米国関連

ジェネラル・ダイナミクス、自爆UAVを50基も搭載した無人車輌「TRX」を発表

北米最大の防衛機器展示会「AUSA 2021」でジェネラル・ダイナミクスは50基の徘徊型UAV(自爆UAVもしくはカミカゼドローン)を搭載した無人車輌「TRX」のモックアップを公開、大きな注目を集めている。

参考:General Dynamics at AUSA 2021: Transforming America’s Future Fighting Force

無人車輌に50基の徘徊型UAVとクアッドコプターを搭載するジェネラル・ダイナミクスのTRX

ジェネラル・ダイナミクス(GD)が開発を進めている無人車輌「TRX」は米陸軍の無人戦闘車輌プログラム「RCV-M(通称:ロボット戦闘車輌)」から派生した半自立運用が可能な無人車輌で、リスクの高い交戦地域での偵察・監視、直接的な戦闘、前線へ物資補給、カウンタードローン・システムや電子戦システムを搭載した戦闘支援などの行う車輌のプラットフォームとして使用することを想定しており、ストライカーやブラットレーといった米陸軍の装甲戦闘車輌に追従できるだけの機動性も備えている。

TRXはRCV-MプログラムでHowe&Howe Technologiesの提案に敗れたが、米陸軍はGDが開発を続けるTRXに再び興味を示して来年フィールドテストを行うと発表(採用すると言っていない)している。

このテストにGDはどのようなタイプのTRXを提供するのかは不明だが、北米最大の防衛機器展示会「AUSA 2021」で同社は50機の徘徊型UAV(自爆UAVもしくはカミカゼドローン)を搭載した無人車輌「TRX」のモックアップを公開して注目を集めており、このTRXはエアロバイロメント製の徘徊型UAV「Switchblade 600」を26基+小型の「Switchblade 300」を24基を搭載することが可能で、用途は不明ながらクアッドコプターも車輌内に搭載するなど非常にユニークな構成だ。

米メディアは徘徊型UAVを大量に搭載するTRXについて「比較的小規模な地上部隊でもTRXを携行させれば、空からの視界と精密攻撃の元で視界外の脅威と交戦することが可能になる」と評価しており、将来の地上戦は例え小規模な部隊でもUAVを用いることで後方支援や空軍に頼ることなる独自の間接攻撃能力を備えるのが一般的になるのかもしれない。

まぁAUSAに展示されたTRXがそのまま実用化されるとは思わないが、類似するコンセプトの無人車輌が何処かで必ず実用化されるような気がするのは管理人だけだろうか?

関連記事:米陸軍がカミカゼドローン導入を本格化、英国も対外有償軍事援助を利用して同一機種を発注

※コメント欄利用の注意事項:主義主張の内容は自由ですが、主義主張の表現方法が暴力的、差別的、個人攻撃、過度に激しいものは削除&IP規制を行っているので、今一度コメントの投稿前に内容をご確認ください。重ねて申し上げますが、ここのコメント欄は読者のご協力の下で成り立っているので何とかご協力をお願いします。

 

※アイキャッチ画像の出典:General Dynamics

中国国営放送、米海軍のコネチカットは空母の護衛として事前配備された際に事故を起こした前のページ

防衛省が緊急発進の集計結果を発表、中国軍機へのスクランブル回数は再び増加傾向次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米陸軍がカミカゼドローン導入を本格化、英国も対外有償軍事援助を利用して同一機種を発注

    米陸軍がカミカゼドローンと呼ばれる徘徊型無人航空機(UAV)の調達を本…

  2. 米国関連

    全軍を挙げてドローンの脅威に対抗、米軍が全兵士に対するカウンタードローン訓練を開始

    マッケンジー米海兵隊大将は「兵士からコックまで兵種に関係なく全ての人員…

  3. 米国関連

    自滅する米海軍、1年あたり12万9,600時間をメンテンナス遅延で浪費

    米海軍は艦艇に対するメンテナンスサービスの遅れについて分析を行い、18…

  4. 米国関連

    対地攻撃の視界外化、米露で進む攻撃ヘリへの長距離精密誘導ミサイル採用

    ロシアが攻撃ヘリに射程が100kmもある新型巡航ミサイル「item30…

  5. 米国関連

    また極超音速兵器「AGM-183A」の試射に失敗した米空軍、今度はロケットブースターが点火せず

    米空軍は開発を進めている極超音速兵器「AGM-183A」の試射に再び失…

  6. 米国関連

    米海軍、タイコンデロガ級巡洋艦の退役が議会に拒否されると数十億ドルの予算不足に陥る

    米海軍が2022年度に7隻退役させることを主張しているタイコンデロガ級…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    ターミネーターの世界が近付いている。
    人々は、時代の変化に付いていけるのだろうか?

    4
      • 匿名
      • 2021年 10月 15日

      スコップで重機に立ち向かうようなもんだ
      多くは別の仕事をする事になる

      2
      • A
      • 2021年 10月 15日

      その昔タイムボカンシリーズというアニメにビックリドッキリメカっちゅう物がありましてたっけなぁ。

      11
        • 匿名
        • 2021年 10月 15日

        おしおきだべぇ(但し即死)。

        5
        • 匿名
        • 2021年 10月 18日

        ハッチが開いてせりあがってくるところは、おだて豚とかどっちらけに似ていなくもない

      • 匿名
      • 2021年 10月 15日

      ついていけないと排除されるの?
      辛いな

    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    MLRSが普通科に随伴する感じになるのかな?

    1
      • 匿名
      • 2021年 10月 15日

      何でMLRSだと思ったのかな?クラスターぶちかます訳でもないし、長距離で強力な単弾頭撃つ訳でもない。滑空型誘導式子爆弾がスイッチブレードみたいだと思ったのかな?

      スイッチブレードは射程が長くて冗長性のある40mmグレネード/70mmハイドラみたいなイメージの方が近くね?既存の装備で適当な例は無いと思う。

        • 匿名
        • 2021年 10月 16日

        MLRSはもうクラスター爆弾は装備してなくて、精密誘導ロケット弾になっているでしょ。

        私の感想は、野戦特科(ミサイル部隊)を重迫や中多(普通科)みたいに使える兵器だなというところ。

        300の方は射程が10kmもないから重迫や中多くらい後方から運用するのかな?と予想している

        さらに、偵察ドローンまで装備して指揮車に引きこもりながら運用できそうな感じ。

        書いて頭が整理されて思ったけど、面制圧するMLRSじゃないねこれ。

    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    スイッチブレード運用するのにTRX使うメリットがどれ位有るんだろう。1両あれば即応レベルで単純に考えれば50回攻撃出来る感じになるとは思うが。配備車両一つ一つに4機ずつとかの方が集中火力や認識力で劣るが柔軟性はあるとおもうんだけど。

    1
      • 匿名
      • 2021年 10月 15日

      ミサイル駆逐艦のVLSがSAM積んだり巡航ミサイル積んだりして使い分けるのと同じノリで複数種のドローンを運用する想定なんじゃないの

      6
    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    中国はすでにドローン搭載管制専用の装甲車両を配備してたよな、
    すでに後追い企画になってるのか

    8
      • 匿名
      • 2021年 10月 15日

      そして日本は安定の周回遅れ・・

      3
        • 匿名
        • 2021年 10月 15日

        周回で済めばいいがな

        6
          • 匿名
          • 2021年 10月 15日

          本当にやばいぞ

          1
    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    スナイパー退治に前線少し後方からドローンによる援護に使用されそうだな
    今までは偽装して潜んでいるスナイパーを探すの大変だったし
    撃たれるまで、居ているかどうかもわからないという恐怖もあったが
    ドローンだと音も姿も小さく、偵察されていることも察知されにくいので
    スナイパーを狩り出すようなことが、簡単になるのでは

    4
    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    魚雷は自爆って言わない不思議

    1
      • 匿名
      • 2021年 10月 15日

      ミサイルだって自爆とは言わんは(笑)
      基本爆発という結論しかない誘導兵器に対して、ドローンは必ずしもそうではないし、偵察や警戒という魚雷やミサイルには無い機能があるからね

      12
      • 匿名
      • 2021年 10月 15日

      ミサイルも自縛って言わないから、ある程度の賢さ(AI)を持った兵器が敵に飛び込むことが重要なのでは

      • 匿名
      • 2021年 10月 15日

      機雷も自爆とは言わんよね
      キャプチャー機雷とか上昇機雷とかの知性化機雷は、無人機とも表現できるだろうし

      3
    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    スカイネット「あれ、もう人間いらなくね?」

    2
    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    大量のUAVの運搬手段を考えると、行き着く先は軽戦車(の車体)になるか

    4
    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    関係ないが我が陸軍のような迷彩色だな

    1
    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    飛行機も船も好きだけど、新しい陸上車両が一番心躍る

    2
    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    誘導弾と言っておけば何でも導入出来るでしょ
    徘徊するかは秘密だよ

    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    なんだかカメムシみたいな見た目やな

    1
    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    陸上車両に大量の無人機…
    エリア88だなこれは(おっさん並感

    1
    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    車体前上部の突起が24あるからこれが Switchblade 300 なんだろうね。
    クアッドコプターはシステム直結の索敵用で敵部隊の布陣展開を即応的に探知しその上空に徘徊型UAVを飛ばすてことかな。

    • 匿名
    • 2021年 10月 15日

    現代版ゴリアテかと思ったけれど大きさが違った

    1
    • 匿名
    • 2021年 10月 16日

    まずはAMPVの兵員室にVLSで搭載しろって感じだけど今の流れだとJLTVカーゴがベースかな。
    HIMARSみたく装甲キャブのFMTVにVLSで搭載したら100発行けるっしょ。

    • 匿名
    • 2021年 10月 20日

    つべに解説ビデオがあるので、ご参考まで。
    リンク

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  4. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  5. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
PAGE TOP