米国関連

今度は監視カメラの動画が流出、F-35Cが飛行甲板に衝突する瞬間がバッチリ

米海軍はネット上に出回っているF-35Cの写真と動画は「空母カール・ヴィンソンへの着艦に失敗した際に撮影されたものだ」と認めたが、今度は空母の飛行甲板に設置された監視カメラの動画が流出した。

参考:Telegram Dambiev

今度は事故検証用に編集されたくさい動画が流出、流石に米海軍の情報管理が杜撰だと言われても仕方ない

問題の動画は1月24日16時31分に撮影されたもので、飛行甲板上に設置された監視カメラは降下してきたF-35Cが飛行甲板に衝突し横滑りして行くシーンを、艦橋に設置された監視カメラは火を吹きながら飛行甲板をF-35Cが通過し海に落ちるシーンを捉えており、これは事故検証用に編集された動画をモニターで再生してスマホで撮影した可能性が高い。

米海軍は今年1月末に「ネット上へ出回っている空母カール・ヴィンソン着艦失敗を映した写真と動画は本物だ」と認めており、今回の動画も本物であれば3回目の流出となるため流石に「米海軍の情報管理が杜撰だ」と言われても仕方ないだろう。

因みに英国も地中海に墜落した英空軍のF-35Bの動画が流出(犯人は空母クイーン・エリザベスの乗組員で既に逮捕されている)して注目を集めていたが、今年1月に海中から引き上げたF-35Bの写真が流出して英国防省は度重なる機密流失に「失望した」と声明を発表している。

関連記事:米海軍、F-35C着艦失敗に関連した写真と動画が本物だと認める
関連記事:本物なら米海軍もショック、着艦失敗で海に落ちたF-35Cらしき写真が出回る

 

※アイキャッチ画像の出典:@o_gilvi

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

中国、潜水艦部隊を創設するタイ海軍に中古潜水艦2隻の提供を提案前のページ

再び流出したF-35C事故動画、機密性の高くない情報は隠すより公開すべき次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    兵士は装甲車から降車後に敵を探す必要がない? 戦場認識力の拡張が進む米陸軍

    米陸軍は戦場の指揮官と兵士をネットワークで繋げる統合戦術ネットワーク/…

  2. 米国関連

    不具合解決、2年ぶりにF-35が落雷や稲妻が発生する空域に戻ってくる

    米メディアは「約2年ぶりにライトニングが落雷や稲妻が発生している空域近…

  3. 米国関連

    米陸軍の装備調達コストは?M1A2Cは11.5億円、AH–64Eは16.3億円、AMPVは4.2億円…

    中々、知る機会の少ない米国製防衛装備品の単価が最近公開された国防権限法…

  4. 米国関連

    岩国基地の米海兵隊「F-35B」が事故!F/A-18Dに続き1週間で2件目の「クラスA」事故

    米海兵隊、第1海兵航空団の広報担当者のエリック・フラナガン少佐によれば…

  5. 米国関連

    米空軍の爆撃機戦力は減少の一途、ステルス爆撃機「B-21」完成まで大規模戦争は不可能?

    米空軍の爆撃機部隊は米空軍にとって今後も欠かせない重要な戦力なのだが開…

  6. 米国関連

    米海軍、バージニア級原潜ブロックVに極超音速兵器「プロンプトストライク」を搭載

    米海軍は2021会計年度予算案の中で、現在開発が進められている「Con…

コメント

    • 折口
    • 2022年 2月 06日

    この映像見る限りだと着艦誘導システムを切って、なおかつ多少無理なコースからギリギリで進入して着艦する訓練で失敗して脚を折ってしまっったという感じなんですかね。
    乗員や甲板員に死者が出なかったのも、駐機中の他の機体を巻き込まなかったのもある意味奇跡ですねこれは。

    5
      • ネコ歩き
      • 2022年 2月 06日

      着艦はアングルドデッキですから斜め後方から侵入してます。着艦範囲に駐機はしません。
      映像シルエットからは事故機が脚を出していないようにも見えます。
      甲板激突後火を噴いて滑走し、アングルドデッキ前端から勢いで飛んで落着してますね。機体に対し直ちに消化放水が行われてますから着水位置は艦首左やや前方と思われます。

      5
        • クローム
        • 2022年 2月 07日

        激突寸前にうっすら車輪が見える上、過去の流出映像にも車輪が写ってるから車輪は出てるように見える。
        LSOが「power power power 」と叫んでる通り直前の推力が足りなかったのかな(正常だった速度が僅かに低下し始め、気付いたときには手遅れとか)
        原因は何にせよ今回は運が良かった。脚は吹っ飛んでも機体は甲板に滑り込みんだ。あと1メートル低かったらF-35が頭から船尾に突っ込んだかもしれない。制御を失った機体が駐機エリアに突っ込まないとは限らないし、空母と艦載機そして人員への影響が最小で済んだと思う。
        原因究明と再発防止に期待

        16
          • G
          • 2022年 2月 07日

          降下率が高いように見えるので推力が足りなかった(落としすぎたヒューマンエラー?)ように見えますね
          そして高すぎる降下率のため足回りへの負荷が想定値を超えて瞬時に破損
          結果として胴体部に激しい衝撃を受けてエンジン-内部燃料タンク間あたりが破損し、炎上したように思えますね

          5
    • 幽霊
    • 2022年 2月 06日

    どんな軍隊でも情報流失は防げないんでしょうな。

    2
    • くらうん
    • 2022年 2月 06日

    事故検証をするルーム内の盗撮だから、今回は犯人の特定はしやすいかな。

    というかここまで来るともうスマホ持ち込み禁止措置しなきゃ止まらないでしょ。

    29
    • あばばばば
    • 2022年 2月 06日

    単に映像の画質が悪いせいかも知れないけど、ランディングギアもアレスティングフックも展開せずに激突してるように見える。
    もしかして、ランディングギアが出ないのは、F-35によくある不具合なのか?

    • 隼町
    • 2022年 2月 06日

    言われてみればそうですね 不具合かもしれませんが公式発表を待たないと何とも言えませんね…

    • 黒子
    • 2022年 2月 07日

    なーんで米軍が流出させた映像がキリル語で拡散してるんdうわなにをするやm

    6
    • k
    • 2022年 2月 07日

    進入角度がきついように見える
    アレスティングワイヤー引っ掛けるには機首浮かせぎみに侵入

      • 名無し三等兵
      • 2022年 2月 07日

      PLMを使った着艦では無くタッチアンドゴーの訓練だったのかな?
      再離艦の意識から速度高めに突っ込んでしまって、勢いつき過ぎて飛行甲板に激突したとか
      着艦であればF-35C搭載のPLMの信頼性は折り紙付きだったと思う。

      「魔法のじゅうたん」と賞賛される着艦誘導装置「PLM]
      リンク

      2
  1. 今はアングルドデッキ前端のバリアー(※)は無いのでしょうか。
    それとも重量級の機体には抗しきれないから使用しない?

    (※)「円」←こんな感じで足が短く、真ん中縦棒に当たる部分が何本もあるようなバリアです。
       リンク先は通常の滑走路用のやつです

    • バリアーあるけどそれを使うのは非常時だけ。数分以内に設置できるよう訓練してるから必要とあれば事前に準備できただろうしカメラにも写ったはず、誰も事故を予期してなかったと思う。もしバリアーがそこにあったらF-35は海に落ちなかっただろうね。
      フェデックス80便みたいに直前までは正常なアプローチで最後の数秒が運命の分かれ目だったんじゃないかな。(ただの一般人の予想)

      この動画の14分ごろ

        • 台湾大好き
        • 2022年 2月 08日

        あれは手動設置の非常用なんですね、ありがとうございます

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP