米国関連

米メディア、クリミアで発生した弾薬庫爆発はウクライナ軍特殊部隊が関与

NYT紙は16日「クリミアで発生した弾薬庫爆発の背後にウクライナ軍の特殊部隊が関与しており、正面から対等に渡り合うのが難しいロシア軍に『型破りで創造的な戦術』で対抗している」と報じている。

参考:The blast at an ammunition storage site is near a Russian military base in Crimea.

シンフェロポリ近くの空軍基地で爆発が発生後、クリミアから脱出するロシア人がシンフェロポリ駅に巨大な行列を作っている

ウクライナ軍戦略通信総局は「クリミアを守るためロシア軍がS-400を8セット、S-300を3セット、Pantsir-S1を5輌持ち込んだ」と報告しているが、NYT紙は16日「クリミアで発生した弾薬庫爆発の背後にウクライナ軍の特殊部隊が関与しており、正面から対等に渡り合うのが難しいロシア軍に『型破りで創造的な戦術』で対抗している」と報じている。

出典:Telegram経由 アゾフスキーの弾薬庫(野積みの一時的な物資保管場所)が爆発した様子

ウクライナ政府も軍もクリミアで発生した爆発について関与を否定しているが、複数の大統領府関係者は「クリミアでの非軍事化を継続していく」と発言、ウクライナ軍高官は匿名を条件にNYT紙に対して「敵の後方地域に浸透した特殊部隊が火曜日の爆発を引き起こした」と述べており、厳重に防空システムで守られたクリミアを空からではなく「特殊部隊とパルチザンで攻撃している」という意味だ。

ただサキ空軍基地で爆発が発生したときも政府も軍が関与を否定→軍高官がNYT紙に特殊部隊の関与を仄めかす→ゼレンスキー大統領が将兵に作戦について喋るなと要求しており、再び同じやり取りが繰り広げられているという意味でも非常に興味深い。

因みにシンフェロポリ近くの空軍基地で爆発が発生後、クリミアから脱出するロシア人(現地民なのか本土からの観光客なのかは不明)がシンフェロポリ駅に巨大な行列を作っていると報告されており、クリミアは安全ではないと多くの人が気づき始めている。

追記:ロシア当局が本土から来る列車を止めたため人々はバスでクリミアから脱出する必要があり、再びクリミア大橋周辺の渋滞が悪化するのかもしれない。

関連記事:クリミアで続く謎の爆発、今度はシンフェロポリ近くの空軍基地で爆発
関連記事:前線から200km以上離れたクリミアで再び爆発、弾薬庫と変電所が炎上

 

※アイキャッチ画像の出典:Генеральний штаб ЗСУ

クリミアで続く謎の爆発、今度はシンフェロポリ近くの空軍基地で爆発前のページ

ウクライナ軍がリシチャンシクのロシア軍司令部を攻撃、最大100人が死亡か次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    潜水艦をUUV母艦化したい米海軍、水中発射・回収に対応したMUUVを開発中

    米海軍は攻撃型原潜の魚雷発射管から発射・回収可能な新型UUV=MUUV…

  2. 米国関連

    深刻な兵士不足、ウクライナ軍の大隊指揮官は戦線が何れ崩壊すると警告

    ワシントン・ポスト紙は8日「前線で戦うウクライナ人指揮官や兵士らは深刻…

  3. 米国関連

    米第7艦隊、着艦失敗で南シナ海に沈んだF-35Cの回収に成功

    米第7艦隊は3日、空母カール・ヴィンソンへの着艦失敗で南シナ海に沈んだ…

  4. 米国関連

    第6世代戦闘機を否定する米空軍、将来の戦場を支配するのはB-21と無人機

    米空軍は、過去に水平・垂直尾翼のない次世代ステルス戦闘機のイメージを公…

  5. 米国関連

    米国、ウクライナ軍に155mm榴弾砲72門と砲弾14.4万発を提供

    米国は155mm榴弾砲×72門と砲弾×14万4,000発をウクライナに…

  6. 米国関連

    F-35Block4のエンジン問題、AETPとF135EEPのどちらが正解か

    GEはF-35AだけでなくF-35CへのXA100搭載も問題なく対応で…

コメント

    • 戦略眼
    • 2022年 8月 16日

    ここで特殊部隊を使っても勿体無いだけ。
    クリミアに進行する直前に、進路を啓開するなら分かるけど。

    • 無無
    • 2022年 8月 16日

    プーチンに盛大な花火大会のプレゼントかい、
    クリミアを目標とする本格的反攻でなく、よく練られた陽動作戦なんだろうけど、これはロシアには痛い
    前線から兵力を割いてでも対応しないと、後方がズタズタにされかねない

    5
    • STIH
    • 2022年 8月 16日

    ここまでくると現場猫案件とは言えないですね。特殊部隊なのかパルチなのかわからないですけど、後方かく乱が実施されているんでしょう。
    まあ開戦当初から、侵略で占領しても、現地住民を皆殺しない限り、パルチが湧くいてどうにもならなくなるのはわかりきってたから、予定通りといえば予定通りか。こうなるから現代で武力侵攻は割に合わないはずなんですけど、憧れる国は多いですね。

    30
    • TKT
    • 2022年 8月 16日

    特殊部隊の作戦というのはもともと秘密、極秘なのが普通、常識です。どこの国でも秘密作戦を行う特殊部隊員は、身分を偽装するのが基本であり、常識です。

    たとえば、仮にアメリカ軍や、イギリス軍の特殊部隊がロシア軍の後方で作戦を行う場合でも、正々堂々とアメリカ軍だ、イギリス軍だ、と名乗ることは考えられないわけです。

    またこの記事が事実だとすると、現状では
    「ウクライナ軍はロシア軍と正面から対等に渡り合うのが難しい。」
    ということになります。また
    「クリミアは厳重に防空システムで守られている」
    ということにもなる。

    つまりロシア軍に対するハイマースによる砲撃の効果は限定的ということを意味することにもなりかねません。

    あとツイッターの動画のロシア人はどう見てもただの観光客にしか見えません。避難民には見えません。

    5
      • バクー油田
      • 2022年 8月 17日

      ここ最近で連発してるニュースで重要なのは、その物量で優位なロシアが戦争における主導権をウクライナに奪われてる点ですね。
      一連の戦果、最前線から遥か後方の個所の弾薬集積所や補給用の箸を破壊して回っているニュースですね。
      だからロシア側からすればハイマースなのか、ATACMSなのか、パルチザンなのか、特殊部隊なのか、ドローンなのかという破壊の手口が分からない状態ですね。ロシアはすべての可能性に対して対応策を取らないといけません。
      ウクライナ公式が成功が嬉しくてウッキウキで手口発表してくれたらいいですが、してくれないのが現状です。
      ここが重要で、ロシア側がウクライナの今後の攻撃に対して対応策を取らねばならない構図自体が重要で、
      これって完全に防衛側の立場の動きになってまして、物量でロシアをまだ圧倒出来てなくても、
      この戦争での主導権は既にロシア側から逆転してウクライナ側に移ってる事を示しています。
      侵攻側でかつ、今なお物量的に勝ってるロシア側がウクライナ相手に防衛戦に追い込まれて四苦八苦しだすという桶狭間状態に入った事が重要です。

      10
    • K(大文字)
    • 2022年 8月 16日

    >クリミアを守るためロシア軍がS-400を8セット、S-300を3セット、Pantsir-S1を5輌持ち込んだ

    スペツナズによる破壊工作が事実なら、防空システムを持ち込んだところで対策にはならない。
    いくらロシア軍がおポンチでもこの戦況で意味のない事はしないだろうから、露としては何らかの航空攻撃であると判断しているのかなぁ。それとも空軍基地が壊滅したから防空能力の補填?
    ところで、

    >ロシア当局が本土から来る列車を止めたため

    この措置は何の意味があるのだろう。安全確保のため?
    ロシア人がケツまくって逃げ出すのに使う分には、ウクライナもクリミア大橋を落としはしないと思いますがね。本格的な奪還作戦の開始以降は知らんけど。

      • ミリオタの猫(ロシア軍は強い…と思っていた時期が私にもありました)
      • 2022年 8月 17日

      >ロシア当局が本土から来る列車を止めたため

      これは、列車を全部止めたと言う意味では無く「列車の運行は軍用列車だけにした(一般向けの旅客列車の運行を止めた)」可能性も有りそうですね。

      10
      • NHG
      • 2022年 8月 17日

      >ロシア当局が本土から来る列車を止めたた

      避難民を体のいい人間の壁として使うためじゃないかな
      民間人がバス・車での移動を強いられ渋滞の列を作ってる間は、ウクライナは攻撃できないだろうし

      2
      • kitty
      • 2022年 8月 18日

      ウクライナにもスペツナズあるの?と思ったらちゃんとソ連崩壊時に株分けされてたのね。

    • パンク
    • 2022年 8月 16日

    最近の爆発騒ぎで、クリミア在住のウクライナ人はテンションぶち上げやろなあ
    「解放」されるといいね

    9
    • 通りすがりの動物号
    • 2022年 8月 17日

    カミカゼドローンのソフトを書き換えて、弾薬やコンテナを狙わせたのかな。独創的な戦闘という評価らしいから、標的を認識する情報処理でユニークな発想が使われているかも。

      • 平八郎
      • 2022年 8月 17日

      謎の新兵器フェニックスゴーストの用途がこれだったのかも。
      「ウクライナの戦場で必要なものだ」とか米側が自信たっぷりだった割に
      全然戦果のニュースを聞きませんでした。
      それなのに何故か7月にお代わりで送られてたのが不思議でした。
      特殊部隊が持ち運べるサイズでロシア側のジャミングとか防空網をなんらか突破できる機能があるのかなあ。

      4
    • 曽谷
    • 2022年 8月 17日

    NewYotk Timesの記事が信用できるか、という点にご着目ください

    4
      • あばばばば
      • 2022年 8月 17日

      NYTが信用できるメディアであるかは関係なく、秘密を容易に口外する将校が実在するかどうかという疑心暗鬼がはじまるから、報道の真偽関係なくウクライナにとっては害しかないのだが

      7
    • ぱんぱーす
    • 2022年 8月 17日

    サキ空港の爆発も飛翔体が確認されない事から特殊部隊による工作じゃないかと予想されてましたね
    東部と違って南部では鉄道の破壊などパルチザン活動が活発でしたが、施設内部から爆破というのはこれまで聞かなかったですしやはり訓練された部隊によるものなんでしょうか

    3
    • 天上人
    • 2022年 8月 17日

    天上人✨👼✨:「ヒトの子達よ、よく聞くのですよ… 現場猫と、タバコのポイ捨てとウクライナの特殊部隊は、この世の有りとあらゆる場所に以下略」

    4
      • おわふ
      • 2022年 8月 17日

      そりゃあ、クリミア併合時にウクライナ軍の兵士を大量にロシア軍に編入しているので、何が起こっても不思議はない。

      6
    • 折口
    • 2022年 8月 17日

    公式に存在が確認されているウクライナ特殊部隊の活動だと、北部戦線があった頃にオートバイや徒歩でミサイル担いで車列襲撃を繰り返していたユニットや橋梁爆破をやっていたのが思い浮かびます。最近だとロシア領内に侵入してFSB関係者だとされる人物をスイッチブレードで殺害したユニットの活動もあるので、何かしらの越境コマンドが稼働してるのは間違いないんでしょうね。スイッチブレードを運用しているくらいですから、小口径迫撃砲を担いで森から森へ長距離を徒歩移動しているのかもしれません(ほとんど海で隔てられてるクリミアにどうやって入ったのかは気になりますが)。

    5
    • makumaku
    • 2022年 8月 17日

    アゾフスキー弾薬庫爆発前の、クリミア鉄道網の要衝ジャンコイ駅の映像だそうです。
    プラットホームのすぐ脇に、大量の弾薬類が山積みされ、多数のMLRSが見られます。
    リンク
    SNS上では、ロシア軍が、8月24日のウクライナ独立記念日に、ヘルソン戦線での反攻作戦を企図しており、それを察知したウクライナ軍が、極秘裏に浸透破壊工作を行ったのではないか、という穿った議論がありました。

    1
    • タイヤキ
    • 2022年 8月 17日

    火の不始末もありそうな気がするな。
    クリミアにしろヘルソンのロシア兵元々ウクライナ軍のロシア兵への編入だから、パルチザンがより上の裏切りに巻き込まれたウクライナ軍意識強いロシア兵が意図的にしているのもありそう。

    • ななし
    • 2022年 8月 18日

    グリーンベレー「ワシが育てた」

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  5. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
PAGE TOP