を使い果たす兆候なし

 

※アイキャッチ画像の出典:Дмитрий Медведев

米国によるパトリオットシステムのウクライナ提供、効果は非常に限定的前のページ

タイ海軍のコルベットが深夜にタイランド湾で沈没、31人が行方不明次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    黒煙を撒き散らす巡洋艦モスクワの写真が登場、ミサイル攻撃を受けた直後?

    ウクライナ海軍の地対艦ミサイル「ネプチューン(射程280km/マッハ0…

  2. ロシア関連

    ルカシェンコ大統領、ベラルーシ軍とロシア軍による合同部隊を発表

    ロシアは戦術核兵器を使用する代わりに「ルカシェンコを動かそうとしている…

  3. ロシア関連

    ロシアが米巡航ミサイルの無力化に着手? シリアで不発のトマホーク回収に成功

    シリアで回収された不発の米国製巡航ミサイル「トマホーク」を活用してロシ…

  4. ロシア関連

    ロシア、動員から逃げ出すのは基本的な価値観が欠落している人々だけ

    ウクライナ参謀本部は29日の会見で「ロシアの動員は10万人以上を召集済…

  5. ロシア関連

    露国防省、ウクライナ国境近くで演習に参加中のロシア軍撤収を発表

    ロシア国防省は「ウクライナ国境近くで演習を行っていた一部のロシア軍が所…

  6. ロシア関連

    サンシェードの実用バージョン? ウクライナ周辺で特殊な保護装置を装着したT-80が登場

    ウクライナ侵攻の可能性が高まるクリミア半島方面で不思議な保護装置を取り…

コメント

    • 鼻毛
    • 2022年 12月 17日

    CIAがバックドア仕込んで電子部品出荷したりしないかな

    10
    • 戦略眼
    • 2022年 12月 17日

    日本もOrlan-10を量産しよう。
    純正部品使用で、本国よりも信頼性が高くて、お安いよ。

    35
    • 名無し
    • 2022年 12月 17日

    イスラエルはこの手の不正ルートに逆に侵入して弾薬の装薬をこっそり爆薬にすり替えるなどしてテロ組織に対抗しているようだが、日本も斉藤製作所とやらの部品が特定されているならイスラエルのノウハウをこっそり導入してはいかがだろう

    37
      • TKT
      • 2022年 12月 18日

      というよりも、第二次世界大戦後にこの手の不正ルートを作ったのは、イスラエル軍であり、それはもともとイスラエル軍がパレスチナに駐留するイギリス軍にテロを行う民兵や義勇兵がルーツであるからです。

      イスラエル軍をテロ組織とみなすイギリス軍の目をくらまして、武器を各国から輸入し、編成されたのが今のイスラエル軍なのです。それにはアメリカのユダヤ人社会も協力しています。

      第二次大戦直後は武器や弾薬が大量に余っていたので、廃棄した、捨てたフリをして、いろんな国のユダヤ人がイスラエルに送っていたのです。産業廃棄物の不法投棄と同じです。

      イスラエル空軍などは、果てはフランスのミラージュⅢを無許可で密造して、さらにF-4ファントムⅡのエンジンを搭載したりしました。違法改造です。アルゼンチンのようにさらにそれを買う国もありました。

      11
    • 774rr
    • 2022年 12月 17日

    斎藤製作所のエンジン まだロシア向けに輸出してるんだ。。。
    まぁ商売人としては何処で使われるか知ってても売れるなら売るって事なんかな
    ふむ〜ん

    17
      • ななし
      • 2022年 12月 17日

      転売ヤーが正規ルートで買ってロシアに転売してるような状況なのでメーカーはどうしようもない

      101
        • 車屋
        • 2022年 12月 18日

        小型の模型飛行機エンジンくらいなら、分解して部品単位で分散して隠蔽輸出すれば税関には見破られない。
        税関職員には完成品の判別はできても、部品単位だと何が何であるか特定する能力は乏しい。
        購入者の登録と管理義務が徹底されないと簡単に密輸されるので、諦めてウクライナへ大量に売却すれば良いのにと個人的には思います。

        9
          • hiroさん
          • 2022年 12月 19日

          日本もまともな西側諸国もキャッチオール規制があるので、税関を通すには部品だろうと製造元の非該当証明書が必要。
          正規の関税手続きを経ない正真正銘の密輸なのでしょう。
          ロシアのダミー会社が判明しているなら、輸出許可なんか出ないだろうし。

          4
            • 車屋
            • 2022年 12月 19日

            海外への輸出業務に携わった経験有りますか?
            世の中そんなに厳格に管理されていませんよ。
            税関検査時に非該当証明が必要ですが、分解され隠蔽された物品は、合法な製品の内部に取り付け保持されて税関検査をすり抜けるものなんです。
            税関検査員は該当物品の内部構造に関する知識が乏しく、内部検査はX線検査で確認されますが、製品図面と一致するか判定かける時間はとても少ないのが現実です。大量のコンテナを裁く労務に対して人員の少なさが違法輸出が行える背景です。
            斎藤製作所は二次流通を管理できないため、一時流通の段階で厳格な対応を取れなければ、違法輸出は事実上ザルです。
            税関検査が厳格なら、盗難車の不正輸出は日本国内でやるメリットは少ないはずですが、現実には多く発生しています。
            隠蔽なんて手間と時間と金がかかるが、バラせば出来ます。
            完成品の不正輸出は難しい。
            そういう意味において、制裁は意義ある行為だと思います。

            12
              • hiroさん
              • 2022年 12月 19日

              エンジンをバラして何に取り付けるのやら。
              盗難車の輸出ってエンジンナンバーを税関で照合するはずもなく、全く別問題じゃないの。
              ダミー会社が判明していたら、一見正規品でも徹底的に調べますよね。

      • 今朝、NATTOが口に侵入しました
      • 2022年 12月 19日

      今回みたいな場合メーカーにはどうすることもできないし責任も無いよ。
      そもそもインタビューでメーカーの人はロシアでこんなことに使われているのを嘆いていた。
      よく知らずにそんなことを言うのはメーカーの人に失礼ですよ。

      6
    • 2022年 12月 17日

    ロシアへの不正ルート輸出は止められず
    他方で正式ルートでの購入を望むウクライナに対しては拒否する
    ホント『武器を売らない平和主義国家』が聞いて呆れますわ

    57
      • STIH
      • 2022年 12月 17日

      逆に考えよう。ウクライナだって同じような方法で調達できるんだと。そして非公式だからといって公式に準ずるサービスを提供しちゃ行けないわけじゃないと。
      案外ウクライナとの間で”善意の第三者”が暗躍しているかもしれないですよ。

      31
    • 南極1号
    • 2022年 12月 17日

    斎藤製作所・・
    マニアは知ってますよね。
    現在星型エンジンを作っているのは他には無いと思いますが、どうでしょう?

    14
    • おわふ
    • 2022年 12月 17日

    少しづつ解明して潰していくしかないでしょう。
    長丁場になるなら無駄ではない。

    19
    • けい2020
    • 2022年 12月 17日

    >ロシア軍に米国製装備を密輸 米司法省が7人を訴追
    >2022.12.14 Wed posted at 10:56 JST

    こんなのも摘発されてますし、最近ではなくクリミア制裁以降には全世界で密輸網を構築してる可能性が高いです

    33
    • ため息
    • 2022年 12月 17日

    いくらでも抜け道あるし、、、。モグラ叩きだろ。

    そもそも制裁で追い込む戦略が間違ってるんじゃないか?
    北朝鮮やベネズエラのような国でも破綻に追い込めないなら、
    戦略を変えないと行けないだろうに。

    何を目指してるのかアメリカと言うか、欧米も目標が曖昧だから
    グダグダなんだよな。

    19
      • すっかり寒くなりました
      • 2022年 12月 17日

      よく勘違いされますが禁輸政策は抜け穴があったら無効というゼロか100かのものではありません(無論100%封鎖出来たに越したことはないですが)。
      迂回輸出や密貿易での不正入手にあたり取引のハードルを上げることで「正規品と比べてコストを押し上げる」事も大きな目的です。
      こうした圧力は確実に製造数と(非正規品が混ざりやすい故に)故障率に反映されますので時間を掛けてでも地道な摘発が功を奏します。相手方の製造が続いてる点だけを見て制裁打ち切りにすべきという考えに至るのは正直かなり安易です。

      134
    • KNOB CREEK
    • 2022年 12月 17日

    日本がやるとしたら取り敢えず表立ってとっちめられそうな反社&半グレを摘発する感じかな?
    というかその手の連中の武器の調達ルート考えたら絶対ロシアも一枚噛んでるだろうし徹底的にとっちめろやと思うわ。

    15
    • T.corwell
    • 2022年 12月 17日

    まぁ中国とロシアが陸路で繋がっている以上、どうしようもありませんよね
    欧米メーカーが撤退したロシアの自動車市場も中国メーカーがシェアを席巻していると聞きますし

    6
    • ホテルラウンジ
    • 2022年 12月 17日

    アップルにエアタグがありますけど、チップ型のGPSはあるんで、斎藤製作所さんから出荷する段ボールに仕込めば技術的にはルートを把握する事は出来ますよね。
    あとは、それを斎藤製作所さんに負担をかけるのは間違いなんで、国がそれの責任を負う形に法整備と警察か防衛省が追跡組織体制を整備して、同様に欧米の企業にもそのような取り組みをしていくように日本から声かけて行っても良いと思います。
    勿論、ロシア側はどこかで段ボールから中身を出して積み替えてをやり始めるでしょうけど、その手間をかけさせる事自体で相当なロシア側の負担が増えますし、それには人出が要りますので、漏らす奴も妨害活動に協力する奴も出てくるわけなんで一気にやりにくくする手段が増えます。
    で、GPSが消えてる怪しい国、例えば中東や中国などで足取りが大量に消えてる場合、少なくともそこからロシアに行ってる事は把握できますので、当該国に摘発を依頼する(するわけないでしょうけど)のも良いですが、摘発をしなくても、オルランが何機制作されるかは把握できるはずです。
    何機オルランを持っているかという相手の手持ちのカードを把握する事だけでも重要ですのでまず段ボールにGPSチップを埋め込む所から始めたらいいのに。
    どうせ将来本格的に中国包囲網を作る事になってもこの取り組みスキームは使う事になりますからね。

    18
      • TKT
      • 2022年 12月 17日

      まあこのたとえば、中国の上海にはテスラのEV工場などもあり、そこでテスラのEVを生産するためには、当然半導体や、GPSも必要なわけです。

      中国でEVを生産するために、半導体やGPSを輸入しますといって、それをそのままロシアに持ってくことも決して難しい話ではありません。

      テスラは中国で生産したEVを北米で販売したい、というようなこともいってますし、こういうことではまったく中国包囲網どころではありません。

      9
      • はて
      • 2022年 12月 17日

      そのGPSチップはルートをどうやって報告するんです?

      18
        • ぬっこ
        • 2022年 12月 19日

        素人がぱっと思いつくのは無料wifiに自動接続させる方法だけど、長年スパイ合戦やりあってる世界では簡単に検出されて、娑婆のwifiに繋がる前に隔離されそうですね。

        1
      • 匿名
      • 2022年 12月 19日

      結局エアタグから半導体抜かれるのが関の山な気が…

      5
    • TKT
    • 2022年 12月 17日

    そもそも今も日本はロシアから天然ガスや、海産物を輸入し続け、サハリンにおける日本とロシアの共同開発を続けていますし、安い自動車や、中古自動車の輸出も続けていて、別に禁止しているわけではありません。

    中国も当然、ロシアから天然ガスの輸出を続けていて、増やしていますし、上海にはテスラのEV工場もあり、テスラの中国工場も半導体を輸入し続けなければなりません。

    中国の自動車工場、自動車企業と言っても、日本の自動車会社との合弁企業も多く、日本から中国に部品を輸出しないわけにはいきません。半導体部品でもそうです。

    中国で生産されたテスラのEVをばらして、半導体部品を取り出すことも原理的には不可能ではありません。日本車でも中国車でも同じです。

    ロシアに自動車を輸出する中国から、アメリカのテスラが工場を撤退させるかといえば決してそうではありません。もちろん日本も同じです。そもそも日本はロシアへの自動車の輸出を今も続けているのです。

    たとえば中国を経由すれば、ロシア軍が中国工場で作ったテスラのEVを買うことも簡単でしょう。

    11
      • 平八郎
      • 2022年 12月 18日

      ウクライナ戦争が始まってからアルメニアやカザフスタンは欧州から例年の何倍もの洗濯機や冷蔵庫を輸入していて、一方でアルメニアやカザフスタンからロシアに輸出される洗濯機や冷蔵庫の額も急増しているそうです。
      普通に禁輸で家電が手に入らないロシア国民の需要に応えてるだけかもしれないですが、なんか怪しい。
      ちょっと前にロシアは冷蔵庫やら洗濯機やらをバラした半導体を戦車に使っているんじゃないかという噂がありましたが、迂回しようと思えばこういうルートは色々あるでしょう。
      まだまだ締め付けが必要です。
      この前のロシア産原油輸出の上限価格設定が段々効いてくると思うのでそちらにも期待したい。
      お金がなくなれば裏ルートも使えなくなってやがて干上がるでしょう。

      5
      • 7743
      • 2022年 12月 19日

      たしかに輸入した自動車や家電から半導体をとりだして、それを兵器の素材にしている可能性はありますが、
      本来であれば数万円出せば買える半導体を、わざわざ何十倍もコストをかけて調達してるのは
      十分ロシアの生産力を削ってると思います。

      5
        • (=^・^=)
        • 2022年 12月 20日

        家電から半導体を抜き取ってるという話は、アメリカの情報機関が家電用スペックの半導体を軍事流用しているという報告書を面白おかしくするためにマスコミが出した都市伝説だよ。
        車や家電が密輸できるなら家電用半導体のほうがもっと簡単に密輸できることなんか普通の脳なら理解できるはずだが。

        2
    • 黒丸
    • 2022年 12月 17日

    日本もこういうしぶとく兵器を生産できる体制の検討は必要かと考えます
    例えば日本国内の自動車や家電やゲーム機の生産ラインの転用により
    戦時急造で対艦・対地ミサイルを製造できるとか検討しておかないと
    中国やロシアとその関係国によるる多方面同時侵略が発生した時に
    アメリカの支援が届かないという可能性もあるかと

    7
      • ミリオタの猫
      • 2022年 12月 18日

      あの…日本の場合海に囲まれている以上、海上封鎖をやられたら幾ら日本国内の生産ラインが生きていたって原材料が輸入出来なくなるので確実にアウトなのですが

      8
        • 名前
        • 2022年 12月 18日

        もし、物流が途絶するレベルで海上封鎖されたら日本防衛は既に失敗しているので降伏するしかないですが、そんな海上封鎖は中国でも困難ですよ。
        もし中国にそんな力があるなら台湾なんて米軍がいても余裕で落とせるでしょうね。
        なんなら日本を降伏させたあとハワイすら落とせるでしょう。
        現実的に考えたら、最悪でも第二列島線まで抑えられる位で、まだ東や北から物は運べます。(輸送効率は下がりますが)

        26
      • 名無し2
      • 2022年 12月 18日

      中露のように民族浄化を行う軍勢に対しては、たとえ海上戦力が壊滅して軍事的な意味で敗北しても降伏はなく本土決戦が選択される可能性が高いです。1940年の英国のようにあらゆる方法が取られるでしょうし、そのような究極的な事態をシミュレーションしておくことは平時の国防においても無駄ではないと思います。

      7
        • 名前
        • 2022年 12月 18日

        今このツリーで話されているのは物流が途絶されて兵器の製造ができないレベルの海上封鎖を受けている状況です。
        第二次大戦以上の封鎖を受けているわけで、その状況こそが民族浄化進行中ですよ。(第二次大戦末期でも兵器製造は低調ながら続いていました)
        その状況では抗戦のオプションはありません
        現代で相手を絶滅させるつもりなら、海上封鎖なんて莫大な労力を割かずに核兵器でも使えば良いですよね
        相手の善意に依存するのは良くないですが、一方で相手の悪意を盲信して国家のみならず民族ごと破滅するのはお話にならないと思います。

        5
          • 名無し2
          • 2022年 12月 18日

          英国では竹槍や火炎瓶の訓練だけでなくナチスに占領された後には極秘コマンド部隊が自国民へのテロ攻撃を行いナチスの仕業に見せかけて蜂起を促す予定でした。英国の事例を引き合いに出せば家電や自動車のラインを使って仕掛け爆弾などをどれだけ製造可能か検討しておくことはあながち荒唐無稽ではないと思います。

          2
            • 名前
            • 2022年 12月 18日

            通常の占領行政ならともかく、あなたが言うように日本を制圧した中露が民族浄化を企図するなら仕掛け爆弾もテロも役に立たないと思いますよ。
            民族浄化をするつもりなら日本人は見つかり次第排除されるだけなので(民族浄化とはそういうものですよね)。
            イギリスの例も、ドイツがイギリス人全般に対して民族浄化するのを危惧したわけではないので、当てはまらないでしょう。(フランスは占領されましたが、フランス人は民族浄化されておりませんし、ポーランドもそうです。ユダヤ人のようなマイノリティとは違います)

            1
              • 名無し2
              • 2022年 12月 19日

              英国の例以外にもベトナムやアフガニスタンなど、正規軍が壊滅して以降もゲリラ化して抵抗し続け最後は占領軍を撤退に追い込んだのは現実に起こった話であり、これからも起こり得る話です。そのような最悪な事態を防ぐためには、日本を占領した軍勢が紳士的な占領行政を敷いて実力抵抗の動機を断つ必要があります。つまり相手次第です。

              1
      • 黒丸
      • 2022年 12月 18日

      海上封鎖されて日本から原材料がなくなる可能性があるとはいえ
      すべてのものが封鎖と同時に一斉になくなるわけではないかと。
      国内にある各種材料や資源がなくなる前に、速やかに民生から転用し
      輸送路を防衛し封鎖を解除できる武器製造に振り向けることは
      研究と設計だけでも進めておくことが必要かと考えます。

      8
    • ななし
    • 2022年 12月 18日

    amazon でも買えちゃうくらいの模型用のパーツなんて、
    その辺の模型屋でも買えちゃうだろうし、
    制裁とか物流とかどうとでもできそう…

    1
      • 2022年 12月 18日

      >amazon でも買えちゃうくらいの模型用のパーツなんて、
      >その辺の模型屋でも買えちゃう

      それは物流網があってこそ
      国内では物流網を遮断していないので
      買えるのは当たり前
      ロシアの輸出入の正規ルートは遮断しているはず

      現実に犯罪組織の麻薬取引がある位だから
      完全に断ち切るのは難しいだろうけど
      不法行為になるので物資の値段が高騰するから無駄でもない

      5
        • 名無し三等兵
        • 2022年 12月 18日

        持ち込みについては外交貨物にしてしまえば税関フリーパスなのではないですか?
        どこの国もロシア大使館を閉鎖まではしてないでしょ
        Digi-KeyやMouserに代表される様な電子部品販売サイトから購入した電子部品
        だって旅行カバン一つで結構な数が入りますよ
        その気になれば本国へ戻る外交官がそれをハンドキャリーしたって良いんだし

        2
    • 匿名くん
    • 2022年 12月 18日

    これ、本当に怖いのは「ロシア人狩り」につながりかねないってことよね。
    今回出てきたのはロシア人経営の会社のようだから、なおさらそうなりかねない危険性を孕んでる。
    他国に住んでるロシア人たちも、真に同胞を想うなら今は大人しくしておけばいいのに…いや本国に人質取られてたらそうも言えないのか。ほんとにロクでもない戦争だ…

    17
      • せい
      • 2022年 12月 19日

      まあ1番ロシア人を狩ってるのはロシア政府なんですがね。

      2
    • 無無
    • 2022年 12月 18日

    ロシアへの闇ルートを解決する筋道も見えないし、戦争の終わらせ方も思いつかない
    それ頭が悪いって言う人から実現可能な答えを恵んでほしいわ

    2
    • タイヤキ
    • 2022年 12月 18日

    イランのドローンもアメリカ製部品65%でアメリカに輸出されたはずの日本家電部品2%もドローンに使われているから、制裁一番しているはずのアメリカから制裁逃れで一番部品イランに出ているから、アメリカが戸籍管理も社会保険料と納税と投票している国民しかできてないから、アメリカが制裁逃れ原因の大半占めているから、日本だけではどうしようもない。
    日本制裁の分だけ正規ルートで流れないように真面目にやるしかないね。

    5
    • 名無し3
    • 2022年 12月 19日

    国際法を守らない奴を国際法で守る必要はない
    さっさとロシア国内を破壊する武器と許可を

      • 無無
      • 2022年 12月 19日

      そういう話、うんざりするくらい聞き飽きてるんだけど?それで核大国ロシアをどう始末するのか、続きの説明が無いんだよ
      プーチンの巻き添え滅亡とか誰も付き合いたくないし

      1
        • 名無し3
        • 2022年 12月 21日

        別に迅速かつ完全な壊滅をロシアに行う必要はない
        なし崩し的にロシアの国内を破壊していき中共への支援能力を削いでいくのが主目的
        日本の主敵は中国だから

    • 大柴
    • 2022年 12月 19日

    >物流ルーは多数存在

    ロジスティクスはインポータントなのでメニーウェイ確保してるな

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP