米国関連

新型コロナウイルスの影響でF-35フルレート生産移行に遅れ?日本発注のKC-46A製造に影響も

米国では新型コロナウイルス「COVID-19」の感染が急速に拡大中で影響は国防や防衛産業にも及び始めており、この状況が長引けば米国のみならず多くの西側諸国の装備調達に影響が出るかもしれない。

参考:F-35 testing at Edwards Air Force Base paused, impact to full-rate production decision unknown

日本も無関係ではない?米国の防衛産業に襲いかかる新型コロナウイルスの影響

米国を含む多くの国が調達を開始した第5世代戦闘機「F-35 ライトニング II」は需要増に応えるため一刻も早くフルレート生産へ移行することが望まれているのが、未消化のテストや解決すべき問題が多く残っているためフルレート生産への移行承認が下りておらず、エドワーズ空軍基地の第461飛行試験飛行隊が日々F-35のテストや問題解決のためデータの収集・分析に取り組んでいる。

この第461飛行試験飛行隊が駐屯しているエドワーズ空軍基地が新型コロナウイルスの影響で閉鎖されてしまい第461飛行試験飛行隊の業務が中断されてしまった。現在、最低限機体を維持するための作業とテレワークを利用したデータの検証作業のみが行われその他の試験や業務は停止していると言う。

出典:public domain エドワーズ空軍基地でテストを受けるF-35A

特にF-35を開発したロッキード・マーティンは第461飛行試験飛行隊からのデータをフィードバックしてF-35の改良や不具合の修正を行っているため、この状況が長く続けばF-35のフルレート生産移行に影響を及ぼすだろうと国防総省のF-35統合プログラムオフィスが認めたと米国メディアが報じており、何度も延期されているF-35のフルレート生産への移行がさらに延期される可能性が出てきた。

今の所F-35の製造には影響が出ていないため各国の調達計画に狂いは生じていないが、この先も全く影響がないとは言い切れない。

さらに米国の防衛産業大手ボーイングは新型コロナウイルスに感染した従業員が死亡した影響でシアトルにある工場を閉鎖することを発表した。

この影響で民間旅客機と同一ライン上で製造されている空中給油機KC-46Aと対潜哨戒機P-8Aの製造も停止に追い込まれることになったが、閉鎖措置は2週間なので予定通りラインが再開すれば回復可能な遅延だとボーイングは話しているが、今後新たに従業員が新型コロナウイルスに感染すれば工場の閉鎖は長期化することが予想されるため最悪、空軍や海軍への引き渡しに影響が出るかもしれない。

出典:public domain F-35Aに空中給油を行う米空軍のKC-46A

しかもシアトルの工場では現在、日本が発注した航空自衛隊向けのKC-46Aが製造されているため日本も影響を受ける可能性がある。

関連記事:問題の多い空中給油機「KC-46A ペガサス」、日本向けの機体製造に着手

 果たして新型コロナウイルスによる影響は短期的なもので終わるのか?それとも今回の措置は始まりに過ぎないのか?もし後者なら米国製兵器を調達する多くの国が影響を受けることになるだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air National Guard photo by Tech. Sgt. Ryan Campbell

米海兵隊が部隊再編を発表!戦車を全廃、F-35B等の航空戦力も大幅削減前のページ

新型コロナに苦しむフランス、ドイツ軍に航空支援や独仏合同旅団派遣を要請か次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米欧州陸軍のホッジス元司令官、米国はロシアの非帝国化を目指すべき

    米欧州陸軍のベン・ホッジス元司令官は4日、ウクライナとロシアの戦争につ…

  2. 米国関連

    米軍、運用コスト削減に失敗するとF-35維持に年間1.7兆円もの負担が必要

    米国の政府説明責任局はF-35の運用コスト削減が達成されない場合、20…

  3. 米国関連

    米海軍がアメリカ級強襲揚陸艦4番艦を発注、米空軍は秘密予算廃止を訴える

    米海軍は4月30日、アメリカ級強襲揚陸艦4番艦(LHA-9)をハンティ…

  4. 米国関連

    ロッキード・マーティン、敵ミサイルを無力化するレーザー兵器の動画を公開

    ロッキード・マーティンは14日、戦術空中レーザー兵器システム(Tact…

  5. 米国関連

    ロッキードもボーイングも参戦! 米空軍の無人戦闘機「Skyborg」計画は大混戦か

    米空軍は無人戦闘機プログラム「Skyborg(スカイボーグ)」のため今…

  6. 米国関連

    米空軍に続き米海軍も高度な戦術訓練機の調達を発表、最大の目的はF-35運用時間の削減か

    米空軍はパイロット養成に使用しているT-38タロンを更新するため調達予…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    ここはおもいきってMRJを給油機に改装する!
    自衛隊用で民間機ではないので型式認定前でも可能では。
    でも大きさが違いすぎますね。

      • 匿名
      • 2020年 3月 26日

      P1は給油機にならんかな?

        • 匿名
        • 2020年 3月 26日

        それだ!
        P2も有るし。

          • 匿名
          • 2020年 3月 26日

          訂正します。
          >P2も有るし。
          C2も有るし。

            • 匿名
            • 2020年 3月 27日

            ヘリへの給油を考えたら、遅く飛べるP-1の方が良いかな。

          • 匿名
          • 2020年 3月 26日

          C−2かな。
          給油システムが難しい。

      • 匿名
      • 2020年 3月 26日

      MRJって結構ちっちゃいんだよね…
      767級国産したいです(無理

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    やっぱり最初にフルレート再開と言ってたのは状況読めてない発表だったか…もう広報担当を自宅待機させろよ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP