米国関連

次期フリゲート艦「FFG(X)」プログラムに暗雲、米海軍を信用していない議会が横ヤリ

米海軍はアーレイ・バーク級駆逐艦フライトIIIを1隻調達するコストで次期フリゲート艦「FFG(X)」を2隻調達できると主張しているが、これまで海軍に散々騙されてきた議会が根拠を示せと言い出した。

絶対に失敗できない次期フリゲート艦「FFG(X)」プログラム

米海軍は次期フリゲート艦「FFG(X)」にイタリアの防衛産業企業フィンカンティエリが提案したFREMM案を採用する決定を下したが、そもそもこの計画は冷戦終結後にニーズが急増した非対称戦や大規模な戦争以外の戦闘任務に適した「沿海域戦闘艦(LCS)」の後継艦調達プログラムだ。

出典:public domain インディペンデンス級沿海域戦闘艦

残念ながら沿海域戦闘艦として開発したフリーダム級やインディペンデンス級は設計当初のコンセプトと異なる戦場環境(=中国やロシアとの大規模戦争)の出現によって活躍の場が消滅してしまったため、次期フリゲート艦「FFG(X)」プログラムに沿海域戦闘艦のコンセプトは引き継がれていない。

因みに海軍が次期フリゲート艦「FFG(X)」に求めているの能力は以下の通りだ。

  • 空母に随伴可能なこと
  • 敵潜水艦を検出できること
  • 護送船を守れること
  • 複数の小型ボートによる攻撃から身を守れること
  • 水平線下の水上艦を破壊できること
  • センサーのネットワーク化に対応していること

さらに付け加えれば「徹底的なリスク排除」と「調達価格10億ドル未満」という目標も達成する必要がある。

海軍はズムウォルト級ミサイル駆逐艦やジェラルド・R・フォード級空母といった新規艦艇調達プログラムで失敗を重ねたため議会の信用を失っており、この次期フリゲート艦「FFG(X)」プログラムだけは絶対に失敗することが出来ないのだ。もし今回も議会を裏切る結果(予算超過や要求性能未達等)となれば海軍から装備調達の自由を取り上げるかもしれない。

出典:public domain ズムウォルト級ミサイル駆逐艦

そのため海軍は失敗を避けるためにFFG(X)専用のシステムや装置の開発を諦め、戦闘システムにはイージスシステム(ベースライン10)を搭載レーダーにはAN/SPY-6の派生型「EASR(AN/SPY-6(V)3)」を、武装にはMk.41垂直発射装置、RIM-116RAM、Mk.110 57mm砲を採用することにした。

はっきり言えばFFG(X)の中身はアーレイ・バーク級駆逐艦フライトIII用に類似した構成で革新的な要素は0に近いが、船体の設計には工夫の跡が見られる。

海軍が採用を決めたFREMM案では船体に切り刻んだり穴を開けなくても主要な搭載機器やエンジンギアの交換を行うことができ、将来、指向性エネルギー兵器に対応する際に要求される発電能力強化も簡単に行う事ができるよう予め配慮さており、アップグレードを行う際のコスト削減に効果的な設計が施されている。

議会はなぜ、FFG(X)がコスト超過に陥ると言っているのか?

前置きが長くなってしまったが本題はここからだ。

海軍はFFG(X)1番艦の最終的な建造コストは12億8,000万ドル(約1,380億円)だと明らかにしたが、これはFFG(X)を建造するために必要な設備の調達費が含まれており最終的には8億ドル(約850億円)から9億ドル(約960億円)で調達できるようになると説明している。

要するに海軍はアーレイ・バーク級駆逐艦フライトIII(約20億ドル)に近い構成のFFG(X)を半値で調達すると言っているのだ。

出典:public domain アーレイ・バーク級駆逐艦フライトIII

ここまでの話を総合すると確かに次期フリゲート艦「FFG(X)」プログラムはこれまでの失敗で学んだ教訓が生かされており手堅い設計プランだと言えるだろう。しかし海軍に何度も騙されてきた議会は次期フリゲート艦「FFG(X)」プログラムを信用しておらず、今回も再びコスト超過に陥るかもしれないと言い出したのだ。

では、議会はなぜコスト超過に陥ると言っているのか?

FFG(X)の基準排水量は7,600トンで、アーレイ・バーク級駆逐艦フライトIIIの基準排水量は9,300トンだ。FFG(X)はフライトIIIの3/4で同じような搭載品を採用しているにも関わらず、なぜコストだけが1/2になるのか納得できないと言っているのだ。議会はフライトIIIのトン当たりコストでFFG(X)のコストを試算すると14.7億ドルになると主張しており、海軍の見積もりよりも56%コストが増加すると警告している。

そのため議会は海軍に対し「なぜコストが1/2になるのか海軍は根拠を示せ」と言い始めた。

確かにFFG(X)はアーレイ・バーク級駆逐艦フライトIIIとよく似たものを搭載するが、FFG(X)は弾道弾迎撃用のSM-3を統合する予定はないため同じイージスシステムでもBMD機能が削除されている可能性が高く、フライトIIIが搭載するAN/SPY-6とFFG(X)が搭載するEASR(AN/SPY-6(V)3)とではアンテナの大きさや機能が異なり、Mk.41垂直発射装置の搭載セル数も異なるため議会のコスト算出方法は乱暴かもしれない。

果たしてどちらの言い分が正しいのか?海軍は議会にコストの根拠を示せるのか?色んな意味で注目される。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Navy graphic/Released 米海軍が発表した次期フリゲート艦「FFG(X)」の完成予想イメージ

日本製レーダー「J/FPS-3ME」輸出に反対する市民団体、三菱電機に輸出断念を要求前のページ

F-22稼働率引き上げは絶望的か、米空軍は正式に戦闘機稼働率80%という目標を放棄次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    圧倒的なコスパを示すF-35A、スイスに次いでフィンランドでも他候補を圧倒か

    米国務省は9日、フィンランドの次期戦闘機HXプログラムに提案されてる米…

  2. 米国関連

    ハープーン終焉か?米海軍が次世代フリゲートにノルウェー製対艦ミサイル採用

    米海軍は水上艦艇に搭載する対艦ミサイルを自国製の「RGM-84ハープー…

  3. 米国関連

    ノースロップ、大型魚雷Mk.48を1/16まで軽量小型化した新しい魚雷を発表

    ノースロップ・グラマンは21日、現在使用されている魚雷よりも圧倒的に小…

  4. 米国関連

    米海軍、ノルウェーの秘密基地を再稼働させてロシアの聖域に挑む

    米海軍とNATOは秘密基地「オーラウスヴァーン基地」を再稼働させ、再び…

  5. 米国関連

    戦闘機に搭載する兵器コスト、無誘導爆弾なら40万円、AIM-120Dなら1億円

    中々、知る機会の少ない航空機が搭載する空中発射兵器の調達単価を「The…

  6. 米国関連

    米陸軍、無人航空機に対する対抗兵器「IM-SHORAD」の評価試験を開始

    ニューメキシコ州ホワイトサンズ・ミサイル実験場で、いよいよ暫定的な機動…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 5月 08日

    詳細がわからないから議会の言う理屈もわからないではないな。

    1
    • 匿名
    • 2020年 5月 08日

    日本のFFMが1隻500億と言われてるけど、そう考えるとやっぱイージスシステムってお高いのね……

    1
    • 匿名
    • 2020年 5月 08日

    こんごう型が基準排水7200トンで1200億円だったのでFFG(X)の基準排水量が7600トンなら同程度の金額になるのでは?

      • 匿名
      • 2020年 5月 13日

      当時とは物価が違うと思うが?

      1
    • 匿名
    • 2020年 5月 08日

    ズムウォルトやジェラルドRフォード、結局高く付いたバージニアの件もあるし
    まあ議会がツッコミたくなるのはよくわかる

    • 匿名
    • 2020年 5月 08日

    ようわからんが、イタリアが水面下で中国と繫がってることを懸念してはいないのけ?
    俺だったらまったく信用できないと思うんだが

    • 匿名
    • 2020年 5月 08日

    つか非対称戦の時代でもあり中国が覇権に挑戦してくる時代でもあるっていうのは10年前には分かってた話だと思うんだけど 両方に対応するのはちょっとこれからのアメリカには無理になってくるかなあ
    それと非対称戦に備えてステルスに振り切ったバカ高い艦型にするっていうのもよくわからない話で、ここの主がけっこう文脈読めてないよなあと

    • 匿名
    • 2020年 5月 08日

    自衛隊のFFMで事足りると思うけどな、フリゲード艦にイージスシステム積まずにネットワーク化を強化して
    浮いた金でVSL増設と127mm砲搭載に資金を回せばいいのに
    これからもごたごたが続きそうだな

      • 匿名
      • 2020年 5月 08日

      そもそも、空母に随伴とか、護送船の護衛とか言うなら……それこそ、駆逐艦の仕事な訳で。アーレイ・バーク級を張り付けておけば良い話で。
      フリゲート名目で、安価な劣化駆逐艦を多数揃える意味って?に、成る訳だけれど……。

        • 匿名
        • 2020年 5月 08日

        21世紀版O.H.ペリー級かと思ったけど、違うのかな?

    • 匿名
    • 2020年 5月 08日

    軍事の何たるかが分かってない議会がバカなこと言ってんのかと思ったら
    至極真っ当なご意見だったでゴザル…我が国の財務省とは違いますな
    退役軍人とかも議員やってるんで当たり前っちゃあたりまえか

      • 匿名
      • 2020年 5月 08日

      米海軍みたいに失敗続きだったら、日本の野党や財務省でも、まともな突っ込みをするかも。

        • 匿名
        • 2020年 5月 10日

        失敗しようにもまず開発予算が財務省から降りないけどね

      • 匿名
      • 2020年 5月 09日

      WW2時代の米陸軍第442連隊出身で大統領第3位継承権をもつ上院仮議長だった故ダニエル・イノウエ上院議員もいましたから、米国議会には軍出身の議員もいてリテラシーは高いでしょうね。
      アメリカでは軍人、退役軍人との挨拶は「Thank you for your service.」で始まるくらい敬意を払われていますし、退役しても何らかの形で政治に関わる議員やスタッフも多いでしょう。

    • 匿名
    • 2020年 5月 09日

    金出すほうも変に出し渋ったり後になって横から口を出すから
    ゆがんで失敗しやすくなる事を自覚するべきなのでは?
    むしろ制限ある予算で絶対完璧にいく事が当然だと思っているのかと

    考え足らずの軍縮って歪みすごいんだな

      • 匿名
      • 2020年 5月 09日

      制限のある予算のなかで「完璧にできた。できなかったこれは不測の事態で」と説明できない組織にも責任があります。できないことをできないということも含めて。
      金があることが当たり前の先軍政治じゃないんですから

      • 匿名
      • 2020年 5月 09日

      フォード級やズムウォルト級の開発に関して議会は金出し渋ってなどいないんですが

        • 匿名
        • 2020年 5月 09日

        しかしフォード級では、何故事前の地上検証を怠ったのだろう?
        何だか目先の金を惜しんで大損した風ですよね。

        • 匿名
        • 2020年 5月 09日

        ズムウォルト級は、建造費用(建造数)そのものを削られた気が……。アレって確か、建造費用の一部を開発費用にしていた計画だったから、しわ寄せで1隻あたりの費用が馬鹿高く成ってしまった側面もあったと思うんですけれど?

    • 匿名
    • 2020年 5月 09日

    まだまだ揉めると予言しとく
    本質的には、オーストラリアがオセアニアの盟主としての立ち位置を、米中のはざまで定めかねてることが背景にあるから
    つまり政治的な駆け引きが背後でうごめいてると見るべき

      • 匿名
      • 2020年 5月 13日

      >オーストラリアがオセアニアの盟主としての立ち位置を、米中のはざまで定めかねてることが背景にある

      まるで意味が分からない。
      米議会は米海軍に「見積もりが甘いんじゃないか?具体的な根拠を示せ。」って言ってる訳で、それがどうやったら「オセアニアの盟主」云々と結びつくのか?
      「米中のはざまで定めかねて」いなければ、予算超過や要求性能未達の問題が消えてなくなるのか?
      もう少し詳しい解説を頼む。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  4. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  5. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
PAGE TOP