米国関連

エンジンを空母に輸送可能? F-35Cの運用に欠かせない艦上輸送機「CMV-22B」完成

米海軍はベル・ヘリコプターとボーイングが共同開発した艦上輸送機「CMV-22B」の初号機を受け取ったと発表した。

参考:Bell Boeing Host First Reveal Ceremony for CMV-22B Osprey

F-35C搭載エンジンを空母に届けることが出来る唯一の輸送機「CMV-22B」

このCMV-22Bは、洋上で活動する空母へ補給物資を届ける「C-2グレイハウンド」の後継機として垂直離着陸機「V-22オスプレイ」をベースに開発された艦上輸送機で、空母にF-35Cが搭載しているエンジン「F135-PW-400」を届けることができる。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Christopher R. Jahnke

ベル・ヘリコプターとボーイングによれば、CMV-22Bはオスプレイファミリーの中でも非常にユニークな特徴を持っており、最大6,000ポンド(約2.7トン)の貨物を搭載したまま1,150海里(約2,100km)を飛行することが可能で、F-35C搭載エンジン「F135-PW-400」を洋上を航行中の空母に届ける事ができる唯一の航空機だと言っている。

ただしテストに用いられたプロトタイプのCMV-22Bは、昨年に空母「ジョージ・H・W・ブッシュ」で実施されたテストで米海軍が重要視している「F135-PW-400」輸送要求を満たすことが出来なかった。

出典:public domainF135

通常、空母に航空機用エンジンを輸送するには、金属を腐食させる塩分を含んだ風から精密機器を保護するため海軍標準コンテナに「密閉した状態」で輸送する決まりなのだが、CMV-22Bの貨物室に海軍標準コンテナを搭載することが寸法上難しいため、F135-PW-400はコンテナを使用せずむき出しのまま塩分を含んだ風に晒されている空母に輸送しなければならない。

しかも、F135-PW-400をCMV-22Bの貨物室から積み下ろすには機体の一部を分解する必要がある。

現行のC-2は着艦後、場所をあけるため直ぐに主翼を折りたたんでタキシングしながら駐機スポットへ移動することができるが、CMV-22Bは主翼とメインローターを折りたたむとタキシングすることが出来ないため、C-2よりも手間がかかり、空母の発着艦作業を妨げる要因になると指摘された。

当然、米海軍も問題に気づいているがF-35Cの空母運用開始が2021年に控えているため、数年かかると言われる胴体の再設計などは現実的に不可能で、米海軍やベル・ヘリコプターも納入されたCMV-22Bが、これまで指摘された問題を解決したのかについて明らかにしていない。

不完全な状態で納品された可能性が高いCMV-22Bが、第二のKC-46Aにならないことを祈る。

補足:どうしてこうなった? 米軍を悩ませる海上輸送と空中給油機の問題

 

アイキャッチ画像の出典:Bell Textron Inc. CMV-22B

イスラエルの軍事技術に依存? 米メディア、韓国の第4.5世代戦闘機「KFX」は輸出困難前のページ

将来への投資のため? 米空軍、戦力の空白覚悟でF-15CやF-16C/D等の早期退役を検討中次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米当局者、ロシアに妥協すれば自由を守るためのコストは更に増加する

    米当局者は「戦いが長引くと国民がウクライナ支援にうんざりするかもしれな…

  2. 米国関連

    批判に晒されるF-35プログラム、下院軍事委員長がF-35Aに依存した航空戦力の見直しに言及

    下院軍事委員会のアダム・スミス委員長は「F-35Aに頼らない航空戦力の…

  3. 米国関連

    F-16は2060年代まで空を飛ぶ? 導入国に広がる安心感とロッキード・マーティンの皮算用

    米空軍とロッキード・マーティンはF-16Vの需要増を受けて同機の製造ラ…

  4. 米国関連

    米メディア、米陸軍の実射試験に「19式装輪自走155mm榴弾砲」参加を期待

    米陸軍が採用を予定しているトラック搭載型の155mm榴弾砲に世界中の企…

  5. 米国関連

    米上院、2025年までに中国は第5世代戦闘機を米国より多く保有することになると指摘

    上院軍事委員会のジェームズ・インホフ委員長は今月5日、中国は2025年…

  6. 米国関連

    米下院軍事委員会、ウクライナ支援を縮小して対中国対策への投資を望む

    バイデン政権がウクライナ支援のため確保している資金は9月末に尽きる見込…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 2月 10日

    この前初めてこの問題を見たけどもう作っちゃったのか…
    動作不良が無いといいね^^
    試験飛行も含めあと2、3年掛かるかなぁ

    • 匿名
    • 2020年 2月 10日

    KC-46Aは先進性と大胆な設計改良がボーイングに絶賛されてる

    • 匿名
    • 2020年 2月 10日

    レーダー積んで出雲に乗せろ。

      • 匿名
      • 2020年 2月 11日

      E-2Dのシステムを載せられれば、強襲揚陸艦の軽空母化が進むし、他国の軽空母や強襲揚陸艦向けに売れそうなのに。

      1
    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    オスプレイがf35のエンジンを搭載できる設計じゃなかったということか
    もうC-2を引き続き運用すればいいんじゃないの
    最近、米軍はアホばっかりやな

    1
    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    最悪CH-53E/Kならなんとかなるんでねーの

    1
      • 匿名
      • 2020年 2月 11日

      ならねーよ。普通に機体の大きさをwiki等で見くらべろ

        • 匿名
        • 2020年 2月 12日

        F135-400 5.6m×1.2m
        CH53K 9.1m×2.6m×2.0m

        他人に見比べろとか命令しながら、自身がこの程度の数字の見比べすらできないとかさすがですね。

        1
    • 匿名
    • 2020年 2月 11日

    米海軍のC-2では径の細いF404/F414エンジンは積めてもF135は積めないし、航続距離の問題もあるので新型の輸送艦載機は必要になるのですが、設計時期のタイミングでV-22の設計段階で要求できなかったのが痛いですね。

    リフトファンがあり全長の長いF-35B用F135エンジンがMV-22で強襲揚陸艦に空輸できるのは分解可能な箇所が増えてるのか、F-35Cと同じで剥き出し空輸なのかは気になりますが、後者なら海軍もあんまり気にしてないのかもしれません

    1
      • 匿名
      • 2020年 2月 11日

      ラップでくるんで、運ぶんじゃないか。

    • 匿名
    • 2020年 2月 15日

    むき出し搭載でも、オスプレイの機体ごと格納庫のデッキまて降ろしてから初めてエンジンを降ろすんじゃないかな。甲板上で降ろす事はあるのかな?格納庫デッキで降ろすのなら、海軍は潮風はさほど大きな問題にはならないと考えているかも。

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  5. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
PAGE TOP