米国関連

米空軍のB-21爆撃機の開発が順調すぎ!開発開始からたった「5年」で初飛行へ

米国が開発中の長距離戦略ステルス爆撃機「B-21」の試作機が完成し、初飛行が間近だという報道が出ている。

参考:US’ B-21 Stealth Bomber on Track, Headed for First Flight – Air Force

たった4年で初飛行にまで漕ぎ着けたB-21の開発は順調すぎる

米空軍のアーノルド中将は、米議会の上院小委員会の場で、B-21の開発プログラムは順調に推移しており、「B-21の次のマイルストーンは初飛行だ」と話した。但し、初飛行が「いつ」になるのは語らなかったが、2020年半ばには、B-21の初号機が初期運用能力(IOC)に達するだろうと話した。

これは当初、予想されていたスケジュールも早く、B-21開発プログラムが進行していることを示している。

軍用機の開発は複雑化の一途で、前もって立てられたスケジュールが守られた試しがない。数年単位でスケージュールが遅れるのは、もはや当たり前で、その遅れが価格の高騰を招いているとも言える。

今回、B-21の開発がこれほどスケジュール通り開発が進んでいるというのは、もはや異例だ。

既存の軍用機開発の期間を見てみると、ステルス爆撃機B-2の開発には、計画開始から初飛行まで11年、運用開始が開始されたのは、さらに8年後だ。計19年もの時間が掛かったわけだ。

出典:pixabay

爆撃機ではないが、最新のステルス戦闘機F-35の場合、開発が始動したのは、なんと1992年だ。

もちろん国際開発という方式、3軍による共通機体の使用など、通常の軍用機開発に比べ障害が多かった。それでもF-35Bが初期運用能力(IOC)を獲得したのは、なんと23年後の2015年7月、海軍型のF-35Cが初期運用能力(IOC)を獲得し、全てのF-35が実戦投入可能になったのは計画開始から27年後の2019年2月だ。

B-21の開発は2014年に始まっている。たった5年で試作機完成と、初飛行(もうすぐ行われる予定)にまで漕ぎ着けられたのは本当に驚きだ。

開発がまだ完了したわけではないが、軍用機開発もスケジュールと予算が守られるようになったのかと思うと感慨深い物がある。

この地球上のどこかの格納庫(恐らくはエドワーズ空軍基地)に、B-21の試作機が存在している。

果たして、いつ私たちの目の前に姿を現すのだろうか?

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain

2月のF-2墜落事故に続き、航空自衛隊のF-35Aステルス戦闘機1機が訓練中に消息を経つ前のページ

第4世代機需要が急増!ボーイングはF-15EX需要に生産ラインを拡張、ロッキードは新工場でF-16V需要に対応次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米空軍、老朽化が進む早期警戒管制機E-3セントリーをE-7Aウェッジテイルで更新を検討か

    米太平洋空軍司令官のウィルズバック大将は空軍協会のシンポジウムで「E-…

  2. 米国関連

    激しい地上戦を予想する米国、ウクライナ軍が砲弾不足に陥ることを懸念

    米当局者はウクライナ東部の地上戦が本格化すれば13日に発表した4万発の…

  3. 米国関連

    KC-46Aに新しいカテゴリー1の欠陥が発覚、ボーイングの累計負担額は5,500億円を突破

    不具合に苦しむボーイングのKC-46Aに追加の欠陥が報告され、さらなる…

  4. 米国関連

    バイデン大統領、ロシア領に届かないロケットシステムのウクライナ提供を確認

    バイデン大統領は30日に「ロシア領に届くようなロケットシステムをウクラ…

  5. 米国関連

    ステルスは現代戦への入場料と主張するミッチェル研究所、米空軍にF-15EX調達中止を提言

    米空軍協会のミッチェル研究所は今月26日、行き詰まりの将来性しかないF…

  6. 米国関連

    米メディア、ウクライナ人がA-10の操縦方法を学ぶ施設を自力で構築した

    米国のTIMS誌は19日、ウクライナ人が提供が決まっていないA-10の…

コメント

    • 匿名
    • 2019年 11月 10日

    最近の米軍は兵器開発でなにかと失敗しているから、そろそろ成功させておきたいね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP