米国関連

米国防総省がF-35の受け入れ停止を発表、無許可の中国産部品が原因

F-35のエンジンに中国産のサマリウム磁石合金が無許可で使用されていることが判明、国防総省は国防省調達規則(DFARS)に違反する恐れがあるためF-35の受け入れを停止するよう命じた。

参考:Pentagon suspends F-35 deliveries over Chinese alloy in magnet

受け入れ停止措置が長引くようなら完成したF-35の引き渡しに影響ができるかもしれない

米Pratt&Whitneyが供給するF135にはHoneywell製のスタータージェネレーターが採用されており、この装置に無許可の中国産サマリウム磁石合金が使用されていることが先月19日に判明、これは国防省調達規則(DFARS)に違反する恐れがあるため国防総省はF-35の受け入れを停止するよう命じたらしい。

出典:public domain F135

問題のサマリウム磁石合金はHoneywellのサプライヤーが中国から調達したもので、磁気化作業は国内で行われているためF135やF-35の性能や安全に問題はなく、引き渡し済みのエンジンに使用されている合金を交換する予定もないが、今後製造されるエンジンのスタータージェネレーターには国内で製造されたサマリウム磁石合金が使用される予定だ。

国防総省や製造企業は現在、中国で製造された合金が「なぜチェックをすり抜け使用されたのか」を調査している最中で、DFARS違反に起因した受け入れ停止措置がいつ解除されるのかも不明だが、直ぐに各国のF-35運用や製造に影響を及ぼす可能性はないと報じられている。

出典:U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Codie Trimble

ただ受け入れ停止措置が長引くようなら完成したF-35の引き渡しに影響ができるかもしれない。

因みに英国製射出座席の不具合に起因した米空軍のF-35A飛行停止措置は、全機の検査が終了して解除されている。

関連記事:英国製射出座席の不具合、英独に続き米国もF-35などに飛行停止を指示

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air National Guard photo by Staff Sgt. Mercedee Wilds

ウクライナ軍の目標は年内のヘルソン奪還、東部反撃はロシア軍の移動阻止前のページ

米空軍長官、AETP採用のためF-35Aの調達を70機減らす覚悟があるのか?次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    ウクライナ発表に近づくロシア軍の戦死者数、米国は最大9,000人と推定

    米国の当局者はロシア軍の戦死者が5,000人~9,000人に達すると発…

  2. 米国関連

    サリバン大統領補佐官、ザルジニー解任はウクライナ政府の問題で関与してない

    ワシントン・ポスト紙は「ウクライナがザルジニー解任をホワイトハウスに通…

  3. 米国関連

    米国、ウクライナにNASAMS向け弾薬や熱画像照準器を備えた重機関銃を提供

    国防総省は大統領権限(PDA)による4億ドルのウクライナ支援パッケージ…

  4. 米国関連

    F-35が欠陥機?運用コストに優れる? 米空軍「F-15EX導入」を検討する真の理由

    日本の一部報道では、F-35が欠陥機のためだとか、F-35に比べて運用…

  5. 米国関連

    勝つのは人間かAIか? 米軍、有人戦闘機と無人戦闘機とのドックファイトを実施予定

    米空軍は来年、AIを搭載した無人戦闘機とパイロットが操縦する有人戦闘機…

  6. 米国関連

    米空軍が保有する戦闘機の在庫は過去最低水準、老朽化は過去最高水準

    米空軍が保有する戦闘機の在庫は過去最低水準で戦闘機の老朽化は過去最高水…

コメント

    • ワゲワガメ
    • 2022年 9月 08日

    サマリウム・コバルトモーターは高いので、私の電動ガンには半額のLONEX
    1Jギリのバネで秒間15発程度だが自分には丁度いい。弾の節約にもなる
    動き回らずバイポットを据えて、MG42風に撃ちまくるのだ
    最高のストレス発散なのである

    3
      • 若者
      • 2022年 9月 08日

      おじさんさぁ…

      5
        • uta
        • 2022年 9月 09日

        当節、提供していた物を出し絞ることで相手にダメージを与えんとする手法が横行してますからね。
        こういうアコギなやり方は中国が世界に広めたんだろうな。
        高く付いても国内産、こういう感覚を我々国民が堅持したなら、産業は守られ、独歩の性能が維持出来るんだろう。
        一眼レフやビデオが世界規模で売れたのだから。

        2
    • 鼻毛
    • 2022年 9月 08日

    さすが米軍はロシアと違ってしっかりしてるなぁ

    20
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
PAGE TOP