米国関連

日本には影響なし、米議会が英国や韓国に米軍のF-35配備を禁じる法案を検討

衝撃的な話が飛び込んできた。米国がファーウェイ製通信機器を使用している国にF-35Aを装備した米空軍の部隊展開を禁止するかもしれない。

参考:Republicans move to block 48 US fighter jets being deployed to Britain over Huawei concerns

FY21国防権限法の修正案が可決すれば英国、ドイツ、韓国へのF-35A装備部隊展開が不可能に?

共和党のトム・コットン上院議員はファーウェイ製の第5世代移動通信システム(5G)関連機器を使用している国へのF-35Aを装備した部隊展開を禁止する法律制定のため動いている。彼はFY21国防権限法の修正案として「5Gや6Gネットワークにリスクのあるベンダー(製造元もしくは販売供給元)が進出している国の基地に新たな航空機の駐留を禁止する」ことを求めており、ここで言うリスクあるベンダーとは中国のファーウェイを指しているものと思われる。

この修正案は米空軍が2021年に予定している英国へのF-35A飛行中隊配備(2個中隊分48機)阻止が目的でファーウェイ製5G関連機器の使用禁止しない英国政府に圧力を加えるためのものなのだが、これが成立すれば影響を受けるのは英国だけに留まらない。

ファーウェイ製5G関連機器の使用を禁止していない韓国やドイツも同修正案の影響を受けるため、両国に駐留している米空軍のF-16を装備した部隊が将来的にF-35Aに機種転換すれば両国から移動=退去しなければならなくなる。

補足:ドイツのシュパングダーレム空軍基地にはF-16を装備した第52戦闘航空団が駐留中で、韓国にもF-16を装備した第8戦闘航空団と第51戦闘航空団が駐留している。今の所F-35Aへの機種転換は予定されていないが米空軍はF-16をF-35Aに置き換える予定なので将来的にはF-35Aに置き換えられるはずだ。

出典:U.S. Air National Guard photo by Tech. Sgt. Adam Keele

さらに付け加えるなら同法案は「新たな航空機の駐留を禁止」しているためF-35以外の航空戦力も影響を受ける可能性があり、仮にそうなれば演習目的や有事の際の部隊展開にも影響が出るはすだ。

英国は同修正案がまだ議会を通過していないため撤回させることが可能だと見ているが、トム・コットン上院議員はこの修正案を直接扱う上院の軍事委員会に所属しており彼以外の共和党議員も同修正案に賛成する可能性が高いため政府は米国に同修正案撤回を働きかけなければならないと指摘しており、韓国も同修正案の登場に衝撃を受けている。

ただ同修正案が成立するためには民主党が過半数を握る下院議会を通過しなければならないため、本当に成立するのかは謎だ。

英国防省はF-35はファーウェイを使用したネットワークに接続されることはない語っており、英国へのF-35A飛行中隊配備に何の問題ないと話している。

因みに日本はファーウェイ製通信機器排除を決定しているので同修正案の影響を受けずに済む、そのためF-35を装備した米空軍や米海軍の部隊展開に支障はない。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Kate Thornton

1機200億円と言われる次期戦闘機「F-3」のライフルサイクルコスト問題前のページ

韓国が対艦ミサイル「海星」の性能改良に着手、超音速対艦ミサイルも開発完了間近?次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    また極超音速兵器「AGM-183A」の試射に失敗した米空軍、今度はロケットブースターが点火せず

    米空軍は開発を進めている極超音速兵器「AGM-183A」の試射に再び失…

  2. 米国関連

    米エイブラムスと独レオパルト2のウクライナ提供、早ければ今週中に発表か

    WSJ紙は「バイデン大統領が早ければ今週中にもエイブラムスのウクライナ…

  3. 米国関連

    米メディア、30万人以上に拡張されるNATO即応部隊の80%は欧州が負担すべき

    米ディフェンスメディアは28日、マドリードで開催されるNATO首脳会議…

  4. 米国関連

    米国によるインド制裁の行方、原則を優先するか?クアッドを優先するか?

    バイデン大統領に制裁調整官候補に指名されたジェームス・オブライエン氏は…

  5. 米国関連

    米下院軍事委員会が決断、2027年までにF-35Aへ次世代エンジン統合を空軍に要求

    米下院は国防権限法案に「次世代戦闘機向けエンジン技術(AETP)を20…

  6. 米国関連

    検証作業中のTR3でトラブルが発生、F-35の年内引き渡しが97機に減少

    米国防総省は「検証が終わっていない」という理由でTR3を搭載するF-3…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 5月 06日

    ファーウェイ製通信機器排除に機能するか、
    米軍配備悪影響の形で機能するのか、
    どちらに転ぶか興味あるけど、
    中国としては後者のなるよう攻勢掛けて来るかも。

    • 匿名
    • 2020年 5月 06日

    ジャイアンvsジャイアンの戦い、巻き込まれる方は我が国も含めてたまったもんじゃねえな

      • 匿名
      • 2020年 5月 07日

      一応片方は映画版の要素もあるから…
      というかうちは巻き込まれるとかじゃなくて当事者でしょ、すぐ隣に悪性ジャイアンが住んでるんだし。

      • 匿名
      • 2020年 5月 07日

      こんなとこまで来るような人間なのにすっかり“平和教育”にやられてるねぇ
      巻き込まれるんじゃないよ?
      日本が能動的に大陸からの侵攻を防がなきゃならんのよ
      アメリカがいようがいなかろうがやるこた一緒
      単独でやるのは大変なんで利害関係が一致するアメリカと一緒にやろうかねってだけの話だ

      2
      • 匿名
      • 2020年 5月 07日

      中国は日本を(仮想)敵国として扱ってるのに、『ジャイアンvsジャイアンの戦い、巻き込まれる方は』などという認識とは……大丈夫か?

      2
    • 匿名
    • 2020年 5月 06日

    つまり韓国やイギリスも調達している機体に航空戦力を依存することは危険だという重要なシグナルなわけだ

    3
    • 匿名
    • 2020年 5月 06日

    米軍の配備であってF-35の販売とは別という理解でいいのかな?
    韓国が購入するF-35には影響しないと

      • 匿名
      • 2020年 5月 07日

      今のところはそうだが、はたしてそこまでですむ話なのだろうか?

      3
        • 匿名
        • 2020年 5月 07日

        結局どうなったのか知らないけど、f-35整備拠点の誘致の話は100%流れそう>韓国の
        販売については、ファーウェイ排除に応じない国をハブってたら利益にならないし、その国の企業が開発に参画してたりするわけだから手を付けられないはず>イギリスやEUなど

    • 匿名
    • 2020年 5月 07日

    残念でも無く当然
    踏み絵を踏まなかった時点でまぁ米国が引くことはわかってたよね
    正直こう来るとは思ってなかったけど
    …F-35全部撤退すんの?マジ?
    もう制空権の時代じゃないんかな…

    1
    • 匿名
    • 2020年 5月 07日

    ドイツも対象なんですね?
    本記事はアメリカ軍の配備についての記事であり、ドイツの購入への言及はないようですが、後継はF/A18E/Fで決まりとなるのでしょうか。
    トーネードの後継機種問題でごたごたが続いてますがどのような影響が出るのでしょうか。
    何やらもう一波乱ありそう。

    • 匿名
    • 2020年 8月 04日

    同盟国としての責務を果たす気が無い国から撤収するのはあったりま
    最新鋭戦闘機を売ってくれる相手と敵対しようって忘八半島から引き揚げも李の当然
    「アメリカの不実な態度」に激高するほうがおかしい

    • 匿名
    • 2020年 10月 01日

    英国防省はF-35はファーウェイを使用したネットワークに接続されることはない語っており

    要は中華を排除する気はないって事か・・・英も中華に頼らなきゃならんほど弱ってんだなぁ
    (ドイツは論外 あそこはもう中華圏)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP