米国関連

岩国基地の米海兵隊「F-35B」が事故!F/A-18Dに続き1週間で2件目の「クラスA」事故

日本の岩国基地に展開する、米海兵隊F-35Bが、バードストライクが原因でクラスAの事故にあった。

参考:Bird strike causes more than $2 million in damages to Japan-based Marine Corps F-35B

F/A-18Dに続き、F-35Bが事故、クラスAの事故が1週間で2回

米海兵隊、第1海兵航空団の広報担当者のエリック・フラナガン少佐によれば、5月7日、日本の岩国基地に展開している第12海兵航空群所属VMFA-121のF-35Bが、滑走路から離陸した直後にバードストライクに遭遇、そのため緊急着陸を行ったと話した。

出典:public domain 垂直着陸中のF-35B

事故にあったF-35Bは、機体に200万ドル(約2億円)以上のダメージを受けたため、クラスAの事故に分類される。

米軍は、軍で発生した事故をA/B/Cの3段階に分類する。

人員に対する怪我を含め、5万から50万ドルまでの損害の事故をクラスCに、人員に対する恒久的な部分障害が残るほどの怪我を含め、50万ドルから200万ドルまでの損害が発生した場合、クラスBの事故に分類される。

そして人員の死亡を含め、総額200万ドル以上の損害が発生した場合、クラスAの事故に分類される。

今回、岩国基地でバードストライクによりダメージを受けたF-35Bの詳細な情報は明かされていないが、恐らくは、機体の左右にあるエアインテークか、海兵隊向けのB型特有の装備、機体上部にあるリフトファンに、野生の鳥が吸い込まれ、F-135のタービンブレードが損傷したか、リフトファンブレードが損傷した可能性が高い。

そのため、機体のダメージを回復させるには、エンジンの交換が必要になる。

出典:Attribution: Tangopaso / CC BY-SA 3.0 F-35B用のエンジン「F135-PW-600」

F-35Bが搭載するエンジンの価格は、現在生産が行われているロット11(A型・C型用が110基、B型用25基)の契約総額が約20億ドルなので、単純に計算すれば1基あたり約1500万ドル(約16億円)だ。

B型用の「F135-PW-600」は、通常型の「F135-PW-100」に比べて、垂直上昇用のリフトファンや、エンジンノズルの偏向機能など構造が複雑なため通常型よりも高価だ。恐らく1基あたり2000万ドル(約21億円)程度はするだろう。

米海兵隊にとって、クラスAの事故は、今週に入って2度目だ。

5月3日には、アイダホ州にあるマウンテンホーム空軍基地から飛び立った、第2海兵航空団所属のF/A-18Dがエンジン火災のため緊急着陸するという事故が発生した。この事故も200万ドル(約2億円)以上の損害が確実なため、クラスAの事故に分類された。

現在、岩国の事故は調査中で、完全被害評価は確定していない。

 

※アイキャッチ画像の出典:Attribution: Airwolfhound from Hertfordshire, UK / CC BY-SA 2.0

ロッキード、F-35Aを8,028万ドル(約88億円)に引き下げ!優位を失ったF-15EX導入の行方は?前のページ

推進用プロペラで高速飛行!Advanced AH-64 Block 2 をボーイングが発表次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米CNN、ロシア軍がクレミンナに続きルビージュネ中心部を支配した

    米CNNは20日、SNS上にアップされた動画を精査して「ロシア軍がルビ…

  2. 米国関連

    開発予算の超過もなく予定通りに進捗、F-35を批判する軍事委員長も称賛するB-21の開発状況

    米空軍の地球規模攻撃軍団(AFGSC)で司令官を務めるティモシー・レイ…

  3. 米国関連

    米議会、A-10サンダーボルトやRQ-4グローバルホーク等の退役拒否

    米空軍が要求していたレガシーウェポンの早期退役は議会の反対で潰されるこ…

  4. 米国関連

    米海軍研究所、火災の危険性がつきまとうリチウムイオン電池の代わりに亜鉛電池を研究

    艦艇や潜水艦で使用する再利用可能な電池を研究している米海軍研究所は最近…

  5. 米国関連

    墜落事故が続く米空軍、今度はF-15Cが墜落してパイロットが死亡

    在欧米空軍に所属する第48戦闘航空団のF-15Cが15日、北海上空で通…

  6. 米国関連

    米次世代迎撃ミサイルのプログラムコストは約2兆円、削減される国防予算から費用を捻出可能か?

    大陸間弾道ミサイル迎撃における地上配備型(GMD)の次世代迎撃ミサイル…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 5月 14日

    エイリアンの亜種に見えた・・・

    • 匿名
    • 2019年 5月 15日

    空自の事故原因は、解明されたの?

    • 匿名
    • 2019年 5月 15日

    まあ、バードストライクはしゃーないんじゃね。

    F-35Bは吸引口がでかいだけにリスク高そうw

    • 匿名
    • 2019年 5月 16日

    バードストライクは防ぎようが無さそうな事故だしなぁ
    人為的とか機体の不具合とかじゃないからねぇ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  2. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP